【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

羽柴秀吉は織田信長に命じられて中国方面司令官として任命されることになります。秀吉はすぐに播磨の平定を行うべく織田家に味方していた別所(べっしょ)氏らと協力して、播磨の国人衆の調略や討伐を行っていきます。また播磨における毛利の前線拠点である上月城(こうづきじょう)を陥落させ、この地に尼子氏の当主や出雲も麒麟児としてその名を馳せた山中鹿之助(やまなかしかのすけ)を駐屯させることにします。

 

 

こうして秀吉の播磨平定は順調に進んでいるかに見えましたが、毛利家の暗躍によって三木城の別所氏が突如織田家に反乱を起こします。また上月城も毛利軍の包囲によって陥落してしまい、尼子家の当主は滅亡し山中鹿之助も暗殺されてしまいます。こうして秀吉の播磨平定はゼロからの再スタートになってしまいます。毛利家は織田軍のある武将に狙いを定めて謀略を行っておりました。この武将は毛利家の説得に応じて織田家に反乱を起こすことになります。その結果、秀吉の中国平定軍は別所氏と信長に反乱を起こした勢力に挟まれてしまい、危機的な状況を迎えることになります。さて毛利家の説得に応じて信長に反旗を翻した武将とはいったい誰なのでしょうか。

 

関連記事:【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後


毛利家の謀略戦

荒木村重

 

毛利家は三木城の別所氏が秀吉に反旗を翻したことを知ると織田家のある武将に目をつけて調略を行います。その人物は荒木村重(あらきむらしげ)です。毛利家は村重が近年信長に冷遇されている情報を手に入れると彼に接近。そして彼に「信長にこのまま従っていていいのか」などの情報を何度も吹き込み、「毛利家に協力して織田家に反旗を翻して信長と対決したほうがいいのではないか」と説得を繰り返しておりました。村重は毛利家から幾度も誘われたことがきっかけで、織田家にこのまま味方していていいのか迷ってしまいます。そして播磨の別所氏が反乱を起こしたことをきっかけに村重も毛利家に味方して、織田家に反旗を翻すべく準備を行っていきます。


村重謀反の知らせに驚く信長

 

信長は荒木村重が織田家に反旗を翻そうとしているとの報告を受けるとびっくりし、「なぜ村重が謀反を起こすのだ。全く意味がわからない」とつぶやいたそうです。信長は村重が何に不満を持っているのかを問いただしてくるよう、信長の側近である万見重元(まんみしげもと)や明智光秀達へ命令を下します。


村重を説得するも・・・・

織田信長を裏切り謀反を起こす荒木村重

 

光秀達は村重の居城である有岡城(ありおかじょう)へ到着。村重は彼らを有岡城へ招き入れると彼らの話に耳を傾けます。そして村重は彼らの話を一通り聴き終えると彼らに「信長様からうけた恩は多大であり、反旗を翻す事はない。私に嫉妬している者のでっちあげで事実無根である」と信長に対して謀反を起こそうとは全く思っていないことを話します。光秀達は村重の話を聞いてとりあえず村重の母親を信長のもとへ送って、自ら安土城へ登城して信長に弁解するのが一番いいであろうと提案。村重は彼らの提案を受け入れた後、丁寧に有岡城から見送ります。こうして村重の謀反はなくなったかのように見えましたが、村重は光秀達の提案通りに行動することなく、信長に対して反乱を起こしてしまうのです。


  

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

毛利家は調略面でも織田軍に優勢に立つことになります。秀吉は摂津(せっつ)の荒木村重が反乱を起こしたことを知ると危機的状況に陥ってしまいます。その理由は秀吉が播磨攻略の拠点としていた姫路城(ひめじじょう)が、三木城の別所氏と織田家に反旗を翻した荒木の勢力と板挟みになってしまうからです。秀吉は村重の謀反をなんとか思いとどまらせようと自らも説得に赴きますが、村重の反乱の決意は固く彼の意思を翻すことはできませんでした。また秀吉の配下として播磨平定に協力していた黒田官兵衛(くろだかんべえ)も摂津(せっつ)で織田家に反乱を起こした荒木村重を説得するため、単身で有岡城へ乗り込みます。

 

荒木村重を説得しに行くも牢獄に入れられる黒田官兵衛

 

しかし官兵衛は秀吉の元へ帰ってくることはありませんでした。なぜ官兵衛は秀吉の元へ帰ってこなかったのでしょうか。それは官兵衛が荒木村重に捕まってしまい、牢屋にぶち込まれてしまっていたからです。官兵衛は村重の居城である有岡城が陥落するまで牢屋で過ごすことになります。こうして秀吉は播磨の別所氏と摂津の荒木軍との板挟みになってしまうのです。

 

参考文献 中公新書 信長と消えた家臣たち 谷口克広著

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

関連記事

  1. 上杉謙信
  2. 薩摩藩の島津義弘
  3. 足利義輝
  4. 朝倉義景
  5. 三国志ライター黒田レン
  6. 中国地方を制覇する毛利元就

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP