編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱

この記事の所要時間: 252




 

羽柴秀吉は織田信長に命じられて中国方面司令官として任命されることになります。

秀吉はすぐに播磨の平定を行うべく織田家に味方していた別所(べっしょ)氏らと協力して、

播磨の国人衆の調略や討伐を行っていきます。

また播磨における毛利の前線拠点である上月城(こうづきじょう)を陥落させ、

この地に尼子氏の当主や出雲も麒麟児としてその名を馳せた

山中鹿之助(やまなかしかのすけ)を駐屯させることにします。

 

 

こうして秀吉の播磨平定は順調に進んでいるかに見えましたが、

毛利家の暗躍によって三木城の別所氏が突如織田家に反乱を起こします。

また上月城も毛利軍の包囲によって陥落してしまい、

尼子家の当主は滅亡し山中鹿之助も暗殺されてしまいます。

こうして秀吉の播磨平定はゼロからの再スタートになってしまいます。

毛利家は織田軍のある武将に狙いを定めて謀略を行っておりました。

この武将は毛利家の説得に応じて織田家に反乱を起こすことになります。

その結果、秀吉の中国平定軍は別所氏と信長に反乱を起こした勢力に挟まれてしまい、

危機的な状況を迎えることになります。

さて毛利家の説得に応じて信長に反旗を翻した武将とはいったい誰なのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後




毛利家の謀略戦

 

毛利家は三木城の別所氏が秀吉に反旗を翻したことを知ると織田家のある武将に

目をつけて調略を行います。

その人物は荒木村重(あらきむらしげ)です。

毛利家は村重が近年信長に冷遇されている情報を手に入れると彼に接近。

そして彼に「信長にこのまま従っていていいのか」などの情報を何度も吹き込み、

「毛利家に協力して織田家に反旗を翻して信長と対決したほうがいいのではないか」と

説得を繰り返しておりました。

村重は毛利家から幾度も誘われたことがきっかけで、

織田家にこのまま味方していていいのか迷ってしまいます。

そして播磨の別所氏が反乱を起こしたことをきっかけに村重も毛利家に味方して、

織田家に反旗を翻すべく準備を行っていきます。




村重謀反の知らせに驚く信長

 

信長は荒木村重が織田家に反旗を翻そうとしているとの報告を受けるとびっくりし、

「なぜ村重が謀反を起こすのだ。全く意味がわからない」とつぶやいたそうです。

信長は村重が何に不満を持っているのかを問いただしてくるよう、

信長の側近である万見重元(まんみしげもと)や明智光秀達へ命令を下します。

 

村重を説得するも・・・・

 

光秀達は村重の居城である有岡城(ありおかじょう)へ到着。

村重は彼らを有岡城へ招き入れると彼らの話に耳を傾けます。

そして村重は彼らの話を一通り聴き終えると彼らに「信長様からうけた恩は多大であり、

反旗を翻す事はない。

私に嫉妬している者のでっちあげで事実無根である」と

信長に対して謀反を起こそうとは全く思っていないことを話します。

光秀達は村重の話を聞いてとりあえず村重の母親を信長のもとへ送って、

自ら安土城へ登城して信長に弁解するのが一番いいであろうと提案。

村重は彼らの提案を受け入れた後、丁寧に有岡城から見送ります。

こうして村重の謀反はなくなったかのように見えましたが、

村重は光秀達の提案通りに行動することなく、信長に対して反乱を起こしてしまうのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

毛利家は調略面でも織田軍に優勢に立つことになります。

秀吉は摂津(せっつ)の荒木村重が反乱を起こしたことを知ると

危機的状況に陥ってしまいます。

その理由は秀吉が播磨攻略の拠点としていた姫路城(ひめじじょう)が、

三木城の別所氏と織田家に反旗を翻した荒木の勢力と板挟みになってしまうからです。

秀吉は村重の謀反をなんとか思いとどまらせようと自らも説得に赴きますが、

村重の反乱の決意は固く彼の意思を翻すことはできませんでした。

また秀吉の配下として播磨平定に協力していた黒田官兵衛(くろだかんべえ)も

摂津(せっつ)で織田家に反乱を起こした荒木村重を説得するため、

単身で有岡城へ乗り込みます。

しかし官兵衛は秀吉の元へ帰ってくることはありませんでした。

なぜ官兵衛は秀吉の元へ帰ってこなかったのでしょうか。

それは官兵衛が荒木村重に捕まってしまい、牢屋にぶち込まれてしまっていたからです。

官兵衛は村重の居城である有岡城が陥落するまで牢屋で過ごすことになります。

こうして秀吉は播磨の別所氏と摂津の荒木軍との板挟みになってしまうのです。

 

参考文献 中公新書 信長と消えた家臣たち 谷口克広著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは?
  2. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  3. 【第五回 放置少女】ケチ武将・曹洪倒すためガチャをぶん回してみた…
  4. 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦…
  5. 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した…
  6. 伍孚(ごふ)とはどんな人?ゴフッ・・董卓を殺せなかった無念のアサ…
  7. 黒田長政はすごい人?それとも親の七光りで出世した人?
  8. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたって…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 日本の外交官も参考にすべき?三国志の外交交渉能力ベスト10
  2. 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情
  3. 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い
  4. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  5. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!
  6. 130話:孔明無言の帰還と魏延の最後

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!! 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの? 春秋戦国の覇者・桓公の最後は非常に残念!名宰相がいなくなったら大変なことに 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語 はじめての三国志 4コマ劇場 「長坂橋を死守する張飛くん」 関羽千里行って有名だけど何なの?

おすすめ記事

  1. 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  2. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える
  3. 【三国志ライター黒田廉が行く】始皇帝と大兵馬俑から始皇帝がおこなった政策を覗いてみたよ
  4. 昌文君(しょうぶんくん)はどんな人?実は昌平君と共に楚からやってきた人質?
  5. 【3分で分かる】和歌(わか)って何?ルールとかあるの?
  6. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  7. 游殷(ゆういん)が的中させた人物評価が凄かった!ズバリ言うわよ!YOUは長官になる器だ!
  8. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP