黄巾賊




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

この記事の所要時間: 345




 

三国志演義のベースになった正史三国志陳寿(ちんじゅ)によって執筆されました。

陳寿が最初に在籍した蜀漢には、珍しく歴史書を書くセクションが無かったので、

三国志は当初、個人執筆でしたが、出来が良い事から評判を受ける事になり

裴松之(はいしょうし)の増補を受けて、唐の太宗の時代に正史認定されます。

正史とは内容が正しいという事ではなく、国が認めた正統な歴史書という意味です。

では、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?




日本の歴史教科書には検定制度がある

 

戦前の日本においては、歴史教科書はかつて国定教科書とされていて、

国の命令で作成されて種類も一種類しかありませんでした。

 

しかし、それでは著しく公平性を欠きますし、時の政府に都合の良い歴史観を

生徒に植え付ける事になるので、戦後は国定教科書を廃止、民間の出版社数社に

歴史教科書を作成させています。

 

その後、執筆した教科書について、出版社で10回以上の編集会議が行われ、

教科書としての使いやすさや分かりやすさ、そして「教科用図書検定規則」と

「学習指導要領」に反しないかを慎重に検討し申請を出します。

 

申請を受けた文科省では、審議員数百名から組織される

「教科用図書検定調査審議会」が審査に当たり教科書の内容を調べて、

問題がある個所の修正を求めるなどして出版社とのやり取りを繰り返し

最終的に合格をもらった教科書だけが学校教科書として使用されるという

仕組みになっています。

 

歴史教科書は、ほぼ5年に一度改定されていますが、

新しい歴史教科書の作成には申請を含めて5年かかるので、

出版社は新しい教科書を出版した翌年には

再び次の改定後の歴史教科書の作成に入ります。




日本の歴史教科書は誰が書いているの?

 

日本の歴史教科書の執筆者については、文部科学省の平成29年度使用の

中学校教科書目録によると以下の人の名前があります。

 

坂上康俊  九州大学教授     日本古代史

深谷克己  早稲田大学名誉教授  日本近世史

三谷博   東京大学名誉教授   日本近代史

黒田日出男 東京大学名誉教授   日本中世史

藤井譲治  京都大学名誉教授   日本近世史

杉原誠四郎 評論家・歴史家    日本外交史

伊藤隆   東京大学名誉教授   日本近現代政治史

安井俊夫  愛知大学経済学部教授 社会科教育法

 

読んでもらえば分かる通り、いずれも大学教授や歴史家、評論家等で

自身でも何冊も歴史の本を出している著名人が含まれます。

もっとも、この人達が単独で教科書を書いているのではなく、

これらの人を筆頭に何十人という歴史の専門家が一冊の教科書を

仕上げているのです。

 

検定合格した歴史教科書にはどんなのがあるの?

 

日本の教育制度における歴史教育は、小学校六年生の1年間で日本史全体を習い、

中学校では、社会科の括りで、地理、公民、歴史の3つが必修です。

高校では、日本史と世界史を教えますが、世界史は必修なのに日本史は選択制で

そのせいで世界史は分るけど日本史は知らないという人が多いです。

 

こんな理由から、日本史を集中して習うのは、中学校の時代なので、

この時期の日本史の教科書は割合充実しているという事になります。

 

どのような歴史教科書が出ているのか?というと以下の通りです。

 

東京書籍   新編 新しい社会 歴史

教育出版   中学社会歴史 未来を開く

清水書院   中学歴史 日本の歴史と世界

帝国書院   社会科 中学生の歴史 日本の歩みと世界の動き

日本文教出版 中学社会 歴史的分野

自由社    新版 新しい歴史教科書

育鵬社    [新編] 新しい日本の歴史

学び舎   ともに学ぶ人間の歴史

 

これらの歴史教科書のシェアでいくと、筆頭の東京書籍が69万1223冊で

58・6%を得て、ダントツの1位、2位は教育出版、14万9561冊で

12・7%、3位が日本文教出版で、13万2852冊で11・3%です。

 

ここだけの話、歴史教科書って儲かるの?

 

義務教育の教科書は無料配布ですが、それは生徒に負担がないというだけで、

実際には、政府が自治体で採択された分だけ、各出版社から教科書を買い取ります。

それには国民の税金が使われているので無償ではないわけです。

 

さて、歴史教科書の出版社は儲かるのか?という話ですが、ぶっちゃけ儲かります。

何故なら、幾ら売れるか分からない市販と違い、教科書なら生徒が使う使わない

関係無く生徒の数だけ確実に売れるからです。

上述の東京書籍なら在庫を抱える必要なく、69万1223冊が全て売れます。

しかも買い上げるのは親方日の丸ですから、絶対に倒産しません。

売れ残りのリスクを背負う必要なく刷った分が売れるのですから、

出版社としては、教科書はかなり良い商売の部類に入ると言えるでしょうね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

以上、現代日本の歴史教科書について調べてみました。

日本の歴史教科書は、様々な出版社が、錚々たる歴史の権威に依頼して、

5年かけて作成し、最期は文科省の検定に合格して、はじめて教科書になる

という事が分っていただければ幸いです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの?
  2. 漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?
  3. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  4. 【三国志女性列伝】実は貂蝉は呂布の正妻だった!?
  5. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  6. 張温vs秦宓宿命の口先合戦勃発?
  7. 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」
  8. 公孫瓚の息子って残念な最後を迎えてたってマジ?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. どうして呉は同盟国の蜀・関羽を裏切ったの?
  2. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  3. キングダム537話 休載祭り(2)王翦と王賁の親子を考えよう
  4. 【第1話】戦え!于禁文則ん「鮑信との出会い」
  5. 第1話:袁術くん、ポジティブになるために「リフレ―ミング」を学ぶ
  6. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎ネタバレ感想】第41話「この玄関の片隅で」 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 曹操の妻はどんな人達だったの?13人を紹介 Part4 【マイナス20℃極寒行軍!】魏の郭淮を陽谿で撃破した魏延と蜀軍1万 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅 袁術は実はベトナムに逃げ延びていた!?【歴史ミステリー】 頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

おすすめ記事

  1. アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  2. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  3. 袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由
  4. 意外!?金持ちの息子の曹操は貧乏症だった?
  5. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  6. 【真田丸】真田信繁も背水の陣を敷いた?国士無双と謳われた天才武将・韓信との共通点
  7. 【祝】はじめての三国志!月間50万PVを達成!
  8. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP