袁術祭り
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

この記事の所要時間: 345




 

三国志演義のベースになった正史三国志は陳寿(ちんじゅ)によって執筆されました。

陳寿が最初に在籍した蜀漢には、珍しく歴史書を書くセクションが無かったので、

三国志は当初、個人執筆でしたが、出来が良い事から評判を受ける事になり

裴松之(はいしょうし)の増補を受けて、唐の太宗の時代に正史認定されます。

正史とは内容が正しいという事ではなく、国が認めた正統な歴史書という意味です。

では、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているのでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志に学ぶ国家絶滅危機:もし日本(国家)がなくなったら、日本人はどうなるの?




日本の歴史教科書には検定制度がある

 

戦前の日本においては、歴史教科書はかつて国定教科書とされていて、

国の命令で作成されて種類も一種類しかありませんでした。

 

しかし、それでは著しく公平性を欠きますし、時の政府に都合の良い歴史観を

生徒に植え付ける事になるので、戦後は国定教科書を廃止、民間の出版社数社に

歴史教科書を作成させています。

 

その後、執筆した教科書について、出版社で10回以上の編集会議が行われ、

教科書としての使いやすさや分かりやすさ、そして「教科用図書検定規則」と

「学習指導要領」に反しないかを慎重に検討し申請を出します。

 

申請を受けた文科省では、審議員数百名から組織される

「教科用図書検定調査審議会」が審査に当たり教科書の内容を調べて、

問題がある個所の修正を求めるなどして出版社とのやり取りを繰り返し

最終的に合格をもらった教科書だけが学校教科書として使用されるという

仕組みになっています。

 

歴史教科書は、ほぼ5年に一度改定されていますが、

新しい歴史教科書の作成には申請を含めて5年かかるので、

出版社は新しい教科書を出版した翌年には

再び次の改定後の歴史教科書の作成に入ります。




日本の歴史教科書は誰が書いているの?

 

日本の歴史教科書の執筆者については、文部科学省の平成29年度使用の

中学校教科書目録によると以下の人の名前があります。

 

坂上康俊  九州大学教授     日本古代史

深谷克己  早稲田大学名誉教授  日本近世史

三谷博   東京大学名誉教授   日本近代史

黒田日出男 東京大学名誉教授   日本中世史

藤井譲治  京都大学名誉教授   日本近世史

杉原誠四郎 評論家・歴史家    日本外交史

伊藤隆   東京大学名誉教授   日本近現代政治史

安井俊夫  愛知大学経済学部教授 社会科教育法

 

読んでもらえば分かる通り、いずれも大学教授や歴史家、評論家等で

自身でも何冊も歴史の本を出している著名人が含まれます。

もっとも、この人達が単独で教科書を書いているのではなく、

これらの人を筆頭に何十人という歴史の専門家が一冊の教科書を

仕上げているのです。

 

検定合格した歴史教科書にはどんなのがあるの?

 

日本の教育制度における歴史教育は、小学校六年生の1年間で日本史全体を習い、

中学校では、社会科の括りで、地理、公民、歴史の3つが必修です。

高校では、日本史と世界史を教えますが、世界史は必修なのに日本史は選択制で

そのせいで世界史は分るけど日本史は知らないという人が多いです。

 

こんな理由から、日本史を集中して習うのは、中学校の時代なので、

この時期の日本史の教科書は割合充実しているという事になります。

 

どのような歴史教科書が出ているのか?というと以下の通りです。

 

東京書籍   新編 新しい社会 歴史

教育出版   中学社会歴史 未来を開く

清水書院   中学歴史 日本の歴史と世界

帝国書院   社会科 中学生の歴史 日本の歩みと世界の動き

日本文教出版 中学社会 歴史的分野

自由社    新版 新しい歴史教科書

育鵬社    [新編] 新しい日本の歴史

学び舎   ともに学ぶ人間の歴史

 

これらの歴史教科書のシェアでいくと、筆頭の東京書籍が69万1223冊で

58・6%を得て、ダントツの1位、2位は教育出版、14万9561冊で

12・7%、3位が日本文教出版で、13万2852冊で11・3%です。

 

ここだけの話、歴史教科書って儲かるの?

 

義務教育の教科書は無料配布ですが、それは生徒に負担がないというだけで、

実際には、政府が自治体で採択された分だけ、各出版社から教科書を買い取ります。

それには国民の税金が使われているので無償ではないわけです。

 

さて、歴史教科書の出版社は儲かるのか?という話ですが、ぶっちゃけ儲かります。

何故なら、幾ら売れるか分からない市販と違い、教科書なら生徒が使う使わない

関係無く生徒の数だけ確実に売れるからです。

上述の東京書籍なら在庫を抱える必要なく、69万1223冊が全て売れます。

しかも買い上げるのは親方日の丸ですから、絶対に倒産しません。

売れ残りのリスクを背負う必要なく刷った分が売れるのですから、

出版社としては、教科書はかなり良い商売の部類に入ると言えるでしょうね。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

以上、現代日本の歴史教科書について調べてみました。

日本の歴史教科書は、様々な出版社が、錚々たる歴史の権威に依頼して、

5年かけて作成し、最期は文科省の検定に合格して、はじめて教科書になる

という事が分っていただければ幸いです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リ…
  2. コネ男・劉備から学ぶ人脈作り!コネクションの活かし方をコッソリ教…
  3. 98話:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する
  4. 藏洪(ぞうこう)とはどんな人?袁紹が可哀想になるくらい逆恨み男の…
  5. 許褚(きょちょ)ってどんな人?曹操のボディーガードとして自ら語る…
  6. 蔣欽(しょうきん)とはどんな人?孫権に『国士』と激賞された呉の十…
  7. 中国四大美女のひとり貂蝉
  8. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  3. 【転職面接を攻略】呂布、陳琳、孔明に学ぶ面接必勝法
  4. 張羨(ちょうせん)とはどんな人?天下分け目の荊州合戦、劉表と争った南郡の支配者
  5. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪
  6. 戦下手の夏侯惇が大活躍!運が味方した陽平関の戦いってどんな戦いなの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人 董和(とうか)とはどんな人?孔明に認められた蜀の貴重な人材 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになったの? 大戦乱!!三国志バトル(株式会社gloops)にはじ三が突撃じゃ! これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由! 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達 【コラボ企画】はじめての三国志 x レキシズル 3月25日開催決定 就職戦線異状だらけ!かなり大変だった三国志時代の就職

おすすめ記事

  1. 三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪
  2. 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  3. 曹操が董卓に歌をプレゼント?イミシンな董卓歌
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【7/31〜8/6】
  5. 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献
  6. えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!?
  7. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【4/10〜4/17】
  8. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP