法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!




曹操

 

正史三国志を書いたのは、西晋の陳寿(ちんじゅ)である事は有名ですが、

その三国志を多くの史料を駆使して補足して、魅力のある物語にしたのが

東晋末から宋初の裴松之(はいしょうし)である事は、あまり知られていません。

実は、彼の補足こそ、三国志を面白くしたと言っても過言ではないのです。




裴松之は、陳寿の死後、80年位してから生まれた

太陽 三国志 写真

 

裴松之(372~451)は、字を世期(せいき)と言います。

東晋の官僚、裴珪(はいけい)の息子で、先祖の裴微(はいび)は

魏に仕えていたようです。

8歳にして、「論語」や「毛詩」の内容に通じた秀才でしたが、

それをひけらかざす身なりはいつも質素であるという

典型的な儒者の居住まいでした。

 

西暦391年の殿中(でんちゅう)将軍より立身して、

以来、東晋の官僚を歴任します。

そして、405年、33歳の時には、

尚書祠部郎(しょうしょぎぶろう)になっていました。




裴松之の性格が分かる逸話

 

裴松之が尚書祠部郎になった頃、東晋では各地に先祖の功績を称える碑を

建立する事が大流行していました。

しかし、それらの碑は、極端に先祖の功績を美化し、捏造したものだらけで

これがそのまま伝わると、後の歴史が誤って伝わる危険がありました。

 

そこで、裴松之は、上奏し、碑の乱立を禁止すると同時に、

内容については、必ず国家の検閲が入るようにしたのです。

これにより、碑の建立は減少しました。

 

裴松之「んなこと言ったってオメェよお、嘘書いたらアカンだろォ?」

 

裴松之は、このように歴史の捏造に敏感な人だったのです。

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

 

西暦429年、三国志に注釈を入れる仕事に就く

旅馬 三国志

 

西暦429年、東晋を倒した、宋の3代皇帝の文帝は、

学問を振興した名君として有名でした。

この文帝は、陳寿の三国志も読んだらしく、こんな感想を持ちます。

 

文帝「うーん、面白くはあるけど、さっぱりし過ぎてるな、

それとさ、ちょっと内容薄くね?コレ」

 

裴松之「任せてくだせェ、、俺っちが、もっと面白いビーム

じゃねえ、、歴史書に造り変えてみせまさぁ」

 

こうして、裴松之はドスの利いた声を響かせ、

陳寿正史三国志を再編集する編集長の仕事を

請け負う事になります、オガッ!!

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 戦術マニア必見!兵馬俑の戦車で2200年前の戦略がわかる!
  2. 孔明の留守宅の壁に長々と漢詩を書いて汚す劉備 【三国志平話】あの劉備親分がまさかの詩人キャラ
  3. 楽進 楽進はチビだけどスゴイヤツ背が低いのは不利じゃない!
  4. 孔明と劉備、関羽、張飛 128話:諸葛亮孔明、ついに五丈原に堕つ・・
  5. 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴…
  6. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代、魏・蜀・呉はそれぞれどんな経済政策を打ち立てたのか?
  7. 袁術 まだ漢王朝で消耗してるの?第2話:早すぎた改革者 袁術
  8. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 何晏
  2. 黒田官兵衛
  3. 蔡琰
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. 龐統
  6. 周瑜 美男子
  7. 城 銅雀台
  8. 孔明もコペルニクスに似ていた

おすすめ記事

  1. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた? 霊帝から益州統治を頼まれる劉焉
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【4/10〜4/16】
  3. アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は? 鎌倉時代 服装 男女
  4. 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!? 張遼・楽進・李典
  5. 【三国志の食事】劉備・曹操・孫権も食べていた!?三国時代の食事風景とは(デザートもあるよ) 孫権と劉備と曹丕
  6. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操? 曹操 孔明をチェック

三國志雑学

  1. チビってしまう司馬懿と孔明
  2. 楽進
  3. 于禁と兵士
  4. 蜀の馬超
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 法正
  2. 日射病で失神する金栗四三 いだてん
  3. 司馬懿と公孫淵
  4. 許チョ(許褚)
  5. 明智光秀 麒麟がくる
  6. 劉璋(りゅうしょう)
  7. 金栗四三 いだてん

おすすめ記事

【キングダム】王騎は史実では全く活躍しないダメ将軍? 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう 剣を持って戦う徐庶 徐庶は史実ではちゃんと出世していた!やっぱり仕えるなら魏の方が良いの? 裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに! 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語 殷の大様002 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの? 諸葛孔明019 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義 文鴦(ぶんおう)ってどんな人?趙雲に匹敵した勇将

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP