呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!




曹操

 

正史三国志を書いたのは、西晋の陳寿(ちんじゅ)である事は有名ですが、

その三国志を多くの史料を駆使して補足して、魅力のある物語にしたのが

東晋末から宋初の裴松之(はいしょうし)である事は、あまり知られていません。

実は、彼の補足こそ、三国志を面白くしたと言っても過言ではないのです。




裴松之は、陳寿の死後、80年位してから生まれた

太陽 三国志 写真

 

裴松之(372~451)は、字を世期(せいき)と言います。

東晋の官僚、裴珪(はいけい)の息子で、先祖の裴微(はいび)は

魏に仕えていたようです。

8歳にして、「論語」や「毛詩」の内容に通じた秀才でしたが、

それをひけらかざす身なりはいつも質素であるという

典型的な儒者の居住まいでした。

 

西暦391年の殿中(でんちゅう)将軍より立身して、

以来、東晋の官僚を歴任します。

そして、405年、33歳の時には、

尚書祠部郎(しょうしょぎぶろう)になっていました。




裴松之の性格が分かる逸話

 

裴松之が尚書祠部郎になった頃、東晋では各地に先祖の功績を称える碑を

建立する事が大流行していました。

しかし、それらの碑は、極端に先祖の功績を美化し、捏造したものだらけで

これがそのまま伝わると、後の歴史が誤って伝わる危険がありました。

 

そこで、裴松之は、上奏し、碑の乱立を禁止すると同時に、

内容については、必ず国家の検閲が入るようにしたのです。

これにより、碑の建立は減少しました。

 

裴松之「んなこと言ったってオメェよお、嘘書いたらアカンだろォ?」

 

裴松之は、このように歴史の捏造に敏感な人だったのです。

 

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:【衝撃の事実】三国志演義はゴーストライターによって書かれた小説だった!?羅貫中じゃないの?

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情

 

西暦429年、三国志に注釈を入れる仕事に就く

旅馬 三国志

 

西暦429年、東晋を倒した、宋の3代皇帝の文帝は、

学問を振興した名君として有名でした。

この文帝は、陳寿の三国志も読んだらしく、こんな感想を持ちます。

 

文帝「うーん、面白くはあるけど、さっぱりし過ぎてるな、

それとさ、ちょっと内容薄くね?コレ」

 

裴松之「任せてくだせェ、、俺っちが、もっと面白いビーム

じゃねえ、、歴史書に造り変えてみせまさぁ」

 

こうして、裴松之はドスの利いた声を響かせ、

陳寿正史三国志を再編集する編集長の仕事を

請け負う事になります、オガッ!!

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中 安保法案ってなに?三国志で理解する安保法案【今さら聞けない】
  2. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文…
  3. 曹植は軟弱ではなかった 曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯
  4. 関羽 【三国志裏話】徐晃は関羽から尊敬されていたってホント!?
  5. 魏延からの提案を却下する孔明 規制緩和は正しいの?2100年前の中国で起きた経済論争
  6. 影の薄い孫権 何でこんなに孫権は地味なの?
  7. 貂蝉 後宮にも上下関係が存在した?三国志後宮キャリア物語
  8. 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 晋の陳寿
  2. 解煩督 呉
  3. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
  4. 漢帝国の宿敵で匈奴の名君(匈奴族)
  5. 剣を持って戦う徐庶
  6. 小帝と董卓
  7. 服部半蔵
  8. 呂布のラストウォー 呂布

おすすめ記事

  1. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?
  2. 関羽も食べた巨大ビスケット「博望鍋盔」の由来とお家で作れる豚まんレシピ 酔っ払う関羽
  3. キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法 キングダム
  4. 王朝交代の背景には中国の五行思想があった!?
  5. 蜀漢が滅びたのは張飛達を祀らなかったから?
  6. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!

三國志雑学

  1. 陸遜と孫権
  2. 夏侯覇
  3. 法正
  4. 孔明による出師の表


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操と機密保持
  2. 劉邦の息子を補佐する曹参(そうしん)
  3. 黄蓋、赤壁の戦いでうっかり河ポチャ
  4. 王平は四龍将
  5. 三国志 象兵

おすすめ記事

呂布VS劉備三兄弟 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮は本当に病弱じゃなくてムキムキマッチョな将軍だった!? 陸遜の部下の兵士 【シミルボン】三国志の裏側:使い捨てられる兵士はどこからやってきたのか? 孔明 【後出師の表】は味方の士気を下げるダメダメ偽造文書だ kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 大久保利通はどんな性格をしていたの?身長や西郷隆盛との関係性 これは本物…?稀代の奇人変人・禰衡のやらかしエピソード集 魏の忠臣・徐宣(じょせん) 徐宣(じょせん)とはどんな人?魏の三代に仕えて歴代の君主に褒められた忠義心の塊

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP