世界不思議発見!三国志の時代の日本、西洋、インドの秘密を探る




三国志 まとめ

 

三国志は、180年~280年に中国で起きた出来事です。

この頃、世界でも様々な出来事が起こりました。

今回は、三国志の時代に世界で起きた出来事について紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

関連記事:古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!?

 

 

ローマ帝国の大衆浴場「テルマエロマエ」

 

ローマ帝国は、紀元前27年~1453年の間、地中海域で栄えました。

様々な人種・言語・宗教が混在していましたが、

強大な軍事力でもって支配していました。

イエス・キリストもローマ帝国で誕生し、

キリスト教は新興宗教として扱われていました。

 

テルマエロマエ

 

映画「テルマエロマエ」は、130年のローマ帝国を舞台にしています。

中国では後漢の時代です。

ローマ帝国の水道事情は当時の世界ではトップクラスです。

公衆衛生に秀でていたローマ帝国は、この頃から入浴の文化がありました。

そのお風呂文化を題材にしたのが映画「テルマエロマエ」です。

 

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍

関連記事:後漢末から三国時代の世界情勢はどうなってたの?

 

バレンタインの始まり

 

またまたローマ帝国からです。

三国志も終盤の269年の出来事です。

ローマ帝国では若い男と女は一緒に住むことができませんでした。

しかし、2/14の女神ユノの日だけは、若い男と女が一緒に過ごし、

この機会を利用して結婚しました。

 

当時のローマ帝国は、軍事力を維持するために兵士の結婚を禁止しました。

これを破り兵士を結婚させていたのが、キリスト教司祭のバレンタインです。

これを知ったローマ皇帝は、司祭を2/15に処刑します。

その前日のユノの日と合わせてバレンタインデーとしました。

 

 

新たなペルシャの誕生

ササン朝 wiki

 

ローマ帝国の東にあるペルシャ。

ペルシャは、長年ローマ帝国と戦争を繰り返していたパルティアが支配していました。

しかし、226年にパルティアが滅ぼされ、ササン朝ペルシャが誕生しました。

このササン朝ペルシャは、ペルシャ帝国とも呼ばれました。

 

正倉院 引用

(画像出典:奈良県土木部まちづくり推進局奈良公園室)

 

ササン朝ペルシャは、226~651年に渡りペルシャを支配していました。

日本とも交流があり、正倉院にはササン朝ペルシャの手工芸品が収められています。

また、源平合戦の平家は、ササン朝ペルシャの末裔とも言われています。

 

中国と関係が強いインド

 

インドでは、クシャーナ朝と呼ばれるイラン系の王朝が栄えていました。

このクシャーナ朝は、紀元前2世紀に匈奴に圧迫されて移動した

大月氏の末裔と言われています。

これについては、前漢書に大月氏の歴史が記されています。

 

このクシャーナ朝は、中国とも積極的な交流関係を持っていて、

魏に使節を派遣しています。

これに対して魏は、親魏大月氏王の金印を贈っています。

これは、日本の卑弥呼と同じ扱いを受けていたことになります。

 

関連記事:曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?

 

日本を支配していた邪馬台国

卑弥呼

 

中国が三国志の時、日本は卑弥呼の治める邪馬台国の時代でした。

その存在自体は、三国志で登場する魏志倭人伝でのみ伝えられています。

そのため、現在も邪馬台国が存在した場所は明らかになっていません。

 

邪馬台国以外にも小さな国が30個ほど存在し、これらの国を総称して倭国と呼びました。

邪馬台国とそれ以外の国の関係は、非常に悪く争いが絶えませんでした。

その中で卑弥呼は、魏に使節を派遣し、親魏倭王の金印を贈られました。

これにより、卑弥呼が倭国の王であると魏によって認定されたのです。

 

関連記事:日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?

関連記事:倭国 「魏志倭人伝」 から読み取る当時の日本、邪馬台国と卑弥呼を分かりやすく解説

関連記事:「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より

関連記事:【日本最大ミステリー遂に解明か?】邪馬台国・卑弥呼の正体につながる新たな手がかりを発見!

 

三国志ライター黒太子の独り言

はじめての三国志ライター黒太子
今回は、三国志時代の世界で起きた出来事について紹介しました。

当時の世界情勢は、ローマ帝国、ペルシャ、中国が大国として存在していました。

特にローマ帝国と中国の歴史は、文献としてしっかりと記されていました。

このことは、この時代における優れた文明を持っていた証でもあります。

 

曹操探検隊

 

また、今回紹介したローマ帝国、ペルシャ、インド、倭国に中国を入れると、

ローマ~日本へ繋がるシルクロードになります。

多少、時代にズレはありますが、各国が世界と繋がっていたことになります。

 

キングダム 始皇帝

 

最後に、余談ですが英語で中国をCHINAと表記しますが、

これは中国最初の統一国である秦が語源であるとされています。

シルクロードでローマ帝国と秦が交流関係にあった名残りとも言えます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰が開通した?

関連記事:孔明の南蛮征伐の目的は交易路(南シルクロード)狙いだった!?

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

 




関連記事

  1. 不老不死を求める始皇帝
  2. 劉禅と孔明
  3. 孫権
  4. 于吉
  5. 関羽千里行 ゆるキャラ
  6. 尹夫人 曹操

    デザイン担当:よりぶりん

    後漢王朝の華だった尹夫人の波乱万丈の生涯Part.2

    曹操(そうそう)に見初められて、曹操13人の妻の一人になった尹…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP