広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

この記事の所要時間: 215




 

蜀の丞相として活躍した諸葛孔明。

彼は優秀な人物を引き上げて抜擢し適材適所に配置して活躍させておりましたが、

彼と一緒に仕事を行った熟考型の人物をご存知でしょうか。

その名を董和(とうわ)と言います。

孔明は彼の才能を認めて褒めておりましたがどのような人材であったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?




劉璋に仕えた熟考型の人材

 

董和は後漢王朝が乱れると一族を率いて益州へ逃れることにします。

当時の益州のボスは劉璋(りゅうしょう)で、

彼から招かれて劉璋政権に参加することになります。

当時の益州は役人だけが乱れていたわけでなく、

金持ちも乱れており諸侯が着ているような服を来て街中を歩いていたそうです。

董和は劉璋から成都の令に任命されると自ら質素倹約に努めて、

粗衣粗食を率先して行い身分を超える贅沢を行いませんでした。

そして庶民には身分を超える贅沢を行うことを禁止する法令を施行。

この法令の結果、

庶民も贅沢を行うことをやめて庶民らしい生活を行うようになり、

風俗の乱れがなくなっていくことになります。

また異民族と協力して成都近辺を統治し、

誠意を持って接していたことから異民族からも信頼されていたそうです。




孔明と一緒に仕事を行う

 

劉璋は益州に侵攻してきた劉備軍に降伏すると董和は劉備に仕えることになります。

彼は劉備の片腕であった諸葛孔明と一緒に仕事を行うことになり、

無駄な政策をすべて廃止して、役に立つ政策を次々と進言していったそうです。

劉備軍に仕えること20年あまりに及び彼が行った政策は膨大な数でしたが、

彼が主におこなった政策は異民族の居住区をしっかりと決め、

内政においては政治の中枢に参画していろいろな進言を行います。

彼が亡くなった時には家に財産と呼べる蓄財はほとんどなかったそうです。

 

諸葛孔明の評価

 

孔明は董和が亡くなった後役人たちを集めて訓示を行います。

彼は部下達へ「君達役人は人々に意見をしっかりと求めることが第一である。

この意見を参考にして主君の利益を上げることが肝要である。

もし自分と違う意見を持っている者を遠ざけて検討することをやめてしまえば、

仕事に欠陥が出て損害を与えることになるので気をつけるように。」と訓示を下します。

その後自らの体験談をみんなに話したそうです。

彼は「先ほど私が話した訓示であるが、人が全て先ほどの事が出来るほど出来た人物は

そうはいない。

しかし私の友人である徐庶はこうした事をしっかりと行っていた。

また私の同僚である董和は仕事で不十分な点が発生したらしっかりと熟考した後、

私のところに来て相談を行っていた。

皆も徐庶を見習えとは言わない。

しかし董和を見習って仕事を行って欲しい」とお願いします。

こうして孔明の訓示と体験談を聞かされた役人たちは、

一所懸命に仕事に励んでいったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孔明は側近にこのような事を述べておりました。

彼曰く「私は若い時に崔州平(さいしゅうへい)と付き合っていたが、

彼は私の欠点を度々指摘してくれた。

また徐庶は私に色々な事を教えてくれた。

董和とは一緒に仕事を行ったが、遠慮することなく私に色々な意見をしてくれた。

そして胡済(こさい)は私の行いに間違えがあるとすぐに注意をしてくれた。

私はボンクラだから全てを受け入れることはできなかったけれど、

彼ら四人とはしっかりと気が合った。

私は彼らの遠慮しない意見を言う姿勢にはほとほと感心せざるを得ない」と述べております。

董和が孔明に認められるほどの才能を持った人物である証左であり、

蜀を支えた人物として認められていたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物
  2. 「自治三訣」って一体どんな言葉?東京都知事の所信表明に出てきた言…
  3. 【キングダム】王翦・王賁の血筋は楚漢戦争時代にも登場していた!?…
  4. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではな…
  5. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  6. 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…
  7. 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その2
  8. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【ファン必見】2016年スーパーエリート袁術君の活躍まとめ26選
  2. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  3. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  4. 三国志の有名武将のように私も歴史に名前を残したい!どうしたらいい?
  5. 李陵(りりょう)とはどんな人?キングダムの李信を先祖に持つ悲運の将軍【前半】
  6. 【キングダム】桓騎(かんき)秦を亡命し樊於期と名前を変え秦王に復讐

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎 79話:曹操最大の失敗赤壁の戦い くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ 86話:張松という男が劉備の運命を左右する  姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

おすすめ記事

  1. 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの?
  2. 17話:結構頭脳派?少数の手勢を何倍にも見せた菫卓
  3. もし徐庶が軍師として劉備軍に留まっていたら三国志はどうなっていた?
  4. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  5. 【重要なお知らせ】ストライキ決行
  6. 【シミルボン】残念、五虎将軍になった時にはピークを過ぎていた馬超
  7. 曹操の詩の世界を体験してみよう
  8. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP