架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

この記事の所要時間: 215




 

蜀の丞相として活躍した諸葛孔明。

彼は優秀な人物を引き上げて抜擢し適材適所に配置して活躍させておりましたが、

彼と一緒に仕事を行った熟考型の人物をご存知でしょうか。

その名を董和(とうわ)と言います。

孔明は彼の才能を認めて褒めておりましたがどのような人材であったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?




劉璋に仕えた熟考型の人材

 

董和は後漢王朝が乱れると一族を率いて益州へ逃れることにします。

当時の益州のボスは劉璋(りゅうしょう)で、

彼から招かれて劉璋政権に参加することになります。

当時の益州は役人だけが乱れていたわけでなく、

金持ちも乱れており諸侯が着ているような服を来て街中を歩いていたそうです。

董和は劉璋から成都の令に任命されると自ら質素倹約に努めて、

粗衣粗食を率先して行い身分を超える贅沢を行いませんでした。

そして庶民には身分を超える贅沢を行うことを禁止する法令を施行。

この法令の結果、

庶民も贅沢を行うことをやめて庶民らしい生活を行うようになり、

風俗の乱れがなくなっていくことになります。

また異民族と協力して成都近辺を統治し、

誠意を持って接していたことから異民族からも信頼されていたそうです。




孔明と一緒に仕事を行う

 

劉璋は益州に侵攻してきた劉備軍に降伏すると董和は劉備に仕えることになります。

彼は劉備の片腕であった諸葛孔明と一緒に仕事を行うことになり、

無駄な政策をすべて廃止して、役に立つ政策を次々と進言していったそうです。

劉備軍に仕えること20年あまりに及び彼が行った政策は膨大な数でしたが、

彼が主におこなった政策は異民族の居住区をしっかりと決め、

内政においては政治の中枢に参画していろいろな進言を行います。

彼が亡くなった時には家に財産と呼べる蓄財はほとんどなかったそうです。

 

諸葛孔明の評価

 

孔明は董和が亡くなった後役人たちを集めて訓示を行います。

彼は部下達へ「君達役人は人々に意見をしっかりと求めることが第一である。

この意見を参考にして主君の利益を上げることが肝要である。

もし自分と違う意見を持っている者を遠ざけて検討することをやめてしまえば、

仕事に欠陥が出て損害を与えることになるので気をつけるように。」と訓示を下します。

その後自らの体験談をみんなに話したそうです。

彼は「先ほど私が話した訓示であるが、人が全て先ほどの事が出来るほど出来た人物は

そうはいない。

しかし私の友人である徐庶はこうした事をしっかりと行っていた。

また私の同僚である董和は仕事で不十分な点が発生したらしっかりと熟考した後、

私のところに来て相談を行っていた。

皆も徐庶を見習えとは言わない。

しかし董和を見習って仕事を行って欲しい」とお願いします。

こうして孔明の訓示と体験談を聞かされた役人たちは、

一所懸命に仕事に励んでいったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孔明は側近にこのような事を述べておりました。

彼曰く「私は若い時に崔州平(さいしゅうへい)と付き合っていたが、

彼は私の欠点を度々指摘してくれた。

また徐庶は私に色々な事を教えてくれた。

董和とは一緒に仕事を行ったが、遠慮することなく私に色々な意見をしてくれた。

そして胡済(こさい)は私の行いに間違えがあるとすぐに注意をしてくれた。

私はボンクラだから全てを受け入れることはできなかったけれど、

彼ら四人とはしっかりと気が合った。

私は彼らの遠慮しない意見を言う姿勢にはほとほと感心せざるを得ない」と述べております。

董和が孔明に認められるほどの才能を持った人物である証左であり、

蜀を支えた人物として認められていたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  2. 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです
  3. 劉邦や劉備も手本にした人物 「重耳」 とは?
  4. 【曹操を支えた賢才】卞氏がいたからこそ後ろを省みることなく曹操は…
  5. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」…
  7. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?
  8. 83話:劉備は荊州四郡をゲット!怒涛の快進撃

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?
  2. 春秋時代を代表する名君・荘王にも面白い話があった!
  3. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  4. 三国志演義の悪役・曹操のイメージを払拭した功労者達
  5. 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?
  6. 気が抜けない!三国志時代の旅行は命がけだった!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明 はじめての三国志の「よくあるご質問」についてのお答え 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介 『三国志大戦』2017 公式全国大会「覇業への道 英傑再臨」が10月7日より開催。「日本最強の君主」は誰だ!? 張繍と賈詡は曹操に降伏したのは本心からではなかった!? ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名士達 韓遂の処世術が現代人にも参考になる!いつでもナンバー2!キングメーカー韓遂

おすすめ記事

  1. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  2. 幻の皇帝?曹操が最も愛した息子……曹沖について
  3. 三国志時代の医療はどうなっていたの?華佗以外にも治療を行っていた!
  4. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  5. 秦の昭襄王(しょうじょうおう)って戦神と言われるほど本当に強かったの?
  6. もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?
  7. 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  8. 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP