朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

孔明と一緒に蜀の政権を支えた熟考型の人材ってどんな人?

この記事の所要時間: 215




 

蜀の丞相として活躍した諸葛孔明。

彼は優秀な人物を引き上げて抜擢し適材適所に配置して活躍させておりましたが、

彼と一緒に仕事を行った熟考型の人物をご存知でしょうか。

その名を董和(とうわ)と言います。

孔明は彼の才能を認めて褒めておりましたがどのような人材であったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?




劉璋に仕えた熟考型の人材

 

董和は後漢王朝が乱れると一族を率いて益州へ逃れることにします。

当時の益州のボスは劉璋(りゅうしょう)で、

彼から招かれて劉璋政権に参加することになります。

当時の益州は役人だけが乱れていたわけでなく、

金持ちも乱れており諸侯が着ているような服を来て街中を歩いていたそうです。

董和は劉璋から成都の令に任命されると自ら質素倹約に努めて、

粗衣粗食を率先して行い身分を超える贅沢を行いませんでした。

そして庶民には身分を超える贅沢を行うことを禁止する法令を施行。

この法令の結果、

庶民も贅沢を行うことをやめて庶民らしい生活を行うようになり、

風俗の乱れがなくなっていくことになります。

また異民族と協力して成都近辺を統治し、

誠意を持って接していたことから異民族からも信頼されていたそうです。




孔明と一緒に仕事を行う

 

劉璋は益州に侵攻してきた劉備軍に降伏すると董和は劉備に仕えることになります。

彼は劉備の片腕であった諸葛孔明と一緒に仕事を行うことになり、

無駄な政策をすべて廃止して、役に立つ政策を次々と進言していったそうです。

劉備軍に仕えること20年あまりに及び彼が行った政策は膨大な数でしたが、

彼が主におこなった政策は異民族の居住区をしっかりと決め、

内政においては政治の中枢に参画していろいろな進言を行います。

彼が亡くなった時には家に財産と呼べる蓄財はほとんどなかったそうです。

 

諸葛孔明の評価

 

孔明は董和が亡くなった後役人たちを集めて訓示を行います。

彼は部下達へ「君達役人は人々に意見をしっかりと求めることが第一である。

この意見を参考にして主君の利益を上げることが肝要である。

もし自分と違う意見を持っている者を遠ざけて検討することをやめてしまえば、

仕事に欠陥が出て損害を与えることになるので気をつけるように。」と訓示を下します。

その後自らの体験談をみんなに話したそうです。

彼は「先ほど私が話した訓示であるが、人が全て先ほどの事が出来るほど出来た人物は

そうはいない。

しかし私の友人である徐庶はこうした事をしっかりと行っていた。

また私の同僚である董和は仕事で不十分な点が発生したらしっかりと熟考した後、

私のところに来て相談を行っていた。

皆も徐庶を見習えとは言わない。

しかし董和を見習って仕事を行って欲しい」とお願いします。

こうして孔明の訓示と体験談を聞かされた役人たちは、

一所懸命に仕事に励んでいったそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

孔明は側近にこのような事を述べておりました。

彼曰く「私は若い時に崔州平(さいしゅうへい)と付き合っていたが、

彼は私の欠点を度々指摘してくれた。

また徐庶は私に色々な事を教えてくれた。

董和とは一緒に仕事を行ったが、遠慮することなく私に色々な意見をしてくれた。

そして胡済(こさい)は私の行いに間違えがあるとすぐに注意をしてくれた。

私はボンクラだから全てを受け入れることはできなかったけれど、

彼ら四人とはしっかりと気が合った。

私は彼らの遠慮しない意見を言う姿勢にはほとほと感心せざるを得ない」と述べております。

董和が孔明に認められるほどの才能を持った人物である証左であり、

蜀を支えた人物として認められていたのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?

関連記事:【華麗なる名門一族】袁紹のおじいちゃん達ってどのくらいすごい人だったの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 袁術へ強制的に仕えることになった華歆がマッハで彼に見切りをつけた…
  2. 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた…
  3. 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  4. 仏門教師・太原雪斎とはどんな人?今川義元の幼少期・青年期を支えた…
  5. 袁尚(えんしょう)とはどんな人?兄と争ったせいで袁家をつぶしてし…
  6. 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…
  7. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最…
  8. なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  2. 中国の氏・姓の成り立ちをどこよりも分かりやすく解説!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【12/11〜12/17】
  5. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  6. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操 生涯最大の苦戦 烏桓討伐|完結編 【三国志 魏の歴史事件簿】一体何が起きたのか!?曹芳の時代に起きた事件に迫る!! これぞジパングの国!武田信玄の金山採掘法と採掘された金の使いみちが気になる! 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その1 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 【忠臣・魏延に迫る】何で劉備は魏延をあれほど重用したの? 【王平の戦いが凄い】文字は10個しか知らないけれど軍事において抜群の才能を示した戦い まるで蒟蒻問答?(こんにゃくもんどう) 孔明と張飛の知恵くらべ

おすすめ記事

  1. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、涼州(りょうしゅう)、并州(へいしゅう)編
  2. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  3. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  4. 羅貫中はケアレスミスをしていた?三国志時代の紙の価値
  5. 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?
  6. 劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!
  7. 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの?
  8. 歴史上最も有名な義兄弟の誕生!桃園の誓い

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP