呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」




 

戦国時代の毛利家の特徴といえば水軍と言えるでしょう。

毛利家は毛利元就(もうりもとなり)の時代から水軍が発達しており、

陶晴賢(すえはるかた)と激戦を繰り広げた厳島(いつくしま)の戦いでも、

毛利水軍が大活躍しております。

この戦国時代最強と言っても過言ではない毛利水軍が織田家に牙を向いて、

襲いかかってくることになります。

織田信長は戦国最強の部隊である毛利水軍とどのように戦ったのでしょうか。

今回は毛利水軍vs織田水軍が激戦を繰り広げた

木津川口(きづがわぐち)の戦いをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後




毛利水軍動く

 

毛利家は織田家と敵対することに決めると織田家と長年敵対している本願寺(ほんがんじ)

や北陸の覇者・上杉謙信(うえすぎけんしん)らと同盟を結びます。

本願寺は毛利家と同盟を結ぶと早速彼らへ

「兵糧が心もとないから海上から兵糧を搬入してくれ」と要請。

毛利家は本願寺の要請を受け入れて兵糧を海上から石山へ搬入するため、

戦国最強の毛利水軍を動かすことにします。

毛利水軍はこの時800艘もの船を動員して石山へ目指して出陣していきます。




海を埋め尽くす毛利水軍

 

信長は天王寺砦で本願寺軍を蹴散らすと

本願寺軍が篭城している石山周辺に砦を構築してアリ一匹逃さない完全包囲を行います。

そんな中信長の元に驚くべき報告が届きます。

その内容は「毛利水軍が800艘もの船を石山へ向けて出陣させた」との内容でした。

信長は報告して者を下がらせると森蘭丸(もりらんまる)へ「やべぇな!!」と一言漏らしたとか。

とりあえず信長は毛利水軍を迎撃するべく織田水軍を総動員して、

大阪湾木津川口に駐屯させて毛利水軍を待ち受けることにします。

そして待ち受けること数日、海を埋め尽くすほどの毛利水軍が木津川口へやってきます。

 

フルボッコにされる織田水軍

 

こうして両水軍は木津川口に集結することになり、

すぐに水軍同士の戦いが勃発することになります。

毛利水軍は織田水軍へ炮烙火矢(ほうらくひや=火薬を使った兵器)や弓矢を打ちまくり、

織田水軍の船は何艘も火を吹いて沈められてしまいます。

織田水軍も負けじと鉄砲や弓矢を毛利水軍へ乱射して応戦しますが、

毛利水軍の操船技術との差が違いすぎて中々当てることができませんでした。

そしてこの戦いの結末は織田水軍が毛利水軍にフルボッコにされてしまい、

大敗北で戦いの幕は閉じることになります。

毛利水軍は織田水軍のほとんどを壊滅させると、

悠々と本願寺の海沿いの砦へ兵糧を補給して帰還することになります。

本願寺の砦からは拍手喝采で毛利水軍を見送ったそうです。

 

吉川元春の書状

 

毛利両川の一人・吉川元春(きっかわもとはる)は木津川口で織田水軍をボコボコにして

大勝利を得たとの報告を受けるとある大名家の家老に手紙を送ります。

吉川元春の手紙を受け取った人物は、

上杉家の家老である直江景綱(なおえかげつな)でした。

彼は上杉景勝(うえすぎかげかつ)の時代に殺害されてしまい、

景勝の側近であった樋口与六(ひぐちよろく)が直江家を継ぐことになるのですが、

これはまだまだ先の話になります。

さて吉川元春からの手紙を受け取った直江景綱。

元春からの手紙には何が書いてあったのでしょうか。

元春は景綱へ「我が毛利家は織田水軍をボコって大勝利を収めた。

上杉家も早く北条や加賀の一向一揆衆と和睦して我らと共同作戦を取りましょう」との内容でした。

景綱はこの手紙をもらうと上杉謙信へ報告。

謙信はこの手紙をもらってどのように行動を起こすのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

毛利家が木津川口で織田水軍に勝利を収めた事によって、

反信長として敵対していた大名達を勇気づけることになります。

この戦いの後、丹波(たんば)の波多野氏、

下克上の申し子・松永久秀(まつながひさひで)らが次々と信長と敵対する行動をしていきます。

毛利家に敗北してしまった織田信長は苦しい立場へと追い込まれることになるのです。

 

参考文献 中公新書 織田信長と将軍義昭 谷口克広著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 龐統 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  2. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相…
  3. 海上での戦いの孫権 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい…
  4. 燃える本能寺 本能寺の変で織田信長を討った黒幕はスペインだった
  5. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  6. 嬴政(始皇帝) 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  7. 楊阜(ようふ)はどんな人?馬超へ復讐することを誓った魏の報復者
  8. 細川ガラシャ 明智光秀の家臣にはどんな人がいたの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 黄権
  2. kawauso編集長
  3. はじめての三国志 画像準備中
  4. 信(キングダム風)
  5. キングダム53巻
  6. 関羽
  7. 孔明君のジャングル探検

おすすめ記事

  1. 昔の中国のお葬式ってどんな感じだったの?
  2. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの? 呉魏に臣従したり抜けたりを繰り返す孫権
  3. 織田信長は天下統一までに何をしてきた? 南蛮胴を身に着けた織田信長
  4. 軍師連盟を100倍楽しむ!何で司馬仲達は魏の重鎮として出世できたの? 司馬懿
  5. 太史慈の死因って何?戦死?それとも病死? 呪われている太史慈
  6. 凌操とはどんな人?肝っ玉の太い孫呉の突撃隊長であり凌統の父を紹介 肝っ玉の太い凌操(りょうそう)

三國志雑学

  1. 田豊
  2. 旅 バイク
  3. 馬超の兜にフォーカス
  4. 陶謙と劉備


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 張飛のパワハラに怯える張達と范彊
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 宦官VS外威 三国志
  4. 君主論 董卓
  5. 劉備
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん

おすすめ記事

三国志時代の牢獄 三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る 諦める公孫サン(公孫瓚) みじめな最期を遂げた公孫瓚が袁紹に勝利するためのシナリオとは? 卞夫人 曹操 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 三国志時代の離婚や再婚問題はどうなっていたの?曹文叔の妻を紹介 皇帝に就任した曹丕 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 龐統 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます! 朱異 朱異とはどんな人?上司に噛みつく肝っ玉の据わった孫呉の戦人 【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ)

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP