広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」

この記事の所要時間: 249




 

戦国時代の毛利家の特徴といえば水軍と言えるでしょう。

毛利家は毛利元就(もうりもとなり)の時代から水軍が発達しており、

陶晴賢(すえはるかた)と激戦を繰り広げた厳島(いつくしま)の戦いでも、

毛利水軍が大活躍しております。

この戦国時代最強と言っても過言ではない毛利水軍が織田家に牙を向いて、

襲いかかってくることになります。

織田信長は戦国最強の部隊である毛利水軍とどのように戦ったのでしょうか。

今回は毛利水軍vs織田水軍が激戦を繰り広げた

木津川口(きづがわぐち)の戦いをご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後




毛利水軍動く

 

毛利家は織田家と敵対することに決めると織田家と長年敵対している本願寺(ほんがんじ)

や北陸の覇者・上杉謙信(うえすぎけんしん)らと同盟を結びます。

本願寺は毛利家と同盟を結ぶと早速彼らへ

「兵糧が心もとないから海上から兵糧を搬入してくれ」と要請。

毛利家は本願寺の要請を受け入れて兵糧を海上から石山へ搬入するため、

戦国最強の毛利水軍を動かすことにします。

毛利水軍はこの時800艘もの船を動員して石山へ目指して出陣していきます。




海を埋め尽くす毛利水軍

 

信長は天王寺砦で本願寺軍を蹴散らすと

本願寺軍が篭城している石山周辺に砦を構築してアリ一匹逃さない完全包囲を行います。

そんな中信長の元に驚くべき報告が届きます。

その内容は「毛利水軍が800艘もの船を石山へ向けて出陣させた」との内容でした。

信長は報告して者を下がらせると森蘭丸(もりらんまる)へ「やべぇな!!」と一言漏らしたとか。

とりあえず信長は毛利水軍を迎撃するべく織田水軍を総動員して、

大阪湾木津川口に駐屯させて毛利水軍を待ち受けることにします。

そして待ち受けること数日、海を埋め尽くすほどの毛利水軍が木津川口へやってきます。

 

フルボッコにされる織田水軍

 

こうして両水軍は木津川口に集結することになり、

すぐに水軍同士の戦いが勃発することになります。

毛利水軍は織田水軍へ炮烙火矢(ほうらくひや=火薬を使った兵器)や弓矢を打ちまくり、

織田水軍の船は何艘も火を吹いて沈められてしまいます。

織田水軍も負けじと鉄砲や弓矢を毛利水軍へ乱射して応戦しますが、

毛利水軍の操船技術との差が違いすぎて中々当てることができませんでした。

そしてこの戦いの結末は織田水軍が毛利水軍にフルボッコにされてしまい、

大敗北で戦いの幕は閉じることになります。

毛利水軍は織田水軍のほとんどを壊滅させると、

悠々と本願寺の海沿いの砦へ兵糧を補給して帰還することになります。

本願寺の砦からは拍手喝采で毛利水軍を見送ったそうです。

 

吉川元春の書状

 

毛利両川の一人・吉川元春(きっかわもとはる)は木津川口で織田水軍をボコボコにして

大勝利を得たとの報告を受けるとある大名家の家老に手紙を送ります。

吉川元春の手紙を受け取った人物は、

上杉家の家老である直江景綱(なおえかげつな)でした。

彼は上杉景勝(うえすぎかげかつ)の時代に殺害されてしまい、

景勝の側近であった樋口与六(ひぐちよろく)が直江家を継ぐことになるのですが、

これはまだまだ先の話になります。

さて吉川元春からの手紙を受け取った直江景綱。

元春からの手紙には何が書いてあったのでしょうか。

元春は景綱へ「我が毛利家は織田水軍をボコって大勝利を収めた。

上杉家も早く北条や加賀の一向一揆衆と和睦して我らと共同作戦を取りましょう」との内容でした。

景綱はこの手紙をもらうと上杉謙信へ報告。

謙信はこの手紙をもらってどのように行動を起こすのでしょうか。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

毛利家が木津川口で織田水軍に勝利を収めた事によって、

反信長として敵対していた大名達を勇気づけることになります。

この戦いの後、丹波(たんば)の波多野氏、

下克上の申し子・松永久秀(まつながひさひで)らが次々と信長と敵対する行動をしていきます。

毛利家に敗北してしまった織田信長は苦しい立場へと追い込まれることになるのです。

 

参考文献 中公新書 織田信長と将軍義昭 谷口克広著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【劉恒に課せられた使命】ボロボロになった漢帝国を立て直せ!!
  2. 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介
  3. 【武器】三国志時代やキングダム時代に活躍した鉤鑲や馬甲
  4. 始皇帝・政が甘々な性格であった事が原因で秦が滅びた?
  5. 辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見…
  6. 蕭何はなんで仲が悪かった曹参を後継者に任命したの?
  7. 劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を…
  8. 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほん…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  2. 身内以外の意見は聞かない暴れ者・項羽が少年の意見だけは聞いた?
  3. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!
  4. 曹操ファンは見ないでください!彼は本当に乱世の英雄だったの?
  5. 【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?
  6. 【はじめての孫子】第3回:兵とは国の大事なり

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 永遠の副官 李典(りてん)の二番手人生を徹底紹介 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利! 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活 曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

おすすめ記事

  1. 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか?
  2. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?
  3. 諸葛亮をこよなく愛した土井晩翠、星落秋風五丈原が後世でも形を変えて愛されていた!
  4. 平安京・平城京の原点は三国志の魏の都とされた鄴都だった!?
  5. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  6. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  7. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  8. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP