三国志平話
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情

この記事の所要時間: 244




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・今日のお天気」のコーナーです。

 

 

「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」という言葉があります。

孟子の教えですね。簡単に言うと、天が与える好機も地の有利さには及ばず、

地の有利さも協力し合う人たちには敵わないというものです。

一番重要なのは組織の結束である。

と、いうことですが、逆に言うと、結束している組織同士の戦いは、

土地を有効活用している方が勝つということです。

もっと言うと、人の和も地の利も互角であれば天の時が戦を左右します。

天の時って要するに偶然でしょ、って言う皆さん、そんなこともありません。

天の時も見えるんです!

今回はこの天の時に注目していきましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?




桶狭間の戦い

 

西暦1560年の日本で、この天の時が明暗を分けた戦いがありました。

「桶狭間の戦い」です。尾張の織田信長VS駿河の今川義元。

圧倒的な大軍を率いる今川軍に対して、織田軍はギリギリまで籠城か城を出て戦うか決めかねています。

決断を伸ばした理由はいろいろあるのでしょうが、

結論から考えると、ゲリラ豪雨の中での奇襲が功を奏しています。

そのおかげで総大将の首を討つことに成功したのです。

織田信長は革新的な言動で有名ですが、実は戦場の地形、天候を巧みに利用しています。

桶狭間の戦いでも、今川義元の本陣がこの場所に陣を布いて休んでいなければ、

奇襲の効果は半減していたことでしょう。

そこに敵が到達するまで織田信長は待ったのです。

はたして織田信長にとってこの突発的な天候の変化は偶然だったのでしょうか。




長篠の戦い

 

西暦1575年には、織田信長と徳川家康の同盟軍VS武田勝頼の激戦がありました。

世にいう「長篠の戦い」で、教科書にも記載されています。

鉄砲隊を率いる織田勢が騎馬隊主力の武田勢を圧倒するというものです。

一番有名なのは織田勢の鉄砲隊の三段構えですが、それ以上に注目すべきは地形と天候です。

織田信長はこの時もギリギリまで援軍出撃を延ばしています。

織田信長は何を待っていたのでしょうか。

一つはこの長篠の地形に敵本陣を誘い出すことです。

田んぼが多い平地ですが、実はかなりの湿地帯です。

多雨の時期は舟を出すほどだったそうです。

一年を考えてみると騎馬隊に有利な地形ですが、

ある一時期だけはぬかるみがひどく騎馬隊に不利になります。

織田信長が待っていたもう一つは天候です。意外ですが多雨の日を狙っています。

当然のように火種が必要な鉄砲隊に不利な天候でもありますが、

この地形では騎馬隊はそれ以上に不利なのです。

織田信長は天候の情報を読み解き、それを実戦に応用していたといえます。

誰を参考にしたのでしょうか。

 

三国志での天候の活用

 

前置きが長くなりましたが、それではその1300年前の三国志の時代ではどうだったのでしょうか。

天候を味方につけようと考えた武将はいるのでしょうか。

いますよー!!

西暦208年、孫権劉備の同盟軍VS曹操の大激突のときです。世にいう「赤壁の戦い」ですね。

このとき大軍で圧倒する曹操勢に対して孫権は火攻めを敢行します。

長江の北に陣を構える曹操。こちらは風上です。長江の南に陣を構える孫権

こちらが風下。これでは効果的な火攻めはできません。

強行すれば味方に損害を与えかねません。旧暦の11月には基本的に東南の風は吹かないはずなのです。

曹操もそこは押さえていました。

 

 

しかし周瑜はこの地方では冬至のあと、ある時期にだけ東南の風が吹くことを知っていたのです。

こうして曹操軍は壊滅状態のダメージを受けます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

司馬懿諸葛亮孔明に火攻めされたとき突然の豪雨で命を救われています。

もしかすると司馬懿も天候を読むことに長けていたのかもしれませんね。

三国志演義では、赤壁の戦いの時の東南の風は諸葛亮孔明の祈祷のおかげとなっています。

それではちょっと面白みがないですね。

天候の情報も戦況を変える決め手になる。

織田信長は周瑜からそれを学んだのかもしれません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い
  2. 【諸葛亮の北伐】精鋭部隊をミエル化
  3. 【三国志平話】まるで水滸伝!山賊になった劉備
  4. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  5. 袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持…
  6. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  7. 姜維の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  8. 呉夫人 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」
  2. 夏侯惇の少年時代はいったいどんな子供だったの??
  3. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの?
  4. 袁紹の評価は名君?凡君?徹底紹介
  5. 井伊直弼の子孫は幕末をどう生き延びたのか?
  6. 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

三國志雑学

  1. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と孫権

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は? 平野国臣、最初に「日本人」を名乗った先駆者の孤高の生涯とは? 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!! 【センゴク】織田信長の宿敵・朝倉義景はどうやって撃破されたの?

おすすめ記事

  1. 劉備は二刀流の達人だったのか?劉備が双剣を所持していた理由
  2. 前漢の外交官・張騫(ちょうけん)は大月氏と同盟を結ぶために西の国へ
  3. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  4. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事
  5. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  6. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!前篇
  7. 魯粛が孫権を煽ったから○○の戦いを決断することができた
  8. 軍師・龐統の名言から知る三国志の世界「人の国を伐ちて、以て歓を為すは、仁者の兵にあらざるなり」

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP