はじめての三国志

menu

三国志の雑学

情報も貴重な戦力!天候は戦場の勝敗の行方を左右する天候事情

この記事の所要時間: 244




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・今日のお天気」のコーナーです。

 

 

「天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」という言葉があります。

孟子の教えですね。簡単に言うと、天が与える好機も地の有利さには及ばず、

地の有利さも協力し合う人たちには敵わないというものです。

一番重要なのは組織の結束である。

と、いうことですが、逆に言うと、結束している組織同士の戦いは、

土地を有効活用している方が勝つということです。

もっと言うと、人の和も地の利も互角であれば天の時が戦を左右します。

天の時って要するに偶然でしょ、って言う皆さん、そんなこともありません。

天の時も見えるんです!

今回はこの天の時に注目していきましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?




桶狭間の戦い

 

西暦1560年の日本で、この天の時が明暗を分けた戦いがありました。

「桶狭間の戦い」です。尾張の織田信長VS駿河の今川義元。

圧倒的な大軍を率いる今川軍に対して、織田軍はギリギリまで籠城か城を出て戦うか決めかねています。

決断を伸ばした理由はいろいろあるのでしょうが、

結論から考えると、ゲリラ豪雨の中での奇襲が功を奏しています。

そのおかげで総大将の首を討つことに成功したのです。

織田信長は革新的な言動で有名ですが、実は戦場の地形、天候を巧みに利用しています。

桶狭間の戦いでも、今川義元の本陣がこの場所に陣を布いて休んでいなければ、

奇襲の効果は半減していたことでしょう。

そこに敵が到達するまで織田信長は待ったのです。

はたして織田信長にとってこの突発的な天候の変化は偶然だったのでしょうか。




長篠の戦い

 

西暦1575年には、織田信長と徳川家康の同盟軍VS武田勝頼の激戦がありました。

世にいう「長篠の戦い」で、教科書にも記載されています。

鉄砲隊を率いる織田勢が騎馬隊主力の武田勢を圧倒するというものです。

一番有名なのは織田勢の鉄砲隊の三段構えですが、それ以上に注目すべきは地形と天候です。

織田信長はこの時もギリギリまで援軍出撃を延ばしています。

織田信長は何を待っていたのでしょうか。

一つはこの長篠の地形に敵本陣を誘い出すことです。

田んぼが多い平地ですが、実はかなりの湿地帯です。

多雨の時期は舟を出すほどだったそうです。

一年を考えてみると騎馬隊に有利な地形ですが、

ある一時期だけはぬかるみがひどく騎馬隊に不利になります。

織田信長が待っていたもう一つは天候です。意外ですが多雨の日を狙っています。

当然のように火種が必要な鉄砲隊に不利な天候でもありますが、

この地形では騎馬隊はそれ以上に不利なのです。

織田信長は天候の情報を読み解き、それを実戦に応用していたといえます。

誰を参考にしたのでしょうか。

 

三国志での天候の活用

 

前置きが長くなりましたが、それではその1300年前の三国志の時代ではどうだったのでしょうか。

天候を味方につけようと考えた武将はいるのでしょうか。

いますよー!!

西暦208年、孫権と劉備の同盟軍VS曹操の大激突のときです。世にいう「赤壁の戦い」ですね。

このとき大軍で圧倒する曹操勢に対して孫権は火攻めを敢行します。

長江の北に陣を構える曹操。こちらは風上です。長江の南に陣を構える孫権。

こちらが風下。これでは効果的な火攻めはできません。

強行すれば味方に損害を与えかねません。旧暦の11月には基本的に東南の風は吹かないはずなのです。

曹操もそこは押さえていました。

 

 

しかし周瑜はこの地方では冬至のあと、ある時期にだけ東南の風が吹くことを知っていたのです。

こうして曹操軍は壊滅状態のダメージを受けます。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

司馬懿も諸葛亮孔明に火攻めされたとき突然の豪雨で命を救われています。

もしかすると司馬懿も天候を読むことに長けていたのかもしれませんね。

三国志演義では、赤壁の戦いの時の東南の風は諸葛亮孔明の祈祷のおかげとなっています。

それではちょっと面白みがないですね。

天候の情報も戦況を変える決め手になる。

織田信長は周瑜からそれを学んだのかもしれません。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!?

関連記事:曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物
  2. 地味だけど超大事!三国志の時代の食糧貯蔵庫とはどんなもの?
  3. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  4. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  5. 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる!
  6. 呉の大都督、周瑜の魅力がありあまり過ぎて困る7つの理由
  7. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説して…
  8. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】
  2. キングダムの時代に開花した法家の思想
  3. インスタグラムはじめました。
  4. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  5. 人材大好きの曹操が欲しがるほどに惚れた敵将は誰?
  6. 悪女か?恩義に生きた美女か貂蝉の生涯とは?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国天武とはどんなアプリゲーム? 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!? これであなたも知ったかぶり!春秋時代をザックリ紹介! 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり? 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) 陳寿が語る孫権像 もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?

おすすめ記事

  1. 媧燐(かりん)は実在した?ベトナムの女桀と呉の陸胤の戦いの意外な決着
  2. 竹中半兵衛重治と黒田官兵衛はどっちが凄かったの?
  3. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  4. こっそりお教えします!NHK大河ドラマの通な見方。歴代大河ドラマも徹底紹介!
  5. 孤高の天才参謀・竹中半兵衛重治は知略で君主を追い出した!?
  6. 赤壁の戦い後の江陵攻防戦(曹仁VS周瑜)
  7. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  8. 梁鵠(りょうこく)とはどんな人?魏の宮殿を飾った全ての題字を書いた文化人

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP