劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

袁紹(えんしょう)曹操(そうそう)が河北の覇者を決めるべく行われた官渡(かんと)の戦い。

この戦いは曹操の勝利となり袁家は河北から滅亡することになります。

劉備は袁紹と曹操の二大勢力の戦いが勃発すると袁紹の側に属して、

曹操の後方を乱しておりましたが、

袁紹が滅亡すると劉表(りゅうひょう)の元へ身を寄せることになります。

劉表は劉備を迎えて領地を与えますが心から彼を信用したわけではありませんでした。

 

 

そのため彼は劉備を殺害しようと試みますが、

劉備の乗っていた的廬(てきろ)と言う名馬のせいで彼を殺害することができませんでした。

今回は劉備が乗っていた的廬をピックアップしてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる!


劉表に身を寄せる

 

劉備は袁紹に身を寄せると彼は袁紹へ「曹操の後方を脅かして、

あなた様との戦いに全力を注ぐことができないようにしてきたいと思います。」と進言。

袁紹は劉備の進言を受け入れて彼を曹操軍の後方へ派遣することにします。

劉備は曹操軍の後方で攪乱作戦を展開するのですが、

袁紹が曹操に敗北してしまったことにより攪乱作戦の意義が消滅。

また袁紹軍を撃退した曹操がみずから軍勢を率いて劉備軍に攻撃を仕掛けてきたため、

彼は荊州(けいしゅう)のボスである劉表に身を寄せることにします。


劉備を快く迎えるふりをして・・・・

 

劉表は劉備が荊州にやってくると自らで迎えてもてなします。

彼は劉備をもてなす宴会が終わってから彼に樊城(はんじょう)と

武器・兵糧・兵士を彼に分け与えることにします。

その後劉備は樊城に駐屯して曹操軍が南下してきても撃退できるように防備を施し、

兵士を訓練します。

劉備が樊城に駐屯していることを知った荊州の人々が彼を慕って続々とやってきます。

この事を知った劉表は劉備を信用することができなくなり、

彼がいつ裏切ってもいいように防備を固めていきます。

 

側近たちの進言

 

劉表の側近である蔡瑁(さいぼう)や楚漢戦争で韓信に天下三分の計を説いた

蒯通(かいつう)の子孫である蒯越(かいえつ)らは劉表へ

「殿。劉備はいくつもの豪族を渡り歩いてきた寄生虫のような奴で、

彼が身を寄せた群雄のほとんどが滅亡しております。

また劉備が樊城に駐屯してことで各地から人がわんさか集まってきており、

奴が何をしでかすかわかりません。

今すぐ劉備を殺害してしまったほうがいいのではないのでしょうか。」と進言。

劉表は彼らの進言を受け入れて、劉備を宴会に呼んで殺害しようと考えます。


劉表らの異変に気づく

 

劉備は劉表が催した宴会に赴きますが、

彼らがいつもと違う雰囲気を出していることに気づき、とりあえず樊城に帰ることにします。

彼はトイレに行くといって席を立つとそのまま劉表達がいる席に戻ることをしないで、

逃亡してしまいます。

この時に劉備が乗っていた馬は的廬と言う名馬でした。

 

渓谷に落ちてしまう

 

劉備は急いでいたのか的廬にまたがると一直線に樊城目指して突き進んでいきます。

しかし彼は急ぎすぎて気づかなかったのか渓谷に的廬共々落っこちてしまいます。

劉備は的廬にしがみついていましたが、水流が凄まじく脱出することができない状態で、

このまま溺れ死ぬ可能性もありました。


  

 

的廬を励ますと・・・・

 

劉備は的廬の耳元で「今日は最悪な日だな的廬。的廬よ。ここは頑張ってくれないか」と

的廬を励まします。

すると的盧は劉備の言葉を理解したのか、

水中でジャンプをして10メートルもある渓谷を乗り越えていったそうです。

こうして劉備は的盧の活躍によってなんとか危機を脱することになったのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は的盧の活躍をご紹介しましたが、この話は本当なのでしょうか。

もし的盧が劉備の話を理解したとしても水中の中からジャンプして

10メートルも飛ぶことができるのでしょうか。

もし10メートルも飛ぶことができたのであれば半端ない馬であることは

間違えないですが、かなり疑わしいと思ってしまいます。

しかし古代の中国の馬ならやってやれないことも無い様な気もしなくはないです。

なぜなら巨人が出てくるほどですから・・・・・。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし趙雲が魏に仕えていたらどうなっていた?【ろひもと理穂if考察】

関連記事:趙雲子龍は何歳だったの?五虎大将軍の年齢に迫る!

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 


 

関連記事

  1. 劉禅と結婚する敬哀皇后
  2. 真田丸 武田信玄
  3. 犬猫に襲われる孔明
  4. 車に乗る諸葛亮(孔明)
  5. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志(本)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP