はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

前漢

遊侠の人・郭解の悲しい最後、慕う人が多すぎて無残な最後を迎える




 

前漢の遊侠人の代表格であった郭解(かくかい)

彼を慕う人は多く、郭解が外出する際には多くの人がかれに付き従って行動しておりました。

三国志の時代の人物に当てはめるならば関羽劉備みたいな人でしょうか。

関羽三国志演義や蒼天航路では遊侠人近い人物として描かれており、

多くの人がかれを支えるために陰ながら援助をしておりました。

そんな郭解ですが、無念な最後を迎える事になるのですがその原因を作ったのは彼の

名声をしたってきた人達が起こした行動に起因しております。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人




茂陵移住事件

 

前漢時代の名君である武帝は自らの墓を茂陵(もりょう)と言われるところに建造。

そしてこの地を賑やかにすることを目的として資産家と言われるお金持ちを対象にして、

移住を行うように命令を出します。

この時に多くの資産家達は茂陵へ移住することになるのですが、

郭解は名声がありながらも莫大な資産を持っていたなかったため、

移住対象には入っておりませんでした。

だが郭解が住んでいる土地の役人は彼の名声を疎ましく感じていることから

なんとか移住させようと考え、武帝へ奏上を行います。

匈奴(きょうど)を追い返した名将である衛青(えいせい)は郭解移住の件を知ると武帝

「郭解は名声の高い人物ですが彼は自らの資産を分けているので、

そのような資産を持っていないようです。

そのため茂陵へ移住する対象には入っていないと考えられますが・・・・」と進言。

しかし武帝は衛青へ「大将軍に庇い立てを行わせるような人物を茂陵へ移住させないわけには

行かないであろう」として郭解を強制的に移住させることにします。

こうして郭解も移住対象にはなっていませんでしたが、

故郷を捨てて強制的に移住することになってしまいます。

これが郭解の最後となる原因のひとつになります。




郭解が居なくなった為、故郷で事件が・・・・。

 

郭解が強制的に移住することになり、故郷から離れていくことになります。

そして郭解が居なくなった故郷では郭解の兄の嫡男が大事件を起こしておりました。

兄の嫡男は郭解を強制的に移住させた人物を楊家が画策したと人から伝え聞きます。

そのため兄の嫡男は楊家の嫡男を殺害して逃亡。

この結果、嫡男を殺害されてしまった楊家は怒り狂い郭家を恨むようになり、

両家は仇敵同士になってしまいます。

郭解が茂陵へ移ってから数日が過ぎた頃、郭解の故郷で再び事件が勃発。

なんと楊家の当主を殺害してしまう事件が発生してしまうのです。

このことを知った楊家は武帝に直訴するために使者を送りますが、

この使者は武帝のところに到着する前に何者かによって殺害されてしまいます。

郭解は何も指示を出していないのにこの事件を聞くと急いで茂陵から逃亡することにします。

茂陵から逃亡することに成功した郭解ですが、数年後に逮捕。

そのまま厳しい取り調べを受けることになります。

 

宰相の判断で一族皆殺しに

 

郭解は厳しい取り調べを受けることになりますが、参考人として呼ばれてきた人は

かれを褒め称えます。

だが彼を尋問していた儒者(じゅしゃ)が「そんな馬鹿なことがあるか。

こいつは人を殺害している人物だぞ」と言い放ってしまいます。

この言葉を発してから数日後彼は殺害されてしまいます。

役人は儒者を殺害したのは郭解が指示したことだと考え、彼を今ままで以上に厳しく尋問しますが、

彼が殺害を指示した証拠もなかったので、釈放することに決まりかけたその時にある人物が、

武帝に進言します。

その人物は漢の丞相になっていた公孫弘(こうそんこう)で武帝へ

「郭解は身分も地位もない人物ですが、人に慕われている人物です。

この人物は手下に殺害を支持していないのかもしれませんが、彼を慕う人物が殺害したことは

間違いないであろうと考えます。

直接自ら殺害したことではないとしても、

他人を使って殺害したことは重罪に当たると思われ、一族すべてを殺害してしまうのが

いいと考えます。」と進言。

この進言を聞いた武帝は頷いて彼の一族をすべて殺害するように指示を下します。

武帝の指示によって郭解は処刑され、郭解の一族までもが処刑されてしまうのです。

こうして前漢時代の大親分であった郭解は亡くなる事になってしまいます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

前漢時代の後期の大親分としてその名を馳せた郭解。

彼は政治の上で実績を上げたわけでもなく、戦陣で武功を稼いだわけでもありません。

しかし頼られたら死ぬまでその信頼に応えた人物として、史記にその名を残した人物です。

ただ慕ってくる人が郭解を慕うあまりに過激な行動にでしまったことが残念でありません。

彼ら過激派が郭解に相談してから行動を起こすようなことを心がけていれば、

郭解の一族が処刑されないで住んだように思えます。

このような人物が史記には幾人いて、前漢の初期にいた遊侠人である朱家もその内の一人です。

歴史は政治家や将軍の他にも上記のような人物達がいることで、

市井の人々の様子を伺い知ることができるのではないのでしょうか。

 

参考文献 史記 司馬遷 村山孚・竹内良雄訳など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?

関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

 



黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなか…
  2. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説
  3. 酒を飲む曹操、劉備、孫権 漢王朝とはどんな王朝?「あの頃は良かった」と人々に言わしめた漢王…
  4. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  5. 蒼天航路 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描…
  6. 【どっちの皇帝show】曹丕と曹叡はどっちが名君?
  7. 王翦(おうせん)とはどんな人?キングダムでは謎多き将軍だが史実で…
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第21話「ぬしの名は」の見…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 曹丕

おすすめ記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介
  2. キングダムの秦王・政がドハマリした韓非子(かんぴし)ってなに? 韓非の本を熟読して感銘を受ける政
  3. 【シミルボン】進化する名将?張飛は決して脳筋ではなかった!
  4. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう
  5. はじめての三国志 2018年歳末のご挨拶 2018年末のご挨拶 はじさんスタッフ 石川 おとぼけ kawauso 黒田 みおやま
  6. 真田昌幸の智謀がキラリと光る!徳川軍を打ち破った伝説の戦い上田城攻防戦

三國志雑学

  1. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 

おすすめ記事

三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情 【キングダム】残念!ファルファルおじさん騰 死亡のお知らせ 景帝(けいてい)は前漢の第6代皇帝 景帝とはどんな人?「文景の治」の一角を担った前漢の第6代皇帝 真田丸 武田信玄 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった! 赤兎馬 赤兎馬はどうして名馬?呂布の相棒の嘘のようなホントの話 偉人たちの名前を冠した「小松帯刀」を飲んでみよう! 諸葛亮の幼い日はどんなだった? 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP