架空戦記
まだ漢王朝で消耗してるの?

はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介

この記事の所要時間: 439




 

第14話から続く井伊家の経済問題。

前回のお話は井伊直虎(いいなおとら)が瀬田の方久(せたのほうきゅう)からアドバイスをもらい

直虎はある策を実行に移すことになります。

それは瀬田の方久を井伊家の家臣として加えることにし、

徳政令を出してくれといった村々の土地を彼に与えることです。

戦国時代でも商人を家臣に加えた例は中々見ない大胆な策ですが、

かなり効率のいい案でもあるとレンは思います。

借金をしている村の統治を商人である瀬田の方久に任せれば、

彼は貧困にあえいでいる百姓を救うため、

自らが出した案である百姓へ商いをさせて借金をなくさなければならないからです。

しかしこの直虎の案を聞いた家臣達は猛反対するのです。

そして百姓達はなんと井伊直虎が徳政令をださいないことに怒って、

とんでもない行動を取るのです。

さて第14話は一体どうなるのでしょうか。

 

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第一話「井伊谷の少女」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第二話「崖っぷちの姫」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第三話「おとわ危機一髪」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第四話「女子にこそあれ次郎法師」の見どころ

前回記事:【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どころ

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第六話「初恋の分かれ道」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第八話「赤ちゃんはまだか」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十三話「城主はつらいよ」の見どころ紹介




第14話 徳政令の行方の見どころその1:小野の策謀とは

 

徳政令を出してくれと訴えに来た百姓達は井伊直虎が徳政令をいつまで経っても出さないため、

とんでもない行動を起こします。

それは井伊家を飛び越えて今川家に徳政令を出してくれと訴えたのです。

もしこの徳政令の訴えを今川が承諾して出した場合、

百姓達は今川家に付き従っていくことになり、

井伊家の言うことを聞かなかくなってしまいます。

そうすれば、

井伊家の所領は次々と井伊家から離脱して今川へ付き従ってしまうかもしれません。

そんな中、方久はあることに気づきます。

方久は「この百姓達の訴えが今川が受け入れた場合、

徳政令を出した土地を治めることになるのは今川となり、

今川はこの土地を治める為、小野へ所領として与えるのではないか。

そしてこれは小野正次(おのまさつぐ)が考え出した

井伊谷の井伊家を乗っ取るための作戦なのでないのか」

と予測を直虎へ話します。

直虎と方久が話し合っている最中、正次は狂犬であるシノへ

直虎が井伊家当主に就任した経緯をかいつまんで説明。

彼はシノへ「私が虎松(とらまつ)様の後見役として就任することになれば、

虎松様の所領を返すことができます」とアピールを行います。

この正次の提案にシノはどのような行動を示すのでしょうか。




第14話 徳政令の行方の見どころその2:直虎の秘策

 

直虎は今川義元(いまがわよしもと)が制定した法律であるかな目録をもって

龍潭寺(りゅうたんじ)へ瀬田の方久と一緒に訪れておりました。

二人は小野の策謀を打ち破るための策をかな目録から見出して、

南渓和尚(なんけいおしょう)に相談。

すると和尚は黙り込んでしまいます。

和尚の隣にいた直虎の先輩は「もしこれを行えば、

今川家が激怒するのではないのでしょうか。」と不安を語ります。

しかし直虎は「このままでは小野が井伊家を乗っ取ってしまう。

どうか和尚様に力を貸していただきたい」と協力を仰ぎます。

さて南渓和尚は直虎に力を貸してくれるのでしょうか。

 

第14話 徳政令の行方の見どころその3:小野・井伊家家臣vs直虎・方久の戦い

 

直虎の元にふたりの家臣がやってきます。

彼らは直虎へ「方久へ領土を与えて治めることにするのであれば、

我らは直虎様へ付き従っていくことをやめます」とストライキ宣言をします。

すると直虎は「では誰が後見役として虎松(とらまつ)を見ていくのだ」と質問。

二人は「小野正次を後見役として据えることにします。

彼は徳政令の騒ぎとなっている瀬田・祝田(ほうだ)村を収めた後、

この二つの領土を虎松様達に返還してくださると言っておる。

この二つの領土を商人に任せるような当主よりもよっぽど頼りになります」と話します。

直虎は「馬鹿な。小野に井伊家を任せればどうなるかわかっているのか」と述べますが、

彼らは直虎の意見を入れることをしませんでした。

そんな中正次が直虎の前にやってきて今川からの命令書を見せます。

今川からの命令書には「すぐに徳政令をだすように」との命令でした。

直虎は方久へ目を向けると彼は驚くべきことを述べます。

それは「龍潭寺(りゅうたんじ)へ瀬田・祝田の村を寄進してしまいました。てへッ」と

述べるのでした。

寄進とは神社や寺に物や金を上げてしまうことですが、

寄進をしたことによってどのようなことになるのでしょうか。

これが直虎と方久が考え出した秘策です。

今川義元が制定したかな目録によると寺領(じりょう=寺の領土)は

守護不入(しゅごふにゅう=領主が手を出すことのできない土地)

とされていることになっているそうです。

正次はこの話を聞いて「今川家の命令に従わないということですか」と訪ねます。

すると直虎は「いや~従いたいんだけど寄進してしまっては、

徳政令を出すことができなんだよ。

だから命令に従うとかじゃなくてできなくなってしまったんだよ」と話します。

正次は「分かりました。駿府へこの事情を話して起きますので」と言って去っていきます。

こうして小野・井伊家家臣vs直虎・方久の戦いは直虎たちの勝利で決着がつくのですが、

今川がどのような行動に出るのか。

気になる方は是非ご覧下さい。

 

第14話 徳政令の行方の見どころその3:百姓の反乱

 

瀬田・祝田の百姓達は蜂前神社(はっさきじんじゃ)の禰宜(ねぎ)の元へ集まっておりました。

彼らは禰宜から「今川の徳政令は直虎にはねつけられてしまい、

徳政令は出されることがなくなってしもうた」と伝えられることになります。

この話を聞いた百姓達は「どうすればいいですじゃ」と尋ねます。

すると禰宜は「方久の屋敷を襲ってしまうのはどうじゃ」と提案。

百姓達は禰宜の案を採用して方久の屋敷へ押し寄せて彼を拉致してしまいます。

直虎は方久の部下から「百姓達に方久様がさらわれてしまった。

そして直虎様へこの手紙を手渡すように言われました。」と述べます。

直虎は方久の部下の治療を行わせた後、百姓達から出された手紙を拝見します。

するとその手紙には「今川の徳政令を受け入れる書状を蜂前神社の禰宜へ出さなければ、

方久の命はないぞ」と書かれておりました。

直虎は瀬戸村へ向かい百姓達を説得しますが誰もいませんでした。

その後直虎は祝田の村へも行きますが、誰もいない状態で、

説得すら行うこともできませんでした。

そして直虎はついに徳政令を出す書状を書く事にしますが、

この時に一匹の亀が迷い込んできて書状の上に黙って居座ってしまいます。

この亀の姿を見た直虎はあることを思い出して作戦を思いつくことに。

さてその作戦は一体なんなのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

さて直虎は一体亀の姿に何を見出し、どんな作戦を展開していくのでしょうか。

また方久の命はどうなるんでしょうか。

そして徳政令事件は一体どのような結末を見ることになるのでしょうか。

史実ではこの徳政令事件は井伊家にとって思いもよらない事件へと発展してしまいます。

徳政令事件がきっかけとなってしまい、

井伊家は今川家から内政介入されることになるのですが、

かなり後の話になります。

そしてこの内政介入がきっかけである人物が幅をきかせていくことになるのです。

上記の史実をどのようにして大河ドラマおんな城主・井伊直虎は放映していくのか

今から楽しみであり、どうやってわかりやすく視聴者に伝えることが出来るのか、

不安でもあるレンでした。

 

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王修(おうしゅう)とはどんな人?袁譚を最後まで支え続けた忠臣に曹…
  2. 晴信の仲介によって停戦と最強の三者同盟成立と運命の戦い
  3. 読書感想文に使える黒田レンのオススメ歴史小説「古代中国史編」
  4. 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!
  5. 大阪城へいざ参らん!!黒田家元家老・後藤又兵衛
  6. 日本で一番すごい武将?敵中を突破して帰国した猛将・島津義弘の武勇…
  7. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポン…
  8. 飛び出す三国志絵本「燕虎物語」が素敵!国際手づくり絵本コンクール…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄
  2. 韓浩(かんこう)とはどんな人?曹操が常に手元に置きたがった男
  3. 孫権は名君?それとも暴君だったの?5分で分かる君主の評価
  4. 前漢の景帝の尊厳を保たせるために行った領地削減政策は裏目になった理由
  5. 鼎(かなえ)って何?玉璽の前の権力のシンボルを紹介!!
  6. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? 正当防衛なのに・・孫家に恨まれ続けて殺された黄祖(こうそ) 【春秋五覇の一人】穆公のおかげで後進国からのし上がった西の国・秦 黒田官兵衛は本当に息子の活躍を苦々しく思っていたの? 三国志演義に登場する兵器 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ よくわかる!周の成立から滅亡をざっくり分かりやすく紐解く

おすすめ記事

  1. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは?
  2. 【特別企画】関羽の最強の噛ませ犬は誰か?最強決定戦!!
  3. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】
  4. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  5. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  6. 赤壁の戦いは計略の宝庫
  7. 【架空戦記】時空を超えた対決!韓信VS 諸葛亮孔明の一本勝負
  8. 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP