三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄

はじめての三国志 画像準備中




 

聶政(じょうせい)は韓の厳仲子(げんちゅうし)という人物の殺人依頼を聞いて、

韓の丞相を殺害することに成功します。

彼が厳仲子のお願いを聞いた理由は「男と見込まれたから」と言う単純明快な理由でした。

聶政は韓の丞相殺害に成功するのですが、彼は逃げ出さずに警護兵と奮闘した後に

自らの目玉や顔に傷をつけて誰だかわからないようにしてから自害して亡くなってしまいます。

その後韓では韓の丞相を殺害した謎の人物の姓名を知るために

彼の死体を市中に晒すことにします。

しかし誰も彼の名前を知っている者が現れることはありませんでしたが、

ひとりの女性がこの死体の姓名を知っていると名乗りをあげます。

この人物こそ聶政の姉である聶栄(じょうえい)で、

彼の名前を残すためだけにわざわざ遠いところからやってきたのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期




噂を聞く

 

聶政の姉である栄は結婚して幸せに暮らしておりました。

そんなある日一つの噂が耳に入ります。

その噂は「韓で丞相が殺害されてしまったそうだ。

丞相を殺害した人物は顔がぐちゃぐちゃで誰だかわからないので、

この暗殺者の名前を知っている人に千金を与えるとお触れを出しているそうだ」と

いう内容の噂です。

この噂を聞いた栄は家に帰って旅支度をします。

夫は栄が旅支度をしていることに驚き、「どこへ行くんだい」と訪ねます。

すると栄は「これから韓へ言ってきます。」と言って家を飛び出していきます。




遺体を確かめると・・・・

 

栄は千里以上離れた場所にある韓へ女の一人旅でなんとか到着することに成功します。

そして噂の遺体を発見するとすぐに色々な部位を確かめます。

すると彼女は涙を流しながら大いに悲しみます。

この様子を見つけた韓の役人は「なんだお前は。この遺体の知り合いか」と訪ねます。

涙を流しながら栄は「はい。この人は私の弟である聶政です。」と遺体の氏名を教えます。

役人は彼女が何かを知っているのではないかと考え連行していこうとします。

だが彼女は役人の手を追い払って歩いている人々に向かって

「みなさん聞いてください。私の弟は韓の重臣である厳仲子から男と見込まれたと

言う理由だけで、韓の丞相を殺害しました。

そして弟は暗殺に成功するとたった一人の親類である私に迷惑がかからないようにするために、

自らの顔をこのような姿になるまで痛めつけてから亡くなったのです。」と悲痛な叫びをあげます。

このことを知った役人も彼女の悲痛な叫びに対して同情してしまいます。

そして彼女は役人の警戒が緩んだところで「この弟の名を残すためだけに、

私は遠い国からやってきました。

どうか皆様この弟の名前を覚えていてください。」と述べた後、

懐から取り出した短刀で自らの喉を掻っ切って亡くなってしまいます。

この姿を見た市中の人々は驚きの声を上げてしまいます。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

聶政は義に厚い人物ですが。

聶政の姉である栄は烈女の部類に入るのではないのでしょうか。

いくらたった一人の身内でも結婚している身でありながら旦那を捨てて、

弟のためにわざわざ果てしない道を歩いて韓へ行き、

彼の遺体のまで言いたいことを述べた後自害するのは並大抵の女性ではできないでしょう。

普通は弟が亡くなっても郷里で墓を建ててあげて供養するのが普通だと思います。

彼女も時代が生んだ烈女と言えるのではないのでしょうか。

姉弟が同じ場所でなくなったことで彼らの名前は各国へ響き渡り、

彼らを知った人々は「弟もすごい人物だが、姉もすごい人だ」と賞賛の声を上げたそうです。

そしてこの姉弟の名前は栄の望み通りに後世にまで残る事になるのです。

始皇帝・政を暗殺しようとした荊軻(けいか)も後世にまでその名を語り継がれており、

もしかしたら宮殿に仕えている文官よりも彼ら暗殺者の方が歴史に名を止めることが

しやすいのですかね。

 

参考文献 史記 司馬遷 村山孚・竹内良雄訳など

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:鬼畜なのは桓騎だけではない!残虐性を兼ね備えた歴史上の人物3選

関連記事:【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想

 

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代バナー




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 徐晃と許チョ 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  2. 李広利 漢の飛将軍・李広の逸話「信念をもって行えばやれないことはない」
  3. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  4. 羊コ 羊祜 魏と晋 羊祜(ようこ)ってどんな人?皆に慕われた名将
  5. 魯粛、孫権、張昭 【劉孫同盟誕生秘話】孫呉の内部は新劉備派と反劉備派に割れていた
  6. 【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介
  7. 華歆(かきん)とはどんな人?孫呉の英雄達に仕えた文官
  8. 傅嘏(ふか)とはどんな人?時代を謳歌していた三人とは付き合いたく…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 大喬と小喬
  3. 敗北する桓騎
  4. 魏の文官・李孚(りふ)

おすすめ記事

  1. 【陥陣営】高順が呂布に疎んじられた理由は性格の不一致だった
  2. 集まれ、団子三兄弟!劉備の息子たち
  3. 邪馬台国の卑弥呼政権時代は倭国大乱は継続していた? 魏志倭人伝に秘められたプロパガンダー 邪馬台国VS狗奴国
  4. 【マイナー文官列伝】有名じゃないけど優れた才能を持った建安七子・王粲ってどんな人
  5. 【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった? 魏延からの提案を却下する孔明
  6. 【織田信長暗殺】本能寺の変の黒幕は長曾我部元親? 燃える本能寺

三國志雑学

  1. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  2. 陸遜
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 献帝 恩賜の御衣
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 張飛のヨメ

おすすめ記事

空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生 はじめての三国志からのお知らせ バナー 「でいぜろバンコク」のスポンサーになりました 【はじめての君主論】第2話:愛されるより恐れられよ!董卓の恐怖政治とマキャヴェリズムの違い 坂の上の雲の主人公・秋山真之と後漢王朝の張衡には深い関係があった!? 孔明君のジャングル探検 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 燃える本能寺 明智光秀の母が謀反の切っ掛けになった?本能寺の変の引き金になった母 苛ついている曹操 【後漢のゴーマニスト】実証主義を貫いた王充(おうじゅう

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP