よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【異説三国志】三顧の礼はホントはなかったかもしれない!




 

三顧の礼(さんこのれい)。

この故事成語は劉備が荊州(けいしゅう)・新野にいた頃、

諸葛孔明が非常に優秀な人材である事を聞き、

劉備自ら諸葛孔明を軍師として迎えるため、

彼の家へ三度迎えに行ったことが起因でできた成語です。

しかしこの三顧の礼、ある書物では行われていなかったと記されているようなのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い!




三顧の礼は存在していない!?

 

魏略(ぎりゃく)。

この書物は読んで字のごとく三国志の魏を中心に据えて描かれている歴史書です。

この書物に非常に面白い事が記載されていました。

魏略によると劉備自ら孔明に礼を尽くして三回会いに行ったのではなく、

孔明自ら劉備に会いに行ったとのことなのです。

一体どう言うことなのでしょうか。




荊州を守るために

 

曹操は袁家を滅亡させて河北統一を実現。

そして彼は天下統一を行うべく大軍を率いて南下する計画を立てます。

孔明は曹操が天下統一を行うために南下してくる可能性が高いと予想していましたが、

荊州のボスである劉表(りゅうひょう)は意志薄弱で軍事能力もない人物であり、

このままでは曹操軍に侵略されてしまうと考えます。

彼は荊州を曹操軍の攻撃から守るために人物に目をつけます。

それは樊城(はんじょう)に駐屯していた劉表の客将・劉備です。

孔明は劉備の元に行き、

曹操軍の大軍を防ぐ方法を教えるべく彼のもとへ行くことにします。

 

書生扱いされる

 

孔明は劉備の元を訪れて会見することになりますが、

他の客達と一緒に会見することになります。

劉備は背の高い青年孔明を見るとまだまだ青臭い書生だと思い、

彼に対して書生と同じ接し方で接します。

孔明は劉備が招いたお客達が全ていなくなった後も劉備の元から去ることなく、

黙って彼を観察しておりました。

 

孔明を無視して憂さ晴らし

 

劉備は孔明が帰らないことを不審に思いますが彼を無視してあることに熱中します。

彼が熱中したものは旄牛(ぼうぎゅう)を軍旗へつなぐことでした。

孔明は劉備が旄牛を結び合わせて軍旗へつけようとしている姿を見て彼へ

「あなた様は旄牛を結びに熱中しておりますが、そんなことをしている場合ですか。」と

尋ねます。

すると劉備は孔明へ「憂さ晴らししていただけだ」とキレ気味に答えます。

孔明は劉備が自分に興味を持ったことを確信しあることを尋ねます。

 

「自分と曹操を比べて見てどうですか」by孔明

 

孔明は劉備へ「あなた様は劉表殿と曹操を比較してどちらが優れていると思いますか」と

尋ねます。

すると劉備は「曹操だろうな」と述べます。

孔明は彼の言葉に頷いた後、

再び彼へ「ではあなた様と曹操どちらが上でしょうか」と尋ねます。

劉備は素直に「曹操だな」と答えます。

孔明は再び頷いてから劉備へ「そんなあなた様は数千の兵士か居ないのにどのようにして

曹操軍と戦うおつもりですか」と尋ねます。

劉備は孔明へ「そんなことはわかっているが、どうすればいいのかわしにはわからん。

しかしあなたが知っているのであれば教えてていただきたい」と孔明へ尋ねます。

孔明は劉備の要請を受けてあるアドバイスを行います。

 

孔明の進言とは

 

孔明は劉備へ「荊州は戦乱に巻き込まれていない地域で、

民衆は非常に多いのですが、戸籍に存在している人数は少ししかいません。

そこであなた様は劉表殿へ戸籍登録していない住民達全てへ

戸籍登録するように命令を下してもらい、

そこから一戸あたり何人と徴兵すれば兵士を強化することが、

できるのではないのでしょうか」と進言。

劉備は孔明の進言を受け入れて早速劉表へ進言します。

劉表は劉備の進言を取り入れたことによって劉備軍は大きく兵士の数を増やすことに成功。

そして劉備は孔明を軍師として向かい入れることになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

この話は全て魏略と言う書物に書いてある内容です。

だが孔明が書いた超名文とされる「出師の表」に「三度わがボロ家を訪れて、

昨今の状態について質問された」と記されているので、

魏略の記述があっている可能性はかなり低いでしょう。

しかし異説としてはかなり面白い部分であるのかなと考え今回ご紹介させていただきました。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

関連記事:64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

関連記事:孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 魏 星座大好きな幼少期の管輅 盤古はやっぱり中国最古の神だった?「天円地方」説【HMR】
  2. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  3. 項羽と劉邦 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる…
  4. 曹操女性の敵2 ゆるキャラ 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  5. 鄒忌(すうき)とはどんな人?ある楽器の腕前で宰相まで成り上がった…
  6. 軍師・荀攸と曹操の懐刀・荀彧が曹操の公就任に反対していればどうな…
  7. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  8. 甘寧と呂蒙と凌統 超短気の甘寧、凌統・呂蒙との珍エピソード

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ネズミで人生を変えた李斯
  2. 郭嘉の本
  3. 曹操を逃す関羽
  4. 病気になった兵士
  5. 徐庶

おすすめ記事

  1. cha-ngokushiコラボ企画|はじめての八宝茶 ハッポウ茶
  2. 【将苑】諸葛亮の兵法-用兵のコツは適材適所!
  3. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる 黒田官兵衛
  4. 【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍
  5. フレディ・マーキュリーとはどんな人?QUEEN不滅のボーカリストの生涯
  6. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第10部

三國志雑学

  1. 解煩督 呉
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  2. 鎌倉時代の侍
  3. 爽やかな荀彧
  4. 親バカな諸葛孔明

おすすめ記事

三国志時代のひざまくら 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは??  まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札 三国時代の経済ってどうなってたの? 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの? 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww 【高杉晋作と伊藤博文の共通点】幕末テロ兄弟の絆 漫画潰す気か!原作者ブチ切れ必至のキングダムの最後をネタバレ予想!! 合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!? 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!

おすすめ記事

  1. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ! 曹丕
  2. 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  3. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由 兵士と禰衡
  4. 【三國志曹操伝 ONLINE 攻略最終回】三国志演義・曹操伝の第二章攻略ポイント
  5. 張郃は袁紹の疑心暗鬼の犠牲者だった!?
  6. 関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 関帝廟 関羽
  7. 「杞憂」の出典は『列子』意外に長くてちょっぴり哲学 袁術
  8. 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP