よかミカンの三国志入門
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス




三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

理想的な君臣の出会いと評される、劉備(りゅうび)

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の三顧の礼の逸話。

天才的な才能を持つ、若い軍師と、知名度はあるけど、補佐に恵まれない

将軍の出会いは三国志の名シーンです。

しかし、孔明の神算鬼謀は、残念ながら三国志演義の演出でしかありません。

そうであれば、山奥に引きこもる、孔明のどこに劉備は惹かれたのでしょう?




三国志演義を排除して見えてくる劉備の深慮遠謀

徐庶と出会う劉備

 

三国志演義の視点に立つと、劉備が孔明を得ようとした理由は

とても簡単で、ハッキリしています。

曹仁(そうじん)夏侯惇(かこうとん)の軍勢を計略で瞬殺した

徐庶(じょしょ)が劉備の元を去る時に、

「自分よりも凄い天才軍師がいるから安心して」と

友人である孔明を紹介したからです。

 

つまり、孔明さえ得れば、曹操(そうそう)なんか余裕で瞬殺だから、

劉備は、孔明をスカウトするんだな、と読者は誰でも分かります。

孔明は演義においては、リーサルウェポンだからです。

 

孔明

 

 

しかし、現実の孔明は、演義のような派手な戦勝を重ねたりはしません。

ならば、どうして劉備は、わざわざ自ら、隆中(りゅうちゅう)の山奥に

自分より20歳は年下の孔明を三度も尋ねるという面倒臭い事をしたのでしょうか?




ただのニートでは無かった、孔明の背後の華麗なる人脈

諸葛均 孔明の弟 ゆるキャラ

 

孔明は、隆中で田畑を耕して自活する事、17歳から27歳までの10年間です。

いかにも、長閑な隠居生活に思えますが、トラクターも、何もない古代です。

弟の諸葛均(しょかつ・きん)と、何名かの下僕程度で、

悠々自適な生活なんか出来たのでしょうか?

 

10年の間には、豊作も不作もあったと思いますし、

孔明が本当に農業だけで、自活できたか疑問なのです。

そこで、調べてみると孔明を中心に連なる、

驚くべき華麗な人脈が浮かんできます。

 

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?

関連記事:三国志好きならニヤリとできる!諱、字、一番多い姓、珍しい姓を紹介しちゃいます♪

関連記事:これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!

関連記事:【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋の軍人・殷孝祖

 

孔明の嫁、妹、着々と築かれる人脈

諸葛瑾

 

孔明の父は、諸葛珪(しょかつ・けい)といい、章氏という妻との間に、

諸葛瑾(しょかつ・きん)、亮、均、そして、娘を儲けたとされています。

父の珪は、元々は、荊州の人間ではなく、琅邪(ろうや)国の隣の太山郡の丞でした。

丞(じょう)は郡太守の補佐ですが、都には遠く、お世辞にも高い地位とは言えません。

 

諸葛珪は、寿命には恵まれず、孔明が幼い頃に死去し、

以後、孔明は、その頃の習わしに従い、叔父の諸葛玄(しょかつ・げん)に率いられて、

太山郡から、陽都(ようと)、陽都から、南昌(なんしょう)と南下していきます。

そして、最後に落ち着いたのが、荊州の襄陽(じょうよう)でした。

 

諸葛瑾

 

因みに孔明より7歳年長の諸葛瑾は、

諸葛玄の元から離れて自立し別行動を取っています。

 

ここで、落ち着いた孔明は、ようやく好きな勉学に力を入れますが、

孔明17歳の時に、一族を庇護してくれた諸葛玄も亡くなります。

病死説も戦死説もありますが、本筋に関係ないので触れません。

 

しかし、玄の遺産は残されていたので、孔明や、均(きん)は、

すぐに喰うに困るというような事はありませんでした。

 

さらに諸葛玄は、さりげなく孔明の今後を案じて、手を打っていました。

孔明の姉、或いは妹を、襄陽の名士、龐徳公(ほうとくこう)の息子の

龐山民(ほうさんみん)に嫁がせました。

 

龐家は資産家でしたので、孔明には、姉、或いは妹の家の援助も期待でき、

贅沢が出来る身分ではありませんが、喰うに困る事は無かったのです。

 

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:【保存版】三国志に登場する兄弟をドーンと紹介!!【三國志兄弟物語】

関連記事:孔明とは違うのだよ!天才姜維の斜め上北伐とは?両者の徹底比較

関連記事:三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

 

さらに強化される人脈、孔明、黄承彦の娘を妻にする

水鏡先生

 

孔明の人脈は、これだけではありません。

高名な学者、司馬徽(しばき)の門下で学んでいる頃には、

黄承彦(こう・しょうげん)の娘の、黄月英を孔明の嫁に、という話が

持ち上がり孔明はこれを受けています。

 

黄月英

 

月英は評判のブスだったそうですが、本当かどうか分かりません。

 

どうしてかというと、この黄承彦も荊州河南郡の名士だからです。

黄承彦の妻は、荊州きっての名族の蔡帽(さいぼう)の姉だったりします。

 

また、荊州牧の劉表も、妻が蔡帽の姉なので、黄承彦から見ると、

蔡帽も劉表も義理の弟という事になるのです。

つまり孔明から見ると蔡家、そして劉家は、妻の方を通して親戚です。

 

そのような名族に連なる孔明への庶民や、他の士大夫階級のやっかみが、

酸っぱい葡萄理論で、いくら名門でも、月英みたいなブスいらねwwという

嘲笑に繋がっただけで月英は、そこまで不細工ではないかも知れません。

 

関連記事:黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介

関連記事:諸葛孔明と黄月英の間に生まれた子供達を一挙紹介!

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

【次のページに続きます】



ページ:

1

2

関連記事

  1. 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた…
  2. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  3. 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!?
  4. 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸
  5. 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯!
  6. 99話:荊州を餌に孫権に合肥を攻めさせる劉備
  7. 【官渡の戦いの裏話】趙儼と李通がいなければかなりやばい状況だった…
  8. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 後継者を決めた劉表

おすすめ記事

  1. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」
  2. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  3. 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡
  4. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!! 魯粛
  5. 孔明の北伐の目標はどこだったの?
  6. 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 騎射の術に長けた騎馬兵士

三國志雑学

  1. 亡くなる孫堅
  2. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  3. 張飛にお酒 だめだよ
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  2. 二刀流の劉備
  3. 曹植

おすすめ記事

聶栄(じょうえい)の弟の名を歴史に残すための執念がスゴイ!千里の道をいとわずやってきた聶栄 キングダム 533話 ネタバレ予想:李牧が雁門で編み出した戦法 え!?周瑜って憤死してるの知ってた!? 「褒めて伸ばす」の実践者にして成功者・孫権 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法 趙匡胤は北宋の初代皇帝 趙匡胤ってどんな人?豊臣秀吉のように民衆に愛された皇帝 インスタグラムはじめました。 城銅雀台 曹操ってもしかしてフェミニストだった?銅雀台の侍妾エピソード

おすすめ記事

  1. 劉備が乗っていた的廬がありえないぐらいスゴイ馬だった!?
  2. 何で日本人は三国志が好きなの? 三国志の主人公・劉備
  3. 夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?
  4. 【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!
  5. 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中
  6. 【3000文字でわかる】!禁門の変(蛤御門の変)をすっきり解説
  7. 【感動!】公孫瓚が白馬義従を結成した経緯がドラマチック
  8. 司馬懿は恐妻家?それとも愛妻家?司馬懿の奥さんはどんな人?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP