キングダム
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの?

この記事の所要時間: 633

孔明 出師

 

古来より、これを読んで涙を流さないものは忠臣にあらずと言われる名文

諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)出師(すいし)の表(ひょう)

でもその原文は当然、漢文で長く読むのが大変です。

 

そこではじさんでは、出師の表を分析して、孔明が言いたかった事の

ポイントを要約し、知ったかぶりできるようにしました。

 

そもそも出師の表って、どういう意味?

孔明 出師

 

出師の表とは、出師+表という二つの意味から出来ています。

出師とは、軍の総「帥」が国から「出」陣する事を意味していて、

表とは皇帝に出す文書の事を言いあらわしています。

 

つまり、「出陣するにあたり軍の総帥が皇帝に宛てた文書」というのが

本来の意味で、必ずしも孔明の事を意味するのではないのですが、

孔明の出師の表が有名になり過ぎて、出師の表=孔明になったのです。

 

では、以後、出師の表を分かりやすく解説します。

 

まず劉禅(りゅうぜん)を軽く脅し非常事態を印象づける

劉禅

 

出師の表の書きだしは、

「陛下の家臣である諸葛亮が申し上げます」から始まります。

 

そして、

「先帝(劉備)は天下統一の大業の志半ばで亡くなられてしまいました。

今、天下は三国に分かれて争い、益州は疲れ果てています。

現在、蜀は史上最大のピンチなのです!!」

 

として厳しい現状分析をして孔明は劉禅を軽く脅しています。

 

本来出陣しない丞相の孔明自ら北伐を敢行するわけですから、

劉禅呑気に構えるなよ、大ピンチだぞ!と強調する必要があるのです。

 

しかし、これで劉禅を怯えさせて終わっては困るので、ですがと続けます。

 

先帝劉備(りゅうび)の徳を称え家臣を信用するように教える

劉備 人望

 

怯えまくる劉禅に、次に孔明は、しかし心配には及びませんとして

以下のような事を書いています。

 

「大ピンチにも関わらず、陛下をお守りする兵士達は怠慢の気持ちを起しません。

また志を持つ文官達は犠牲をいとわず職務を遂行しています。

それは、先帝が彼等を特別の礼でもって報いたからで

今、彼等はその恩義を陛下(劉禅)に返そうとしているのです」

 

このように蜀は大ピンチですと脅しつつも兵士も文官も、

それに腐るような事なく仕事に誠実に向き合っています。

それは先帝の徳が偉大であるからなのですと結んでいます。

 

つまり大変だけど、皆、劉備の恩義に報いようと必死ですから、

心配には及びませんよと孔明は言っているのです。

 

脅したり、すかしたり、孔明が劉禅を翻弄する様子が見えます。

 

関連記事:劉備と西郷隆盛の共通点って何?

関連記事:武将を惹きつける人間磁石 劉備玄徳

関連記事:滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方

 

人は用いる時はエコひいきをしない、賞罰は公平に

劉禅

 

しかし、一度、成都を離れれば、今までのように自ら

劉禅を導くという事は孔明には難しくなります。

劉禅は暗君ではありませんが、良くも悪くも他人の色に染まる人でした。

 

劉禅が変な人物を気に入ると、宮中が乱れ孔明も北伐どころではなくなります。

そこで、孔明は人を用いる時には、エコひいきをしない事、

そして、賞罰は公平にして人によって違いが出てはいけないと書いています。

 

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

 

【次のページに続きます】

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【保存版】カッコいい!三国志の精鋭部隊を一挙紹介
  2. 日本人必見!楠木正成(くすのき・まさしげ)は孔明に並ぶと讃えられ…
  3. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.1…
  4. 129話:死せる孔明生ける仲達を走らす
  5. 【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い
  6. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  7. 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!…
  8. 100万人の三國志 Specialとはどんなアプリゲーム?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか?
  2. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  3. 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。
  4. 吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」
  5. 三国志時代にもダジャレがあった?蜀の王平(おうへい)は異民族から「ヘイ!!OH様」と呼ばれていた
  6. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

辛毗(しんぴ)とはどんな人?曹丕が泣き言を言うほど厳しく反対意見を述べた政治家 白眼視の元になった竹林の七賢の阮籍、三国時代の故事成語 え?曹操が荀彧に三顧の礼?民間伝承の三国志が面白い! 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 【はじめての西遊記】ウキッ!と登場、孫悟空(そんごくう)って何者? もし張飛が殺されなかったら「夷陵の戦い」はどうなった? 潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢 タウンゼントハリスはどんな人?善意の仮面をかぶった食わせ者外交官

おすすめ記事

  1. 43話:孫策、後事を孫権に託して病没する
  2. 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー
  3. 久坂玄瑞の最後!その人生の幕の閉じ方
  4. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  5. 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算
  6. もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?
  7. 邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【8/15〜8/21】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP