朝まで三国志軍師
まだ漢王朝で消耗してるの?




はじめての三国志

menu

デザイン担当:よりぶりん

64話:諸葛孔明の庵を3回尋ねる劉備、これが三顧の礼

この記事の所要時間: 215

劉備に足りないもの 三国志

 

曹操(そうそう)に降る徐庶(じょしょ)の置き土産として、

三国志最強の軍師と言われる諸葛亮孔明(しょかつ・りょう・こうめい)の事を

教えられた劉備(りゅうび)は、少年のようにウキウキしていました。

 

もう、40代を半分も過ぎた、いい年こいたオッサン劉備ですが、

これはと見込んだ人物に会う時には、心踊り人材吸い寄せオーラを

全開にしてしまうのでした。

 

つまるところ、劉備は人が好きで、それが相手にも伝わり、

どんな人間も魅了する劉備の人柄になっているのです。

 

前回記事:63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?

 

孔明が住む隆中(りゅうちゅう)は遠い

三国志 蜀

 

ところが、新野城から、20キロ程離れた、隆中(りゅうちゅう)に住む

孔明に会うまでの道のりは、簡単ではありませんでした。

 

最初に、孔明の庵を尋ねた時には、諸葛均(しょかつ・きん)という

孔明の弟には会えましたが、孔明は友人の所に出かけていて、

いつ戻るかは分からないと言われます。

 

まさか、戻るまで待つとも言えないので、劉備一行は、

やむなく城に戻る事になりました。

 

2回目の訪問は真冬で辛い

隆中(りゅうちゅう) 真冬

 

二回目の訪問は、真冬でした、、

「こんな雪の日なら、きっと家にいるだろう」

そう考えて、関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)と隆中にやってきた

劉備ですが、またしても諸葛均が出て来てしまいます。

 

「申し訳ありません、たった今、兄は外出してしまいました、、

例により、いつ帰るかは分かりません」

 

劉備は止むなく、吹雪の中を城に引き返していきました。

 

張飛と関羽は愚痴を言い出す

子供 桃園

 

張飛:「なあ、兄者、もう二回も足を運んだんだ、礼儀は尽くした

孔明とやらに城で会いましょうと手紙を出そうぜ、、」

 

張飛は寒さにガチガチ震えながら、恨めしそうに愚痴を言います。

 

関羽:「張飛の言うのも一理あります、、兄者は年長者、

一方の孔明は、20代の無名の若僧ではないですか、、

これだけ礼儀を尽くしたのですから、手紙を出して

あちらから来てもらっても無礼にはなりますまい、、」

 

珍しく関羽も、劉備に苦言を呈しました。

 

しかし劉備は、二人を振りかえり、言いました。

 

劉備:「それはならん、徐庶が去り際に忠告してくれた筈だ、、

決して孔明を呼び付けてはならんと、、

こちらが誠意を尽くせば、きっと孔明に伝わろう、、」

 

3回目の訪問はどうなるのか?

三顧の礼 ゆるキャラ 孔明

 

そして、いよいよ、3回目、劉備のストーカーばりの

執念が天に通じたのか、劉備一行は、

ついに孔明が在宅の時に出くわしたのです。

 

関連記事:どうして、趙雲は桃園義兄弟ではないのか?

関連記事:水鏡先生曰く、劉備に足りない人物って誰の事?

関連記事:水鏡先生との出会い。劉備に足りない人材って誰の事?

関連記事:涙なしには語れない桃園の結義

関連記事:軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>

関連記事:黄夫人のことを知ると、三顧の礼の真相が分かる?

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:65話:絶望する劉備に孔明が授けた天下三分の計

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

 

関連記事

  1. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  2. 三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符
  3. 123話:馬謖痛恨のミス!!泣いて馬謖を斬る孔明
  4. 思ったよりエロい?…三国志時代の女性の下着
  5. 連環の計って、どんな作戦?
  6. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽…
  7. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  8. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 馬超(ばちょう)蜀に入った時にはピークを過ぎていた?
  2. 知らないと貴方も騙される!龐統の心の誘導テクニックが使えるのでこっそり教えちゃいます!
  3. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた
  4. 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!
  5. 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生
  6. 孔明によって殺害されてしまった劉封、実は○○から逃亡するようにアドバイスを受けていた!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです 【三国志の分岐点】最大のチャンスを見逃してしまった曹操のミス 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 たかぎ七彦困惑?アンゴルモア元寇合戦記をガチネタバレ予想! 井伊直虎の許婚はどういう人?おんな城主 直虎をさらに楽しむ! 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった? 【第四回 放置少女】伏龍参戦の新イベントと公孫瓚に挑んでくるぜ!! 【三国志界の絶対王者】袁術の『陽人の戦い』は頑張らなくても成果がついてくる。その理由とは?

おすすめ記事

  1. 【キングダム】趙の慶舎(けいしゃ)は実在したの?史実を元に真実の姿を解説
  2. これは意外!?三国志時代では戦争の必需品だった短刀
  3. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  4. 三国志の武将も勉強嫌いだったけど勉強したら進化を遂げた蒋欽と呂蒙に迫る!!
  5. 【マイナー武将列伝】賈詡は有名だけどご主人の張繍って誰?
  6. 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介!
  7. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実
  8. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP