三国志平話




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の時代の数学を体験してみよう!なんと円周率はおよそ3ではなかった!?

この記事の所要時間: 311




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の数学」のコーナーです。

 

 

皆さんは数学は好きですか?勉強の話なんて聞きたくない!って返答がたくさん返ってきそうですが、

今回は数学のお話をさせていただきます。スミマセン!

私は数学の教鞭をとってもう17年になりますが、

中学3年生に無理数の概念を教えるのには苦労しています。

「ルートきらーい!」「ルート意味わかんない!消えてほしい!」

「何?無理数って、カオス」みたいな女子生徒が毎年います

(女子に限った話でもないですが、なぜか女子生徒のリアクションが記憶されてしまいます)。

好き嫌いせず、今日は一緒に数学の世界を楽しもう!!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代の城の機能について図解解説




正負の数と連立方程式

 

このタイトルを見た瞬間に読むのをやめようとした人、ちょっと待ってくれ!

別に解けなくていいです。小学生は知らなくて当然です。

中学受験で消去算を勉強している人は知っているかも。

「鉛筆2本と消しゴム3個で350円、

鉛筆3本と消しゴム5個で550円だと鉛筆と消しゴムはそれぞれいくらですか?」

っていうのが消去算です。

え、そんなの解いたことないよ、っていう小学生も安心してください。

中学2年生で詳しく習います(中高一貫校は別ですが)。

その時には「連立方程式」という名前で登場するんです。

正負の数は温度計を見たらわかります。

プラスとマイナスのことです。中学1年生の最初に習う単元です。




九章算術

 

このタイトルは中学生も高校生も知らなくて大丈夫。

どちらかというと歴史の分野の知識です。

後漢初期に成立したといわれる数学の概念や解き方です。

三国志以前の話になります。

この九章算術に登場するのが、正負の数の概念や連立方程式の解法なのです。

このころの中華の数学はインドやギリシャの数学よりも進歩していたんです。

今から2000年ほど昔の話になります。

インターネットもスマホも存在しなかった時代ですよ。みんな負けてられないぞ!!

 

九章算術の注釈

 

この九章算術を後世に伝えたのが、三国志の時代に生きた魏の劉徽(りゅうき)という人物です。

劉徽がこの九章算術の注釈書を完成させたのが西暦263年のことでした。

西暦263年といえば蜀の劉禅(りゅうぜん)が魏の鄧艾(とうがい)の前に降伏した年にあたります。

ギリギリ三国が存在していた年ですね。

九章算術ではすでに円周率が存在しています。

円周の長さをその直径で割って求めた値のことですね。

ここでは円周率はおよそ3と記されています。

おお、日本のゆとり教育時代のときの円周率と同じですね。

しかし、劉徽は注釈書で別の表し方をしたのです。

 

円=192辺形

 

劉徽は、三国志より800年前に存在したギリシャの数学者ピタゴラスと同じく、

三平方の定理を見つけ出しています。

直角三角形で斜辺の二乗は、その直角を挟んでいる二辺の二乗の和に等しいというものです。

中学3年生の最後に習います。

劉徽はさらに円を192辺形と見立てて円周率の近似値を求めます。

それが3.14に62500分の64を加えた数です。

およそ3.141024になります。

劉徽は円周率が3.141024より大きく3.142074より小さい値であると求めました。

この円周率こそ小学生期に唯一学習する無理数です。

無理数の定義は分数で表すことのできない数です。

つまり無限に続く循環しない小数を指します。ルートもそうですね。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

円周率の話だけで1時間くらい話せそうですが、

現在のコンピューターで円周率は22兆桁以上求められています。

0が22兆個ついて22兆桁です。

0が68個ついて無量大数の単位になりますから、0が22兆個だともう天文学的数字を超えています。

今回は、ほぼ数学の話になってしまいましたが、

三国志の時代にも無理数の研究がされていたのが凄いですね。

みんなもルートを頑張ってマスターしよう!!

 

皆さんはどうお考えですか。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

■記事の内容に関するお問い合わせ(誤植等のご報告など)はこちら

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:『三国志』人気を数字から考えてみる

関連記事:びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス
  2. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  3. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  4. 将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画…
  5. 陸遜はどんな性格だったの?大都督の時代と晩年時代の性格
  6. 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる…
  7. 【大三国志 攻略9】ついに天下乱舞にも春が来た!念願のあれをつい…
  8. 諸葛孔明の影に隠れる劉備

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 董昭(とうしょう)とはどんな人?曹操の覇業を支えた重要人物
  2. 劉備と趙雲が出会う事になったきっかけを作ったのは袁紹のおかげ?
  3. 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏?
  4. 【8月の見どころ】8/27公開予定:本当は嫌なヤツだったかも知れない五丈原の費禕に迫る
  5. 蜀と孔明を最大限称えよ!三国志演義
  6. 三国天武とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」 馬超はどんな性格だったの?謎に満ちた蜀の五虎大将軍【前半】 昌豨(しょうき)が凄い!あの曹操が5回攻めて勝てなかった乱世の黒狼 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに周瑜を追加しました 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 週刊ビジネス三国志 vo2都合の良い情報はよくよく注意して確認せよ アンゴルモア 元寇合戦記ネタバレ 第29話 高麗がモンゴルと組んだ理由 「刮目してこれを見る」の意味は?故事成語辞典

おすすめ記事

  1. 袁盎(えんおう)とはどんな人?国家の為にあえて諫言を発し続けた政治家 Part.1
  2. 桓騎(かんき)だけではない古今東西の残虐な戦術
  3. これは意外!董卓が殺されたのは并州人 vs 涼州人の対立の結果?
  4. 桂小五郎(木戸孝允)剣豪から革命家、政治家に転身したイケメン志士
  5. モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」
  6. 【武田信勝の苦悩】偉大なる父の跡を継いだ若き当主に問題発生
  7. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情
  8. 蒋琬の政策とは?諸葛孔明とは違う政策を考えていた!?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP