曹操孟徳特集
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

はじめての変

三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る!

この記事の所要時間: 238




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志の兵力」のコーナーです。

 

 

戦争をする際に比較されるのが兵力です。

現代の兵力はどうなのでしょうか(2014年発表資料参考)。

中国は299万人となっています。

これがどれほど凄いかというと、日本の兵力と比べると一目瞭然です。

日本は26万人です。10倍以上の開きがありますね。

ちなみに北朝鮮は138万人です。以外にも日本の兵力の約5倍です。

国民全体に対する割合が北朝鮮で5.57%となっています。

20人に1人が軍人というわけです。徴兵制度がある北朝鮮ですが、意外に割合は低いですね。

私のイメージでは50%くらいは軍人かなと思っていたのでびっくりです。

対する日本は、0.20%が軍人です。500人に1人という割合です。

三国志の時代はどうなっていたのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし郭嘉が長生きしてたら赤壁の戦いでは曹操軍はどうなっていたの?




蜀の人口と兵力

 

蜀が滅んだとき、つまり西暦263年の記録が残っています。

人口は約28万戸の94万人。そのうち軍人は10万2千人だったそうです。

割合としては約10%です。現代とはかなりの差がありますね。

ちなみに役人が4万人もいたそうです。

兵力はこの後に紹介する呉より少ないのですが、役人の数は呉よりはるかに多くなっています。

辺境の地を治めるのはそれだけたいへんだったということでしょう。




呉の人口と兵力

 

呉が滅んだとき、つまり西暦280年の記録が残っています。

人口は約52万戸の230万人。そのうち軍人は23万人です。

やはり割合が10%になります。

どうやらこの10%のラインが兵力を維持するギリギリだったようですね。

呉の役人の数は3万2千人となっています。

三国志は三国の勢力が拮抗していたのかと思いきや、

蜀と呉ですら人口も兵力も大きな開きがありました。

 

魏の人口と兵力

 

魏が蜀を滅ぼした頃の人口は664万戸の443万人です。

人口が呉の倍で、蜀の4倍以上になっています。

兵力の詳細は記録されていませんが、蜀や呉と同じ割合であれば、約45万人です。

これは蜀と呉を合わせた数をも上回っています。

魏が圧倒的に有利だったことは間違いありません。

 

後漢末期と三国志時代の人口の差

 

後漢末期の人口は約5648万人と記録されています。10%が軍人だとすると565万人です。

しかし、その後の三国志時代の人口の合計が767万人です。

激減していることがわかりますね。

度重なる戦乱や飢饉によって人口は大幅に減少しているのです。

土地から逃散した民衆も多く、

三国志時代には政府の管理外となる流民は凄まじい数がいたことでしょう。

流民は先ほど紹介した767万人には含まれていません。

 

赤壁の戦いの実際の兵力

 

民がいなければ兵力も増強できず、土地を耕すこともできません。

兵糧も不足することになるのです。

三国志時代に能力を問わず「人」は貴重な存在だったのです。

異民族を強制的に帰化させたりしたのもその解消の一つです。

ですから西暦208年の赤壁の戦いで、

曹操軍80万に対して孫権軍10万はかなり誇張された数字でしょう。

いつの時代の戦いでも兵力や損害は上層部によって操作されます。

ということで実際に赤壁の戦いに参加していた曹操軍は20万。

孫権軍は3万という規模だったと推測されています。ちなみに劉備軍は2千になります。

開戦前に実際の兵力より多めに宣伝するのは常套手段です。

相手を委縮させるためと、味方を鼓舞するための二つの効果があります。

相手もその数はまったく信用せず、

実際は斥候が相手の陣営や進軍を調査して実数を把握していたことでしょう。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

現代では兵力以上に最新兵器の性能や数がものをいいます。

もっと突っ込んでいうと核ミサイルの精度や性能、威力、数でしょうか。

そう考えると北朝鮮とアメリカの兵力差は、三国志に例えると蜀と魏以上なのかもしれませんね。

 

皆さんはどうお考えですか。

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

関連記事:【衝撃の事実】赤壁の戦いに色をつける!袁術の音楽隊が大活躍していた!?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース21記事【3/27〜4/3…
  2. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第1回 初体験のひっぱりゲーム…
  3. 【保存版】曹叡時代の魏の国内で起こった不思議な現象3選
  4. 三国志水軍最強の将・決定戦!あの色男が一位でしょ!?
  5. 荊州の豪族・蔡瑁(さいぼう)はどこに行ってしまったの?正史と三国…
  6. 【はじめての孫子】第10回:九変の利に通ずる者は、兵を用うること…
  7. 【教科書に載らない歴史ミステリー】徐福は神武天皇になったってホン…
  8. 信ってどんな人?キングダムの主人公は史実が少ない謎多き人物

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法
  2. 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達
  3. 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  4. 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは?
  5. 126話:孔明第二次北伐の開始、陳倉攻略戦
  6. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ 十日神話とは何?古の殷の時代の伝説では太陽が10個もあった!? 周瑜は孫策よりも名門で君主になってもおかしくなかった 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ 【真田丸最終回記念】真田信繁はどのようにして家康本陣へ攻撃を仕掛けたのか? 【第4回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】これは素晴らしい人選ね!呉のあの猛将が仲間入り! 荀攸(じゅんゆう)ってどんな人?同族の荀彧の影に隠れた才能 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?

おすすめ記事

  1. 江藤新平と佐賀の乱について語り佐賀を観光しよう!
  2. あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王
  3. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側
  4. 土方歳三の勇気が湧く名言「灰になっても自分を貫け」
  5. 曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?
  6. 46話:袁紹軍の審配、石弓隊で曹操軍を撃破
  7. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  8. 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP