架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

この記事の所要時間: 540

赤壁の戦い

 

三国志で一番有名な戦いが「赤壁の戦い(せきへきのたたかい)」です。

赤壁の戦いは、魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)ができる前に、

曹操(そうそう)軍と劉備(りゅうび)孫権(そんけん)連合軍が長江の赤壁で繰り広げた歴史の流れを左右する戦いです。

 

 

赤壁の戦いまでの経緯

暴れる黄巾党008

 

黄巾の乱(こうきんのらん)から始まった三国志は、曹操が中国の北側を平定し圧倒的な勢力へと成長していました。

その勢いは留まることを知らず、劉表(りゅうひょう)が治める荊州攻略のために兵を進めていました。

一方、劉備は未だに拠点を持っておらず、荊州の劉表に身を寄せていました。

しかし、その劉表が死んだことにより、荊州は劉表の後継者である劉琮(りゅうそう)へ渡りました。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

 

 

劉琮は曹操に降伏し荊州は落ちる

孔明と魯粛

 

ところが、劉琮は曹操にあっさりと降伏し、荊州は曹操の手に落ちたのです。

曹操が荊州を手に入れたことにより居場所を失った劉備は、曹操軍の追撃をかわしながら孫権軍と同盟を結びます。

同盟の使者として、孫権への交渉に当たったのが諸葛亮(しょかつりょう)です。

時を同じくして荊州の水軍を手に入れた曹操は、長江にその水軍を布陣しました。

その数は、なんと20万。

劉備・孫権連合軍は、5万で圧倒的な戦力差がありました。

 

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

 

赤壁の戦い前哨戦:孫権の説得

劉備と孫権同盟

 

逃げ場のない劉備軍が徹底抗戦に出るのに対し、孫権軍は曹操軍の圧倒的な戦力差に抗戦派と降伏派に分かれて壮絶な論戦が繰り広げていました。

そんな孫権軍を抗戦へ導いたのが、孫権に仕えていた周瑜(しゅうゆ)と同盟の使者である諸葛亮です。

周瑜は、次の様に曹操軍を冷静に分析しました。

 

「これまで水軍が無かった曹操軍は水上での戦いに慣れておらず、慣れない土地で疫病が発生する。

また、曹操軍の大半は、戦いのたびに吸収合併した兵士がほとんどであり、まとまりが無い上、曹操を信頼していない。

そのため、慣れてしまう前の今であれば勝機がある。」

これに説得された孫権軍も、赤壁の戦いに参戦することになります。

 

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

 

赤壁の戦い前哨戦:水軍の指揮官の排除

裏切りは許さぬ 曹操

 

戦いの準備を進める周瑜がまず取り組んだのは、曹操軍の水軍を指揮する蔡瑁(さいぼう)の排除でした。

蔡瑁は水軍の扱いに長けて武将で、荊州が曹操に降伏したことにより、曹操水軍を指揮する立場になった人物です。

周瑜は蔡瑁が裏切っていると偽の情報を流し、曹操自らの手によって処刑させます。

 

関連記事:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

 

赤壁の戦い前哨戦:諸葛亮の排除

孔明 矢

 

また、劉備・孫権連合軍にも不穏な動きがあり、諸葛亮と周瑜は表面上では協力体制にありましたが、周瑜は隙を見て諸葛亮を排除しようと画策していました。

その代表的なエピソードが、「10万本の矢」で、周瑜が諸葛亮に対し10日以内に10万本の矢を集めるようにお願いし、諸葛亮が3日で用意することを約束したもので、準備できなければ諸葛亮を処刑するというものです。

諸葛亮を排除したい周瑜は、矢を作らせないように邪魔をしますが、それを見抜いた諸葛亮は別の方法を使って矢を集めます。

諸葛亮は、霧の多い時間帯に船で曹操軍に近づき、襲撃と見せかけて矢を放させて、その矢を奪ったのです。

結果として、10万本以上の矢を手に入れ、周瑜は諸葛亮の排除に失敗しました。

こうして、それぞれの思惑を含んだまま、赤壁の戦いへと向かっていきます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

関連記事:孔明に嫉妬する周瑜

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自ら…
  2. 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  4. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  5. 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だっ…
  6. 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介
  7. 【はじビアの泉】現在の漢詩は曹操が造った?文化人曹操の功積
  8. 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 高漸離(こうぜんり)が始皇帝に復讐を行う、荊軻の親友の始皇帝暗殺計画
  2. 【2016年】年末年始にまとめ読み!これを読めば三国志が丸わかり30選【総集編】
  3. 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か?
  4. 図解でよくわかる夷陵の戦いと趙雲の重要性
  5. 子玉(しぎょく)って誰?三国志にも名前が出る楚の猛将・成得臣
  6. 【本当は怖い家庭ノ医学】首が180度回る?司馬懿の特徴に隠された怖い病気とは

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢 キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか? 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ 【徹底分析】キングダムを書いた原泰久はココが凄い!原先生の意外な側面10連発 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ! 竜にも階級があった!?某国民的・神龍が登場する漫画は中国史に忠実だった!

おすすめ記事

  1. 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの?
  2. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5
  3. 後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2
  4. 太平道だけじゃない!後漢末はどんな宗教が流行ったの?
  5. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  6. これだけ読めば丸わかり!孔明が身に着けている羽毛扇などのトレードマークの理由!
  7. 金禕(きんい)とはどんな人?漢中防衛戦の陰に隠れたとある事件
  8. 東方明珠のへなちょこ黄河旅行記 その2

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP