袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

レッドクリフを100倍楽しむ!赤壁の戦いを分かりやすく徹底紹介!

この記事の所要時間: 540

赤壁の戦い

 

三国志で一番有名な戦いが「赤壁の戦い(せきへきのたたかい)」です。

赤壁の戦いは、魏(ぎ)、呉(ご)、蜀(しょく)ができる前に、

曹操(そうそう)軍と劉備(りゅうび)孫権(そんけん)連合軍が長江の赤壁で繰り広げた歴史の流れを左右する戦いです。

 

 

赤壁の戦いまでの経緯

暴れる黄巾党008

 

黄巾の乱(こうきんのらん)から始まった三国志は、曹操が中国の北側を平定し圧倒的な勢力へと成長していました。

その勢いは留まることを知らず、劉表(りゅうひょう)が治める荊州攻略のために兵を進めていました。

一方、劉備は未だに拠点を持っておらず、荊州の劉表に身を寄せていました。

しかし、その劉表が死んだことにより、荊州は劉表の後継者である劉琮(りゅうそう)へ渡りました。

 

関連記事:三国志は黄巾の乱から始まった

関連記事:黄巾の乱は、どうして起こったのか? 黄巾賊についてわかりやすく解説

関連記事:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備

 

 

劉琮は曹操に降伏し荊州は落ちる

孔明と魯粛

 

ところが、劉琮は曹操にあっさりと降伏し、荊州は曹操の手に落ちたのです。

曹操が荊州を手に入れたことにより居場所を失った劉備は、曹操軍の追撃をかわしながら孫権軍と同盟を結びます。

同盟の使者として、孫権への交渉に当たったのが諸葛亮(しょかつりょう)です。

時を同じくして荊州の水軍を手に入れた曹操は、長江にその水軍を布陣しました。

その数は、なんと20万。

劉備・孫権連合軍は、5万で圧倒的な戦力差がありました。

 

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

関連記事:強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致

 

赤壁の戦い前哨戦:孫権の説得

劉備と孫権同盟

 

逃げ場のない劉備軍が徹底抗戦に出るのに対し、孫権軍は曹操軍の圧倒的な戦力差に抗戦派と降伏派に分かれて壮絶な論戦が繰り広げていました。

そんな孫権軍を抗戦へ導いたのが、孫権に仕えていた周瑜(しゅうゆ)と同盟の使者である諸葛亮です。

周瑜は、次の様に曹操軍を冷静に分析しました。

 

「これまで水軍が無かった曹操軍は水上での戦いに慣れておらず、慣れない土地で疫病が発生する。

また、曹操軍の大半は、戦いのたびに吸収合併した兵士がほとんどであり、まとまりが無い上、曹操を信頼していない。

そのため、慣れてしまう前の今であれば勝機がある。」

これに説得された孫権軍も、赤壁の戦いに参戦することになります。

 

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:赤壁の戦いにモデルがあった?八陽湖の戦い

関連記事:赤壁の戦いは計略の宝庫

 

赤壁の戦い前哨戦:水軍の指揮官の排除

裏切りは許さぬ 曹操

 

戦いの準備を進める周瑜がまず取り組んだのは、曹操軍の水軍を指揮する蔡瑁(さいぼう)の排除でした。

蔡瑁は水軍の扱いに長けて武将で、荊州が曹操に降伏したことにより、曹操水軍を指揮する立場になった人物です。

周瑜は蔡瑁が裏切っていると偽の情報を流し、曹操自らの手によって処刑させます。

 

関連記事:周瑜の計略で曹操の水軍が弱体化

 

赤壁の戦い前哨戦:諸葛亮の排除

孔明 矢

 

また、劉備・孫権連合軍にも不穏な動きがあり、諸葛亮と周瑜は表面上では協力体制にありましたが、周瑜は隙を見て諸葛亮を排除しようと画策していました。

その代表的なエピソードが、「10万本の矢」で、周瑜が諸葛亮に対し10日以内に10万本の矢を集めるようにお願いし、諸葛亮が3日で用意することを約束したもので、準備できなければ諸葛亮を処刑するというものです。

諸葛亮を排除したい周瑜は、矢を作らせないように邪魔をしますが、それを見抜いた諸葛亮は別の方法を使って矢を集めます。

諸葛亮は、霧の多い時間帯に船で曹操軍に近づき、襲撃と見せかけて矢を放させて、その矢を奪ったのです。

結果として、10万本以上の矢を手に入れ、周瑜は諸葛亮の排除に失敗しました。

こうして、それぞれの思惑を含んだまま、赤壁の戦いへと向かっていきます。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:孔明による材料も手間もなく矢を造る方法

関連記事:周瑜公瑾の輝かしい功績

関連記事:孔明に嫉妬する周瑜

 

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 【曹操の妨害工作】呂布と袁術の同盟を曹操は恐れていた!
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その3
  3. 三国志時代は拓本だらけでまるでスタンプラリー状態だった?石碑乱立…
  4. 「楚」ってどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介
  5. 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの?
  6. 曹休(そうきゅう)ってどんな人?一回の敗北で、後世の評価がガタ落…
  7. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  8. 実在した仙人?史実でも孫策に殺されてしまう于吉(うきつ)

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  2. 「危うく抹殺されそうになりました、陳寿さんのおかげです」卑弥呼より
  3. テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!
  4. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将
  5. 范雎(はんしょ)とはどんな人?平民から秦の宰相まで上り詰め、恩と復讐を忘れなかった苦労人
  6. 三国志ロワイヤルDeNAにおとぼけが突撃じゃ!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の十二神将 崔琰(さいえん)は曹操に仕える前はいったい何をしていたの? 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング! 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる! キングダムでついに韓非子の名が!韓非子ってなに? 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)

おすすめ記事

  1. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  2. 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君
  3. 【江南八絶】孫呉を支えた!絶技を持った八人のプロとはいったい誰?
  4. 兵法三十六計(借屍還魂)の古今東西
  5. 馮煕(ふうき)とはどんな人?曹丕の脅迫に屈しなかった呉の外交官でもあり光武帝配下・馮異の子孫
  6. 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯
  7. 龐統(ほうとう)ってどんな人?|孔明とは頭脳以外全て正反対
  8. 真田昌幸にとっての領土拡張戦略と沼田城の重要性

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP