よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

真紅の衝撃!山県、馬場、内藤、武田騎馬軍団、長篠に散る

この記事の所要時間: 450




 

長篠(ながしの)の戦いは織田信長が実行した鉄砲により新戦術「包囲一斉射撃」によって

武田軍の主力を殲滅。

信長はこのチャンスを活かして武田軍に総攻撃を行うように織田全軍に命令を発します。

武田勝頼(たけだかつより)は真田隊・内藤隊が織田軍の鉄砲の攻撃によって壊滅的な

損害を受けたことを知ると撤退をするべく指示を出し、

自らが織田軍の追撃を防ぐべく殿を行う準備を開始。

さて今回は長篠の戦における織田軍の追撃戦と織田の追撃を防ぎ、

武田の陣代・勝頼を逃がすべく殿を行って奮戦した老武将をご紹介したいと思います。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:暴走しているオヤジを追放して当主に就任した武田晴信(たけだはるのぶ)




赤備え・山県昌景討ち死に

 

山県昌景(やまがたまさかげ)は徳川軍と激しい戦いを行っておりましたが、

織田軍のけたたましい鉄砲の音を聞いてすぐに行動を開始します。

彼は徳川軍へ猛攻をかけるのではなく、陣代・勝頼の元へ向かって走り出します。

山県昌景を討ち取ろうと徳川の鉄砲隊は思い思いに彼めがけて射撃を行いますが、

中々当たりませんでした。

昌景は馬にムチを当てて疾駆していきますが、

ついに鉄砲の射撃に当たってしまい亡くなってしまいます。

武田の赤備え隊を率いて織田・徳川軍を震え上がらせた名将・山県昌景は、

ここで散ることになります。




自ら織田軍の追撃を阻止するために・・・・

 

武田勝頼は織田軍本陣へ切り込んでいった

真田信綱(さなだのぶつな)昌輝(まさてる)兄弟は討ち死、

内藤昌豊(ないとうまさとよ)隊の軍勢が壊滅的なダメージを負ったことを知ると

自ら殿を行うべく準備を開始。

そんな中、要衝・丸山に陣取っていた馬場信春(ばばのぶはる)が勝頼の元に帰陣。

彼は自ら殿を行おうとする勝頼に向かって思いっきりグーで引っぱたくと

「わしが殿を行うからお主は甲斐(かい)へ戻って新しい新しい武田を作るべし」と説得。

勝頼は信春の進言を受け入れ武田全軍に撤退の合図である陣貝を吹き鳴らします。

そして馬場信春は武田勝頼を逃がすべく軍勢をまとめて移動を開始。

 

武田軍の諸将の動き

 

撤退の陣貝が戦場に響き渡ると武田家の諸将が動き始めます。

ほとんどの武将達が撤退を行う中、

ある武将は撤退を潔しとせず織田軍へ突撃を行う部隊もおりました。

しかし織田軍へ突撃を行った部隊はすぐにやられてしまいます。

また撤退を開始した部隊もおりますが、

織田・徳川軍連合軍の猛追撃を阻止するべく立ちはだかった部隊もいくつもありました。

しかし連合軍の追撃を阻止するべく立ちはだかった部隊もすぐに壊滅してしまい、

討ち取られてしまいます。

連合軍の追撃によって討ち取られてしまった名だたる武田の武将の一例として

内藤昌豊、小幡信貞(おばたのぶさだ)など信玄(しんげん)時代に、

武田を支えてきた多くの武将達がこの戦いで討ち取られてしまいます。

そして連合軍の追撃戦の激戦地であった猿ヶ橋(さるがばし)では、

武田の殿隊としてあの老将が部隊をまとめて残っておりました。

 

馬場信春(ばば のぶはる)の奮戦

 

馬場信春は勝頼と別れて猿ヶ橋に駐屯すると部隊を三つに分けて駐屯させます。

まず本隊である馬場隊は猿ヶ橋の橋付近に駐屯して囮として陣取ります。

残りの二隊は猿ヶ橋の左右にある小高い丘に駐屯させて、

敵軍が馬場隊に攻撃を仕掛けた時に一斉に飛び道具を使って攻撃を開始する

作戦を立てます。

馬場隊がこの地に駐屯した後、

いくつもの味方部隊が彼の部隊を追い越して退却。

こうしていくつもの隊が退却するのを見送った後、

武田軍を追撃してきた織田軍が馬場隊に攻撃を仕掛けてきます。

馬場隊は攻撃をしかけてきた織田軍を苦もなく打ち破って、

敵将を討ち取ることに成功しますが、

その後も織田・徳川連合軍が押し寄せてきます。

信春は長篠の戦いの時62歳であったそうですが、

彼の奮戦ぶりはとても62歳に見えないほどで自ら槍を奮って敵を討ち取っていきます。

しかし織田・徳川軍の度重なる攻撃によって馬場隊の兵士は徐々に減っていき、

ついに信春は討ち取られてしまいます。

だが彼の奮戦によって武田勝頼が撤退する時間を稼ぐことに成功し、

勝頼はなんとか本拠地・甲斐(かい)古府中(こふちゅう)へ戻ることができました。

 

長篠の戦いで敗北した武田家のその後

 

武田軍はこの長篠の戦いによって敗北してしまったことで、

国力が少しずつ落ちていくことになり、武田家陣代・勝頼の求心力も少しずつ低下。

しかし勝頼を縛っていた武田信玄以来の老臣や重臣達が、

長篠の戦いで大勢討ち死にしたため、彼の意見が通りやすくなります。

また信玄以来の老臣や重臣達が討ち死にして居なくなってしまった為、

若い武将達が台頭してくることになります。

長篠の戦い以降に武田家の若い武将達の中で台頭してきた有名な人物の一例として、

真田昌幸(さなだまさゆき)がおります。

彼は長篠の戦いで兄貴が二人共討ち死にしてしまったため、

真田の家を継ぐことになり、勝頼の側近として台頭してくることになるのです。

 

勝者である織田家のその後

 

勝者である織田軍はこの戦いに勝利した後、信長は岐阜(ぎふ)へ戻って行きます。

彼はすぐに嫡男である織田信忠(おだのぶただ)に、

武田家に攻略されていた岩村城(いわむらじょう)へ攻撃するように命令。

信忠は武田軍の猛将として有名な秋山信友(あきやまのぶとも)が篭城している

岩村城へ猛攻を開始。

岩村城は武田軍の援軍が来ないため降伏しますが、信友は殺されてしまいます。

信長は信忠が岩村城を陥落させた後、

朝倉(あさくら)家を打倒して手に入れた越前(えちぜん)が、

本願寺が扇動する一向一揆衆(いっこういっきしゅう)に奪われてしまっていたため、

この地を奪還するべく羽柴秀吉、明智光秀、滝川一益(たきがかずます)、

柴田勝家(しばたかついえ)、佐久間信盛(さくまのぶもり)などの諸将へ

出陣するように命令を下し、信長自らも出陣していくことになります。

信長最大の敵であった武田家に甚大な損害を与えることに成功するも

彼に休息する時間はありませんでした。

 

長篠の戦いで勝利した徳川家のその後

 

さて織田軍と一緒に戦った徳川家は長篠の戦いに勝利した後、

どのように展開していったのでしょうか。

徳川家康(とくがわいえやす)は長篠の戦いに勝利した後、

武田家に奪われていた遠江(とおとうみ)の諸城奪還のための軍勢を出陣させ、

遠江の重要拠点である二俣城(ふたまたじょう)、諏訪原城(すわはらじょう)を奪還。

その後鉄壁の城塞と化していた武田家の高天神城(たかてんじんじょう)を包囲。

徳川家も武田家に奪われていた領土を奪還するべく休息する間もなく、

働き続けている状態でした。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

長篠の戦いは織田・徳川家、武田家の明暗をしっかりと分ける

一大決戦と行っていいでしょう。

もしこの戦いで勝頼が織田軍に兵力が劣っていることを理由に撤退をしていた場合、

歴史はかなり変化してたでしょう。

信長は長篠から武田家が撤退してしまった場合、

その後も武田家に苦しめられることになるでしょう。

徳川家康は織田の援軍がやってこないと戦うことができないため、

もしかしたら武田家に寝返っていたかもしれません。

このように考えると信長や家康にとって長篠で武田軍が一大決戦を挑んできたことは、

(決戦開始時は勝てるかどうか不明であったが)

かなりラッキーであったと言えるのではないのでしょうか。

ともかくこの一大決戦以降天下は大きく動いていくことになります。

 

参考文献 講談社 センゴク天正記 宮下英樹著など

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:え?武田勝頼って武田家二代目代理なの!?

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝
  2. 織田信長の父・「尾張の虎」こと織田信秀の前半生に迫る
  3. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  4. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった…
  5. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?…
  6. 豊臣秀吉の天下統一に向けて「四国征伐」が開戦!どんな戦いになった…
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」…
  8. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧艾(とうがい)ってどんな人?苦労人のド根性人生に迫る
  2. 三国志とキングダムのそっくり武将は誰?|信と呂蒙
  3. 孫策も憧れた「西楚覇王」項羽が残した伝説の戦いベスト3
  4. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  5. 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース30記事【11/20〜11/26】

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【12/19〜12/25】 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる! 【キングダム】趙峩龍(ちょう・がりゅう)って本当に強いの? 趙雲(ちょううん)ってどんな人?蜀の五虎将軍の中で寿命を全うした猛将 郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由 保護中: 【保存版】はじめての三国志 登場人物・団体の一覧 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性? 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編

おすすめ記事

  1. 【キングダム ネタバレ注意】秦・中華統一後、王賁(おうほん)は今後どうなる?
  2. 杜襲(としゅう)とはどんな人?曹魏三代で活躍した文官を知って三国志マニアになろう
  3. 【5分で分かるビジネス三国志】三言で田嬰(でんえい)を動かした男
  4. 邴原(へいげん)とはどんな人?曹操・荀彧から尊敬を受けたマイナー文官
  5. 【姜維の北伐】実は「絹の道」シルクロードを奪って西域との貿易を考えていた
  6. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘事情
  7. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介
  8. 2分で分かる合肥の戦い その1 はじまりの裏側

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP