編集長日記
北伐

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?

この記事の所要時間: 229




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志のミステリー」のコーナーです。

 

 

それでは「三国志」の著者である陳寿(ちんじゅ)のミステリーについて話を進めていきましょう。

蜀は魏に滅ぼされ、陳寿の師である譙周(しょうしゅう)

司馬昭(しばしょう)の命じに応じて都・洛陽を目指します。

一方、陳寿は蜀の朝廷にあって官位を罷免され下野していました。

父親ほどではないにしても、ほぼ罪人扱いです。

しかし、ここから陳寿は晋で重用されることになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡




譙周と文立

 

譙周は洛陽を目指しましたが、途中の漢中で病を発し1年ほどこの地にとどまります。

そこに訪れたのが同郷の文立(ぶんりつ)です。

「詩教」「儀礼」「周礼」「礼記」を修め、費禕に起用された人物で、

蜀が魏に滅ぼされた後は梁州の別駕従事として活躍していました。

梁州とは益州を二分した北側のことです。

二人は共に隠棲している陳寿が再び表に出られるように話し合います。

その後、司馬炎(しばえん)が皇帝となって晋が魏に変わりました。

譙周が洛陽に入ったのはようやくこの頃になります。

騎都尉に任命されました。




陳寿の官途復帰

 

陳寿に再び官途がひらけました。

代わって譙周が病没します。

陳寿は益州の伝記を集め「益部耆旧伝」を撰著し始め、完成した後に文立に贈りました。

文立はそれを司馬炎に表呈し、評価を得た陳寿は中央に呼ばれて歴史編纂の官に就きます。

「佐著作郎」という官位でした。

そして司馬遷の「史記」、班固の「漢書」に続く優れた歴史書の編纂を目指すことになるのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

その後の陳寿

 

「王佐の才がある」と竹林七賢のひとりに評された張華は陳寿を大いに褒め称え、

中書郎に推挙しますが、張華のライバルである荀勖に妨害されます。

青州の新郡である長広郡の太守に任命されたり、それを断ったり、

鎮南将軍の杜預に黄門侍郎または散騎常侍へ推挙されたりします。

結局、法曹界に携わる治書侍御史に任じられました。

しかし呉が滅び晋が天下を統一した後、陳寿はまた罪に問われます。

もはや官途にこだわりがなかったようで家に籠り、三国志の編纂に四年の月日を費やしました。

こうして「三国志」は完成したのです。

 

三国志列伝について

 

陳寿が編纂した三国志に登場する人物を紹介しましょう。

「蜀書」には諸葛亮孔明はもちろんのこと、陳寿の師である譙周も伝があります。

諸葛亮孔明と義兄弟の契りを交わしていたとされる馬良の伝もあります。

しかし馬謖は見当たりません。

よく蜀書「馬謖伝」という言葉を耳にしますが、馬良伝の付録です。

陳寿は馬謖について深く突き詰めていないのです。

処刑された武将でいえば魏の鄧艾や鍾会も似たようなものですが、しっかり列伝が存在します。

蜀の魏延だって粛清されていますが伝があります。

ちなみに三国志とは別になりますが「晋書」では張華や陳寿の列伝もあるのです。

なぜ馬謖のものは存在しないのでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

まあ、馬謖伝がたてられなかったことはさておき、それ以上に不思議な点があります。

ここまで読んだ皆さんはいかがでしょうか。

あれ??って感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなのです。陳寿の父親の名前が残されていないのです。

どこにも記されていません。

賊徒出身の武将など素性のわからない人物は確かにいますが、陳寿は別です。

陳寿の父親は蜀に仕え、参軍まで務めた人物なのです。

兵法に関しては諸葛亮孔明や馬謖にも認められた才があったはずです。

陳寿は父親の名前を隠すためにわざと馬謖伝を編纂しなかったのでしょうか。

ミステリーですね。

はたして、歴史に精通した陳寿が隠し通したものとは何だったのでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 三国志の時代でも副業が流行っていた!サイドビジネスの種類を紹介!…
  2. 魯粛に学ぶビジネス三国志!三国志の仕掛け人、魯粛の投資術
  3. 戦う思想家集団 墨家(ぼくか)とは何者?
  4. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  5. 満寵(まんちょう)ってどんな人?曹氏三代に仕え呉の天下統一を阻み…
  6. 劉巴(りゅうは)とはどんな人?天下に名声を轟かせた名士であるが、…
  7. 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡
  8. 魏の名臣・荀彧(じゅんいく)はなぜ亡くなったの?【謎の死を遂げた…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?
  2. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【10/10〜10/16】
  4. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!
  5. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将
  6. え、そうだったの?蜀の五虎将軍、実は存在しなかった?五虎大将軍の真実!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

春目前!なのに夏特集?幻の夏王朝は存在したの? 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ 三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる 姜維が北伐をしなかったら、あるいは北伐を成功させていたら蜀漢は長続きした? あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬 三国志禁断ゾーン・悲しい人類の「殉葬」に関する歴史 【キングダムの登場人物の子孫達】東晋時代の王賁の子孫の政治手腕と軍事手腕がヤバイ!

おすすめ記事

  1. 鬼道の使い手である卑弥呼の女王即位と三国志の関係性
  2. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  3. 三国志の英傑達は正月に何を食べていたの?呉の人々の正月料理がまるで某有名ボクシング映画
  4. 80話:曹操の命乞いで関羽が曹操を逃がす
  5. 【結構苦労が多いんです】三国志時代の転職事情が想像以上に複雑だった
  6. 【宮城谷昌光】これを読まずに三国志好きは名乗れない!三国志小説ランキング
  7. 成蟜(せいきょう)ってどんな人?史実の通り策士な政(始皇帝)の弟
  8. 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP