袁術祭り
北伐




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の著者・陳寿のミステリー 後編:三国志はどうやって完成したの?

この記事の所要時間: 229




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志のミステリー」のコーナーです。

 

 

それでは「三国志」の著者である陳寿(ちんじゅ)のミステリーについて話を進めていきましょう。

蜀は魏に滅ぼされ、陳寿の師である譙周(しょうしゅう)

司馬昭(しばしょう)の命じに応じて都・洛陽を目指します。

一方、陳寿は蜀の朝廷にあって官位を罷免され下野していました。

父親ほどではないにしても、ほぼ罪人扱いです。

しかし、ここから陳寿は晋で重用されることになります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

前回記事:三国志の著者・陳寿のミステリー 前編:蜀滅亡




譙周と文立

 

譙周は洛陽を目指しましたが、途中の漢中で病を発し1年ほどこの地にとどまります。

そこに訪れたのが同郷の文立(ぶんりつ)です。

「詩教」「儀礼」「周礼」「礼記」を修め、費禕に起用された人物で、

蜀が魏に滅ぼされた後は梁州の別駕従事として活躍していました。

梁州とは益州を二分した北側のことです。

二人は共に隠棲している陳寿が再び表に出られるように話し合います。

その後、司馬炎(しばえん)が皇帝となって晋が魏に変わりました。

譙周が洛陽に入ったのはようやくこの頃になります。

騎都尉に任命されました。




陳寿の官途復帰

 

陳寿に再び官途がひらけました。

代わって譙周が病没します。

陳寿は益州の伝記を集め「益部耆旧伝」を撰著し始め、完成した後に文立に贈りました。

文立はそれを司馬炎に表呈し、評価を得た陳寿は中央に呼ばれて歴史編纂の官に就きます。

「佐著作郎」という官位でした。

そして司馬遷の「史記」、班固の「漢書」に続く優れた歴史書の編纂を目指すことになるのです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

その後の陳寿

 

「王佐の才がある」と竹林七賢のひとりに評された張華は陳寿を大いに褒め称え、

中書郎に推挙しますが、張華のライバルである荀勖に妨害されます。

青州の新郡である長広郡の太守に任命されたり、それを断ったり、

鎮南将軍の杜預に黄門侍郎または散騎常侍へ推挙されたりします。

結局、法曹界に携わる治書侍御史に任じられました。

しかし呉が滅び晋が天下を統一した後、陳寿はまた罪に問われます。

もはや官途にこだわりがなかったようで家に籠り、三国志の編纂に四年の月日を費やしました。

こうして「三国志」は完成したのです。

 

三国志列伝について

 

陳寿が編纂した三国志に登場する人物を紹介しましょう。

「蜀書」には諸葛亮孔明はもちろんのこと、陳寿の師である譙周も伝があります。

諸葛亮孔明と義兄弟の契りを交わしていたとされる馬良の伝もあります。

しかし馬謖は見当たりません。

よく蜀書「馬謖伝」という言葉を耳にしますが、馬良伝の付録です。

陳寿は馬謖について深く突き詰めていないのです。

処刑された武将でいえば魏の鄧艾や鍾会も似たようなものですが、しっかり列伝が存在します。

蜀の魏延だって粛清されていますが伝があります。

ちなみに三国志とは別になりますが「晋書」では張華や陳寿の列伝もあるのです。

なぜ馬謖のものは存在しないのでしょうか。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

まあ、馬謖伝がたてられなかったことはさておき、それ以上に不思議な点があります。

ここまで読んだ皆さんはいかがでしょうか。

あれ??って感じた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなのです。陳寿の父親の名前が残されていないのです。

どこにも記されていません。

賊徒出身の武将など素性のわからない人物は確かにいますが、陳寿は別です。

陳寿の父親は蜀に仕え、参軍まで務めた人物なのです。

兵法に関しては諸葛亮孔明や馬謖にも認められた才があったはずです。

陳寿は父親の名前を隠すためにわざと馬謖伝を編纂しなかったのでしょうか。

ミステリーですね。

はたして、歴史に精通した陳寿が隠し通したものとは何だったのでしょうか。

 

皆さんはどう思いますか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:関連記事:蜀(国家)が滅亡したら蜀の民や国に尽した人はどうなるの?

関連記事:陳寿(ちんじゅ)とはどんな人?●●のレッテルを貼られてしまった正史三国志の作者

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 超短気な三国志の人物を集めてみました、あなたの友達とどっちが上?…
  2. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  3. 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  4. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第2…
  5. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  6. 人の見栄がビジネスチャンス!後漢で繁盛した秘商売とは?
  7. 朱儁(しゅしゅん)とはどんな人?董卓を恐れずに反対意見を述べた人…
  8. 三国志時代の通信手段は何だったの?気になる三国時代の郵便事情

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 司馬朗(しばろう)とはどんな人?司馬懿でさえ頭が上がらない偉大な兄の生涯
  2. 「英傑ランキング」上位100名の中に選ばれた8人で争われる「公式頂上リーグ選抜決定戦 ~小暑の陣~」開催
  3. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  4. 馬超が曹操に仕えていたらどうなったの?馬超vs関羽の軍事衝突の可能性も!
  5. 【名将対決】雷神と恐れられた名将立花道雪VS呉の名将陸遜 Part.1
  6. 孫権が帝を称した時なぜ蜀で孫呉との同盟破棄の言論が巻き起こったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

要離(ようり)とはどんな人?呉王・闔廬の為に身命をとした刺客 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【2/27〜3/5】 三国志・無双アクションRPGの究極を目指す!『極無双 -GOKUMUSO-』の事前登録が開始! 133話:公孫淵の反乱と司馬懿の台頭 趙雲の妻、孫夫人がお茶目すぎる!ほんのいたずらが夫を殺す羽目に! 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!) 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド 【キングダムをより楽しむ】河了貂と蒙毅が解説「軍師はどうやって誕生したの?」

おすすめ記事

  1. 王翦はどういう性格だったの?キングダムに学ぶつかみづらい男の処世術
  2. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  3. 【第9回 幻想少女】曹操に会うためには宿敵・賈詡を倒すしかない!!
  4. 蜀の勇将・姜維は司馬昭に嵌められ無念の最期を遂げる?
  5. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  6. 【龐煖の死】対趙攻略戦を地図で解説&大胆キングダム予想!
  7. 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人
  8. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP