編集長日記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られていない三国時代のイイモノ

この記事の所要時間: 230




 

三国志というと、1800年の大昔であり、現在とはだいぶ違う

古代の物語のように思えます。

それは、事実でもありますが、一方で、単純な仕掛けながら、今でも、

使えそうな道具が、その辺りにポンと置いてあったりもするのです。

今回は、三国志イイモノセレクションと題して、三国時代のイイモノを

紹介しようと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?




時は金なり、時間に正確だった三国志の時代の市場

 

三国志の時代には、すでに市場が存在していた事が

墳墓の装飾画などから分かっています。

 

市場には、酒屋や、肉屋のような店が見られました。

当時の肉屋には冷蔵庫がないので、肉屋は近くで家畜も飼育していて、

注文が入ると、その場で屠畜して新鮮な肉を出していたようです。

 

当時の肉屋は上半身裸で、短パンを穿いており、返り血で

衣服が汚れないように工夫していますが、あごひげを蓄えていて

筋骨隆々、なかなか、ワイルドだろう~な風貌です。

 

酒屋は、内側にスペースがあり、持ち帰って飲む事も、

店内でくつろいで飲む事も出来たようです、

 

また、秤を持って、何やら、客の持ってきた品物をはかる人が

見られる事から、穀物を売買する業者もあったようです。

 

これらの店は、まとめられて、城郭の一角にあり、

城門が二箇所設けられて、朝になると開き、

陽が暮れると閉じていました。




時間は正確に、日常使われた水時計

 

三国志の時代には、都市は、各区画(房と言う)毎に、門が設けられ、

日没には、門が閉じられて番人が立ち、出入り出来なくなりました。

そこで、季節に関わらず、正確な時間に門を閉じられるように、

水時計が使用されていたようです。

 

三国志の時代の水時計は、円筒形で青銅製、中に浮きがついています。

浮きには、一本の棒がついていて、それが、上部にある、

穴をくぐるように設計されていました。

棒には、目盛りが記録されていて、水が出ていくと徐々に、

水位が下がり、同時に目盛りも下がることで、時が分かるように

設計されています。

下部には、注ぎ口がついていて、栓を抜くと、少しずつ水が、

漏れるようになっています。

 

 

ブタの貯金箱の元祖、撲満(ぼくまん)

 

さて、三国時代には、董卓(とうたく)の粗悪な銭のせいで、

ハイパーインフレになって流通量が激減しますが、

後漢の時代には、五銖(ごしゅ)銭という丸い銅銭が存在していました。

 

銅銭が主流になると、この銭を入れる財布が発明され、

使わなかった五銖銭を貯めておく貯金箱が発明されています。

それは、素焼きの陶器で、卵型のフォルムをしていて底は平ら

上部には、銅銭が入る、横穴が開けられていました。

 

面白い事には、この貯金箱、入れ口はあっても出し口はありません。

貯金したものの、途中で使ってしまうのを防ぐ為に、

一度、入れたら、叩き割らないと中身が取り出せないのです。

 

そう、現在でもある、ブタ貯金箱を簡単にしたような、

この古代の貯金箱は、撲満(ぼくまん)と呼ばれていました。

 

満(みつれば)撲(たたく)という意味で最初から、

壊す事を前提に造られた、貯金箱である事が分かります。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

ブタの貯金箱の元祖が、三国志の時代にはすでに存在していた

というのは、調べていても意外な事でした。

当時から、お金は大事なモノという意識があり、使い残った分は

贅沢しないで、貯めておこうという感覚があったのでしょう。

また、撲満は、かなり小さい事から、大人が使用するものではなく

子どもに与えて、貯金する事を教える為に使われたかも知れません。

すでに、鳩車という、紐をつけて引っ張ると、車輪の歯車が動き、

木製の鳩の首が動くという玩具が存在していましたから、

こういう玩具を買う為に、お金を貯めさせていたのかも知れません。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!

関連記事:三国志の時代にダムがあった!蜀が豊かであったのはダムのおかげ

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…
  2. 官渡の戦いでも使われ東西を問わず世界中で取られた戦法「坑道戦」っ…
  3. 96話:孔明の計略炸裂!馬超は劉備の軍門に下る
  4. 呆れた!油断も隙もない!孔明にもつばをつけていた曹操?
  5. 賈詡は一流の政治家でもあった!?降伏の進言をして名軍師と呼ばれた…
  6. 黄月英(黄夫人)ってどんな女性だったの?孔明の妻を紹介
  7. 王郎(おうろう)とはどんな人?光武帝を苦しめた自称漢のプリンス
  8. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  2. 三国志に出てくる羌族ってどんな民族?
  3. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!
  4. 【センゴク】何で将軍・義昭は織田信長の和睦交渉に応じたの?それは信長の幸運と反攻作戦にあった!
  5. 西郷隆盛が西南戦争を起こした理由とは?
  6. 【井伊直虎の細腕城主一代記】婚期を逃した戦国女の意地とプライド

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 始皇帝が中国統一後、わずか15年で秦が滅亡した理由|始皇帝がブサメンだったから? どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!? 天地を喰らうという漫画があまりにもカオス!裏三国志入門書 Part 2 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しちゃうよ? 【素朴な疑問】蜀漢って国内はどうなっていたの?蜀軍の配置から北伐や蜀の情勢が見えてくる!

おすすめ記事

  1. 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【1/23〜1/29】
  3. 孔明とは陰と陽!漆黒の軍師、法正が蜀獲りに大活躍
  4. 42話:袁紹には悪夢、顔良、文醜が関羽に斬られる
  5. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信
  6. 董卓は何で李儒や賈詡がいたのに賈詡を重用しなかったの?
  7. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家
  8. 曹叡(そうえい)とはどんな人?曹丕の息子で二代目魏の皇帝

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP