編集長日記
ビジネス

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

袁渙の「政治力」がスゴイ!はちみつおじさん袁術と虎の如き強さを持った呂布を大人しくさせた政治とは?

この記事の所要時間: 230




 

はちみつおじさん袁術(えんじゅつ)に正論を放っても疎まれず信頼され、

虎の如き強さを持っていた呂布の脅しに屈しなかった袁渙(えんかん)

三国志を知っている人でもほとんど聞いたことのない魏の文官ですが、

政治家として非常に優秀な人物だった袁渙ですが、

どれくらい優秀な人物だったのでしょうか。

今回は袁渙がどのような政治を民衆達へ施していたのかをご紹介します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた




曹操に仕える

 

袁渙ははちみつおじさん袁術の元で仕官しておりましたが、

呂布軍にとっつかまってしまいます。

そして呂布に強制的に仕えることになるのですが、呂布が曹操軍に敗北して処断されると

陳羣(ちんぐん)張遼(ちょうりょう)らと一緒に曹操に仕えることになります。

呂布が敗北した時に陳羣らは平伏して曹操を迎えたそうですが、

袁渙は敗北者として曹操を迎えずに対等の礼をして彼を迎えたそうです。




屯田を嫌って逃亡する民衆の意向を汲んだ進言

 

曹操は軍の兵糧を確保するために自らの領地で頻繁に屯田(とんでん)を開始。

屯田を行う為に民衆を募集するのですが、

屯田を嫌った民衆は募集に応募することなく逃亡していったそうです。

この状況を聞いた袁渙は曹操へ「民衆は元から住んでいた場所から離れたくないものです。

そのため強制的に移住させられることを非常に嫌い、

この性質を直すことはすぐにできないでしょう。

そこで殿には民衆の意向を汲んで、

屯田に参加したい民衆だけを取り入れて参加したくない民衆には、

屯田を強制的に参加させないようにお願いしたいと思います。」と進言。

曹操は袁渙の進言に納得してすぐにこの進言を採用することにします。

この結果民衆達は曹操の布令に大いに喜んだそうです。

 

【PR】三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

民衆の教化を第一に

 

袁渙は曹操から梁国(りょうこく)の相へ任命されることになります。

彼は梁国へ赴くと彼が統治することになる各県へ「旦那を亡くした妻、

妻を亡くした旦那、高齢者を慰め、孝子・貞婦を称えよ。

今天下は各地で群雄が争っている状況のため、

我らが礼を用いて民衆達を教化(人を教えていい方向へ導くこと)することは非常に難しい。

しかしわれらがおこなえば民衆もしっかりと応えてくれるはずだ。」と布告。

この布告を第一義にして各県を治めさせた結果、

領内は非常に治安が良くなり住みやすい都市へ変貌することになります。

その後彼は梁国の相を病によって辞任することになるのですが、

彼が梁国から去る時に民衆は大いに悲しんだそうです。

 

恩義に厚い

 

上記は袁渙がどのような政治を持って統治してきたのかをご紹介しました。

そんな彼ですが、恩義に厚い人物であったことをご紹介して終わりにしたいと思います。

袁渙は梁国の相を病が原因で辞任した後、中央で活躍することになります。

そんな中、劉備が白帝城(はくていじょう)で病にかかって亡くなったことを知ります。

魏の群臣達は劉備死すの情報を知ると大いに喜び合っていたそうですが、

彼は群臣達と一緒に喜び合うことをしませんでした。

その理由は劉備に一度仕えた事があったからだそうで、

敵国の君主が亡くなって群臣達が皆喜んでいる最中、

一人沈黙を守っていればどんな噂を流されるかわかったものではありません。

下手をすれば謀反人扱いにされるかもしれません。

しかし彼は劉備に一度使えたことがあるという理由だけで、

喜ばず哀悼の意を持っていたのかわかりませんが、

沈黙していたのは劉備に相当の恩があったからではないかと推察する今日このごろです。

 

関連記事:三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ

関連記事:三国志の劉備玄徳は本当に民や武将から慕われてた?

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

三国志を知っている人でもほとんどその名を聞いたことがない人物・袁渙。

袁術・呂布・劉備・曹操から高評価を得ていた人物であり、

政治に関しても民衆の事を思って統治していたにも関わらず有名じゃないのは

なんだがかわいそうな気がするんでするのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書2 今鷹真・井波律子著

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

関連記事:三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようとした政治家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の…
  2. 【陳祇】蜀滅亡の原因は黄皓だけのせいではなかった?
  3. 早すぎた時代の改革者・袁術にヘッドハンティングされた徐璆の逸話
  4. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…
  5. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  6. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  7. もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの?
  8. 【三国志時代の正月風景】英雄達も正月くらいはのんびりしていたの?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの?
  2. 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将
  3. 【センゴク】何で信長は比叡山焼き討ちをしたのか?
  4. 【建安文学】文学史に残る名文を記した陳琳の魅力ってなに?
  5. 東方明珠のへなちょこ長安旅行記 その4
  6. 秦王政はなんで始皇帝と名乗り始めたの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 曹操の求賢令が年々過激になっていて爆笑 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還 荀彧だけじゃない!?王佐の才と呼ばれた漢を紹介! 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

おすすめ記事

  1. 【大三国志 攻略2】同盟と高Lvの土地攻略!最高に面白くて眠れません!
  2. 【春秋戦国時代の名言】俺は卑怯な真似はしない by 宋襄の仁
  3. ええっ?こんなに大変だったの!献帝の東遷を地図で徹底解説
  4. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  5. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使えない?
  6. 田豊(でんほう)とはどんな人?優れた策をいくつも進言するも全てが無駄になった智謀の臣
  7. 【晋の皇帝 司馬炎の悩み】司馬家の後継者問題
  8. 【シミルボン】三国志と彗星達の不思議な関係

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP