架空戦記
ビジネス

はじめての三国志

menu

はじめての魏

陳羣(ちんぐん)ってどんな人?画期的な人材採用法を確立させた魏の政治家

この記事の所要時間: 451

 

 

陳羣(ちんぐん)は幼少期、孔子の子孫である孔融から才能を認められた事で、一躍有名人となります。

劉備(りゅうび)に仕えた後、曹操(そうそう)に仕え、政治家としての能力をいかんなく発揮していきます。

 

徐州牧・劉備に仕える

劉備 ゆるキャラ

 

徐州の牧・陶謙(とうけん)が亡くなり、劉備がその後を継ぎます。

陳羣は劉備に招かれ、仕えることになります。劉備に国内の政治を任された陳羣は、しっかりと徐州国内を富ませていきます。

国が富み、国力が向上していく中、劉備は袁術(えんじゅつ)討伐に向かう事を決めます。

 

関連記事:実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん)

関連記事:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布

 

陳羣は劉備に進言をするが劉備は却下

劉備 呂布 肉取り合い

 

陳羣は「あなたが遠征に出るのを機に、昨年保護した呂布が、徐州を攻撃したらどうするのですか。

今回の遠征は控えた方がよろしいでしょう」と進言します。

しかし、劉備は進言を無視して、袁術討伐に向かうのです。

その後、陳羣の進言通りに進み、呂布(りょふ)は徐州を攻撃し、乗っ取りに成功します。

劉備は袁術に敗れて呂布を頼り、小沛を与えられます。

陳羣は小沛に逃げていましたが、劉備に再び仕えることはせず、徐州へ行きそのまま引きこもってしまいます。

 

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計

関連記事:劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計

関連記事:1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活

 

曹操に仕え、卓越した人物鑑識眼で有能な人材を推挙

曹操 魏王

 

曹操は徐州の呂布を倒した後、劉備に徐州を与えますが曹操に叛きます。

しかし、曹操軍の前に敗れ、劉備は袁紹の元へ遁走します。

徐州を取り戻した曹操は、陳羣を召し出し、仕えさせます。

曹操に仕えた直後、新たに二人が家臣となります。

陳羣は「あの二人はろくな人間ではありません。

後に禍をあなたに運んでくることになりますので、クビにした方がいいでしょう。」

と曹操に諫言します。同期の人間をクビにした方がいいなんて、こんな発言を堂々と君主にいう陳羣はすごいです。

ですが陳羣の予想通り、同期の二人は不正を行い、曹操は処刑します。

曹操は進言を聞き入れなかった事を陳羣に謝ります。

 

陳羣は郭嘉をクビにするよう曹操に提案をするが・・・

郭嘉

 

郭嘉(かくか)は天才的な軍略で曹操を助けていましたが、素行が悪いことから、陳羣は曹操にクビにするよう提案します。

しかし曹操はこの郭嘉の才能を愛していたため、この案を用いることはありませんでした。

この当時、まだ人材登用の基準が、品行方正であることが官吏の人材としての必須条件でありました。

そのため、品行方正でない人間は害になると思っていた陳羣の考え方は間違っていないのです。

陳羣が推挙した人材は品行方正で能力もあり、曹操も重用した人材も多く存在しました。

優秀な人材を多く推挙する陳羣の人物見識の高さは魏国で評判がありました。

 

関連記事:郭嘉(かくか)ってどんな人?|曹操が最も愛した人物

関連記事:郭嘉が断言した曹操が袁紹に勝つ10の理由

 

魏国を支える重臣へ

 

陳羣は人物見識の能力と領地を経営する政治力の高さで実績を積んでいきます。

この実績を曹操も認め、魏国を建国した際に、陳羣を御史中丞に任命します(御史中丞の役職は官の不正を取り締まる役職です)。

私情で物事を判断することなく、名誉と道義に重きを置いて政治や人材・諫言などを判断しておりました。

 

【次のページに続きます】

 

ページ:

1

2

関連記事

  1. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  2. 楽進(がくしん)ってどんな人?演義では地味だが正史では大活躍しち…
  3. 三国志の時代の結婚事情とはどんなもの?古代中国の不思議な恋愛観・…
  4. 偶然の遭遇から因縁の仲へ!孫堅と董卓は元同僚だった!?
  5. 裴潜(はいせん)とはどんな人?鳥丸の反乱を抑え、様々な政策を生み…
  6. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  7. 袁紹に殺された2000人以外にも歴代の皆殺しに注目してみた。ちょ…
  8. 陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの?
  2. 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を持った戦国四君【青年編】
  3. 【キングダム】用心深い男、王翦の幸せな最期を大胆予想
  4. 66話:曹操、孔明の実力を確認すべく劉備討伐の兵を挙げる
  5. 【曹操軍と劉備軍】部下と君主関係の違いって一体どこら辺から?
  6. 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面 孫堅(そんけん)ってどんな人?「江東の虎」と群雄達から恐れられた孫策・孫権の父親 曹家の文才「三曹七子」って何? 三国志史上で一番絵が上手なのは誰だ!?ヒント、姓は曹です 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将 そうだったの?呂蒙が後を託したのは陸遜では無かった! 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀 義兄弟・張苞と関興はどこまでが三国志演義の創作なの?

おすすめ記事

  1. 陳寿が語る孫権像
  2. 霍弋(かくよく)とはどんな人?蜀の滅亡まで司馬昭に屈しなかった隠れた名将
  3. 織田信長の息子達の名前がファンキーでかなりやばい!!
  4. 三国志テストにチャレンジ!!TOSIC990点を目指せ!!
  5. 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ!
  6. 馬陵の戦い(ばりょうのたたかい)ってどんな戦い?孫臏を有名にさせた戦
  7. 【衝撃の事実】夏侯淵の一族にはなんと皇帝がいた!?
  8. ヒゲ大将は関羽だけじゃない!曹操の息子や張飛、孫権も特徴的な髭をしていた!

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP