広告募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての変

もし司馬懿が赤壁の戦いに参加していたら魏はどうなった?

この記事の所要時間: 211




 

ハイ、それでは、三国志の世界をいろいろな角度から掘り下げていく

「ろひもと理穂の三国志・これが起きたら時代は変わった!」のコーナーです。

 

 

「狼顧の相」を持ち、曹操からも曹丕からも

「あの男は誰かに仕えるような器ではない。大望を秘めているだろう」

と警戒され続けたのが、司馬懿仲達です。

軍略においてはあの諸葛亮孔明と互角。

兵を率いても幾多の武功を積み上げ、三国志の中では優れた英雄の一人に数えられます。

そんな司馬懿があの「赤壁の戦い」に参加していたら、勝敗は変わっていたのでしょうか。

気になりますね。

それでは妄想をしてみましょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし呂布が曹操に斬首されず助命されていたらどうなったの?




仕官のタイミング

 

曹操は司馬懿の才能をずいぶん昔から見抜いています。

能力のある家臣を集めている曹操にとっては、

司馬懿はぜひとも自分の陣営に組み込みたい一人です。

しかし肝心の司馬懿の方がそれを拒否しています。

つまり曹操に仕えることに魅力を感じていないわけです。

「逃げたら殺す」とまで曹操は司馬懿にプレッシャーをかけています。

ここまで執拗に司馬懿にこだわる理由はいくつか考えられますが、

一つはこれほどの才能の男を野放しにしておくと危険だというものです。

他の群雄に仕える可能性もあります。そうなると脅威です。

仕えないのなら殺せという命令はそんな曹操の気持ちの表れではないでしょうか。

ちなみに曹操が丞相に就任した208年6月には、観念して曹操に仕えることを誓っています。

曹操は翌月に15万の兵を率いて荊州に攻め込みました。

そして10月に「赤壁の戦い」が繰り広げられるわけです。




あまりにも新参者

 

司馬氏は代表的な名士で、兄の司馬朗(しばろう)はすでに曹操に仕えています。

人脈やコネといったものは充分です。

なにせ司馬懿の父の司馬防(しばぼう)は曹操を洛陽の北部都尉に引き上げた過去があり、

曹操からしたら恩人の息子です。出世の道は確実に開けています。

しかしなにせ仕官してすぐの話ですので、

「赤壁の戦い」で司馬懿が活躍するのは少し無理があります。

兵を率いて戦場に出ることは考えられません。

あったとしても曹操へ進言するくらいではないでしょうか。

賈詡や荀攸という軍師がいましたから、そちらに助言する役目などが考えられます。

どちらにせよ経験不足が否めません。

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

周瑜の計略を看破していたかも

 

荊州侵攻に同行していたとしたら、静かに地形や敵陣の状況などを観察していたはずです。

黄蓋の偽りの投降も怪しいと見抜いていたかもしれませんし、

現地調査を行い東南の風が吹くことも把握していたかもしれません。

そう考えると不気味ですね。

でも司馬懿ならば考えらえます。

果たして誰に進言したら信用してもらえるのだろうか、

そもそも本当に誰も気が付いていないのか、

このまま曹操が天下を平定してしまって本当にいいのだろうか、

などなど司馬懿はいろいろなことを想定したかもしれません。

最善の結果は曹操が敗北し、もうしばらく戦乱の時代が続くことだったのではないでしょうか。

この時すでに司馬懿は自分が皇帝になることを目標にしており、

どうすれば近づけるのか自問自答していたかもしれません。

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

 

あの曹操がそこまで警戒する人物ですから、

司馬懿は図太くそこまで考えて献策しなかったのではないでしょうか。

自分が飛躍できる時ではないという判断だったのでしょう。

司馬懿は曹丕と接近し友好関係を結び、着実に戦場での経験も積み、

魏を代表する将軍になるのですが、それは最も警戒していた曹操の死後のことです。

老練な司馬懿は魏国に絶大な勢力を築いていきます。蜀や呉が健在だったからこそ、

司馬懿は活躍する機会に恵まれたのです。

赤壁の戦いに負けることが司馬氏の命運を開きました。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?

関連記事:もし龐統が落鳳坡で亡くならなければ蜀はどうなった?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 【悲報】孔明の発明品で戦死した人物が実在した。鎧を過信した南朝宋…
  2. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命
  3. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリー…
  4. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  5. それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選
  6. 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進…
  7. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国…
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【2/20〜2/2…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじめての孫子】第11回:兵は多きを益ありとするに非ざるなり。
  2. 【シミルボン】これはヤバいよ!裏三国志 大流行したドラッグ五石散
  3. 【シミルボン】とっても面倒くさい!三国志の時代の髪の毛のお手入れ
  4. 111話:関羽と張飛の死に劉備は仇討ちの決意を固める
  5. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価
  6. 関羽はどうして神格化されてメジャーになったの?三国志で唯一、神になった武将

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志をテーマとした美少女簡単ストラテジーRPG『三国志炎舞~王様の物語~』8月25日より配信をスタート 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】 曹操が行った大改革って何?|パイを奪うより自分で焼け! 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 人材を使いこなす事で天下を取った劉邦 孔明の愛弟子であった姜維はなぜ孔明の後継者に選ばれなかったの? 三国志と日本史の『名城対決』真田丸と陳倉城が激アツすぎる! 朽井迅三郎(くちい・じんざぶろう)は実在したの?アンゴルモア 元寇合戦記の主人公に迫る

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【6/19〜6/26】
  2. 聶政(じょうせい)の律儀な性格と自分の顔を削って自刃した刺客の最期
  3. 孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?
  4. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  5. 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?
  6. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  7. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  8. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP