呂布特集
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

長宗我部元親「四国の蝙蝠(こうもり)」の四国統一戦を分かりやすく紹介!




センゴク一統記(9) (ヤンマガKCスペシャル)

 

秀吉が賤ヶ岳の戦いで勝利を収めた頃、四国でも激しい戦いが起こっておりました。

それは織田信長から「四国の蝙蝠(こうもり)」とあだ名された

四国の長宗我部元親(ちょうそかべもとちか)と

秀吉の武将である仙石権兵衛秀久(せんごくごんべえひでひさ)との戦いでした。

この戦いは元親軍の勝利で終わり、権兵衛の軍勢は敗北してしまいます。

その後元親は軍勢を十河存保(そごうまさやす)の勢力範囲である

阿波(あわ)へ向かって進出し、阿波から彼の勢力を叩き出すことに成功。

こうして元親は阿波・土佐の両国を支配することになり、

次に存保の逃亡先である讃岐(さぬき)と伊予(いよ)の大名である河野家を攻撃して、

四国全土を支配するための統一戦へ発展していくことになります。

今回はこの「四国の蝙蝠」と呼ばれた大名長宗我部元親の四国統一戦をご紹介していきたいと思います。

 

センゴクを100倍楽しむ全記事一覧はこちら

関連記事:清洲会議(きよすかいぎ)って何なの?実は天下統一への重要局面を会議していた!




権兵衛を打ち破る

 

元親は阿波のほとんどを手中に収めると、

十河存保が逃亡した讃岐を攻略するべく出陣。

元親は讃岐攻略の手始めとして十河存保が篭城している虎丸(とらまるじょう)城へ

攻撃を開始します。

元親の虎丸城攻略戦が行われようとしていた最中、

仙石権兵衛秀久が引田へ進出していた元親軍へ攻撃を仕掛けてきます。

元親は権兵衛の伏兵によって

先鋒隊が被害を受けたことを知ると自らの本隊を動かして、権兵衛隊を撃退。

元親はこうして秀吉の援軍を打ち破ると讃岐を攻略するべく虎丸城を包囲し、

十河(そごう)城にも軍勢を差し向けていき、

讃岐統一を完遂するべく作戦を展開していくのです。




家康と共闘するために・・・・

 

元親は讃岐を攻略するべく次々と軍勢を讃岐の諸城へ差し向けていきます。

元親が讃岐攻略を積極的におこなっている最中、

一人の群雄が元親へ手紙を送ってきます。

その群雄の名前は徳川家康でした。

彼は織田信雄(おだのぶかつ)と共闘して秀吉に敵対することを決意すると四国の元親へ

「私と信雄公は羽柴秀吉に敵対することを決めました。

今回手紙をお送りしたのはあなた様と共同で秀吉と戦っていきたいと思ったからです。

もし元親様が私達と秀吉が決戦を行っている時、

四国の軍勢を秀吉の本拠である摂津(せっつ)、

播磨(はりま)方面へ攻撃を行っていただければと思います。

摂津、播磨へ出兵して頂けるのであれば、

秀吉を倒した暁には三カ国をあなた様に差し上げたいと思っております。」と

手紙を送ります。

元親は家康の手紙をもらうと彼と共闘する意思があることを家康に伝えるとともに、

讃岐の諸城攻略を急がせるように指示を出します。

 

讃岐攻略が完了

 

元親は家康からの手紙をもらうと諸将へ檄を飛ばして、

讃岐の諸城をすぐに攻略するように指示。

この元親の檄をもらった諸将は讃岐の諸城へ猛攻をかけて次々と陥落させていきます。

そして十河存保が篭城していた十河城を陥落させ虎丸城も攻略することに成功。

こうして元親は讃岐のほとんどを手中に収めることに成功すると

家康へ讃岐攻略が完了したことを知らせ、

摂津方面に軍勢を繰り出す準備をしている手紙を送ります。

元親は摂津方面へ軍勢を繰り出す際、

紀州の根来(ねごろ)衆や雑賀(さいか)衆へ摂津攻略に協力してくれるように要請。

根来衆と雑賀衆は元親の要請を快諾して、

長宗我部軍が到来した時に摂津へ兵を繰り出す約束を締結します。

元親はこうして讃岐を攻略し、本土へ攻撃を仕掛ける準備を整えると

元親の弟・香宗我部親泰(こうそかべちかやす)を総大将として出陣させる予定でした。

しかし家康と信雄が秀吉と停戦することに合意してしまったため、

元親の摂津出兵は中止することになるのです。

 

伊予の覇権を賭けて・・・・

 

元親は摂津の出兵を取りやめると再び四国統一を完遂させるための戦を再開。

彼は土佐・阿波・讃岐の三カ国を有し、

四国のほとんどを収める事に成功するのですが、

四国全土を手に入れたわけではありませんでした。

では元親は四国全土を統一するためにあとはどこの領土を手に入れればいいのでしょうか。

それはみかんの国伊予(いよ)です。

伊予の国は南北に広がっており北伊予には河野氏が勢力を有しており、

南伊予には西園寺家が領土を持っておりました。

元親はまず伊予を攻略するため、北伊予へ向けて軍勢を出陣させることにしますが、

思わぬ敵がやってくることになるのです。

それは毛利家でした。

毛利家は四国の長宗我部に四国全土の統一を行わせないため、

伊予の大名とである河野氏と手を組んで援軍を派遣。

元親は中国の覇者である毛利・河野連合軍と戦うことになりますが、

彼の軍勢は毛利家の軍勢を至る所で撃破して優勢に伊予攻略を進めていきます。

 

南伊予を攻略

 

元親は北伊予の毛利・河野連合軍と戦いを繰り広げながら、

南伊予の攻略戦も同時進行で行っておりました。

南伊予の攻略軍には家臣の久武親直(ひさたけなおちか)を総大将として任命し、

彼に南伊予攻略を任せることにします。

親直は南伊予攻略軍を率いて南伊予へ進撃すると

南伊予の諸城を次々と陥落させていき、

ついに南伊予に勢力を張っていた西園寺家の居城・黒瀬(くろせ)城を陥落。

こうして長宗我部の勢力は南伊予を版図に加えることになり、

四国統一は時間の問題となっておりました。

 

毛利家の援軍準備

 

毛利家は山陰を吉川元春(きっかわもとはる)が担当し、

山陽を小早川隆景(こばやかわたかかげ)が担当することになっておりました。

今回河野氏を支援していたのは主に小早川の軍勢でした。

隆景は元親が南伊予を攻略して四国統一に王手をかけたことを知ると

河野氏へ「元親の勢いを止めるためにこちらも

援軍派遣の準備をしているからもう少しだけ耐えていてくれ」と手紙を送ります。

隆景はこの手紙を送った後、村上水軍を動員して援軍を派遣することにしますが、

時すでに遅しでした。

 

10年の年月を賭けた統一事業が完成

 

元親は毛利家の援軍が到来する前に河野氏が有している北伊予を制圧するため、

南伊予・讃岐・土佐の兵力を大動員してプレッシャーをかけていきます。

河野氏はいたるところで元親の軍勢に敗北し、

すでにやる気も毛利家の援軍到着まで持ちこたえる気力も薄れておりました。

そんな中、河野家の重臣は河野家当主・河野通直(こうのみちなお)へ

「長宗我部の勢いに俺らじゃあ勝てなくないですか。

毛利家の軍勢も長宗我部の軍勢に敗北しっぱなしですし。

そろそろ降伏したほうがいいような気がします。」と進言。

通直も長宗我部氏の勢いに抵抗することを諦めかけていたので、

重臣の意見を採用して元親に降伏する使者を出します。

元親は通直の降伏を受け入れることに。

こうして土佐の片田舎から始まった元親の四国統一戦は、

10年の歳月をかけて成功することになるのです。

 

戦国史ライター黒田レンの独り言

 

長宗我部元親はこうして四国統一を果たすことに成功しますが、

彼の戦いはここから始めることになるのです。

秀吉は賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いで勝家を討ち果たした時、

次に攻略目標を四国に定めておりました。

しかし徳川家康と信雄が反旗を翻したため四国討伐を延期することにしますが、

家康・信雄と和睦したことで東国の安定を生み出すことに成功。

元親が四国統一を完了した頃、

秀吉は四国討伐を開始するための準備を着々と行っておりました。

こうして四国統一を完了した「四国の蝙蝠」と天下の覇権を手中に収めていた

「サル」との決戦が刻々と近づいていくことになります。

 

参考文献 吉川弘文館 長宗我部元親 山本大著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 大喬 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介
  2. 姜維 蜀漢(季漢)後期の歴史をザックリと解説!蜀漢を支えた蒋琬、費禕、…
  3. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…
  4. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった
  5. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる…
  6. 裴潜(はいせん)とはどんな人?兵力を用いることなく北方異民族をて…
  7. 桓公(かんこう) 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  8. 井伊直政 イケメン武将・井伊直政の逸話とは?戦いの傷が多かった?また評判は…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 張遼・楽進・李典
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 疫病が蔓延している村と民人
  4. 蜀の劉備
  5. 過労死する諸葛孔明
  6. 司馬徽
  7. ヨイショをする曹操

おすすめ記事

  1. 【金瓶梅】ってどんな本? 四大奇書だけど淫猥すぎて発禁になった奇書 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  2. 科挙問題文を紹介!あなたには解ける? 宋代の公務員試験である科挙
  3. とっても皇帝になりたかった袁術
  4. 【衝撃】司馬氏の悲願は周王朝の復活?魏が大嫌いな司馬兄弟 司馬懿を欲しがってた曹操
  5. 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い
  6. 中国最初の正史『史記』のあらすじ解説と「本紀」の謎 司馬遷(しばせん)

三國志雑学

  1. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後悔する孫権
  2. 袁術をからかう呂布
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操
  5. 難斗米(なしめ)
  6. 郭嘉 vs 法正
  7. 信(キングダム風)

おすすめ記事

騎射の術に長けた騎馬兵士 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 夏侯惇 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース27記事【2/13〜2/19】 タングート族 【西夏】タングート族の末裔はどこにいる?北魏の末裔なの? 廖化 四龍将 留賛(りゅうさん)とはどんな人?自ら足の筋を切断し治療をした呉の英雄 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る 官渡の戦い 曹操 勝利 52話:袁紹を破った曹操は、中原最強の勢力に成長 結婚を喜ぶ孫策 孫策は大喬を手に入れるためにとんでもない行動を起こした!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP