はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

はじめての魏

盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家




 

劉備に学問を教えた廬植(ろしょく)は三人の息子がおりましたが、

彼は早くになくなってしまい、戦乱の中で廬植の上二人の息子も亡くなってしまいます。

しかし三番目の息子は生き残ることに成功し、

三番目の息子の名前を盧毓(ろいく)と言います。

彼は崔琰(さいえん)に推挙されて魏へ仕えることになるのですが、

ある法律に疑問を持ち曹操へ進言することになるのです。

さて今回は盧毓が疑問に持った法律と

その法律に対して彼はどのような進言を行ったのかをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守




崔琰の推挙によって魏に仕える

 

盧毓は父と兄達を亡くしてしまうと

夫を亡くした兄嫁と父を亡くした兄の子供が盧毓の元に身を寄せてきます。

彼はまだ青年期を迎えたばかりでありながら、

必死に仕事を行いながら彼らを育てていきます。

また兄嫁と兄の子供を養うために仕事をしながら一生懸命勉学に打ち込んでいきます。

崔琰は廬植の息子の存在を知るとすぐに彼を推挙して魏に仕えさせることにします。




廬毓が仕えた頃の曹魏の状況

 

盧毓は崔琰に推挙されると冀州(きしゅう)で主簿(しゅぼ=事務員)の

役職を貰うことになります。

彼が主簿として働き始めた当初、

曹操の領土は河北・河南など多くの州を領土としておりましたが、

法律が各地に行き渡っていない状態で色々な問題が噴出しておりました。

特に問題となっていたのは兵卒として徴兵した兵士達が勝手に逃亡してしまうことです。

魏国は兵士達が逃亡兵となってしまうことを防ぐため逃亡兵に関しての法律を強化し、

厳しく罰していくことにします。

逃亡兵達に対しての法律とは一体何なのでしょうか。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

兵士が逃亡した場合、妻子も罰を受ける

 

曹操は逃亡兵が発生しないようにするために厳しい法律を制定します。

その法律とは兵士が逃亡した場合逃亡した兵だけを処罰するのではなく、

兵の家族である奥さんや子供までを処断するという厳しい物でした。

この法律が制定されたことによって逃亡兵は激減することになるのですが、

ある問題が発生することになります。

 

嫁いで数日しか経っていない妻が死刑!?

 

上記の逃亡兵に対する法律が制定された後ある兵士が逃亡。

法律に照らし合わせて逃亡した兵士及び奥さんも処断されることになります。

しかしこの逃亡兵の奥さんは嫁いできてから数日しか経っておらず、

旦那の顔さえ見たことない状態でしたが死刑を宣告されてしまいます。

冀州の事務員をしていた盧毓はすぐに「待った!!」をかけて、

曹操へ進言書を送ります。

 

奥さんの身になって反対意見を述べる

 

盧毓は曹操へ「そもそも女子は結婚してから旦那と顔を合わせることによって、

愛が生じるのです。

もしあっていなければ愛は生じることなく無くなっていくでしょう。

逃亡兵に対しては厳罰を持って処罰するのは間違いではなく大いに賛成ですが、

まだ顔を合わせてもいない妻を処刑にするのはかなり刑罰が思いと思います」と

奥さんの身になって反対意見を述べます。

曹操は盧毓の進言を受けて逃亡兵の奥さんの処刑をやめさせて、

軽い罰を与えるようにと命令をくだします。

そして盧毓へ「お主の言うことは全て筋が通っており、優れた反対意見であった。

すぐにこちらに来るように」と命令を受け、曹操の元で働く事になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

廬毓は逃亡兵の法律に対して筋の通った反対意見を述べたことによって、

曹操の元で働くことになります。

そしてこれがきっかけで彼はどんどん活躍していくことになり、

ついには魏の重臣としてその名を歴史に留めることになるのです。

もし彼が逃亡兵の法律を事務的に処理していたら、

ただの下っ端役人としてその生涯を終えた可能性があるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

関連記事:知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 孔明南東の風 【新事実】三国志演義の孔明!実は絶大な人気を誇った天才軍師をモデ…
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2 【センゴク】信長の仇討ちで秀吉についたのは、神戸、丹羽、掘、蒲生…
  3. 蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!
  4. 「わしの樊噲じゃ」盗賊達を震え上がらせ、曹操の命を救った許褚の武…
  5. 蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図っ…
  6. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ
  7. 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜は「家康の再来」と言われる程すごい人だったの!?
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 契丹 / 引用 wikipedia
  2. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

  1. 【三国志とお金】公共事業にたかる豪族勢力 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 29話:青州兵によって膨れ上がる曹操の兵力 曹操が黄巾党が仲間に!
  3. 【三国志演義】無能な劉備は知識人の理想の君主? 酔いつぶれる劉備玄徳
  4. 華雄って強い将軍?それとも雑魚将軍?華雄の強さを考察 華雄(かゆう)
  5. 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  6. 妻子を人質に取られすぎな劉備 劉備妻つかまる

三國志雑学

  1. 華雄と呂布
  2. 朱然
  3. 華雄(かゆう)
  4. 今川義元
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 後藤象二郎
  2. 上杉謙信
  3. 曹嵩
  4. 長篠の戦いWikipedia

おすすめ記事

読書する劉備 華南とはどんな王朝?宋書倭国伝にも記載されている大和朝廷と繋がった王朝 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 蜀漢の外戚・呉懿(ごい)は有能なのに地味で実は孔明に敬遠されていた? 藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ 劉淵(りゅうえん)とはどんな人?劉備の子孫と称して晋を崩壊に導いた匈奴の単于 びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望 曹操くんポカーン。こやつ何を言ってるんじゃ?古代中国の方言から現代中国の方言まで徹底解説! ええっ?蒙驁(もうごう)将軍は史実では秦の六大将軍に並ぶ超名将だった

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP