黄巾賊




はじめての三国志

menu

はじめての魏

盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家

この記事の所要時間: 219




 

劉備に学問を教えた廬植(ろしょく)は三人の息子がおりましたが、

彼は早くになくなってしまい、戦乱の中で廬植の上二人の息子も亡くなってしまいます。

しかし三番目の息子は生き残ることに成功し、

三番目の息子の名前を盧毓(ろいく)と言います。

彼は崔琰(さいえん)に推挙されて魏へ仕えることになるのですが、

ある法律に疑問を持ち曹操へ進言することになるのです。

さて今回は盧毓が疑問に持った法律と

その法律に対して彼はどのような進言を行ったのかをご紹介していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:顔斐(がんひ)とはどんな人?まるで三国時代の都民ファースト!民衆から慕われた魏の名太守




崔琰の推挙によって魏に仕える

 

盧毓は父と兄達を亡くしてしまうと

夫を亡くした兄嫁と父を亡くした兄の子供が盧毓の元に身を寄せてきます。

彼はまだ青年期を迎えたばかりでありながら、

必死に仕事を行いながら彼らを育てていきます。

また兄嫁と兄の子供を養うために仕事をしながら一生懸命勉学に打ち込んでいきます。

崔琰は廬植の息子の存在を知るとすぐに彼を推挙して魏に仕えさせることにします。




廬毓が仕えた頃の曹魏の状況

 

盧毓は崔琰に推挙されると冀州(きしゅう)で主簿(しゅぼ=事務員)の

役職を貰うことになります。

彼が主簿として働き始めた当初、

曹操の領土は河北・河南など多くの州を領土としておりましたが、

法律が各地に行き渡っていない状態で色々な問題が噴出しておりました。

特に問題となっていたのは兵卒として徴兵した兵士達が勝手に逃亡してしまうことです。

魏国は兵士達が逃亡兵となってしまうことを防ぐため逃亡兵に関しての法律を強化し、

厳しく罰していくことにします。

逃亡兵達に対しての法律とは一体何なのでしょうか。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

兵士が逃亡した場合、妻子も罰を受ける

 

曹操は逃亡兵が発生しないようにするために厳しい法律を制定します。

その法律とは兵士が逃亡した場合逃亡した兵だけを処罰するのではなく、

兵の家族である奥さんや子供までを処断するという厳しい物でした。

この法律が制定されたことによって逃亡兵は激減することになるのですが、

ある問題が発生することになります。

 

嫁いで数日しか経っていない妻が死刑!?

 

上記の逃亡兵に対する法律が制定された後ある兵士が逃亡。

法律に照らし合わせて逃亡した兵士及び奥さんも処断されることになります。

しかしこの逃亡兵の奥さんは嫁いできてから数日しか経っておらず、

旦那の顔さえ見たことない状態でしたが死刑を宣告されてしまいます。

冀州の事務員をしていた盧毓はすぐに「待った!!」をかけて、

曹操へ進言書を送ります。

 

奥さんの身になって反対意見を述べる

 

盧毓は曹操へ「そもそも女子は結婚してから旦那と顔を合わせることによって、

愛が生じるのです。

もしあっていなければ愛は生じることなく無くなっていくでしょう。

逃亡兵に対しては厳罰を持って処罰するのは間違いではなく大いに賛成ですが、

まだ顔を合わせてもいない妻を処刑にするのはかなり刑罰が思いと思います」と

奥さんの身になって反対意見を述べます。

曹操は盧毓の進言を受けて逃亡兵の奥さんの処刑をやめさせて、

軽い罰を与えるようにと命令をくだします。

そして盧毓へ「お主の言うことは全て筋が通っており、優れた反対意見であった。

すぐにこちらに来るように」と命令を受け、曹操の元で働く事になるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

廬毓は逃亡兵の法律に対して筋の通った反対意見を述べたことによって、

曹操の元で働くことになります。

そしてこれがきっかけで彼はどんどん活躍していくことになり、

ついには魏の重臣としてその名を歴史に留めることになるのです。

もし彼が逃亡兵の法律を事務的に処理していたら、

ただの下っ端役人としてその生涯を終えた可能性があるのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!?

関連記事:知っていたら自慢できる!正史三国志に足りない部分とは?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 遼来遼来!! 泣く子も黙る張遼の合肥伝説
  2. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  3. 朱桓(しゅかん)ってどんな人?貴族出身なのに下の者には優しく記憶…
  4. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる…
  5. 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじ…
  6. いまさら聞けない真田丸って一体何なの?
  7. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島…
  8. 武田信玄の最強の敵!?武田家を揺るがす大事件を勃発させた武田義信…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!?
  2. 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何?
  3. 笮融(さくゆう)とはどんな人?中国初仏教群雄として歴史に名を刻んだ後漢の武将
  4. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  5. 【第3回 幻想少女】驚愕の事実発覚!三国志フレンドが私にはいなかった!【ネタバレ注意】
  6. 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦陣

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース19記事【11/14〜11/20】 三国志の兵力は実際にどこまで本当なの?魏呉蜀の兵力の真実に迫る! 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い! 楊奉が袁術から離反しなければ官渡の戦いは袁術vs袁紹になっていた!? 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法 趙奢(ちょうしゃ)とはどんな人?趙の三大天最後の一人で政治・軍事両方に秀でた名将【後半】 季布(きふ)とはどんな人?一度承諾した約束は絶対に破らない事で天下に名を轟かせた名将【後半】 【第2回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】あの袁●が仲間に!攻略が進む!

おすすめ記事

  1. 述志の令をもとに曹操の若かりし頃の夢を考察してみる
  2. 【シミルボン】趙雲の記述は盛られていた!イケメン趙雲を生み出した別伝
  3. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  4. 潼関の戦いを勝利に導いた鍾繇その隠れた功績を紹介
  5. 孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術
  6. 誰かに話したくなる!自由すぎ、フリースタイルな三国志の武将達8選
  7. 54話:劉備、再び曹操に敗れる
  8. 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP