孟康とはどんな人?上司にしたい人ナンバー1!周囲に気を配り過ぎた理由とは?

2022年7月26日


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

パワハラをする張飛

 

三国志には張飛のように部下に対してパワハラがヒドイ人や、関羽のように同僚や上司に対して態度が厳しい人など、絶対に部下や同僚になりたくない問題児が多くいます。

 

しかし、逆に部下に気を使い有休も気前よく使わせてくれる理想の上司もいたのです。今回は三国志で上司にしたいナンバー1の孟康(もうこう)を紹介しましょう。

 

 

 

郭皇后の姉の子として引き立てを受ける孟康

孟康 三国志の将軍

 

孟康は字を公休(こうきゅう)と言い、幽州安平(ゆうしゅうあんぺい)の出身です。曹丕の妃である郭皇后(かくこうごう)の姉妹が孟康の親戚だったので、孟康も九親(きゅうしん)として引き立てを受け散騎常侍(さんきじょうじ)の位に就きました。

 

于禁の部下と兵士

 

当時、散騎常侍は優秀な人が就く習わしなので、人々は孟康が家の七光りで出世したとして侮り阿九(あきゅう)と呼んでいました。阿は「ちゃん」という意味で「家の七光りちゃーん」と馬鹿にした呼び方です。

 

バカ殿にはバカ家臣が集まる

秦檜により冤罪で処刑される岳飛
佞臣の裏に皇帝あり?無能皇帝とセットになりがちな佞臣を考察

続きを見る

 

魏のマイナー武将列伝

 

 

家の七光りを克服しようと努力する

何晏

 

しかし、孟康は阿九と呼ばれても腐る事無く、暇な時間を利用して書物を読みました。孟康は頭が良かったので文章の才能がメキメキ上がり、見事な上奏文を書いてみせ、それまで孟康を阿九とバカにしていた人は孟康を見直したと言われています。

 

諸葛亮の歴史知識はいい加減だったってホント?

ちょっとやり過ぎたと反省する諸葛亮孔明
文官が絶対にやらないミスを諸葛亮がやってしまった理由

続きを見る

 

蜀のマイナー武将列伝

 

 

弘農太守となり善政を敷く孟康

洛陽城

 

正始年間(240年~249年)孟康は宮廷から出向、弘農太守(こうのうたいしゅ)となり典農校尉(てんのうこうい)を勤めました。孟康は、清廉な態度で政治をおこない善行を褒め称えると共に、善行を出来ない人に憐れみをかけ裁判沙汰を減らしつつ、住民の希望に沿って色々なトラブルを解消し、同時に住民の利益になるようにしました。

 

弘農王劉弁の悲しき生涯

小帝(少帝劉弁)と董卓
皇帝の座を奪われた少帝弁の悲しき人生、降格処分と毒殺された劉弁を考察

続きを見る

 

漢のマイナー武将列伝

 

 

役人にも気を使いまくる孟康

ヘタレな役人梁鵠

 

当時、弘農郡には二百名の役人がいましたが、正月にはきちんと休暇を与え、普段も1/4ごとに休暇を与え家に帰していました。

 

孟康は一度約束した事は引き延ばす事はなく、外出する時でも、ふらっと出る事はなく、通り道の督郵(とくゆう)には事前に連絡して、池や河の水を処理させて督郵が恥をかかないように配慮しました。

 

また、皇后に連なる身分の自分が巡行すると周囲が過剰に気を遣う事を恐れて、無理に敬意を表す事がないように通告し、馬の草刈りで庶民が苦労しないよう外出する時には部下に鎌を持たせて通り道の草を刈り取って馬の餌にするなど気を配りました。

 

孔明のテントがある野外のシーン

 

そして宿舎に泊まらずに樹の下に野宿し随行員も10人を超えないようにし、極力郡に負担をかけないように努力しています。

 

三国志の時代の家族サービス

曹丕を生む卞夫人と曹操
三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活

続きを見る

 

曹操孟徳

 

【次のページに続きます】

次のページへ >

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-はじめての魏
-