朝まで三国志軍師
キングダム




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

この記事の所要時間: 228




 

後漢王朝は曹丕(そうひ)へ帝の位を譲って滅亡しますが、

後漢王朝の王族の一人が曹魏へ仕えていたことをご存知でしたでしょうか。

後漢王朝の王族の名を劉曄(りゅうよう)と言います。

彼は若い頃から決断力と行動力、そして知力を備えていた優れた人物でしたが、

若い頃はどのような人物だったのでしょうか。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?




母の遺言

 

劉曄は劉備のように怪しげな後漢王朝の末裔ではなく血統書つきの王族でした。

彼の先祖は光武帝・劉秀(りゅうしゅう)の息子の末裔です。

彼は幼い頃に母親を病で失ってしまいます。

劉曄の母は亡くなる間際、劉曄と彼の兄へ「父上の側近はとっても悪い奴です。

その側近が居なくなれば私はあの世でも満足して生きていけるでしょう。

どうか貴方達が大きくなったら父上の側近をやっつけてくれ」と彼らに遺言を残します。




父の側近を殺害

 

劉曄は13歳になると兄へ「母上の遺言を実行しよう」と相談します。

しかし兄は「そんなことが出来るわけないではないか」と

言って母の遺言を守ろうとしませんでした。

だが劉曄は側近の居る部屋へ入ると剣を突き立てて殺害してしまいます。

その後父にこっぴどくしかられますが劉曄は平然と

「私は母上の遺言を守っただけです」と言ってのけます。

劉曄の言葉を聞いた父は彼に見所を感じて許すことにします。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 

賊の大将を討ち取って劉勲へ差し出す

 

劉曄は淮南(わいなん)に蔓延っていた賊徒が王族である自分を大将に擁立しようと

企んでいることを知ります。

しかし劉曄は彼らに担がれるのを嫌がっておりました。

そんな中、曹操の使者が江東の実態調査をするためにやってきたことを幸いに、

賊徒の大将をぶった斬って賊徒達へ

「曹操様の指令である。軍勢はすぐそこまで来ているから大人しく降伏せよ。

もし歯向かう者がいるのであればこの場で全て切り捨てるぞ」と凄みを聞かせた声で、

賊徒を脅します。

この結果賊徒達は全て劉曄に降伏することになり、

いきなり数千の兵力を手にすることになります。

だが劉曄は彼らの上に立ちたいと思っていなかったので、

盧江(ろこう)太守である劉勲(りゅうくん)に全てあずけてしまいます。

 

孫策の企みを看破する

 

劉勲の勢力は劉曄が降伏させた賊徒を吸収したことによって、

江東の孫策を脅かすほどの大勢力として成長することになります。。

孫策は廬江の劉勲の存在が目障りであったため、

彼に色々な贈り物を送って信用を得ると一つのお願いをしてきます。

孫策は劉勲へ「お願いがあります。上繚(じょうりょう)の土地に異民族がいるのですが、

奴ら俺たちの事を馬鹿にしてくるんですよ。

そこで大勢力である劉勲殿に上繚を攻略していただけないでしょうか。

あの土地は豊かで国力増大には必要不可欠な場所でしょう。

もちろん私たちも手伝わせていただきます。」と要請。

劉勲は部下達にもこの孫策の手紙を見せて賛同を得ると出陣の準備を行います。

しかし劉曄だけが反対意見を彼に述べます。

劉曄は彼へ「上繚の城は非常に堅牢でちょっとやそっとの攻撃では、

陥落することはできないでしょう。

もし上繚攻略に手こずってしまっている間に廬江へ孫策軍がやってきたら、

防ぎ切ることできずに孫策にパクられてしまうでしょう。

そうしたらあなた様は一体どこへ帰るのですか。」と反対。

しかし劉勲は劉曄の意見を聞かないで上繚へ攻撃を開始。

すると劉曄の予想通り孫策軍は守備兵の居なくなった廬江を占拠してしまいます。

劉曄は孫策軍がやってくる前に寿春へ逃亡していたため、

孫策軍に捕まることはありませんでした。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

後漢王朝の王族の中で劉曄は傑出した才能を持っていたと言えるのではないのでしょうか。

同じ王族で幽州(ゆうしゅう)にいた劉虞(りゅうぐ)は、

時勢を読むことができずに公孫瓉に攻め込まれて捕虜となって斬られてしまいます。

彼に比べれば何倍も劉曄が優れた人物であると思ってしまうのはレンだけでしょうか。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志魏書3 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:袁紹と袁術の仲が悪くなった理由は劉虞が原因か!?【黒田レンの考察】

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉
  2. 関羽はお金の神様?風水における関羽像について
  3. 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた…
  4. 衝撃の事実!呂不韋は始皇帝の父だった?諸子百家のいいとこ取りの雑…
  5. 益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあ…
  6. 諸葛亮は皇帝になろうとしていた?諸葛亮の仰天プランとは?
  7. なんで関羽の顔は赤いの?京劇が関係している?
  8. 左慈(さじ)の秒速デリバリー!三国志も鮮度が命

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 現代ビジネスマンの必携の書?兵法書『孫子』とその作者について
  2. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  3. 【キングダム】河了貂(かりょうてん)は本当にポンコツなのか?検証してみる
  4. まったく安心できない三国志の全裸男、禰衡(でいこう)
  5. 【シミルボン】意外に現代っ子?飽きっぽく思いつき行動が多い曹操
  6. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの? まだ漢王朝で消耗してるの?第3話:赤壁の敗戦と新国家の骨格 曹操 25話:反菫卓連合軍の崩壊・・・それは、袁紹・袁術の確執から始まった 三国志の時代にもいた遊侠(ゆうきょう)とはどんな人達のこと? 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 1話:中国最古の王朝 殷とはどんな国だったの?

おすすめ記事

  1. 陸遜は兵法の本質を理解していた戦術家だったの?夷陵の戦いから読み取る陸遜の能力
  2. 怪力無双の豪傑武将は三国志にも実在した!?現代科学が解き明かす超人の秘密!
  3. どもっていても秀逸な政策と卓抜な戦術を提案した鄧艾に迫る
  4. 毛利家に敗北して浪人となった山中鹿之助の修行
  5. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房
  6. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?
  7. どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説
  8. 霍光(かくこう)とはどんな人?名将・霍去病の弟は違った意味でエキセントリックな人物だった

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP