曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?青年期は貧しいが性根の優しい人物Part.1

この記事の所要時間: 348



光武帝劉秀part1 01 劉秀、陰麗華

 

 

漢(かん)は前漢(ぜんかん)と後漢(ごかん)に分かれているのを皆さんご存知ですか。

前漢は高祖・劉邦(りゅうほう)が天下を統一して皇帝となってから約200年程度継続します。

その後、王莽(おうもう)の「新」が15年程度続いて、光武帝劉秀が立てた後漢王朝が再び約200年続きます。

その後は皆さんが知っている、黄巾の乱がおき、群雄割拠の時代になります。

 

今回は三国志の時代である、後漢王朝の始祖・光武帝劉秀のお話しを

「Part.1」(青年期~昆陽戦まで)・「Part.2」(華北転戦期から後漢王朝を立てるまで)

「Part.3」(劉秀が取り決めた政策と逸話)の三本に分けて紹介します。

ではこれから後漢王朝を立てた劉秀のお話を始めます。

今回は青年期~天下分け目の戦い昆陽戦までを描いていきます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら




慎重で静かな青年・劉秀

光武帝劉秀part1 02 劉秀、陰麗華

 

姓は劉、字は文叔、名は秀です。

今後は劉秀(りゅうしゅう)で書いていきます。

彼の家は、皇族の末裔ですが、あまり裕福な家ではありませんでした。

性格は非常に慎重で、自分の田畑を一生懸命耕す、まじめな人と家族や村の人々から思われていました。

劉秀は平凡な青年期を送っていたわけですが、夢がありました。

それは執金吾(服がかっこよく当時のあこがれの官職)になり、陰麗華(劉秀の地元南陽では評判の美少女)を妻にする事です。

現在の青年男子が、大企業に勤めて、カワイイ人を奥さんにしたい、この程度の些細な夢を持って青年期を過ごしていた劉秀でした。




王莽が新しい王朝「新」を建国し劉秀の人生も大きく変わる

王莽

 

こんな平凡な青年が、突如戦乱に巻き込まれます。

漢の皇帝が亡くなり、王莽(おうもう)が新しい王朝である「新」を建国します。

王莽の政策は、民の生活を圧迫し、混乱を極めます。

そんな中、兄劉縯(リュウエン)が地元である南陽で挙兵し、劉秀も兄の陣営に参陣します。

劉秀は貧乏であったため、馬ではなくあるものに乗って参陣したそうです。

ここではじめての三国志クイズ‼

 

関連記事:王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 

 

はじめての三国志クイズ

三国志クイズ

 

劉秀は一体何に乗って兄劉縯の元へ駆けつけたのでしょう。以下の三択からお答えください。

 

1虎

 

2牛

 

3犬

 

さぁーお答えください。

 

 

 

 

 

 

 

正解は2番です。

当たったあなた。

今日からあなたも歴史マニアですねぇ。

 

劉秀は貧乏なため、馬を買うこと出来なかった

 

光武帝劉秀part1 03 劉秀

 

劉秀は貧乏であるため、馬を買う事が出来ず、農耕用の牛に乗って兄の元へ馳せ参じます。

兄劉縯の性格は「剛毅で、義侠を好んだ」そうです。

リーダーとしての素質を持った人でありました。

しかし地元ではあんまり評判が良くなく、彼が挙兵した時は、あまり兵が集まりませんでした。

劉秀が「慎重な性格」であると南陽の人々が知っていたため、

彼が兄の元へ馳せ参じると、彼を慕って多くの兵士が集まり始めました。

劉縯率いる南陽軍は、本家の劉玄(劉縯や劉秀は分家)や

緑林軍など多数の軍勢と連合し、各地で政府軍と戦い勝利を重ねていきます。

勝利を重ねていた連合軍の幹部は、新たに皇帝を擁立しようと会議を開きます。

この会議で実績のある劉縯を皇帝にしては、と言う意見もありましたが、

多数の兵力を持ち、発言権のある緑林軍系の武将達は、劉縯のような有能な人材を皇帝にすると、

連合軍内の勢力が弱体化する可能性があるとして、

「本家の劉玄を皇帝にするべしと」と強く意見を述べます。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. ライバルへの最期の言葉、劉備と曹操のイイ話
  2. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将…
  3. どうすれば関羽を死なせずにすんだのか?三国志ライターろひもと理穂…
  4. 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  5. 三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?
  6. 【意外と知らない?】孫子の兵法を読んだ偉人達!曹操やビルゲイツも…
  7. 華佗が発明した幻の麻酔薬「麻沸散」とは?
  8. これぞゲスの極み!ぶっちゃけ王騎(おうき)将軍の年収はいくら?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り
  2. 新事実!?邪馬台国は魏とお金を使って貿易していた?(HMR)
  3. 【呉の艦コレ】賀斉と呂範の軍艦デコレーションが凄い
  4. 韓遂(かんすい)とはどんな人?生涯の大半を反乱にささげた不屈の反骨心【前半】
  5. 【お正月企画】曹操、劉備、孫権のお酒にまつわる逸話を紹介
  6. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」 【センゴク】戦国時代を揺るがす本能寺の変。秀吉はこの事件のせいでショックを受けて腑抜けになった!? 【真田丸】三谷幸喜ならやりかねない?実は生きていた真田信繁!!頴娃にある伝・真田墓に訪れてみた 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ! はじめての三国志開設2周年のご挨拶 【お知らせ】はじめての●●を追加しました 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?

おすすめ記事

  1. 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは?
  2. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?
  3. 陳登(ちんとう)とはどんな人?劉備や曹操に認められた大才の持ち主
  4. 【三国志究極の選択】徹底抗戦とあっさり降伏どっちが偉い
  5. 袁術の前をガン無視で通り過ぎた漢達が予想以上に多かったのでまとめてみた
  6. これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。
  7. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟徳の友人
  8. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP