よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!

この記事の所要時間: 238




 

益州の刺史・劉璋(りゅうしょう)

父・劉焉(りゅうえん)から益州を引き継いで統治することになり、

二人合わせると数十年間益州を領有しておりました。

しかし劉備によって益州は取られてしまい、彼は荊州(けいしゅう)で暮らすことになります。

そんな彼が劉備に降伏する時はすごく感動的であったことをご存知でしょうか。

今回は劉璋の最後についてご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった




劉備張魯討伐を依頼

 

劉璋曹操が漢中に割拠している五斗米道の張魯(ちょうろ)を討伐するとの

知らせを聞くとビビってどうしていいか判断に迷ってしまいます。

彼は張魯と長年敵対しており幾度も討伐軍を漢中へ差し向けますが、

勝つことができずに敗北ばかりしてしまいます。

そんな時、配下である張松(ちょうしょう)劉璋へ「殿。荊州にいる劉備殿に

漢中の張魯討伐を依頼してはどうでしょうか。

彼は徳の将軍として知られ殿とは同姓でもあり、

彼に任せれば安心して任せることができるのではないのでしょうか。」と進言。

劉備を益州に迎えることに張松法正以外の群臣達は大反対でしたが、

劉璋は彼らの意見に耳を貸すことなく劉備を向かいれることにします。




劉備をおもてなし

 

劉璋は劉備が益州にやってくると彼をおもてなしします。

彼は涪(ふ)城で劉備と会見すると大宴会を催すことにします。

劉璋が開いた劉備をもてなす大宴会はなんと100日以上にわたって行われることになり、

その間劉備だけをもてなすのではなく、

劉備の軍師である龐統(ほうとう)黄忠(こうちゅう)達ももてなしたそうです。

さらに劉璋は劉備が張魯討伐を行うにあたって武器・兵糧を惜しげもなく大量に与えた

そうです。

こうして劉備に対して至れり尽くせりでもてなした劉璋は成都へ帰還することになります。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

 

劉備の反逆

 

劉備はその後漢中へ進撃することなく葭萌関(かぼうかん)に駐屯し続けていたため、

劉璋は劉備に疑いを持ち始めます。

そんな中劉備が孫権を救援するために一時帰国をしたいと言い出します。

さらに劉備は劉璋へ「孫権を救援するために兵を一万人貸していただきたい」と依頼。

劉璋はイラっとしまし劉備の要求の半分ほどの兵士を与えることにします。

このことに激怒した劉備は「てめ~!!まじで許さねぇから」と激怒し、

漢中へ兵を向けるのではなく、益州各地の城に攻撃を仕掛けていきます。

 

連戦連敗しついに成都へやってくる

 

劉璋軍は劉備軍の攻撃を受けて各地で連戦連敗してしまいます。

さらに劉璋軍の武将達は劉備軍に次々と寝返ってしまいます。

こうした状況の中成都を防衛するための重要拠点である雒城(らくじょう)に劉備軍が到着。

この地で劉璋軍は劉備軍の進撃を止めるために篭城しますが、

兵糧が尽きて劉備軍に降伏することになります。

そしてついに成都へ劉備軍がやってくると成都城は劉備軍に包囲されてしまいます。

 

「私のせいだ」by劉璋

 

劉璋は成都城に大量の兵糧と三万の兵士を駐屯させて、

劉備軍に徹底抗戦の構えを見せます。

しかし成都城包囲が数十日が過ぎると彼は群臣を集めて

「父・劉焉の跡を引き継いで益州のボスになったが、

民衆達には安心させる統治を行うことができなかった。

今劉備の攻撃を数年間受けて民衆や兵士達が山野で、

亡くなっていくことになったのは全て私の責任である。

これ以上民衆を苦しめるわけには行かない。」と語り、劉備に降伏することを決意します。

劉璋のこの言葉を聞いた群臣達は皆涙を流していたそうです。

こうして劉璋は劉備と戦うこと三年あまり、

ついに成都城の重い城門を開いて彼に降伏することになるのです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉璋は劉備に降伏した後に荊州へ家族と一緒に移住することになり、

以前と同じような暮らしを保証されます。

しかし孫権が荊州を奪うと彼は荊州と益州の境に行くように命じられ、

この地で亡くなったそうです。

劉璋は民政・戦において全く活躍することができない人物でしたが、

最後はしっかりと自らの行いを反省していた点は非常に評価でき、

どうしようもない人物であるとは一概に言い切れない人物ではあると考えます。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:益州に侵攻した劉備にとって最も強敵だったのは誰?

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蔣琬は諸葛亮がいなければ死んでいたってマジ!?
  2. 漢の名将韓信が敗北したことがあるってホント!?
  3. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  4. 父・信玄を超えるために武田勝頼が行った政策って何?
  5. 【すっきり解説】曹操の元に徐庶が留まり続けた理由
  6. 亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の…
  7. 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり
  8. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 韓玄(かんげん)とはどんな人?超逆風!長沙の民を法で縛り嫌われた能吏?
  2. 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!
  3. 【9月の見どころ】9/16公開予定:【潼関の戦い】曹操が作成した甬道が合理的過ぎた
  4. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  5. 阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡
  6. 呉が好きな皆さんへ!五分でわかる孫呉の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 呉の孫権は皇帝

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が大河ドラマデビュー2020年麒麟がくる 空を飛ぶスーパーマン袁術 理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは? 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題 蔡夫人、張允、蔡瑁、トリオ攻撃が劉備を追いつめる! 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 野心家・鍾会の生涯を追ってみよう kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」

おすすめ記事

  1. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って何?
  2. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  3. 三国志は陳寿が綴ったけど、現代日本の歴史教科書は誰が綴っているの?
  4. 【11月の見どころ】11/11〜15日まで「春秋左氏伝の世界」
  5. 陸抗と羊祜は力が拮抗していたから○○しなかった 羊コと信頼の関係を築く陸抗(りくこう) 羊祜
  6. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす
  7. 【シミルボン】本当は凄い!黄巾賊を滅ぼし後漢を支えた三将軍とは?
  8. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP