法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉焉(りゅうえん)ってどんな人?益州に独立国を建国した漢

劉璋と劉備

 

劉備(りゅうび)が後に蜀漢の足場を置く事なる益州ですが、

この土地には、劉璋(りゅうしょう)という人物が

父、劉焉(りゅうえん)の地盤を引き継いで割拠していました。

 

では、その父の劉焉とはいかなる人物だったのでしょう。

 

 

 

三国志演義の劉焉(りゅうえん)

劉焉

 

三国志演義の劉焉(?~194年)は、

幽州太守を務め、そこで若き頃の劉備(りゅうび)に出会ったとされ、

人物も好々爺として描かれています。

 

しかし、それは完璧なフィクションでそもそも、

劉焉は幽州太守であった事など一秒もありません。

もちろん、劉備とも面識などありませんでした。

 

考えるにこれは、後に劉備が益州に入る際に、

劉璋とはまんざら縁が無いわけでもない、、

劉焉とは知りあいだったという演出を入れる為の伏線のようです。

 

正史の劉焉はどうだったのか?

三国志 川

 

実際の劉焉は、前漢の魯恭王だった劉余(りゅうよ)の末裔で、

若くして州や郡の役所に出入りして漢の宗室であるという理由で、

郎に取り立てられたりしています。

 

或る程度年齢が長じると、劉焉は陽山城に居住して、

人々に学問を教えるなど知名度を高めていき、

賢良方正(けんりょうほうせい)という役人を推挙する機関の

目に止まり採用されます。

 

司徒府に招かれた劉焉は、やがて洛陽の県令を経て、

南陽郡太守、冀州刺史、宗正・太常(皇帝の祭祀を司る九卿の筆頭に当たる役職)を

歴任してエリート官僚の道を歩んでいきます。

 

霊帝(れいてい)の時代に入り劉焉も野望を頂く

三国志 月

 

しかし、時代がお金儲け大好きの霊帝(れいてい)の時代に入り、

外戚と宦官の勢力争いが激しくなると、劉焉は中央のトラブルを恐れ、

地方に飛んで、そこで群雄として割拠したいという野望を抱きます。

 

そんな折、霊帝は混乱した地方の秩序を回復する為に

州牧(しゅうぼく)という軍事力を持ったポストを設置して、

州刺史を牽制しようと考えます。

 

これは、劉焉に取って願ったりかなったりで、早速、

南方の交州の牧になりたいと考えますが、家臣の董扶(とうふ)が

益州に天子の気があると告げたので、益州への赴任を望むようになりました。

 

交州も益州も、中央から離れた田舎という事では共通しているので

つまり劉焉は、地方で独立し、あわよくば皇帝に即位したいと

大きな野心を持っていたのです。

 

 

刺史の郤倹(こくけん)の噂

英雄 雷

 

ちょうどその頃、益州では、刺史の郤倹(こくけん)の悪政ぶりが

評判になっていました。

 

そこで、朝廷は劉焉を益州牧として陽成候に奉じて、郤倹の失政を

糾弾するべく、益州に赴任させます。

 

そんな折もおり、黄巾賊を自称(この頃、そういう賊が多かった)した

馬相(ばそう)と趙祇(ちょうき)いう男が世直しを謳って(うたって)軍を起し、

綿竹県令の李升(りしょう)を殺害、さらに雒県を陥落させ郤倹を殺害しました。

 

さらに馬相率いる黄巾軍は、蜀郡・犍為・広漢の三郡を蹂躙し

座視できない大勢力に成長します。

馬相は、慢心して皇帝を自称し、その軍勢は万を数えました。

 

ところが、流石にそこは山賊、暴政を敷いたので人心を失い、

賈龍(かりゅう)という益州豪族が興した、たった千人の軍に撃破され、

馬相も趙祇も敗走してしまいました。

 

益州を立てなおすべく劉焉を迎える

夜 s

 

荒廃した益州を立てなおすべく、賈龍は劉焉を益州牧として迎えます。

 

ここに、益州を本拠地として独立するという劉焉の野望は実現しますが、

暫くは、益州の民心を安定させ、反対派を懐柔するなど、

穏便な政策を行って、密かに力を蓄えていきました。

 

やがて、董卓の暴政によって、関中や南陽から流民数万戸が

益州に流れてくると、劉焉はこれから若い男性を選抜し、

東州兵として組織して私兵にしました。

 

 

劉焉は五斗米道と密接な関係も

五斗米道 はじめての三国志

 

さらに、劉焉は張魯という五斗米道の宗教指導者に目をつけ、

彼の母親を優遇して、張魯とも親密な関係を築きます。

 

やがて、劉焉は張魯を督義司馬という職に任命して軍を与え漢中に派遣、

漢中にいた役人を皆殺しにして、都に通じる橋を落して、

事実上、中央との連絡道路を絶ってしまいます。

 

そうしておきながら劉焉は、張魯が勝手に橋を落してしまったと

嘘の報告を漢王朝にしていました。

 

 

劉焉の野望と本性が現れる

e28c6576e9f022d7d5756bdd2b35de5e_m

 

劉焉は、この頃から本性を現し、反発する地元豪族を東州兵を使い

撃破して、反対派豪族を粛清します。

 

これを見て、劉焉を招き入れた、賈龍は、劉焉を討とうとしますが、

劉焉はこれも撃破して賈龍を殺害、こうして敵を掃討した劉焉は、

益州を独立国のようにしてしまい朝廷の命令を聞かなくなります。

 

 

劉焉の贅沢な生活が始まり次第に妬まれる

三国志 歴史 老いには勝てず

 

劉焉は、こうして奢り高ぶり、千輌もの飾り立てた馬車を作成して、

贅沢な生活に耽るようになります。

 

それを伝え聞いた荊州刺史の劉表(りゅうひょう)は、

「劉焉は天子になろうという野心がある」と献帝(けんてい)に報告します。

 

 

献帝は劉焉に背後を突かれる事を恐れ懐柔

孔明 司馬懿 役職

 

献帝は劉焉に背後を突かれる事を恐れ、劉焉の4男であった、

劉璋を益州に派遣して、懐柔しようとします。

 

ところが、すでに独立国のつもり満々の劉焉は、

劉璋を益州に入れず門前払いする有様でした。

 

しかし、やりたい放題が天罰を引きよせたのか、

その後劉焉は、息子達が連続で亡くなったり、不意の落雷で

都を置いていた綿竹の宮殿が焼けて、更に奥地の

成都まで都を移すなど不幸が立て続けに起こります。

 

 

西暦194年に死亡

5df8d2756c68ffa7a4057ec4c9a000c2_m

 

それを気に病んだ劉焉は、背中に悪性の腫瘍が出来、

みるみる悪化して、西暦194年に死亡します。

 

 

劉焉の後を誰が継ぐかで、蜀は揉めますが結局、

劉焉が蜀に入る前からの家臣で実力者であった趙韙(ちょうい)が、

侍中従事の王商(おうしょう)と図って、暗愚で操りやすい劉璋を益州牧に立てます。

 

朝廷も、劉璋を益州牧として認めて任命、ここに益州は、

漢王朝の中の独立国として存続していくのです。

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

五斗米道 はじめての三国志

 

よく読まれてる記事:もうひとつの宗教団体「五斗米道」

 

龐統 ガチャポン

 

よく読まれてる記事:龐統登場と同時に左遷(笑)

龐統2

よく読まれてる記事:孔明とは頭脳以外全て正反対、龐統士元

 

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■HN:

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は?
  2. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの成人期
  3. 孔子 三国志の人々の精神に影響を与えた論語(ろんご)って何?
  4. 日本に目指さした孫権 不老不死の妙薬を求めて? 孫権の倭国(日本)遠征計画
  5. 桜田門外の変とは何?桜田門外の変を簡単に解説
  6. 三国志の英雄(魏 呉 蜀) 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!?…
  7. 周瑜はナルシスト 周瑜がかっこいい理由は?周瑜の青春はいつだって親友孫策、大喬小喬…
  8. スピリチュアルにハマる光武帝 なんで三国志の時代には封禅の儀式が行われなかったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 老荘思想(ろうそうしそう)
  2. 孔明
  3. 魯粛

おすすめ記事

  1. 【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの? 蜀の劉備
  2. 墨家(ぼっか)が滅んだ理由と創設者 墨子はどんな思想だったの?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.1 袁燿(袁耀)えんよう
  4. 【三国志RPG】DRAGON BLADE(ドラゴンブレイド)第1回 ドラゴンブレイドを攻略挑戦
  5. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  6. 【映画・関ヶ原を100倍楽しめる】司馬遼太郎の歴史小説「関ヶ原」の魅力をたっぷりご紹介

三國志雑学

  1. 曹操のムスコ達アイキャッチ2
  2. 劉璋(りゅうしょう)
  3. はじめての三国志 画像準備中
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう)
  2. 小帝
  3. はじめての三国志編集長 kawauso
  4. 黒田官兵衛

おすすめ記事

関帝廟 関羽 横浜関帝廟のご利益のでる参拝の仕方とは?パワースポットにも最適? 伊藤博文 初代内閣総理大臣・伊藤博文とその子孫はどうなったの? キングダム キングダム ネタバレ予想537話「王賁の覚醒」 顎のちからが凄い関羽が乗るカバ(赤兎馬) 関羽千里行が可能だったのはカバだから?カバは身体能力的に赤兎馬たりうるか?【HMR】 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 曹操と鶏肋 曹操が呟いた「鶏肋(けいろく)」って何?楊修とばっちり 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの? 周瑜と孫策 孫策と周瑜ってそういう関係だったの!?清代に囁かれた禁断のBL説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP