キングダム
三顧の礼




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

88話:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

この記事の所要時間: 226

劉璋と劉備

 

曹操(そうそう)よりも同族の劉備(りゅうび)を頼った方が良いとする張松の意見に、気が弱い劉璋は賛成して、
家臣の法正(ほうせい)を劉備の元に送ります。

 

前回記事:87話:劉備、蜀への侵攻を決意

 

劉備の蜀入りを反対する勢力

三国志 月

 

蜀臣の王累(おうるい)、黄権(こうけん)、劉巴(りゅうは)は、
「劉備は決して仁君ではなく、これまでも群雄の下を
転々としながら勢力を奪った油断ならない男です。

好意で、庇を貸したら、母屋まで奪われますぞ」

 

と孟反対しましたが、隣国の張魯(ちょうろ)が怖くて仕方がない
劉璋は、耳を貸さずに押し切りました。

 

劉璋は劉備を歓迎し100日も宴が続く

3ce3b3e43694ce615ef3cdb0e63f1aa7_m

 

劉璋は蜀に入ってきた劉備を大歓迎し、何と歓迎の宴は、
100日もの間続いたと言われています。

劉璋のお人好しぶりも凄いですが、この乱世に1州だけで、
100日も盛大な宴を張れる益州の富も劉備には眩しく映ったでしょう。

 

劉備は張魯討伐に出る

劉備 ゆるキャラ

 

劉備は劉璋の好意に厚く礼を述べて、早速張魯を討つ為に
葭萌関(かぼうかん)に軍を進めます。

ちょうど、その頃、同盟関係にあった呉の孫権(そんけん)から、
劉備に救援要請が入ってきます。

曹操軍の戦いで苦戦しているので同盟の誼で援軍を派遣して
欲しいというのです。

 

同盟孫権から救援要請、その意図とは

龐統 ゆるキャラ 三国志

 

ただ、これは、劉備の蜀取りを牽制する為に孫権が行った
偽計であるという見方が大きいようです。

しかし、軍師龐統(ほうとう)は、むしろこれを利用して
劉璋から兵を奪おうと画策しました。

龐統:「呉に援軍を出す必要はありません、孫権が勝とうと、
曹操が勝とうと連中が次に手を出すのは荊州だからです。
荊州は、孔明や関羽張飛趙雲が守っているので盤石、
心配は要りませんが、折角の孫権のお誘いですから、
この手紙を劉璋に送り、この通り呉が困っているので
軍勢を3万貸して下さいと要請して下さい。

上手くすれば、敵軍3万が無傷で手に入ります(笑)」

 

劉備は、それは名案だと劉璋に使いを送ります。

 

劉備と劉璋に亀裂が入る

三国志 夢

 

しかし、実際に派遣されたのは、たった4千名の援軍、
しかも劉璋は、フ水関の守りを固めてしまったのです。

これを聞いて怒った劉備は、5万の軍勢で白水関を突破
フ水関を攻め落とすべく軍を進めます。

ですが、どうして劉備を信じていた劉璋は突然豹変したのでしょう?

 

劉璋が劉備を信じられなくなった理由は?

劉備主役

 

そこには、劉備が中々蜀を獲りにこない事にイライラした張松
手紙の存在がありました。

張松は、劉備に
「一刻も早く、蜀を奪い取って下さい」と書いた手紙を
前線の劉備に出していたのですが、この手紙が張松の兄、
張粛(ちょうしゅう)の手を通して劉璋に渡ってしまったのです。

 

劉璋はカンカンに怒り(当たり前)張松を捕えて、
一族皆殺しにした上で、劉備を警戒し、フ水関の守りを
固めてしまったのです。

 

儚い蜜月ではありましたが、どんなキレイ事を並べようと、
劉備が蜀を獲る既定路線は変わらないのであってみれば、
時期はずれてもいずれ、こうなる運命ではありました。

 

張松という男

張松

それにしても、張松、、
もう少し大人しくしていれば、蜀で同僚の法正と共に
高位高官に昇れたかも知れないのに、、短気を起して
身を滅ぼしてしまいましたね。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

次回記事:89話:龐統、涪水関を計略で落とす

 

よく読まれている記事

曹操頭痛

 

よく読まれている記事:頭がキーン…頭痛に悩んだ曹操、三国志演義は医学的に正しかった?曹操の見た幻覚の原因は何だったの?

 

曹操01

 

よく読まれている記事:曹操を好きになってはいけない6つの理由

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso

■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。

もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前…
  2. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司…
  3. 【キングダム羌瘣】超絶かわいい暗殺者の新たな夢ってなに?羌瘣の魅…
  4. 孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽…
  5. くまモンだけじゃない!三国志の時代にもあった着ぐるみ
  6. 白起(はくき)ってどんな人?キングダムでお馴染みの六大将軍
  7. 【シミルボン】1800年前の三国志時代はご馳走が現代居酒屋風だっ…
  8. 甘過ぎるおかん孔明!部下に厳しく出来ない事実が発覚!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵

おすすめ記事

  1. 【諸葛亮のノアの方舟計画】長坂での別行動は劉備軍温存?
  2. 明智光秀は安土城を焼いたのか?その理由は 安土城 織田信長が作らせた城
  3. 【三国志とお金】まともな銭は何処に?消えた良貨の行きつく先
  4. 曹操の誤解を解く!荀彧を殺したのは本当に曹操なの?
  5. 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した
  6. 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は?

三國志雑学

  1. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

意外と義兄弟と離れ離れの時期が長かった関雲長のぼっち履歴をご紹介 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ 衝撃の事実!赤兎馬の子孫が判明!? 石亭の戦いで交える曹休と周魴(しゅうほう) 石亭の戦いは曹休を罠にはめる呉の壮大なドッキリだった! 中国史上、最大の軍師は誰なの?孔明?司馬懿か? 【応仁の乱550年祭り】応仁の乱 重要人物ランキング カウント14 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君Part.2【完】 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった

おすすめ記事

  1. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  2. 【三顧の礼】孔明トコの天才童子が劉備に冷たすぎる件
  3. 【誤解しないで!】男同士のひざまくらが三国志の時代に大流行!その理由とは?? 
  4. 何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ
  5. 【お知らせ】全記事一覧(アーカイブ)機能を追加しました!
  6. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?
  7. 封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説
  8. 【王翦 vs 李牧】信は王翦により苦境に立たされる?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP