ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
ながら三国志音声コンテンツ


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生

黄忠の様子を見に行く趙雲




黄忠

 

黄忠(こうちゅう)と言えば、老いてますます元気な人の代名詞として知られ、

弓の名手、若者と比較されると発奮して奮戦する頑固+勇敢な老武将

として知られています。

三国志演義では戦場で討ち死にするという武人の名誉を遂げた彼ですが、

華々しい戦場での活躍とは逆に家族の縁には恵まれなかったようです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠と黄蓋は親族なの?黄忠と黄蓋の違いと共通点をわかりやすく解説

関連記事:老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ?

 

 

荊州の劉表(りゅうひょう)に仕え、後に曹操に仕えた黄忠の履歴

関羽 死

 

黄忠は字を漢升(かんしょう)といい、荊州南陽郡の出身だと言われています。

生年は不詳ですが、蜀書、費詩(ひし)伝によると前将軍に任命された関羽(かんう)が、

同じく黄忠が後将軍に任命されたと聞いて機嫌を悪くし、

 

「大丈夫が老兵(おいぼれ)と同列になどなれるものか!」

 

と言ったという事から、関羽よりはずっと年上だと考えられています。

 

中郎将として、荊州の劉表の配下であった韓玄(かんげん)に長年仕えたあと、

劉表が没して荊州を併合した曹操(そうそう)により仮の裨(ひ)将軍に任命され、

仕事はそのまま存続という形になります。

 

しかし、赤壁の大敗で荊州での影響力を低下させた曹操の隙を突いて、

劉備(りゅうび)が荊州南郡を制圧すると、黄忠はその配下になります。

 

黄忠VS夏侯淵

 

この辺りは演義の記述とほぼ同じで、以後、定軍山で夏侯淵(かこうえん)

討ち取るという所まで同じです。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

 

 

1人息子を失い、寂しい生活を送った黄忠

1人息子を失い、寂しい生活を送った黄忠

 

華々しい手柄を挙げて、新参ながら関羽と並んで後将軍にまでなった老将黄忠

ですが、彼の私生活について三国志演義は何も伝えていません。

 

普通に考えると頑固老人なのですから、家でも頑固ジジイで、

息子や孫達に反発しながらもワイワイ楽しくやっていると思ってしまうのですが、

本当の黄忠は、私生活ではとても寂しい生活を送っていました。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)と言います、誰それ?という人が大半でしょう。

それもその筈で、黄叙の名前は蜀書の黄忠伝以外には出てきません。

しかも、黄叙について知られているのは、名前と黄忠よりも先に亡くなった

という事だけ、さらに黄叙には子孫もいなかったので黄家は黄忠の死後に

断絶してしまっているのです。

 

つまり、晩年の黄忠には、孫はおろか息子もなく、もしかすると、

長生きだった黄忠の最晩年には、妻も先立ったのかも知れません。

 

黄忠ほどの名将の家なら、劉備や同僚の武将が養子を入れてでも

家を存続させそうですが、黄忠が断ってしまったのか、それは実現しませんでした。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

奮戦した黄忠には家族に恵まれなかった寂しさがあった

奮戦した黄忠には家族に恵まれなかった寂しさがあった

 

どのような武将も、ある程度の年齢を経ると隠居して家督を譲るのが普通です。

しかし、黄忠は当時の平均寿命では考えられぬ程の老齢でも前線に立つ事を望み

その為に大きな手柄を立てる事が出来ました。

 

でも、その裏側には、独りぼっちの寂しい家庭にはいたくない。

戦場で、多くの同僚や部下に囲まれて生命の燃焼感を味わっていたいという

寂しさが隠れていたのではないでしょうか?

 

同僚の武将達が、成人して配下に加わる息子達を見て目を細めている時

黄忠は、どのような顔をしていたのだろうと思うと、

とてもいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では夷陵の戦いで戦死した事になっている黄忠ですが、

史実では西暦220年に病死したという事になっています。

 

私はそこに三国志演義のライター達の愛を感じます。

 

「家族に恵まれなかった黄忠が病気で独り寂しく死ぬなんて可哀想だ。

もう少し、長生きさせてあげよう、華々しく戦死させてあげよう。

どうせなら、張笣(ちょうほう)や関興(かんこう)のような

ジュニア武将とも絡ませてあげようじゃないか」

 

こうして、黄忠は物語の中でその寿命を数年延ばして、

寂しく病死するのではなく戦死して、仲間に見守られながら世を去った

という事にされたのでしょう。

 

黄忠は季漢輔弼賛(きかんほひつさん)の9番目に評伝があり

性格は義に厚い壮士であったと書かれています。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:黄忠や厳顔のような老兵は実際に戦争では最前線に立っていたの?

関連記事:益州の牧・劉璋の配下で最強の武将は誰か?魏延や黄忠を打ち破ったあの武将

 

【蜀のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 法正と夏侯淵 法正は名軍師だったの?性格が最悪な徳性なき蜀の天才参謀
  2. 劉備と4人の妻 三国志の劉備が愛した4人の妻を紹介
  3. 王連(おうれん)とはどんな人?蜀の経済を支え、国庫の充溢を果たし…
  4. 張松 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  5. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる…
  6. 法正と協議して蜀の法律を作る伊籍 伊籍とはどんな人?劉備に忠誠を尽くし法正と蜀の法律を作った法律家…
  7. 王倫 雍闓とはどんな人?劉備の死で運命が狂った小群雄
  8. 劉備 危機一髪 92話:劉備を徹底的に追い詰める張任

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 土安(南蛮族)
  2. キングダム45
  3. 海上での戦い11 田豫
  4. 魏と国号を決める曹丕
  5. キングダム
  6. ダムを作っている蜀兵士

おすすめ記事

  1. 斉藤一とはどんな人?新選組の三番隊組長の剣術や人物像に迫る 斎藤一 新選組
  2. 三国志で人気の陸遜の経歴を振り返ってみよう! 陸遜
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十五話「おんな城主対おんな大名」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  4. 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  5. 曹操の詩の世界を体験してみよう 曹操 詩
  6. 【獄卒の偉さを思い知った宰相】漢の功臣・周勃の名言とは? 劉邦と張良と陳平

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の関羽
  2. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  3. 諸葛瑾
  4. 管仲
  5. 一騎当千 Animation Art Works Ⅱ 呂蒙 引用


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄
  2. 曹操と荀彧
  3. 蜀の姜維
  4. 結婚を喜ぶ孫策
  5. 泣く子も張遼
  6. 軍会議で的確に作戦指示を出す陳泰

おすすめ記事

敗北する馬岱 馬岱の最期は?死のミステリーに迫る! キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介 はじめての三国志 画像準備中 ホリエモンが舛添都知事を庇った理由と晏嬰で考える政治家倫理 ヘソにろうそくを刺される董卓 呂布が董卓を暗殺した理由は長安遷都が原因だった!? 孟達を討伐する司馬懿 孟達の死因は司馬懿を甘く見たからだった!その理由を考察 処刑寸前で止める廬毓(ろいく) 盧毓(ろいく)とはどんな人?魏の逃亡兵を規制する法律に「待った」をかけた政治家 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP