春秋戦国時代

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生

この記事の所要時間: 36

黄忠

 

黄忠(こうちゅう)と言えば、老いてますます元気な人の代名詞として知られ、

弓の名手、若者と比較されると発奮して奮戦する頑固+勇敢な老武将

として知られています。

三国志演義では戦場で討ち死にするという武人の名誉を遂げた彼ですが、

華々しい戦場での活躍とは逆に家族の縁には恵まれなかったようです。

 

荊州の劉表(りゅうひょう)に仕え、後に曹操に仕えた黄忠の履歴

関羽 死

 

黄忠は字を漢升(かんしょう)といい、荊州南陽郡の出身だと言われています。

生年は不詳ですが、蜀書、費詩(ひし)伝によると前将軍に任命された関羽(かんう)が、

同じく黄忠が後将軍に任命されたと聞いて機嫌を悪くし、

 

「大丈夫が老兵(おいぼれ)と同列になどなれるものか!」

 

と言ったという事から、関羽よりはずっと年上だと考えられています。

 

中郎将として、荊州の劉表の配下であった韓玄(かんげん)に長年仕えたあと、

劉表が没して荊州を併合した曹操(そうそう)により仮の裨(ひ)将軍に任命され、

仕事はそのまま存続という形になります。

 

しかし、赤壁の大敗で荊州での影響力を低下させた曹操の隙を突いて、

劉備(りゅうび)が荊州南郡を制圧すると、黄忠はその配下になります。

 

黄忠VS夏侯淵

 

この辺りは演義の記述とほぼ同じで、以後、定軍山で夏侯淵(かこうえん)

討ち取るという所まで同じです。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

 

1人息子を失い、寂しい生活を送った黄忠

 

華々しい手柄を挙げて、新参ながら関羽と並んで後将軍にまでなった老将黄忠

ですが、彼の私生活について三国志演義は何も伝えていません。

 

普通に考えると頑固老人なのですから、家でも頑固ジジイで、

息子や孫達に反発しながらもワイワイ楽しくやっていると思ってしまうのですが、

本当の黄忠は、私生活ではとても寂しい生活を送っていました。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)

photo credit: dying rose via photopin (license)

photo credit: dying rose via photopin (license)

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)と言います、誰それ?という人が大半でしょう。

それもその筈で、黄叙の名前は蜀書の黄忠伝以外には出てきません。

しかも、黄叙について知られているのは、名前と黄忠よりも先に亡くなった

という事だけ、さらに黄叙には子孫もいなかったので黄家は黄忠の死後に

断絶してしまっているのです。

 

つまり、晩年の黄忠には、孫はおろか息子もなく、もしかすると、

長生きだった黄忠の最晩年には、妻も先立ったのかも知れません。

 

黄忠ほどの名将の家なら、劉備や同僚の武将が養子を入れてでも

家を存続させそうですが、黄忠が断ってしまったのか、それは実現しませんでした。

 

 

奮戦した黄忠には家族に恵まれなかった寂しさがあった

黄忠イラスト0005 kiki

 

どのような武将も、ある程度の年齢を経ると隠居して家督を譲るのが普通です。

しかし、黄忠は当時の平均寿命では考えられぬ程の老齢でも前線に立つ事を望み

その為に大きな手柄を立てる事が出来ました。

 

でも、その裏側には、独りぼっちの寂しい家庭にはいたくない。

戦場で、多くの同僚や部下に囲まれて生命の燃焼感を味わっていたいという

寂しさが隠れていたのではないでしょうか?

 

同僚の武将達が、成人して配下に加わる息子達を見て目を細めている時

黄忠は、どのような顔をしていたのだろうと思うと、

とてもいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では夷陵の戦いで戦死した事になっている黄忠ですが、

史実では西暦220年に病死したという事になっています。

 

私はそこに三国志演義のライター達の愛を感じます。

 

「家族に恵まれなかった黄忠が病気で独り寂しく死ぬなんて可哀想だ。

もう少し、長生きさせてあげよう、華々しく戦死させてあげよう。

どうせなら、張笣(ちょうほう)や関興(かんこう)のような

ジュニア武将とも絡ませてあげようじゃないか」

 

こうして、黄忠は物語の中でその寿命を数年延ばして、

寂しく病死するのではなく戦死して、仲間に見守られながら世を去った

という事にされたのでしょう。

 

黄忠は季漢輔弼賛(きかんほひつさん)の9番目に評伝があり

性格は義に厚い壮士であったと書かれています。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

よく読まれている記事

三国志 英雄たちの宴

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

よく読まれてる記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso
■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 【キングダム】昌文君が李斯を土下座説得!何で昌文君は李斯があんな…
  2. 24話:呉・三国志 孫堅のあっけない最期
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹…
  4. 73話:孔明、大論陣を張り呉の降伏派を叩き潰す
  5. 衝撃の真実!なんと韓遂は、劉備に降ろうとしていた
  6. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  7. 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  8. 孔明や荀彧が務めていた尚書(しょうしょ)ってどんな役職?女尚書も…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人
  2. 曹丕、女心を詩で歌う ごめんねディスしてキャンペーン
  3. ひでえ!!孫権を騙して魏と戦わせた魯粛と周瑜が腹黒過ぎる
  4. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げるの?
  5. 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは?
  6. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

諸葛亮孔明の愛に溢れた手紙に感動!歴史に残るほどの親バカぶりに思わずホッコリ笑顔になれる!【誡子書】 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言 はじめての三国志 好きな武将アンケート なぜか気になる夢占い!曹操も劉備も初夢を占った?古代中国の夢占いと衰退した理由 これであなたも角栄になれる!?大物になる6の心得 的盧は名馬なの?凶馬なの?劉備と龐統(ホウ統)の死 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく解説 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール

おすすめ記事

  1. 関羽は本当に忠義の士だったの?三国志のタブーに挑む!
  2. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  3. 【三国志マナー】あなたは大丈夫?間違うと首が飛びかねない!?三国時代のマナーを紹介!
  4. 【お知らせ】新企画第1弾「はじめての三国志メモリーズ」をリリースします
  5. 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる
  6. はじめての三国志開設2周年のご挨拶
  7. 張松(ちょうしょう)の裏切りがなければ劉備の蜀制圧は不可能だった?
  8. 老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

はじさん企画

袁術祭り
特別企画
異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
はじめての三国志TV
PAGE TOP