ライセンシー募集
北伐

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

黄忠(こうちゅう)ってどんな人?華々しさとは真逆、家族に恵まれなかった人生

この記事の所要時間: 36

黄忠

 

黄忠(こうちゅう)と言えば、老いてますます元気な人の代名詞として知られ、

弓の名手、若者と比較されると発奮して奮戦する頑固+勇敢な老武将

として知られています。

三国志演義では戦場で討ち死にするという武人の名誉を遂げた彼ですが、

華々しい戦場での活躍とは逆に家族の縁には恵まれなかったようです。

 

荊州の劉表(りゅうひょう)に仕え、後に曹操に仕えた黄忠の履歴

関羽 死

 

黄忠は字を漢升(かんしょう)といい、荊州南陽郡の出身だと言われています。

生年は不詳ですが、蜀書、費詩(ひし)伝によると前将軍に任命された関羽(かんう)が、

同じく黄忠が後将軍に任命されたと聞いて機嫌を悪くし、

 

「大丈夫が老兵(おいぼれ)と同列になどなれるものか!」

 

と言ったという事から、関羽よりはずっと年上だと考えられています。

 

中郎将として、荊州の劉表の配下であった韓玄(かんげん)に長年仕えたあと、

劉表が没して荊州を併合した曹操(そうそう)により仮の裨(ひ)将軍に任命され、

仕事はそのまま存続という形になります。

 

しかし、赤壁の大敗で荊州での影響力を低下させた曹操の隙を突いて、

劉備(りゅうび)が荊州南郡を制圧すると、黄忠はその配下になります。

 

黄忠VS夏侯淵

 

この辺りは演義の記述とほぼ同じで、以後、定軍山で夏侯淵(かこうえん)

討ち取るという所まで同じです。

 

関連記事:実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介

関連記事:黄忠・厳顔の老将コンビ大活躍|年寄りをなめるな!

関連記事:黄忠vs夏侯淵|定軍山の戦い

関連記事:夏侯覇(かこうは)ってどんな人?夏侯淵の息子でもあり蜀に亡命した勇将

 

1人息子を失い、寂しい生活を送った黄忠

 

華々しい手柄を挙げて、新参ながら関羽と並んで後将軍にまでなった老将黄忠

ですが、彼の私生活について三国志演義は何も伝えていません。

 

普通に考えると頑固老人なのですから、家でも頑固ジジイで、

息子や孫達に反発しながらもワイワイ楽しくやっていると思ってしまうのですが、

本当の黄忠は、私生活ではとても寂しい生活を送っていました。

 

関連記事:三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

関連記事:三国志時代の兵士の給料と戦死した場合、遺族はどうなってたの?

関連記事:【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)

photo credit: dying rose via photopin (license)

photo credit: dying rose via photopin (license)

 

黄忠の息子は、黄叙(こうじょ)と言います、誰それ?という人が大半でしょう。

それもその筈で、黄叙の名前は蜀書の黄忠伝以外には出てきません。

しかも、黄叙について知られているのは、名前と黄忠よりも先に亡くなった

という事だけ、さらに黄叙には子孫もいなかったので黄家は黄忠の死後に

断絶してしまっているのです。

 

つまり、晩年の黄忠には、孫はおろか息子もなく、もしかすると、

長生きだった黄忠の最晩年には、妻も先立ったのかも知れません。

 

黄忠ほどの名将の家なら、劉備や同僚の武将が養子を入れてでも

家を存続させそうですが、黄忠が断ってしまったのか、それは実現しませんでした。

 

 

奮戦した黄忠には家族に恵まれなかった寂しさがあった

黄忠イラスト0005 kiki

 

どのような武将も、ある程度の年齢を経ると隠居して家督を譲るのが普通です。

しかし、黄忠は当時の平均寿命では考えられぬ程の老齢でも前線に立つ事を望み

その為に大きな手柄を立てる事が出来ました。

 

でも、その裏側には、独りぼっちの寂しい家庭にはいたくない。

戦場で、多くの同僚や部下に囲まれて生命の燃焼感を味わっていたいという

寂しさが隠れていたのではないでしょうか?

 

同僚の武将達が、成人して配下に加わる息子達を見て目を細めている時

黄忠は、どのような顔をしていたのだろうと思うと、

とてもいたたまれない気持ちになってしまいます。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

三国志演義では夷陵の戦いで戦死した事になっている黄忠ですが、

史実では西暦220年に病死したという事になっています。

 

私はそこに三国志演義のライター達の愛を感じます。

 

「家族に恵まれなかった黄忠が病気で独り寂しく死ぬなんて可哀想だ。

もう少し、長生きさせてあげよう、華々しく戦死させてあげよう。

どうせなら、張笣(ちょうほう)や関興(かんこう)のような

ジュニア武将とも絡ませてあげようじゃないか」

 

こうして、黄忠は物語の中でその寿命を数年延ばして、

寂しく病死するのではなく戦死して、仲間に見守られながら世を去った

という事にされたのでしょう。

 

黄忠は季漢輔弼賛(きかんほひつさん)の9番目に評伝があり

性格は義に厚い壮士であったと書かれています。

 

本日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

よく読まれている記事

三国志 英雄たちの宴

 

関連記事:三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる

 

大喬 小喬 三国志当時のファッションとは!

 

よく読まれてる記事:三国時代のファッションはどんなのだったの?

 

帰宅は5日に1度(泣) 三国志の武将

 

よく読まれてる記事:寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達

 

この記事を書いた人:kawauso

kawauso
■自己紹介:

どうも、kawausoでーす、好きな食べ物はサーモンです。
歴史ライターとして、仕事をし紙の本を出して大当たりし印税で食べるのが夢です。
もちろん、食べるのはサーモンです。

関連記事

  1. 劉備と西郷隆盛の共通点って何?
  2. 袁渙(えんかん)とはどんな人?正史「三国志」に登場し曹操が涙を見…
  3. 凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ
  4. 馬良(ばりょう)って何した人だっけ?意外な馬良の役割と任務に迫る…
  5. 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯
  6. 三国志の時代の防犯はどんな方法があったの?三国志時代の犯罪防止法…
  7. 許褚はどんな顔をしていたの?三国志のそもそも論
  8. 賊徒から三国志の英雄に出世した武将がこんなにいる!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 夏候惇と言えば独眼竜?
  2. 何で賈詡は董卓残党を奮起させて王允の政府を破壊したの?
  3. 【シミルボン】ええっ!そうなの?陳寿の三国志が簡潔な本当の理由
  4. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる
  5. 廬毓(ろいく)とはどんな人?曹氏三代に仕えた公平な人物
  6. 陸抗(りくこう)ってどんな人?父の無念を晴らした孫呉最後の名将

三國志雑学

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その3 9話:張角が太平道信者を増やした方法 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! 霍峻(かくしゅん)とはどんな人?劉備の益州乗っ取りの明暗を分けた名将 【衝撃の事実】実は三国志には桃園の誓いなんてものは無かった 【ネオ三国志】第1話:蒼天航路の主人公・曹操立つ 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵 韓嵩(かんすう)が気の毒すぎる!劉表に命じられて曹操の元へ偵察に行って帰ってきたら殺されそうになる

おすすめ記事

  1. 屈原(くつげん)とはどんな人?楚のために命を尽くす有能な政治家
  2. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  3. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?
  4. 【ビジネス三国志】曹操、黄蓋、孫権から学ぶ性格を見抜かれない上司になる方法
  5. 【武帝の欲望】あの馬が欲しい!汗血馬を手に入れる為に・・・・
  6. 【あるはずのない超技術】兵馬俑から発掘されたクロムメッキ剣はオーパーツなのか?現代科学でも説明困難な古代のロストテクノロジー(HMR)
  7. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.2
  8. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生

はじさん企画

帝政ローマ
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
はじめての三国志TV
PAGE TOP