架空戦記
李傕祭り

はじめての三国志

menu

ゴールデンカムイ

【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?

この記事の所要時間: 39




画像引用元/ゴールデンカムイ公式サイト

 

週刊ヤングジャンプ連載、野田サトル原作の冒険ホラーアクション伝奇グルメ漫画、

ゴールデンカムイのアニメ化が決定しました。

日時など詳しい情報は未定ですが、アニメカットも公開されたので間違いないでしょう。

キングダム、東京喰種に次ぐ、ヤンジャンのドル箱人気漫画、ゴールデンカムイ!

まだ、内容がよく分らない読者の為に、kawausoがその面白さをザックリと

紹介しちゃいますよ。

 

関連記事:ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜




ゴールデンカムイ あらすじ

 

日露戦争終結間も無い、明治末期の日本、帝国陸軍第一師団一等卒の杉元佐一は、

不死身の杉元の異名を取る軍神でしたが、気に食わない上官を半殺しにしたので

恩給も名誉も失い、かつて蝦夷地と呼ばれた北海道で砂金掘りをしていました。

杉元には、戦死した戦友、寅次がいて彼の頼みで寅次の妻であり、初恋の人

梅子の眼病を治す為に大金が必要だったのです。

 

しかし、砂金掘りの最中、杉元は大酒飲みの元受刑者からアイヌが隠した

時価八万円(現在の価格で八億円)の金塊の話を耳にします。

アイヌが隠した金塊は、のっぺら坊と呼ばれる顔の無い男に奪われ、

のっぺら坊は殺人の罪で網走監獄に収監されますが、25名の受刑者の体に

刺青として金塊の隠し場所を彫りました。

 

この25名の刺青を合せると、金塊の隠し場所が分かるというのです。

やがて、この25人の囚人は網走監獄を脱獄、その中でアイヌの金塊は、

実は、時価8000億円である事が判明します。

 

のっぺら坊が隠した巨額の金塊を巡り、蝦夷共和国の夢を追い続ける

死んだ筈の土方歳三や日露戦争で国家に使い捨てにされた恨みを晴らそうとする

第七師団の中尉、鶴見、殺害されたと聞いた父が、のっぺら坊だと聞かされ

真偽を確かめようと網走監獄に向かうアイヌの少女、アシリパ

網走監獄の典獄でのっぺら坊を確保する犬童等、ひと癖もふた癖もあるキャラが

アクション、ホラー、グルメ、ホモネタ、全裸ネタ等で活躍する

冒険ホラーアクション伝奇グルメ漫画がゴールデンカムイです。




ゴールデンカムイ 見所 圧倒的なアクションシーン

画像引用元/ゴールデンカムイ公式サイト

 

ゴールデンカムイの見所は、重厚で圧倒的な迫力の戦闘シーンです。

主人公の杉元が不死身の異名を取る異常再生能力の持ち主ですし、アシリパも、

弓の腕前は登場人物中ピカイチ、土方歳三や永倉新八は剣の名手ですし、

牛山辰馬は怪力かつ、柔道の達人、尾形は針の穴をも通すスナイパーで、

第七師団は、街中で三八式歩兵銃を乱射する危ない連中がゴロゴロしています。

ガンアクション、剣術、柔術、様々な異種格闘技が揃う上に、

ゴールデンカムイでは、あり得ない頻度でヒグマが出てきて人間を襲います。

まさに、アクションという意味では、これだけ盛り沢山の漫画はないでしょう。

 

ゴールデンカムイ 見所 凶悪イッちゃった連中のオンパレード

 

ゴールデンカムイの登場人物は、元が凶悪な受刑者なので残虐さが半端ではありません。

家永カノは、元々老人の医師なのですが、身体の不調部分は、他人の健康な部分を

食べれば治るという同物同治という考えに取りつかれ、美しい未亡人に成りすまして

ホテルを経営し自分が気に入った身体のパーツを持つ客をホテルに泊めては

ガスで眠らせ、虐待してから、その身体を解体し食べるというキレっぷりですし、

 

辺見和雄は、見た目は腰が低い気弱な男ですが、100名以上殺した快楽殺人の異常者

さらに、辺見は同時に惨たらしく殺されたいという願望も持っていて

杉元に殺される妄想でハァハァしてしまうド変態です。

 

囚人ではありませんが、第七師団の鶴見中尉も、上官の指を食いちぎったり、

拷問と称して、杉元の頬を団子の串でいきなり貫くなど容赦がありません。

 

鶴見中尉に心酔する江渡貝弥作は天才剥製師ですが、墓地から人間の皮を掘り出して、

人間そっくりの剥製を造ったり、色々な意味で常軌を逸しています。

 

ただ、ずーっと漫画を読んでいると、こういうイッちゃった連中が、

ちょっと可愛く見えてくるんですよね・・

 

ゴールデンカムイ 見所 雄大で豊かなグルメ描写

 

ゴールデンカムイでは、アイヌの少女、アシリパがアイヌ文化のナビゲーターです。

その中のメインを占めるのは、アイヌ料理で、鮭、ヒグマ、大鷲、シャチ、

かわうそ、イトウ、アザラシ、蝦夷シカなど、北海道の恵みを解体、料理して食べます。

アシリパは気前よく、アザラシや、カワウソの脳みそや目玉を「珍味」と言いつつ

杉元や白石に与えますが、まんまの見た目に杉元達には概ね不評のようです。

 

当初、アシリパは杉元が持参した味噌をオソマ(ウンコ)と呼んで食べませんでしたが

ある時から、味噌を気に入り、以後は、アイヌ料理に味噌が定番になりました。

ただし、アシリパは味噌食べていいウンコと理解しているようです。

 

定番は、チタタプで、これは食材をミンチにする手法なのですが、

食材を刻む人はチタタプと口ずさむ事になっていて、最近は土方や尾形まで

チタタプ言うようになりました。

 

なんだかんだで、登場人物はアシリパに敬意を払っていて、

漫画の中では、大抵のキャラがアシリパにさんづけです。

 

ゴールデンカムイ 見所 ギリギリの危ないネタ

 

ゴールデンカムイは、一応マジメなアクション伝奇ホラー漫画ですが、

作者の趣味か、頻繁に登場する男達が全裸になります。

 

ゴールデンカムイの115話では、催淫剤の効果があるラッコの肉の臭いを

主人公、杉元、白石、キロランケ、谷垣が嗅いでいる間にムラムラと変な気持になり

最終的にフンドシ一丁で、4人が相撲を取るという形で発散させました。

 

他にも、男達が温泉に浸かっている最中に敵に襲われ、闇夜をフルチンで

戦う羽目になったりと、男裸祭り万歳が漫画のコンセプトにあるようです。

 

ゴールデンカムイウォッチャーkawausoの独り言

 

アニメ化されるだけあり、ゴールデンカムイは、いつも見所満載です。

まだ、コミックスも10巻が出た位ですから、今からでも読みはじめれば

充分、アニメに乗り遅れないで済みますよ。

 

 

 

ゴールデンカムイ TVアニメ化決定 動画




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 騰(とう)は実在したの?史記に全く記されてない謎の天才将軍
  2. 意外!龐統は不細工では無かった?蜀志龐統伝には明かされていない龐…
  3. 78話:龐統初登場、連環の計発動!
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房
  5. なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活
  6. あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬
  7. 蓋勲(がいくん)とはどんな人?霊帝に信頼され董卓が恐れた硬骨漢
  8. 131話:新宰相・蔣琬(しょうえん)により変貌する蜀

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【キングダム】秦の旧六大将軍と新六大将軍を大胆予想!
  2. 始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座
  3. 袁術が天下を統一するためにみんなで考えよう【第2回】
  4. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  5. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪 57話:劉備はどうやって三国志界の天才軍師・諸葛孔明を手に入れたの? 魏が好きな皆さんへ!五分でわかる曹魏の逸話を紹介【三国志逸話列伝】 【ネオ三国志】第9話:呂布の覚醒と劉備軍の降伏【蒼天航路】 どもりが酷い鄧艾の隠れた才能!優れた農業政策「済河論」を分かりやすく解説 鈍重なイメージは嘘!実は騎兵を率いたスマートな名将曹仁(そうじん) 刑顒(けいぎょう)とはどんな人?三国志時代の曹植家に仕えていた執事

おすすめ記事

  1. 【シミルボン】バカっぽい?酒を煮て英雄を論ずは、もう少し知的だった
  2. 【シミルボン】ドキッ!全員男!三国志の時代にあった男同士のひざまくら
  3. 華麗なる中華世界を彩る武器~羽生結弦選手の武器
  4. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  5. 曹彰(そうしょう)が曹操の後継者に選ばれる確率を求めてみた
  6. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官
  7. 【はじめてのセンゴク】織田家に反旗を翻した荒木村重・別所長治の最後
  8. 【春秋戦国時代の偉人】武霊王はなぜ胡服騎射を導入したの?

はじさん企画

李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP