キングダム
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

劉焉(りゅうえん)は何でド田舎の益州を選んだの?ちゃっかり独立を企んでいた?

この記事の所要時間: 218




 

三国志は魏・蜀・呉の三つの国が争った時代ですが、

蜀と呼ばれる地域は三国志・後漢王朝終期はド田舎と言っていい場所でした。

益州へ向かうには漢中から向かう方法と荊州(けいしゅう)経由で行く方法がありましたが、

後漢王朝や魏王朝があった中原から見れば周りを山に囲まれたド田舎でした。

この地方を領有していたのは三国志の時代は劉備ですが、

劉備の前は劉焉(りゅうえん)劉璋(りゅうしょう)親子が保持していた土地でした。

劉璋の父・劉焉は後漢王朝の皇帝・霊帝(れいてい)に志願して、

益州へ向かう事になるのですが、

彼は王族であるにも関わらずこのようなド田舎を選んだのでしょうか。

彼がこの地を選んだ理由は○○になろうとしていたかもしれないからです。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:全中が泣いた!益州のボス・劉璋の最後は実に感動的だった!




乱れに乱れた後漢王朝に見切りを付ける

 

劉焉は前漢時代の恭王の末裔とされており、

劉備のように王族の端くれなのかはっきりとしない人物ではなく血統書付きの王族です。

彼は南陽太守や冀州(きしゅう)の刺史などの職歴を持っておりましたが、

学問を教えてくれた先生が亡くなってしまったので、

彼の喪に服するために官職を捨てて故郷へ帰ることにします。

彼が先生の喪に服している間に後漢王朝は、

霊帝によって政治がどんどんダメになっていきます。

劉焉は後漢王朝がこのまま崩壊してしまうのではないかと不安になり、

霊帝に幾度か政治をしっかりと行った方がいいのではないかと提案しておりましたが、

全く効き目がありませんでした。

そのため彼は後漢王朝に見切りをつけて遠くの地に行こうと考えます。




交州の刺史の位をお願いするが・・・・

 

劉焉は腐敗していく後漢王朝に見切りをつけて遠くの地に行こうと考えます。

彼は南の地にあるド田舎・交州の刺史(こうしゅうのしし)に

任命してもらうよう朝廷へお願いします。

しかし彼はある人物から耳より情報を聞いたため交州刺史の位ではなく

益州へ行かせてもらうように朝廷へお願いします。

さて劉焉が聞いた耳より情報とは一体何なのでしょうか。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

 

侍中からの耳より情報

 

劉焉は侍中・董扶(とうふ)という人物から「益州には皇帝の気が流れております。」と

囁かれます。

劉焉はこの耳より情報を聞いて交州へ向かうことをやめて益州の刺史にしてくれるよう

朝廷へお願いします。

そしてこのお願いはすんなりと聞き届けられることになります。

 

霊帝から益州統治をしっかり行うように頼まれる

 

劉焉の益州行きが決まった当時の益州はボロボロの状態でした。

益州を統治していた刺史は税金を無闇にとって私腹を肥やしている状態で、

民衆は非常に疲弊しておりました。

劉焉の益州行きが決まると霊帝から直々に勅をもらうことになります。

霊帝は勅を劉焉に与えた後「前益州刺史が民衆から多額の税金をとって、

私腹を肥やしたせいで民衆達は疲弊している。

君にはしっかりと益州を統治して欲しいと考えている。」と命令を受けます。

この命令を受けた劉焉は益州に行くと民衆達が、

安心できるような政治を心がけていくと共に自らの野望達成のために、

着々と準備を始めたらしいです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

今回は劉焉が益州を選んだ理由をご紹介しました。

彼が益州を選んだ理由は

1:皇帝の気が益州にあるから

2:1の耳より情報をきっかけ賭して後漢王朝から独立を果たすため

上記二つの理由から彼は益州を赴任地として選んだ理由です。

さて劉焉は益州に向かった後どうしたのでしょうか。

彼は五斗米道の教祖である張魯を派遣して漢中を占領させて、

洛陽や中原に向かう道を切断させてしまいます。

そして彼は後漢王朝へ連絡できない状態を作り上げると

後漢王朝から独立するために力を蓄えていったそうですが、

病に倒れてしまいあっけなくなくなってしまったそうです。

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった

関連記事:【魏の陣営・趙戩と傅幹の討論】劉備は益州を攻略できるの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 「垂沙の戦い」がきっかけで孟嘗君は天下に実力を認めさせた!
  2. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.4
  3. 孔明にパクリ容疑!?天下三分の計を最初に考えた蒯徹(かいつう)
  4. 播磨の豪族から出現した自信家・黒田孝高の誕生と初陣
  5. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?
  6. 三国志と水滸伝の違い、あなたは説明できますか?
  7. 馬岱(ばたい)ってどんな人?実は記録がほとんどない馬超のイトコ
  8. 【遊侠列伝】さすが親分!!遊侠人のリーダー郭解が人に慕われた理由…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【荀彧の心に残る名言】誠にその才あれば、弱と雖も必ず強し
  2. マジですか?始皇帝が半両銭に込めたメッセージに震える・・
  3. 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達
  4. そうだったのか!?曹丕はスイーツ男子。詩にスイーツの想いを込めちゃったよ!
  5. 杜襲(としゅう)とはどんな人?住民と団結して劉表軍と戦った県長
  6. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

関帝廟ガイド~知っておきたい、正しい「基本」の参拝方法 三国時代では数学が出来ないと下級役人にもなれない?算籌を徹底紹介! 涼州兵も思わずニッコリ?曹操はユーモアに溢れていた 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの? 若かりし曹操は熱血漢 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】 孫策と周瑜の怪しい関係は事実だったの?子不語にある逸話を紹介! 程昱(ていいく)ってどんな人?気性の荒いおじいちゃん

おすすめ記事

  1. 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける
  2. 董卓の毒牙から袁紹を陰ながら助けた名士達に痺れる!
  3. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁ストライブ』をレビューするよ
  4. 鍾会(しょうかい)は何で反乱を起こしたの?魏のイケメン武将の独立事情
  5. 【キングダム548話】「乱戦下の策」ネタバレ&レビュー
  6. 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士
  7. こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【後半】
  8. みにおん三国志とはどんなアプリゲーム?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"
PAGE TOP