ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
ぐっすり眠れるながら三国志


はじめての三国志

menu

ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイネタバレ予想 129話 五翼放射状平屋舎房


 

アニメ化も決定し、ただいま絶好調の冒険伝奇格闘ホラーサバイバルグルメ漫画

ゴールデンカムイ、いよいよ前回、看守部長の門倉の手引きでアシリパの父、

のっぺら坊が収監されているという鉄壁の網走監獄に侵入を開始した杉元や、

土方歳三一行ですが、出発直後に、いきなり、見張りに見つかってしまいます。

さあ、それから、一体、どうなるのでしょうか?

 

前回記事:ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ

関連記事:【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?


ゴールデンカムイ129話 先制攻撃で見張りを瞬殺

 

ばれた瞬間、杉元が見張りに先制パンチをお見舞いします。

ここで見張りのランプが地面に落下して割れ、都丹庵士(とにあんじ)も

他の見張りを背後から取り押さえました。

 

キロランケ「いきなり見つかってんじゃねーか」

 

谷垣「都丹、てめえ、耳くそ詰まってんのか?

聞き逃してんじゃねえよ馬鹿野郎」

 

都丹庵士「うるせえ!てめえらこそ、ランプの灯りを

見逃してんじゃねえか」

 

責任のなすりあいをする3名にアシリパが

シーーーッと口元に指を立てます。

 

そうです、口げんかしている場合ではありませんね。

 

牛山「これで門倉部長は明日から無職のお尋ね者だな」

 

キロランケ「幸先が悪い」

 


ゴールデンカムイ129話 収容人数700名、鉄壁の網走監獄

 

ここで、ナレーションが五翼放射状平屋舎房の紹介をします。

網走監獄は700名以上の囚徒を収監できる建築物で

放射状に広がる5つの舎房の中央には、全体を1か所から

見渡せるように六角形の中央見張り台があります。

 

つまり、大きな音や灯りが灯れば、杉元や白石の姿は

あっというまに見張りに発見されるのです。

 

―ここで少し時間が戻り、門倉の宿舎―

 

門倉看守部長「舎房の夜勤は三人・・・

作戦決行の夜は、俺も三人の1人として当直に入るように仕組んでおく

勤務表を決める管理職だからできる事だ」

 

杉元「門倉さんが当直なら舎房の入口の鍵を開けとけば?

合鍵を作っとくのもありだが」

 

門倉「無理だ、、入口は見張り所の真ん中だ

あそこから忍び込むのは危険すぎる」

 

杉元「じゃあ、俺達が押し入って他の看守を制圧するから開けろよ」

 

門倉「抵抗されて一発でも銃声が響けば作戦は失敗だぞ」

 

何を言っても、できない、できないを繰り返す門倉に

杉元がだんだんイライラしてきます。

 

杉元「じゃあ、門倉が看守の銃に細工しとけば」

 

門倉「できねえな、常に凶悪犯に囲まれている看守たちが

お守りみたいに持っている銃だ」

 

杉元「出来ねえじゃねえ、やるんだよ」

 

門倉「ああ?」

 

一触即発の二人ですが、ここで土方が珍しく仲裁に入ります。

 

 

土方「門倉には、今後もここに残って情報を流し続けてもらいたい

内通者であるのがバレる方法は避けよう」

 


ゴールデンカムイ129話 脱獄王 白石の見立て

 

白石が、のっぺら坊の監獄までの侵入経路を考えています。

 

白石「俺はよ・・・監獄に入れられると『どうやって脱獄できるか』

考える癖があるんだ、どこに弱い所があるのか建物を観察する

網走監獄の場合、舎房のすべての窓には鉄格子がはめられているが

ただ、唯一、鉄格子のない窓がある」

 

白石「天窓さ、、おそらく光を出来るだけ取りこみたいから、

鉄格子をつけていないんだろう」

 

アシリパがロープをなげかけ、一行が屋根にあがる

 

なるほど、監獄を屋根伝いに移動して鉄格子のついていない天窓から侵入し

第四舎六六房、のっぺら坊の房まで移動する作戦のようです。

 

杉元「毛布を」

 

アシリパ「枠ごと外せそうか?」

 

白石「脱獄は手に入る道具が釘一本しかない時もある

それに比べりゃノコギリでも何でも持ちこめるんだから

こんな楽な事はない」

 

ゴリゴリ、、ゴリゴリ、、

 

門倉「おい、音が漏れているぞ」

 

メキメキメキッ・・・


  

 

ゴールデンカムイ129話 第四舎六六房

 

看守「今夜はほんとに風が強いですねえ」

 

門倉「ああ」

 

ここで、門倉が自分の湯呑みを落として割ってしまいます。

 

「おっと、あちゃー、俺の湯呑みが」

 

「痛っ!」

 

看守「指切っちゃいました?大丈夫ですか?

いいですよ門倉部長・・・片づけますから」

 

門倉「ごめん」

 

その時、天窓から白石達が第四舎房に忍び込みます。

そして、素早く、第四舎六六房の鍵を白石が開けて、

のっぺら坊の房に入り込みました。

 

あたりは真っ暗です、杉元とアシリパの表情にも緊張が走ります。

 

ここで、アシリパのアチャ(父)との回想シーンが入ります。

 

キロランケ「牛山・・・土方歳三はどこへ行った?」

 

牛山「え?いないのか?」

 

土方は一行を離れて、舎房内のどこかの暗闇を進んでいます。

 

キロランケ「怪しいぜ、あのジジイ」

 

 

ゴールデンカムイ129話 アシリパ ついに父親と対面か?

 

扉を開けて中に入ったアシリパと杉元、

中にはのっぺら坊が座っています。

 

アシリパ「・・・・・・・・アチャ?」

 

「アチャなのか?」

「私だアシリパだ」

「小樽から会いに来た」

 

杉元「白石マッチを・・・」

 

白石がマッチをすると、のっぺら坊の顔が浮かび上がる

 

のっぺら坊「ア・・・アシ・・・ああああああ!ああああ!」

 

アシリパ「違う、アチャじゃない」

 

その時、門倉が銃を放ちます。

 

ドオオン

 

「侵入者だーーーっ!」

 

杉元「門倉ぁ!」

 

門倉の銃声で、網走監獄は一気に目を覚ましました。

果たして門倉は裏切ったのか?

別行動を取った土方の真意は、以下は次号です。

 

ゴールデンカムイウォッチャー kawausoの独り言

 

時間がかかりそうだった網走監獄編ですが、

意外にもすんなり、のっぺら坊の房まで入りこめてしまいました。

しかし、のっぺら坊は偽物だし、門倉はあっさり裏切ってしまいます。

おまけに土方は勝手に別行動を取るし、チーム土方はグチャグチャです。

 

ですが、犬童典獄に恨みを持つ、土方まで裏切っているとは思えないので

門倉と土方がグルという事はないでしょう。

まあ、老練な土方ですから、杉元やアシリパ、白石達を囮にして

別の計画を遂行している線もあるでしょうね。

 

次回記事:ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. ゴールデンカムイネタバレ予想 130話 誘導灯
  2. ゴールデンカムイネタバレ予想 128話 新月の夜
  3. ゴールデンカムイネタバレ予想 127話 本当のチタタプ
  4. ゴールデンカムイネタバレ予想 125話『実りの季節』
  5. 【祝アニメ化】ゴールデンカムイってどんな漫画なの?
  6. ゴールデンカムイネタバレ予想 131話 死神がやってくる

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 聖徳太子の地球儀
  2. 劉璋にアドバイスをする張松
  3. 曹操 女性の敵? 鄒氏
  4. kawauso
  5. 陸遜
  6. オカルト小説を書いている曹丕
  7. 朶思大王
  8. 合肥の戦いの地図

おすすめ記事

  1. 黒山賊の首領張燕が独立しなかった理由は? 次第に巨大化していく黒山賊と張燕3
  2. 宋江はどんな最期を迎えたの?水滸伝の主人公・宋江の死に方 宋江(水滸伝)
  3. 豊臣秀吉亡き後の天才軍師・黒田官兵衛の決断 黒田官兵衛
  4. 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介 曹操軍
  5. 丁原(ていげん)とはどんな人?天下無双の豪傑でもあり呂布パパ 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  6. 近藤勇の好物「たまごふわふわ」とは? 新選組局長も食べた卵料理レシピ

三國志雑学

  1. 日本に目指さした孫権
  2. 曹操と張繍
  3. 司馬昭の質問に回答する劉禅
  4. 亡くなる孫堅


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “読者の声" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"
“はじめての三国志読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 鍾会
  2. 蜀の劉琦
  3. 嫉妬している明智光秀
  4. スサノオが草薙の剣でヤマタノオロチを倒す(古事記)
  5. 陳寿(晋)
  6. 藺相如(りんしょうじょ)
“夜のひとときながら三国志ver3"

おすすめ記事

袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 劉姫 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 劉備を警戒する陳羣 【劉備の初軍師・陳羣】劉備が逃げられた陳羣と徐庶には共通点があった 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人 【応仁の乱】 東軍と西軍の大衝突!東岩倉三宝院の戦い 一騎打ちをする太史慈と孫策 【キングダム名物】将軍同士の一騎打ち、印象に残る名勝負は? はじめての三国志 Webサイトリニューアルのお知らせ 丁奉(ていほう) 丁奉(ていほう)ってどんな人?呉の混乱期において、呉を支えた重臣

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “はじめての三国志企画特集" “つながるはじめての三国志" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
“歯痛の歴史"
“三国志読み放題サービス"
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論
ビジネス三国志
ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“つながるはじめての三国志

“はじめての三国志Youtubeチャンネル"

“ながら三国志音声コンテンツver2"
PAGE TOP