三国志平話
本能寺の変特集




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

今川家は重臣関口さんを井伊谷へ派遣し、徳政令を実施しろと命令を井伊家へ命令。

井伊直虎は今川家の命令を受け入れるかそれとも突っぱねるかどうするかを思案中、

思いもよらない事件が勃発します。

瀬田・祝田村の民衆達は関口さんが泊まっている宿へ

押し寄せて徳政令を辞めるだにと言ってデモを行ったのです。

直虎は民衆達が関口さんの所へデモを行っている事を知ると急いで駆けつけるのですが、

民衆達がデモを行ったせいせいで、井伊家最大の危機を迎える事になるのです。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第24話「さよならだけが人生か」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第25話「材木を抱いて飛べ」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第27話「気賀を我が手に」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第28話「死の帳面」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第29話「女たちの挽歌」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介




「虎松の首」の見どころその1:ついに徳政令発動

 

直虎は民衆のデモを辞めさせようとしておりましたが、

関口さんの家臣が領民達を殴り倒している姿を見て絶句してしまいます。

関口さんの家臣は領民達を殴り倒してデモをやめさせようとしますが、

井伊家の領民達はデモを中止する気配が無い為、

ついに刀を抜いて領民を殺害してデモをやめさせようとするのでした。

この関口さんの家臣の殺気立った状況を見た小野政次(おのまさつぐ)は、

関口さんの家臣が刀を抜いて領民を殺害しようとした時、

自らの家臣が押さえつけている直虎へ「これは殿が計画した事か」と怒鳴り声を上げます。

しかし直虎は政次の質問に答えることなく沈黙していました。

すると政次は「殿が謀ったのか」と再び怒鳴り声を上げます。

政次の怒鳴り声を聞いた領民達は「殿様がやれっていたわけでね。

オラ達が勝手にやったことだ」と大声で反論し政次の元へ向かってきます。

すると政次は「そうか。ではぶった斬られてもいいんだな」と領民達を睨みつけながら、

言い放ちます。

直虎は政次と領民達のやりとりを聞いて「待ってくれ!!」と

領民達と政次の間に割って入ります。

直虎の声を聞いた政次は「ではここではっきりと徳政令を井伊が受け入れると言いなさい」

と再び直虎へ詰め寄ります。

領民達は「これはオラ達がやったことだ。殿様は悪くねぇ」と直虎を擁護する言葉を政次へ。

直虎は領民達の声を聞きながら、

政次が直虎へ語った「信じろ!!おとわ!!」の言葉を思い出します。

そして直虎は「わかった。井伊は今川の徳政令を受け入れることにする」と

決断するのでした。

こうして井伊家はその日の翌日に関口さんの所で徳政令を受け入れを宣誓した事で、

今川家の直轄領扱いにされるのでした。




「虎松の首」の見どころその2:井伊家逃亡の刻

 

井伊直虎は井伊谷の井伊館へ帰還すると中野直之(なかのなおゆき)や

奥山六左衛門(おくやまろくざえもん)、直虎の母親・祐椿尼(ゆうちんに)などを集めて、

井伊家が今川の直轄領になった事を告げます。

直虎の言葉を聞いた一同は気落ちして沈んでしまった者や

悔しさを直虎へぶつけておりました。

小野政次は井伊館に集まっていた一同の元へ家臣を引き連れて現れ

「ここはすでに井伊家の物ではないので、立ち去っていただけないでしょうか。

もしこの言葉に従うことができないのであれば、力を用いて立ち去らせる!!」と述べます。

直虎は家臣一同が怒りに震えている時率先して井伊館を出ることにします。

井伊直虎は井伊館を出る際、六左衛門と直之へ「直之は村人を連れて隠し里へ。

六左衛門は私と一緒に龍潭寺(りゅうたんじ)へ向かい虎松と久直を連れて行く。」と述べ、

各々行動に出るのでした。

直虎は龍潭寺に到着すると虎松と久直を見つけて「すぐに来い!!」と言って、

二人を連れて行くことに。

小野政次の弟・玄蕃の息子である亥之助は、

虎松と久直ふたりが直虎と六左衛門の二人に連れて行かれていく姿を見て

「私も一緒に行きます」と言います。

しかし直虎と六左衛門は「いや。来なくていいから!!」と亥之助をその場に留めて、

行ってしまうのでした。

亥之助は二人が去っていく後ろ姿をショボーンとしながら見送るのでした。

井伊家はもはや風前の灯火でいつなくなってもおかしくない状態でした。

 

「虎松の首」の見どころその3:ショック亥之助

 

亥之助は自分が仲間はずれにされたことに大きなショックを受けて、

龍潭寺を出てすぐに伯父・小野政次の元へ駆け出していきます。

亥之助は政次を見つけるとすぐに「なぜ自分だけが井伊谷にいるのですか。」と尋ねます。

すると正次は「今日から井伊は今川に臣従することになったのだ。

そして私がその役目をすることになったからさ」とちょっと苦しい表情で亥之助に伝えます。

亥之助は政次の言葉に対して「私は井伊の人々が叔父上の悪口をなんか言っても、

井伊の為に尽くしているからと信じておりました。

しかし本当は井伊の為に尽くしていなかったのですね。」と政次へ怒りをぶつけます。

政次は亥之助の言葉を聞いて「嫌ならナツと一緒に家を出て行け!!」と

怒られてしまうのでした。

亥之助は政次に怒られるとすぐに母親のナツの元へ行き

「母上!!伯父上は直虎様を裏切ったのです。すぐに出ていきましょう」と告げます。

しかしナツは「亥之助。伯父上がほんとうに井伊を裏切ったのか確かめるためにも、

ここに居たほうがいいんじゃないの」と提案。

亥之助はナツの言葉を聞いて落ち着きを取り戻し取り敢えず、

政次の家にとどまることにするのでした。

果たして政次は亥之助の言う通りほんとうに井伊を裏切ったのでしょうか。

 

「虎松の首」の見どころその4:二人の秘策

 

直虎は虎松と久直を連れて隠し里に到着すると先に集まっていた井伊家の人達を集め、

「今から一度だけ言うからみんな聞いてくれ。

そしてこれを聞いたら全て忘れてくれ」と前置きし秘策を語り始めます。

直虎は「井伊家は今川に臣従したことで滅亡することになった。

しかし二ヶ月~三ヶ月後には今川と徳川の間で戦が起きることになるだろう。

今川と徳川の戦が起きた時、関口さんを討ち取って徳川へ寝返り、

井伊家を再興する作戦を現在進めている。

すでに徳川とは手を結んでいるので、徳川軍が攻めてくればすぐに内応するつもりだ」と

井伊家再興の秘策をみんなに語るのでした。

この作戦を聞いた井伊家の人々は不安そうな顔をし、

梅は「小野はこの作戦が成功した時には殺害するのでしょうか。」と質問。

すると直虎は「この作戦はすでに政次も知っておる。だから政次を成敗することはしない。

政次は井伊家を守るためにずっと今川から井伊家を守っていたのだ」と述べます。

しかし中野直之は「ですが殿!!小野はこれらの作戦の裏をかいているかもしれませんぞ」と

疑問を打ち明けます。

井伊直虎は直之の疑問を解消する言葉を述べる前に虎松が口を開きます。

虎松は「小野は碁がうまい。だから虎松は一回も小野に勝つことができないんだ」と

意味不明な言葉を語ります。

井伊家の人々も虎松の意味不明な言葉に唖然としているのでした。

そして虎松は「小野はどうして碁で負けたのか確かめなさいと言って、

ずっと待ってくれるんだ。

そして小野はいつも己で答えを見つけなければ、

井伊を背負っていくことなんてできないよと教えてくれるんだ。

小野が井伊を思ってくれなければこんな言葉出てこないと思う」と

自分の思いをみんなにぶつけるのでした。

この虎松の意見に直之の弟直久も賛成するのでした。

この意見を聞いた直之は「だからお前らそれらを含めてだな・・・・」と

反論しようとしていました。

直虎は子供たちの意見を聞いて「もし政次に騙されていたとしても、

こっちの作戦を成功させればいいだけではないか」と直之に向かって説得。

こうして直虎と政次の「井伊家再興作戦」は進んでいくことになるのでした。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

井伊家がついに今川に臣従したことで、井伊家は滅亡することなってしまいます。

しかし井伊直虎と小野政次は井伊家を再興する為作戦を進めていくことに。

この作戦は果たして成功するのか。

そして小野政次は史実では徳川家康に処刑されてしまうのですが、

助かる道はあるのか。

おんな城主・井伊直虎も終盤にむけて刻々と近づきつつあり、

今後も目を離すことができないと言えるのではないのでしょうか。

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  2. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  3. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  4. 三國無双のイケメン武将・魏の鍾会にまつわるエピソードがすごい
  5. 張既(ちょうき)とはどんな人?反乱の多かった雍州・涼州の二州を見…
  6. 司馬懿と曹操 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生
  7. 項羽 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行…
  8. 曹丕に進言をする劉曄 後漢王朝の王族・劉曄の若かりし頃はどのような人物だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 美女を集めた曹叡
  2. 女と金
  3. 荀彧 怒る
  4. 船冒険する諸葛直 船
  5. 海賊時代の孫堅と孫策

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【11/6〜11/12】
  2. こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった?
  3. 134話:頑固な忠臣、張昭と孫権の対立がシュール
  4. 【黄金ジェットの謎】南アメリカ最大の謎・黄金スペースシャトルに迫る【HMR】 黄金ジェット、黄金スペースシャトル
  5. 107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ
  6. 陶淵明のすねすね漢詩「飲酒二十編」が想像以上にグダグダ

三國志雑学

  1. 曹操 詩
  2. 張飛
  3. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  4. 荒れる黄河
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 逃げる劉備追う曹操
  2. 雨の中進軍する曹真

おすすめ記事

文帝(前漢) 前漢の文帝ってどんな人?文景の治と称された皇帝の政治手腕とは? 劉備と再開する趙雲 50話:捨てる神あれば、拾う神、劉備、趙雲と再会 五虎大将軍の趙雲 これは不公平!趙雲が五虎将軍でドンケツの理由とは?格差の現実を徹底分析! 奇人・変人・露出狂?曹操をコケにして歴史に名を刻んだ禰衡(でいこう) 近藤勇 新選組 近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは? 劉備 食客 28話:天運を掴んだ曹操の食客に落ちぶれる劉備 司馬昭と司馬師 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK) 【真田丸特集】なんと戦国武将の兜の前立てには意味があった!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP