はじめての三国志

menu

はじめての蜀

周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達

この記事の所要時間: 256




 

預言書『春秋讖(しゅんじゅうしき)』に書かれていた予言を信じて、

はちみつおじさん袁術(えんじゅつ)は皇帝の位に就任します。

彼が信じた予言は「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」と言う一節です。

袁術はこの当塗高の言葉に着目。

塗の漢字は「道」と言う意味が含まれており、

袁術の術と字である公路の路の漢字も道に通じていることから

「俺が漢王朝に変わって皇帝になるべしと予言している」と考えて皇帝になります。

しかし袁術が皇帝になるとすぐに曹操孫策などの勢力から攻撃を受けてしまい、

彼の勢力は滅亡してしまいます。

この結果、袁術が漢王朝に取って代わる人物ではなかったことが証明されてしまいます。

では一体この予言書の一文は誰を指していたのでしょうか。

蜀の学者達がこの一文を研究していたようなのでご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術




蜀の学者周舒の見解

 

蜀の学者に預言書を勉強して極めた人物がおりました。

その人物の名を周舒(しゅうじょ)と言います。

彼は蜀から幾度も招かれて官位に着くように説得されますが、

官位に就くことなく在野の学者として活躍しておりました。

そんな周舒の元にある人物から質問されます。

周舒に寄せられた質問は「春秋讖に漢に代わる者は当塗高(とうとこう)と

言う一文がありますが、この当塗高はいったい誰を指しているのでしょうか。」と

言う内容でした。

彼はこの質問に「当塗高が指しているのは魏である」と答えます。

では何を持ってこの当塗高=魏となされているのでしょうか。

周舒はこの点を説明しなかったのですが、

蜀のある学者が当塗高=魏の理由を説明しているのでご紹介したいと思います。




蜀の学者杜瓊 の見解

 

周舒は春秋讖に予言している「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」の一文は

魏であるとの見解を示しておりました。

しかし彼はなぜ当塗高が魏なのかを説明しませんでしたが、

当塗高が魏であることを説明している学者いましたのでご紹介します。

その人物も蜀の学者で杜瓊(とけい)と言います。

彼は蜀の政権に参加し、

蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)は彼の能力を高く買っていたそうです。

蒋琬費禕から高く評価されていた杜瓊は当塗高=魏であることの

理由をどのように述べているのでしょうか。

蜀の学者であり陳寿(ちんじゅ)の師匠である譙周(しょうしゅう)は杜瓊に

「昔周舒殿が当塗高=魏であるとの見解を示しておりました。

なぜ当塗高=魏なのでしょうか」と質問。

すると杜瓊は彼へ「魏とは宮城の門の名前で、

塗(みち)に当たって高くそびえているのだ。

この 春秋讖を記した作者は推察できそうな物を使って説明しているのである」と説明。

譙周は杜瓊へ「そうなのですか。だからこの預言書を読み違えた

はちみつおじさん・袁術は皇帝に即位してもすぐに滅ぼされてしまったのですね。」と述べます。

すると杜瓊も「そういう事だ。袁術の周りにはしっかりと

当塗高を理解できる人物がいなかったということだね」と述べたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

春秋讖に記載されていた当塗高の意味がお分かりいただけたと思います。

袁術の幕僚達には学者いたのかもしれませんが、

この当塗高の意味をしっかりと解読できるような人材が居なかった為、

袁術の皇帝即位を止めることができなかったのではないのでしょうか。

もし周舒や杜瓊のような蜀の学者が居れば、袁術は皇帝に即位しなかったかもしれません。

(袁術の野望が後漢王朝に代わって皇帝になることであったので、

彼らのような学者の意見があったとしても皇帝即位を思いとどまったかはわかりませんが・・・・)

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  2. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  3. 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!
  4. 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  5. 黒田官兵衛の奇抜な献策と備中高松城攻防戦の水攻めがスゴイ!
  6. 【後漢王朝はこうしてダメになった】外戚VS宦官の争いってどうして…
  7. 曹操を主人公にしたオススメ小説3選
  8. 呉の家臣団の組織関係が孫策時代と孫権時代が全く違い面白い

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 袁紹と今川義元は似たもの同士だったってホント!?
  2. 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと?
  3. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 劉備玄徳 【完005】
  4. 67話:孔明、博望坡で初陣を飾る。夏侯惇をフルボッコ
  5. 【保存版】これだけ見れば万事OK!アニメ版「三国志」7選
  6. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定!

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

衛覬(えいき)とはどんな人?関中復興に画期的な提案を行った魏の文官 【有料記事】費禕は諸葛亮の後継者ではなかった!【歴史の盲点】 曹丕のいじめ・パワハラに悩まされた被害者たちを紹介 兗州人がパッとしない理由は地元群雄が壊滅したからだった 月刊はじめての三国志2018年9月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天才占い師 キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる 禁断の比較!蜀の五虎大将の忠義・実行力・容姿を比較してみた

おすすめ記事

  1. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  2. 郭嘉と法正って似ている所あったの?
  3. ある意味、戦乱時代の勝者? 賈詡とはどんな人物だったか?
  4. 【諸葛亮の心に残る名言】強弩の末、勢い魯縞をも穿つあたわず
  5. 【保存版】関羽が生涯に斬った主な敵将一覧
  6. 愛加那(あいかな)とはどんな人?西郷どんの島妻と西郷隆盛の人生を変えた女房
  7. 曹沖は魏の皇帝になる予定だった?曹操が愛した息子をご紹介
  8. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP