ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達


 

預言書『春秋讖(しゅんじゅうしき)』に書かれていた予言を信じて、

はちみつおじさん袁術(えんじゅつ)は皇帝の位に就任します。

彼が信じた予言は「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」と言う一節です。

袁術はこの当塗高の言葉に着目。

塗の漢字は「道」と言う意味が含まれており、

袁術の術と字である公路の路の漢字も道に通じていることから

「俺が漢王朝に変わって皇帝になるべしと予言している」と考えて皇帝になります。

しかし袁術が皇帝になるとすぐに曹操孫策などの勢力から攻撃を受けてしまい、

彼の勢力は滅亡してしまいます。

この結果、袁術が漢王朝に取って代わる人物ではなかったことが証明されてしまいます。

では一体この予言書の一文は誰を指していたのでしょうか。

蜀の学者達がこの一文を研究していたようなのでご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術


蜀の学者周舒の見解

 

蜀の学者に預言書を勉強して極めた人物がおりました。

その人物の名を周舒(しゅうじょ)と言います。

彼は蜀から幾度も招かれて官位に着くように説得されますが、

官位に就くことなく在野の学者として活躍しておりました。

そんな周舒の元にある人物から質問されます。

周舒に寄せられた質問は「春秋讖に漢に代わる者は当塗高(とうとこう)と

言う一文がありますが、この当塗高はいったい誰を指しているのでしょうか。」と

言う内容でした。

彼はこの質問に「当塗高が指しているのは魏である」と答えます。

では何を持ってこの当塗高=魏となされているのでしょうか。

周舒はこの点を説明しなかったのですが、

蜀のある学者が当塗高=魏の理由を説明しているのでご紹介したいと思います。


蜀の学者杜瓊 の見解

 

周舒は春秋讖に予言している「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」の一文は

魏であるとの見解を示しておりました。

しかし彼はなぜ当塗高が魏なのかを説明しませんでしたが、

当塗高が魏であることを説明している学者いましたのでご紹介します。

その人物も蜀の学者で杜瓊(とけい)と言います。

彼は蜀の政権に参加し、

蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)は彼の能力を高く買っていたそうです。

蒋琬費禕から高く評価されていた杜瓊は当塗高=魏であることの

理由をどのように述べているのでしょうか。

蜀の学者であり陳寿(ちんじゅ)の師匠である譙周(しょうしゅう)は杜瓊に

「昔周舒殿が当塗高=魏であるとの見解を示しておりました。

なぜ当塗高=魏なのでしょうか」と質問。

すると杜瓊は彼へ「魏とは宮城の門の名前で、

塗(みち)に当たって高くそびえているのだ。

この 春秋讖を記した作者は推察できそうな物を使って説明しているのである」と説明。

譙周は杜瓊へ「そうなのですか。だからこの預言書を読み違えた

はちみつおじさん・袁術は皇帝に即位してもすぐに滅ぼされてしまったのですね。」と述べます。

すると杜瓊も「そういう事だ。袁術の周りにはしっかりと

当塗高を理解できる人物がいなかったということだね」と述べたそうです。


三国志ライター黒田レンの独り言

 

春秋讖に記載されていた当塗高の意味がお分かりいただけたと思います。

袁術の幕僚達には学者いたのかもしれませんが、

この当塗高の意味をしっかりと解読できるような人材が居なかった為、

袁術の皇帝即位を止めることができなかったのではないのでしょうか。

もし周舒や杜瓊のような蜀の学者が居れば、袁術は皇帝に即位しなかったかもしれません。

(袁術の野望が後漢王朝に代わって皇帝になることであったので、

彼らのような学者の意見があったとしても皇帝即位を思いとどまったかはわかりませんが・・・・)

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 冒頓単于と劉邦 冒頓単于(ぼくとつぜんう)とはどんな人?漢帝国の宿敵で匈奴の名君…
  2. 張裔(ちょうえい)とはどんな人?あぶねぇ~もう少しで呉の文官にな…
  3. 馬超の仲間入り 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち…
  4. 豊臣秀吉 戦国時代 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  5. 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた…
  6. 孟嘗君 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場…
  7. 孔明 【三国志演義】孔明が残した錦嚢策(きんのうのさく)って一体なに?…
  8. 【ネオ三国志】第6話:曹操美女にうつつを抜かして大敗北【蒼天航路…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呂雉(りょち)
  2. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん03 怒
  3. 王賁
  4. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  5. 張良と劉邦
  6. 士匡
  7. 孔明 郭嘉 周瑜
  8. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)

おすすめ記事

  1. 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!?
  2. 王騎の武力は本当に中華最強なのか?キングダムの大将軍の武力を考察 王騎 キングダム
  3. 鎌倉時代が始まったのは1192年?それとも1185年? 鎌倉時代の侍
  4. 小松帯刀、西郷どんでの役割について考えてみよう! 小松帯刀
  5. 袁術はそんなに悪くない、自叙伝で袁術を庇っていた曹操 先読み袁術
  6. 小さい曹操が持っていた巨大な戦車についての考察

三國志雑学

  1. 羊コ 羊祜 魏と晋
  2. 法正が亡くなり悲しむ劉備
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. 赤兎馬にまたがる呂布
  5. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  3. 黄忠 厳顔 張郃
  4. 過労死する諸葛孔明
  5. 曹操軍

おすすめ記事

茶を飲む張角(太平道) 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 豊臣秀吉 戦国時代2 お笑いウルトラクイズか?大田城、水攻め爆発で落城!秀吉のリベンジはハンパ無い 貂蝉 スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計 キングダム キングダム576話ネタバレ考察vol2楊端和は今後どう動く? 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠 曹丕は陰湿な性格じゃない!実は優しくて兄弟想いの皇帝だった 【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史 キングダム 3巻 【キングダム553話】休載スペシャル「山の民どうなる?」予想レビュー 袁術をからかう呂布 第14話:袁術くん「ネガティブ思考のメリット」を呂布から学ぶ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP