キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達

この記事の所要時間: 256




 

預言書『春秋讖(しゅんじゅうしき)』に書かれていた予言を信じて、

はちみつおじさん袁術(えんじゅつ)は皇帝の位に就任します。

彼が信じた予言は「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」と言う一節です。

袁術はこの当塗高の言葉に着目。

塗の漢字は「道」と言う意味が含まれており、

袁術の術と字である公路の路の漢字も道に通じていることから

「俺が漢王朝に変わって皇帝になるべしと予言している」と考えて皇帝になります。

しかし袁術が皇帝になるとすぐに曹操孫策などの勢力から攻撃を受けてしまい、

彼の勢力は滅亡してしまいます。

この結果、袁術が漢王朝に取って代わる人物ではなかったことが証明されてしまいます。

では一体この予言書の一文は誰を指していたのでしょうか。

蜀の学者達がこの一文を研究していたようなのでご紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:これは意外!最初は漢王朝を庇っていた袁術




蜀の学者周舒の見解

 

蜀の学者に預言書を勉強して極めた人物がおりました。

その人物の名を周舒(しゅうじょ)と言います。

彼は蜀から幾度も招かれて官位に着くように説得されますが、

官位に就くことなく在野の学者として活躍しておりました。

そんな周舒の元にある人物から質問されます。

周舒に寄せられた質問は「春秋讖に漢に代わる者は当塗高(とうとこう)と

言う一文がありますが、この当塗高はいったい誰を指しているのでしょうか。」と

言う内容でした。

彼はこの質問に「当塗高が指しているのは魏である」と答えます。

では何を持ってこの当塗高=魏となされているのでしょうか。

周舒はこの点を説明しなかったのですが、

蜀のある学者が当塗高=魏の理由を説明しているのでご紹介したいと思います。




蜀の学者杜瓊 の見解

 

周舒は春秋讖に予言している「漢に代わる者は当塗高(とうとこう)」の一文は

魏であるとの見解を示しておりました。

しかし彼はなぜ当塗高が魏なのかを説明しませんでしたが、

当塗高が魏であることを説明している学者いましたのでご紹介します。

その人物も蜀の学者で杜瓊(とけい)と言います。

彼は蜀の政権に参加し、

蒋琬(しょうえん)費禕(ひい)は彼の能力を高く買っていたそうです。

蒋琬費禕から高く評価されていた杜瓊は当塗高=魏であることの

理由をどのように述べているのでしょうか。

蜀の学者であり陳寿(ちんじゅ)の師匠である譙周(しょうしゅう)は杜瓊に

「昔周舒殿が当塗高=魏であるとの見解を示しておりました。

なぜ当塗高=魏なのでしょうか」と質問。

すると杜瓊は彼へ「魏とは宮城の門の名前で、

塗(みち)に当たって高くそびえているのだ。

この 春秋讖を記した作者は推察できそうな物を使って説明しているのである」と説明。

譙周は杜瓊へ「そうなのですか。だからこの預言書を読み違えた

はちみつおじさん・袁術は皇帝に即位してもすぐに滅ぼされてしまったのですね。」と述べます。

すると杜瓊も「そういう事だ。袁術の周りにはしっかりと

当塗高を理解できる人物がいなかったということだね」と述べたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

春秋讖に記載されていた当塗高の意味がお分かりいただけたと思います。

袁術の幕僚達には学者いたのかもしれませんが、

この当塗高の意味をしっかりと解読できるような人材が居なかった為、

袁術の皇帝即位を止めることができなかったのではないのでしょうか。

もし周舒や杜瓊のような蜀の学者が居れば、袁術は皇帝に即位しなかったかもしれません。

(袁術の野望が後漢王朝に代わって皇帝になることであったので、

彼らのような学者の意見があったとしても皇帝即位を思いとどまったかはわかりませんが・・・・)

 

参考文献 ちくま文芸文庫 正史三国志蜀書 今鷹真・井波律子著など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:曹操が皇帝に即位していたら三国志はどうなったの?

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. なぜ袁紹は小勢力の曹操に敗北してしまったの?原因は名士だった!?…
  2. 【初めての戦国史】尼子氏再興作戦決行!!しかし・・・・
  3. 義兄弟の絆堅すぎ!劉備に家臣が少ない理由
  4. 【九州三国志】『三國志』は中国だけじゃない!日本の三国志事情 P…
  5. 光武帝・劉秀を支えた雲台二十八将の上位15人とはどんな人達だった…
  6. 隗より始めよとはいったい何?最強の自薦方法だけど就職活動には使え…
  7. 劉邦の配下は悪党ばかりで最悪な軍だった?【後半】
  8. 【三国志事件簿】名探偵コナンもお手上げ?二宮の変とは一体どんな事…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 読者の声(2018年11月6日〜11日)
  2. 西郷どんの恩返し奄美大島貿易拠点構想
  3. 謎多き登場人物、関索って何者?
  4. 張嶷(ちょうぎょく)とはどんな人?異民族討伐のプロフェッショナルだった蜀の将軍【前編】
  5. 洛陽に続き、長安でも好き放題をした董卓
  6. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

噛ませ犬じゃないよ!正史では立派な人・王朗 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介 鮑信(ほうしん)とはどんな人?自らの命を犠牲にして曹操を助けた曹操の数少ない友人 夏侯淵の死後、一族はどうなったのか? 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? 魏延の謀反を察する孫権 諸葛亮が魏延に言った「反骨の相」ってどんな頭の形なの? 【三国時代】英雄の地位はどの位?

おすすめ記事

  1. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(後半)
  2. 55話:劉表のお家騒動に巻き込まれて殺されかける劉備 後継者を決めるのに困っている劉表
  3. 何で陸遜は呉書の単独伝で記述されているのに蜀書の孔明の単独伝よりも地味なの? 孫権に煽られて憤死する陸遜
  4. 関羽も丸暗記した春秋左氏伝はどうして人気があるの?
  5. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計
  6. 曹操が嫌われた本当の理由は価値観の相違だった
  7. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  8. 【有名になりたい】小粒群雄太史慈が孫策に出会うまでを紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP