架空戦記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての蜀

費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

この記事の所要時間: 440




 

費禕(ひい)、字は文偉は蜀の政治家です。

蜀の四相の1人に数えられ、諸葛亮亡き後の蜀をよく支えた功臣ですが、

その存在感、知名度はイマイチ…?

という訳で費?がどんな人物だったのか調べてみました。




実は劉璋の遠縁なんです

費禕の生年は不明です。

しかし本人や伯父の経歴を見ると、諸葛亮よりも5~6歳年下かと思われます。

 

江夏郡(現在の湖北省武漢市)生まれの費禕は若い頃に両親を亡くし、伯父の費伯仁のもとに身を寄せました。
この費伯仁という人物は費禕より一世代ほど年上と伝わり、奥さんのお母さんが、何と益州牧である劉璋(りゅうしょう)のお母さん。

 

劉璋と同世代で義理の兄弟という間柄でした。

 

こうした関係から、費伯仁は中原の戦乱を避け益州に移り住み、費禕も益州で学ぶようになりました。
この頃の益州は、中原から遠く離れていること、劉璋の父劉焉が牧になってから上手く統治していたことから、

暗愚と評される劉璋が跡を継いでもまだ平和を保っていました。

 

費禕は益州で成人し、劉璋に仕ることとなります。

そして214年に劉備が入蜀した際も、益州を去らずそのまま劉備に仕えました。

この頃のおそらく20代前半くらいでしょうか。既に蜀で名の知られた存在だったようです。

 

関連記事:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選




蜀で頭角をあらわす

劉禅

 

劉備の元ではその政治手腕を発揮しつつキャリアを積んでいきます。
劉備が皇帝になり、劉禅(りゅうぜん)が立太子されるとその補佐役に付きました。

時には外交官として呉に赴き、孫権(そんけん)のイケズや諸葛誕(しょかつたん)の嫌味な議論に対し理性的にきちんと答え、その才能を讃えられています。

呉からの帰還後(南征の後くらい)には侍中(皇帝の側近として直接問答を受ける重職 )に昇進し、

北伐が開始されると諸葛亮に希望され従軍、幕僚として活躍し昇進を重ねていきます。
北伐軍では仲の悪かった(流血沙汰一歩手前ってくらいの悪さ)魏延(ぎえん)と楊儀(ようぎ)の仲裁を行うなど、

実務以外に仲介役としても一役買っていたようで、後年この点も高く評価されています。

また孫権から気に入られていたようで、北伐中でも呉への使者として何度か派遣されています。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

 

諸葛亮亡き後は蒋琬の片腕に

孔明過労死

 

234年、5度目の北伐中に諸葛亮は陣中で没し、死の間際に後継者は蒋琬(しょうえん)、そしてその後には費禕を…と指名します。

諸葛亮が没した直後の蜀軍は、司馬懿(しばい)率いる魏軍を相手に速やかな成都への帰還を目指すなか、身内の勢力争いの火種も抱える…

となかなか大変な状況でした(ちなみに蒋琬は成都の留守を守っています)。

 

魏延

 

費禕はまず魏延(ぎえん)と楊儀(ようぎ)の仲を利用しつつ、北伐強硬派の魏延を処刑します。

利用しつつと書きましたが、そうせざるを得ない状況だったようです。

諸葛亮も「魏延は抑えられなければもう置いていっていいよ」と言い遺していました。

成都とも連絡を取り合い、魏延は反逆した、という運びとなりました。
こうして無事撤退し成都へ帰還し、蒋琬の片腕として政治の中枢で活躍するようになります。

 

この頃、自分でなく蒋琬が後継者に選ばれ、挙句閑職に追いやられた(これは諸葛亮が、楊儀があまりに狭量なので言い遺していた)事で不満タラタラな楊儀が荒んでおり、費禕くらいしか家を訪れないという状況でした。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの?
  2. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  3. 張角(ちょうかく)ってどんな人?太平道を創始した男の悲しい人生
  4. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  5. 諸葛亮孔明の軍事能力は実際に優れていたの?後半
  6. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの?
  7. 魏の初代皇帝・曹丕はいったいどんな仕事をしていたの?
  8. 【素朴な疑問】三国志の時代にも居酒屋ってあったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 周昌(しゅうしょう)とはどんな人?高祖劉邦や配下達から信頼を置かれた古参の臣
  2. 【はじめてのセンゴク】毛利家の暗躍と荒木村重の反乱
  3. 【戦国四君・孟嘗君の逸話】五月五日の子に生まれた子は捨てよ!!父が信じた迷信が原因で悲劇が訪れる
  4. 【失敗は許されない】李広利が汗血馬を手に入れた経緯を徹底紹介
  5. 【告白】私はこうして三国志にハマりました!
  6. 三国志の結婚事情、不公平?女は早く嫁がないと罰金があった

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

鄧禹(とうう)とはどんな人?光武帝の親友だが戦争にべらぼう弱い雲台二十八将の1人 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた 正史三国志魏書での最強武将TOP3は呂布・張遼・曹仁じゃない? 楊端和率いる山の民連合軍が列尾攻めで大活躍!山の民の生態とは? 石奮(せきふん)とはどんな人?真面目で頑固者な性格が愛されて富貴を手にした万石君 陳宮(ちんきゅう)ってどんな人?溢れんばかりの才能を備えた知略家「曹操編」 【日本史の嘘】長篠の合戦は鉄砲三段撃ちのワンサイドゲームでは無かった? 楊端和(ようたんわ)の最期は壮絶な戦死?キングダムの女将軍の死を大胆予想

おすすめ記事

  1. 趙娥(ちょうが)とはどんな人?復讐者兼暗殺者であった烈女・龐蛾親(ほうがしん)
  2. 黒田官兵衛の肖像画で頭巾を付けている理由がわかる!天才軍師・官兵衛の地獄からの生還
  3. 関羽に憧れていた新選組局長の近藤勇
  4. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第3部
  5. 【キングダム】イケメンな始皇帝の意外な最期を大胆に考えてみよう!
  6. 天下人・豊臣秀吉が過去に仕えていた松下綱之ってどんな人?
  7. 甘寧の子孫はその後どうなったの?呂蒙の地位にも劣らぬ大出世した子孫たち
  8. 孫呉が天下統一できる可能性が2回もあった!?黒田レンの考察

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP