曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての蜀

費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人

この記事の所要時間: 46




 

費禕(ひい)、字は文偉は蜀の政治家です。

蜀の四相の1人に数えられ、諸葛亮亡き後の蜀をよく支えた功臣ですが、

その存在感、知名度はイマイチ…?

という訳で費?がどんな人物だったのか調べてみました。




実は劉璋の遠縁なんです

 

費禕の生年は不明です。

しかし本人や伯父の経歴を見ると、諸葛亮よりも5~6歳年下かと思われます。

 

江夏郡(現在の湖北省武漢市)生まれの費禕は若い頃に両親を亡くし、伯父の費伯仁のもとに身を寄せました。
この費伯仁という人物は費禕より一世代ほど年上と伝わり、奥さんのお母さんが、何と益州牧である劉璋(りゅうしょう)のお母さん。

 

劉璋と同世代で義理の兄弟という間柄でした。

 

こうした関係から、費伯仁は中原の戦乱を避け益州に移り住み、費禕も益州で学ぶようになりました。
この頃の益州は、中原から遠く離れていること、劉璋の父劉焉が牧になってから上手く統治していたことから、

暗愚と評される劉璋が跡を継いでもまだ平和を保っていました。

 

費禕は益州で成人し、劉璋に仕ることとなります。

そして214年に劉備が入蜀した際も、益州を去らずそのまま劉備に仕えました。

この頃のおそらく20代前半くらいでしょうか。既に蜀で名の知られた存在だったようです。

 

関連記事:劉備を大歓迎する劉璋だが張松の失策で崩壊する

関連記事:それだけは言っちゃダメ!三国武将の地雷ワード3選




蜀で頭角をあらわす

劉禅

 

劉備の元ではその政治手腕を発揮しつつキャリアを積んでいきます。
劉備が皇帝になり、劉禅(りゅうぜん)が立太子されるとその補佐役に付きました。

時には外交官として呉に赴き、孫権(そんけん)のイケズや諸葛誕(しょかつたん)

嫌味な議論に対し理性的にきちんと答え、その才能を讃えられています。

呉からの帰還後(南征の後くらい)には侍中(皇帝の側近として直接問答を受ける重職 )に昇進し、

北伐が開始されると諸葛亮に希望され従軍、幕僚として活躍し昇進を重ねていきます。
北伐軍では仲の悪かった(流血沙汰一歩手前ってくらいの悪さ)魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)の仲裁を行うなど、

実務以外に仲介役としても一役買っていたようで、後年この点も高く評価されています。

また孫権から気に入られていたようで、北伐中でも呉への使者として何度か派遣されています。

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:蜀滅亡・劉禅は本当に暗君だったの?

関連記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

 

諸葛亮亡き後は蒋琬の片腕に

孔明過労死

 

234年、5度目の北伐中に諸葛亮は陣中で没し、死の間際に後継者は蒋琬(しょうえん)、そしてその後には費禕を…と指名します。

諸葛亮が没した直後の蜀軍は、司馬懿(しばい)率いる魏軍を相手に速やかな成都への帰還を目指すなか、身内の勢力争いの火種も抱える…

となかなか大変な状況でした(ちなみに蒋琬は成都の留守を守っています)。

 

魏延

 

費禕はまず魏延(ぎえん)楊儀(ようぎ)の仲を利用しつつ、北伐強硬派の魏延を処刑します。

利用しつつと書きましたが、そうせざるを得ない状況だったようです。

諸葛亮も「魏延は抑えられなければもう置いていっていいよ」と言い遺していました。

成都とも連絡を取り合い、魏延は反逆した、という運びとなりました。
こうして無事撤退し成都へ帰還し、蒋琬の片腕として政治の中枢で活躍するようになります。

 

この頃、自分でなく蒋琬が後継者に選ばれ、挙句閑職に追いやられた(これは諸葛亮が、楊儀があまりに狭量なので言い遺していた)事で不満タラタラな楊儀が荒んでおり、費禕くらいしか家を訪れないという状況でした。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 呉にもラストサムライが存在した!孫呉の最後を飾った張悌に迫る!
  2. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  3. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった!
  4. 孫権の妻たちは意外と知られてない?
  5. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  6. 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく…
  7. 【投げたらあかん!】阿斗を趙雲がキャッチする三国志ドラマがある
  8. 三国志の時代、一番本を持っていた武将は誰だったの?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 于禁(うきん)は魏でも手柄抜群なのにジェットコースターのような人生
  2. 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績
  3. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  4. 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!
  5. キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想!
  6. 石田三成(いしだみつなり)とはどんな人?戦術が苦手で人から嫌われてたけど秀吉の大事な家臣で友人思いの人だった!!

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 橋本左内の辞世の句とは?獄中の天才の無念を読み解く 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした 諸葛亮孔明、司馬懿仲達、名前はどこで区切るの? 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう! 【祝・はじめての三国志】3周年記念の御礼を申し上げます! 「篤姫」経済効果はどの位?町おこしのヒントが満載

おすすめ記事

  1. 東方明珠のへなちょこ万里長城旅行記 その5
  2. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【4/17〜4/24】
  3. 【五胡十六国】ねぇ?三国志の後ってどうなるの?アフター三国志を紹介
  4. 明の時代の墓から出土した腕時計型の指輪は、後漢時代のダ・ヴィンチが作ったものだった!?(HMR)
  5. 【袁家ファン必見】袁家はどうやって名門になったの?汝南袁氏の基礎を築いた袁安(えんあん)が超苦労人だった
  6. はじめての三国志 4コマ劇場 「合肥の戦い」
  7. 6話:三国志は黄巾の乱から始まった
  8. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝利も一通の手紙のおかげ?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP