蒋琬(しょうえん)ってどんな人?孔明の後継者として蜀の安定を図った政治家




蔣琬

 

蒋琬(しょうえん)って皆さん知っていますか。

かなりマイナーで知っている人は少ないと思います。

ですが、彼は孔明(こうめい)から直々に後継者に任命されたすごい人物なのです。




劉備に激怒される

表情 劉備01

 

蒋琬は、劉備(りゅうび)が荊州を領地にした際に、仕えることになります。

その後、劉備が蜀へ入ると蒋琬も共に付き従い、広都県の県長の役職に任命されます。

しかし彼は、ろくに仕事もしないで、酒ばかり飲んでおりました。

劉備がある日、蒋琬が県長を行っている広都県を訪れてみると、彼は仕事もせず、酒を飲んで泥酔しておりました。




この姿を見た劉備は激怒

朝まで三国志 劉備

 

劉備は、彼のこの姿を見て激怒し、処刑しようとします。

しかし諸葛孔明が劉備をなだめ、彼は処刑されるのを免れ、県長の職を辞める事になります。

蒋琬はその後、再び県令の職に任命され、勤勉に職務を全うします。

劉備が漢中王になると尚書郎(政権の文章起草官)に任命され、劉備からの信頼を得る事になります。

 

関連記事:現代医学からみた劉備玄徳の死因…驚愕の真実が発覚!!

関連記事:何で劉備と司馬懿は無能な人間のふりをしたの?分かりやすく解説してみるよ

関連記事:諸葛孔明の影に隠れる劉備

 

孔明時代に次世代の人材として期待される

劉禅

 

劉備が亡くなり、劉禅(りゅうぜん)が蜀の二代目・皇帝となります。

諸葛孔明が丞相に任命され、丞相府を開く事になります。

蒋琬は孔明から東曹掾(人材登用の仕事)に任命されます。

その後、すぐに昇進し参軍となります。

蒋琬は、孔明が魏を討つべく北伐を開始すると、

蜀の首都・成都で孔明の代わりに蜀の軍事や政治を司る重要な役目を果たすことになります。

 

【次のページに続きます】

 

関連記事:実子劉禅(りゅうぜん)と養子劉封(りゅうほう)の明暗

関連記事:劉禅が読んだ韓非子ってどんな本?

関連記事:かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 匠に兵士を操る夏侯楙
  2. 曹丕
  3. 孔明
  4. 張飛の寝込みを襲う張達と范彊
  5. 孔明南東の風
  6. 土いじりをする劉備

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP