曹操孟徳特集
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【袁術のちょっとイイ話】袁術(えんじゅつ)と蜜柑のお話

この記事の所要時間: 325




袁術の最後

 

袁術は死ぬときに部下に背かれ、周囲にほとんど兵がいない状態で「蜂蜜が食べたい……」と云って倒れたという話があります。

信じる信じない関係なく、笑える。という感想を持つ方がほとんどです。

でもどう考えても創作ですよ。

仮にも皇帝を専称したものが「蜂蜜食べたい」と云って死ぬわけないです。

もっと他にためになることを云ったはずなんです。

まあそれはさておき、今回は蜂蜜ではなく、蜜柑(みかん)の話です。




まずは儒教のお話です

孔子 儒教

 

この三国志の時代に三大宗教が史上初めて出そろいます。

一つは民間宗教の「道教」、そしてはるばる天竺(インド)から伝わった「仏教」、

そして長く中国を支えてきた孔子の教えにもとづく「儒教」のことです。

道教はこの時代に出現した最も新しい宗教でした。

仏教も、北方三国志の小説の通り、ようやく定着しようとしていた頃です。

最も盛んだったのが「儒教」なのです。




五徳

袁術 皇帝

 

儒教には五徳(仁・義・礼・智・信)を磨くことによって五倫(親子、君臣、夫婦、長幼、朋友)の関係を維持するとあります。

あれ?仁義礼智忠信孝悌じゃなかったけ?

もちろん八徳もあります。南総里見八犬伝で有名になりましたからね。

五徳以外にも「他人にはこうしてあげるべき」という心得が三つあるのです。

それが「忠と孝と悌です」

忠とは、忠義を尽くすなんていいますから「主君に尽くすこと」です。武士ですね。

孝とは、親孝行といいますから「親に尽くすこと」です。

どちらも大切な心構えです。

 

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:儒教が引き金?外戚と宦官の対立はなぜ起こったのか

関連記事:理屈は確かにそうだけど・・中2病的な袁術の皇帝即位の理由とは?

 

忠と孝ではどちらが優先順位が上なの?

㈱三国志 劉備 孔明

 

では、ここに薬が一錠しかない状態で、主君と父親が同じ病にかかりどちらか一方しか救えないとしたらどちらを選びますか?

今でいうと、社長か父親か、どっちを選ぶ?という問いです。

当然、社長より親を選びますよね。あれ、違います?私は社長を選ぶという企業人もいるかもしれません。

実はこの問いは、文帝たる曹丕(そうひ)が太子の時代に宴会で戯れに問答したものです。

さて答えはどちらなのでしょうか。

 

関連記事:中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹丕(そうひ)得意の詩で蜀の調理法を斬る

関連記事:曹丕の残忍さがよく分かる曹丕の妻、甄氏の悲劇

 

忠<孝を説く儒教

宦官集合 

 

このときは最終的に邴原(へいげん)が「父である」と一喝して終了しています。

理由は忠は個人が主君に尽くすもの、孝は一族全体の繁栄を目指すもの、ということで、

目まぐるしく変わる王朝や主君よりも一族安泰が重要というわけです。

孝の心構えは重宝された時代でした。

 

二十四孝に袁術登場

陸遜

 

実際に親孝行した具体的な行動を示した「二十四孝」。

いろいろな時代の人物が登場するこの話の中に袁術が登場します。

凄いことですねー。

ただ主役は「陸績(りくせき)」です(陸遜の叔父)。

陸績が六歳の頃にスーパーエリート袁術の家に挨拶に行ったときに、蜜柑を袁術は出してあげたそうです(優しいですね)。

それを陸積は三つも取って懐に入れたのです。そして帰りにお辞儀をするとき落とすというドジをしでかしました。

袁術は「なんだ陸家の息子は泥棒と一緒か」となじったそうです。

 

朝まで三国志 袁術

 

陸積は「帰って母親に食べさせたいのです」と返答し、

その親孝行ぶりに袁術は心を打たれたのです。

 

関連記事:やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくうん)ってどんな人?

関連記事:陸遜(りくそん)ってどんな人?100年に1人の呉の逸材

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

関連記事:誰かに話したくなる!三国志にまつわる都市伝説『後漢・魏・呉・晋の●●●』

 

三国志ライター ろひもと理穂の独り言

袁術 はちみつ

 

こんなところに袁術が登場してくるとは意外ですね。

八徳の孝に対する袁術の理解を示した話でもあります。

袁術は忠の無い部下ばかりでしたが、それはそれ以上に孝を大切にするように日々説いていたからかもしれません。

兵たちは泣く泣く袁術のもとを去り、家族のもとへ逃げ延びていったのではないでしょうか。(前向きにとらえすぎでしょうか)

ちなみに袁術と陸積の父である陸康(りくこう)は仲が悪かったそうですね。

実際に戦争もしていますし。その息子へのこの理解の示し方は袁術の度量の広さを表しているとも私は考えます。

 

関連記事:スーパーエリート袁術!理由はファミリーにあり?スーパー名家を探るよ

関連記事:袁術祭り秘話|袁術をkawausoが取り上げた理由

関連記事:孫策を自分の息子にしたいと思っていた袁術

関連記事:三国志一の策謀家、袁術の伝説

 

—自称皇帝の袁術をたっぷり紹介!—

企画バナー袁術




よく読まれている記事

袁術

 

よく読まれている記事:【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

 

朝まで三国志

 

よく読まれている記事:朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第1部

kawauso 投壺

 

関連記事:三国時代の娯楽にはどのようなものがあったの?タイムスリップして当時の人に取材してみた

 

袁紹 曹操

 

よく読まれてる記事:【三国志if】もし袁紹が官渡の戦いで曹操に勝ってたらどうなってたの?

 

この記事を書いた人:ろひもと理穂

ろひもと理穂

■自己紹介:

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。

 

■好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

 

■何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 死刑か肉刑か?魏の宮廷を二分した刑罰論争
  2. 韓遂と王国の反乱が後漢王朝の基盤を揺るがした
  3. 卑弥呼の鬼道を探る。卑弥呼-張魯-安倍晴明のつながり
  4. もし曹丕が夷陵の戦いの後に蜀に攻め込んでいたら蜀はどうなった?
  5. 劉勲(りゅうくん)とはどんな人?袁術病死の後継者は「泣く子を救う…
  6. 錦馬超には仲間と呼べる人達がいたの?
  7. 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】
  8. 木牛流馬って何?孔明の発明で輸送問題が解消し北伐で大活躍?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの?
  2. 【軍師連盟】晩年の司馬懿には欠点はなかったの?
  3. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5
  4. 【三国志作家】伴野朗のとんだ災難、事実は小説より奇なり?
  5. 101話:曹操魏王に、そして劉備は漢中奪回を目指す
  6. 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

孫香(そんこう)とはどんな人?そんな人いたんだ!最期まで袁術に尽くした孫家の将 郭修(かくしゅう)とはどんな人?費禕を暗殺したあんまり有名ではない魏の暗殺者 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征 三国志の覇者・呆れるくらいの人材マニアの曹操 【キングダム555話】「個別撃破」ネタバレ&レビュー 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は? 龐徳(ほうとく)ってどんな人?忠烈な最期を称えられた魏(義)の猛将 諸葛靚(しょかつせい)とはどんな人?父(諸葛誕)の敵である司馬家を恨み、晋に仕えなかった硬骨漢

おすすめ記事

  1. 郭嘉は劉備の命の恩人?地獄で仏のアドバイス
  2. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  3. 董卓軍の軍事組織はどうなっていたの?暴君の軍隊をミエルカしたよ
  4. そうなのか!新選組の近藤勇も関羽をリスペクトしていた
  5. 関銀屏(かんぎんぺい)とはどんな人?まさに三国志界のジェダイの騎士
  6. 天璋院篤姫とはどんな女性?西郷どんの憧れの女性?
  7. まだ漢王朝で消耗してるの?第4話:九品官人法 陳羣(ちんぐん)
  8. 【超簡単解説】危急存亡の秋とはどういう意味?はじさん故事成語

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP