【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略1】ついに超名作ゲームがみんなの手に蘇る!!


 

コーエーの三国志好きの皆さん。

あの名作がついに皆様のスマホでプレイ出来る日がやってきました。

8/31にリリースされた「三國志曹操伝 ONLINE」です。

そこで今回コーエーのシュミレーションゲームを全てやってきた、

はじめての三国志ゲーマー・黒田レンが

「三國志曹操伝 ONLINE」の魅力を余さずお伝えしていきたいと思います。

 

【三國志曹操伝 ONLINEのダウンロードはこちら】

三國志曹操伝 ONLINEは曹操が主人公

 

ダウンロードを終了して「三國志曹操伝」を開始。

チュートリアルは赤壁の戦からです。

史実とは違い曹操軍が優勢に戦いを進めているifストーリー。

三国志ファンを虜にする心憎い演出です。

黒田レンはすぐに虜になってしまいました。

レンは一応このゲームを数十年前に友達の家でプレイしたことがあったのですが、

数十年前の事ですのでストーリーやプレイ方法など覚えていませんでした。

ですがこのプレイ画面は鮮明に覚えており、懐かしさのあまりちょっと涙ぐんでしまいました。

さて雑談はこれくらいにして早速ゲームを開始。

 

 

このゲームはシュミレーションRPGと言われ、

上記のようにユニットを動かして敵軍を攻撃、

そして敵軍を殲滅することでマップをクリアとなっています。

マップをクリアすると新たな物語へと進行。

チュートリアルなので先ほどの赤壁の戦いはほとんど

苦労することなく楽勝でクリアすることができました。

(チュートリアルから難しいゲームなんてほとんどないので、クリア出来て当然なんですけどね)

こうして無事チュートリアルをクリアしてゲーム本編へとコマを進める黒田レンでした。

そして本当の戦いはここから始まることになるのです。


部隊編成や内政をしっかりと教えてくれる夏侯兄弟

 

チュートリアルを難なくクリアしたレンの元に二人の武将が仲間に加わり、

ゲームの内容を教えてくれました。

 

 

一人目は曹操軍の重鎮として知られる夏侯淵です。

夏侯淵は部隊編成の仕方や武将のコストについて色々と教えてくれました。

こうして夏侯淵から部隊編成の仕方を教えてもらった黒田レンは、

次なるステージ都昌祭祀討伐戦を楽勝でクリアすることができました。

夏侯淵将軍ありがとうございます。

 

 

そして二人目は隻眼将軍として恐れられ、

曹丕(そうひ)の時代には大将軍にまで出世することになった夏侯惇(かこうとん)。

乱暴な口調で教えてくれるのかと思いきや全然そんなことなく、

三國志曹操伝の醍醐味の一つと言える内政機能についてしっかりと教えてくれました。

内政を行うことによって貯蓄することのできる兵糧・お金の量をアップしたり、

都市の機能について教えてくれました。

夏侯惇から都市機能の事を学んだ黒田レンは早速都市を改築してバージョンアップさせた後、

つぎのストーリーへ駒を進めるのですが大変が起きてしまうのでした。



黒田レンのピックアップコーナー

 

ここでは「三國志曹操伝ONLINE」に登場し、

黒田レンが気になったキャラクターをピックアップしていきたいと思います。

今回は最初なので「三國志曹操伝 ONLINE」の主人公・曹操を取り上げたいと思います。

三国志最大領土を保有することになった魏を建国した英雄として知られ、

戦、政治、外交などなど全ての面で優秀な人物。

更に曹操は孫子の兵法書を編集したり、酒造りの方法をピックアップしたり、

詩を書いたりと戦や政治以外にもマルチスキルを披露したことでも有名です。

「三國志曹操伝 ONLINE」ではプレイヤーが曹操を動かしていくので、

曹操がマルチスキルを持った天才君主となるのか、はたまた劉禅のようにボンクラになってしまうのか。

それは全て「三國志曹操伝 ONLINE」をプレイするあなた次第と言えるでしょう。

そして次回「三國志曹操伝 ONLINE」第二回にして黒田レンにあの武将が加わったり、

最大のピンチを迎えたりと大忙し。

次回黒田レンの「三國志曹操伝 ONLINE」のプレイ日記一体どうなるのか。

乞うご期待!!

 

【三國志曹操伝 ONLINEのダウンロードはこちら】

関連記事

  1. 曹丕にバカにされて嫌な気分な王忠
  2. はじめての三国志 画像準備中
  3. 許靖
  4. 太平道の祖・張角(黄巾賊)

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

“近代オリンピック




PAGE TOP