法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

おんな城主 直虎

【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介

おんな城主 直虎




 

井伊家を守るために日夜奮闘している井伊直虎(いいなおとら)。

直虎は小野政次(おのまさつぐ)の死から立ち直ります。

そんな中、気賀から脱出を図っていた龍雲丸は、

徳川軍の攻撃を受けて瀕死の重症を負ってしまいます。

しかし井伊直虎の必死の看病によってなんとか意識を取り戻し、

奇跡的に回復するのでした。

龍雲丸が意識を回復して元気を取り戻した頃、

徳川と井伊家の橋渡しとして活躍していた使者・常慶(じょうけい)が、

再び直虎の前に現れるのでした。

 

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第32話「復活の火」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第34話「隠し港の龍雲丸」の見どころ紹介

前回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第35話「蘇えりし者たち」の見どころ紹介




第36話「井伊家最後の日」の見どころその1:常慶からとんでもない提案を受ける

 

龍雲寺の井伊直虎と南渓和尚(なんけいおしょう)の元へひとりの男が訪ねてきます。

その男とは常慶でした。

常慶は井伊家と徳川家の橋渡し役として活躍しておりましたが、

今やってきたのはなぜなのでしょうか。

常慶がやってきた理由は「松下家の養子として、虎松を貰い受けたい」と

いう申し出をするためでした。

常慶は直虎へ「松下家は後継者がおらず、虎松を松下家の当主の養子となることで、

松下家を虎松に譲る覚悟がある」と言うことを述べます。

直虎は常慶の話を聞いて「即断はできない。少し考えさせてくれ」と言って、

常慶を下がらせるのでした。

もし虎松を松下家へ養子として送り出せば、

松下家にいる虎松の母親・シノと一緒に暮らすことができ、

虎松にとって一番幸せな事になります。

しかし虎松が松下家の養子となれば、井伊家の再興を諦めることにつながります。

果たして直虎はどのような道を選択するのでしょうか。




第36話「井伊家最後の日」の見どころその2:南渓和尚と直虎の語り合い

 

井伊直虎は常慶の話を龍雲丸へ話します。

すると龍雲丸は「もう潮時なんじゃないんっすかね。

尼小僧様のやりたいようにやりゃいいと思いますけどねぇ」と語ります。

しかし直虎は、龍雲丸の言葉に納得することなく思い悩んでしまうのでした。

その夜直虎は井伊家の井戸でひとり思い悩んでいると、南渓和尚がやってきます。

和尚は直虎へ「もうやめじゃ。井伊はここで終わらせよう」と

優しい口調で語りかけるのでした。

直虎は和尚の言葉を聞いて驚きの表情を見せるとともに涙を流し

「まこと・・・・役立たずで・・・・ご期待に添える事ができず・・・申し訳ございません」と

こぼすのでした。

一生懸命直虎なりに頑張ったけど努力が報われることなく、井伊が滅亡してしまう。

悔しい直虎の心中を察することができるシーンだったと思います。

井伊家再興を諦める決断をした直虎は、

家臣達を集め「井伊家再興はもう諦めることにした。」と述べます。

すると中野直之(なかのなおゆき)は悔し涙を流しながら

「所詮おなごじゃな!!俺はそのおなごに全てをかけてきたんだ」と

悔しさを直虎へ吐き出して、去っていくのでした。

直虎は、三河の鳳来寺(ほうらいじ)へ向かい虎松へ「井伊家の再興はもう諦めた。

今からは母上がいる松下家へ養子に行くことになった。」と語ります。

すると虎松は「私は井伊の虎松です。」と直虎へ言います。

しかし直虎は「井伊はもう無い」と言って虎松の元を去っていくのでした。

虎松は直虎の言葉を聞いて泣きじゃくってしまうのでした。

誰もが井伊家再興を直虎が行うと信じていたにも関わらず、

裏切られた思いを抱いたのではないのでしょうか。

 

大河ウォッチャー黒田レンの独り言

 

井伊家は直虎の決断によって再興を諦めることになります。

そして中野直之や高瀬は近藤さんの所へ仕官することに。

虎松は母親のシノがいる松下家の養子となるのでした。

井伊直虎は龍雲丸と一緒に農民になって生活することになります。

しかし井伊家は再興する事を諦めたにも関わらず、

まだまだ歴史の渦の外側へ移動することができないのでした。

 

次回記事:【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介

 

関連記事:楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選

関連記事:おんな城主 直虎を100倍楽しむ!今川に呪われてしまった井伊家宗家

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 王儁(おうしゅん)とはどんな人?曹操を認め親しく付き合っていた孟…
  2. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  3. 【三国志の英雄】曹操の恐ろしいエピソードをご紹介
  4. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第31話「虎松の首」の見ど…
  5. はじめての三国志 画像準備中 審配(しんぱい)とはどんな人?衰えていく袁家を支えた忠臣
  6. 織田信長 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だ…
  7. 馬鈞(ばきん)とはどんな人?諸葛亮を凌駕する魏の天才発明家
  8. 司馬懿と曹操 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬謖の陣形に笑う張コウ
  2. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  3. 劉邦と張良と陳平
  4. 黒田官兵衛

おすすめ記事

  1. 古墳時代とはどんな時代だったの?幕開けから終焉まで分かりやすく解説 大和朝廷を建国したカムヤマト
  2. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  3. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは? 木牛流馬
  4. 【シミルボン】真面目そうな夏侯惇がやってしまったロックな行動の理由とは 夏侯惇
  5. 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る 小松帯刀
  6. 始皇帝が中国統一後、なんで中国全土を巡幸したの?全巡幸をストーキングしてみた 始皇帝(キングダム)

三國志雑学

  1. 亡くなる袁紹
  2. 周瑜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 光武帝(劉秀)陰麗華
  2. 楊儀と魏延
  3. 孫武(ゆるキャラ)
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 女と金
  6. 張飛と本多忠勝

おすすめ記事

薩摩藩の島津義弘 本多忠勝と島津義弘のどちらが強い?最強武将対決 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も徳で感化させる 丸木舟(弥生時代) 【渤海国の謎に迫る】なぜ渤海国は謎の王国になってしまったのか? 豆から兵士を作り出す栽培マンな仙人孔明 【三国志平話】三顧の礼の諸葛亮が仙人で居留守 亡くなる周瑜 周瑜の死因と三国志の英雄たちの死因を調べたら判明したことを紹介 韓信と劉邦 【劉邦暗殺計画】劉邦の態度のでかさに激怒した家臣達 はじめての三国志編集長 kawauso 【11月の見どころ】「麒麟がくる」特集 典韋にボコボコにされる成廉 典韋は「悪来」って曹操に呼ばれたけど褒め言葉なの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP