三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【ザ・犯罪】曹操軍に実在した墓泥棒組織 発丘中郎将・摸金校尉




 

三国志の中には、虎賁(こほん)とか、騎都尉(きとい)とか、

校尉(こうい)とか、様々な官職があります。

それぞれ身分の上下はありますが、無くてはならない仕事ですが、

それらの官職に、墓泥棒の専門という、発丘(はっきゅう)中郎将や

摸金(もきん)校尉というトホホな官職がありました。

しかし、どうして、このような官職が登場したのでしょう。

そこには、背に腹は代えられぬ、当時の群雄の悩みがありました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:漢の時代の人が考えるあの世は、どんなイメージ?




武器を造る為に、手っとり早く墓を暴いた曹操の合理主義

 

三国志の時代、群雄達にとって、どうしても必要な事は武器や防具の製造でした。

そりゃそうです、武器防具の備えがなくては、戦うのにも難渋しますからね。

一番いいのは、鉱山から鉄や銅のような資源を採掘して造る事ですが、

なにより、何十年も戦争が続くと、鉱山は荒れ果て、道路は寸断され、

そうそう大量の銅や鉄を手に入れる事は出来ません。

 

また、そうでなくても、民間でも鉄や銅を使うのですから、

民間との配分の兼ね合いも、考慮にいれないといけなくなりました。

 

そこで、魏では大量の副葬品が眠る墳墓を暴いて資源としてリサイクルする

合理主義と強弁しても、あんまりと言えばあんまりな罪深い仕事が産まれます。

こうして、国家公認の墓泥棒専門の官職 発丘中郎将・摸金校尉が

正式に発足する事になるのです。

 

まあ、生きている人間から資源を強奪するよりは、幾分かは、

罪の意識が薄くなるとはいえ、あまり気持ちの良い仕事ではないですね。




名前も情けない 発丘中郎将・摸金校尉の意味とは

 

そもそも、発丘中郎将も摸金校尉も名前からして情けないのです。

発丘は、「丘をあばく」という意味でした。

当時、墳墓は小高い丘の形で築かれたので発丘とは

「墓をあばく」と同義になり、墓あばき中郎将になります。

 

そして、摸金校尉の「摸金」とは、金属を探し求めるという意味で、

金目のモノを求めて、荒野を彷徨う様が目に浮かびます。

情報がないので断定は出来ませんが、この官職は、

自ら志願する人はいなかったではないでしょうか。

 

もっとも、彼らの名誉の為に弁護すれば、本当の墓泥棒は、

自分の私利私欲の為に墓をあばくのですが、彼らには、

天下統一の為という理念があった事でしょうか。

 

それに、墳墓だって侵入者に対して、何らかのトラップを仕掛けた

危ない墓だってあったでしょうから、名前が情けない割に

かなり墓泥棒としてのスキルも必要だったかも知れません。

 

曹操は墓あばきの自覚があり、自らは薄葬にしたのでは

 

墓を暴いて、その棺桶をばらして武器にした記述は、

北伐時に陳倉城で諸葛亮孔明(しょかつ・りょう。こうめい)

猛攻に耐えた、魏の郝昭(かくしょう)の記録にも見られます。

彼が息子に残した遺言によれば、

 

「私は長く将軍をやったから、将軍などというのは、

大した仕事ではないという事を知っている。

また、墓を暴いて武器を造ったりしたので死者に

手厚い埋葬が無意味な事も知っている

私が死んだら、着のみ着のままで都合のよい場所に葬れ」

 

等と、醒めたような投げやりな遺言を残しています。

これも、他人の墓とはいえ、墓をあばいて武器に当てた事を

気に病んでいるとも取れる発言です。

 

そういえば、曹操(そうそう)も薄葬令を出して

葬儀は質素にせよと遺言を残していますね。

官職を制定してまで、組織的に墓あばきをした曹操としては、

因果応報で考えると、自身もまた墓をあばかれるだろうと、

予測していたのでしょう。

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

この発丘中郎将、摸金校尉の記述は、曹操の陣営について記録した

袁紹(えんしょう)軍の記述に出てくるそうです。

と、言う事は、魏では、このような官職は恥として記録しなかったのでしょうか?

そうでなければ、急場しのぎで一時的に置いた官職だったので、

物資が安定した事で使命を終え、廃止してしまったのでしょうか。

 

以上は篠田耕一著 三国志軍事ガイド 99Pを参考にしつつ

Kawausoの主観を交えて書いてあります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:そうか!曹叡が豹変したのは、孔明が死んだからではなかった!

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 荀彧はどの派閥にも属さずぼっちだったの?
  2. 【素朴な疑問】戦争に敗れると将軍には、どんな罰が待っていたの?
  3. 【正史三国志から見る】謀反人にされてしまった魏延は本当に反逆する…
  4. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選
  5. 【5分で読める】ビジネスマン必見!崩壊寸前の組織を建て直すなら司…
  6. 于禁と共に関羽に降伏した浩周と東里袞のその後とは?
  7. 李儒と三国志 超分かりやすい!三国志 おおざっぱ年表
  8. 呉の周瑜、孫策、程普 【呉が好きな人は見ないで下さい】魏や蜀に負けるものか!俺達は呉の…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【はじ三グッズ】可愛い郭嘉のスマホケース(iPhone/Android対応)近日発売予定
  2. 徳川家が豊臣を滅ぼすきっかけとなったのはどんな理由だったの?
  3. 【パチ感満載】後出師の表を堂々パクった諸葛恪!
  4. 始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?
  5. 西郷隆盛と木戸孝允はどんな関係?
  6. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース18記事【3/6〜3/13】

三國志雑学

  1. 幕末 魏呉蜀 書物
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

橋本左内の子孫はバラエティ豊かだった! 大胆仮説!孔明が口ずさんだ梁父吟は芝居のセリフだった!? 荀攸(じゅんゆう)とはどんな人?地味だけど的確な献策を行った軍師 曹操のテストを見事クリアした王族・劉曄(りゅうよう)の逸話 三国夢幻演義 龍の少年 第2話「龍の目覚め」見逃し配信開始! 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なることは林の如く 【三国天武 攻略その2】周瑜や姜維など三国天武の強いイケメン武将と新武将として登場した南蛮王の奥さんを紹介 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

おすすめ記事

  1. 『三國志曹操伝 ONLINE』がアップデート。新コンテンツ「千里行」と、完全オリジナルシナリオを追加!
  2. 中二病韓信 ヤクザ劉邦を大説得、神分析に漢軍大フィーバー
  3. 【大三国志 攻略1】ついに始まった中国韓国で大ヒットしている戦略RPGの三国志
  4. 諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!
  5. 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの? 曹叡
  6. 張飛の娘はサラブレッド?夏侯月姫と張飛の恋愛事情
  7. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみた
  8. 114話:蜀キラー陸遜、劉備を打ち破るための不気味な沈黙

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP