コメント機能リリース
コメント機能リリース




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志の時代にも暗号があった!陰書と陰符




 

戦争の途中、遠く離れた味方と細かい連絡を取りたい時、無線がない時代は、

文書を持たせて伝令を出すしか方法がありませんでした。

しかし、それは、敵も狙っている事であって、伝令を捕えて文書を奪い取り、

敵軍の動向を探る大事な情報源としていたわけです。

そこで、万が一、敵に文書が渡っても、意味が分からないようにする工夫がされます。

これが暗号の始まりで三国志の時代には陰符(いんふ)と陰書(いんしょ)がありました。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【孔明の戦術】戦いには旗が決め手!諸葛亮のフラッグフォーメーション

関連記事:三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい!

 




 

長さに意味を込めた三国志の時代の暗号 陰符

 

 

陰符とは、何も書かれていない一定の長さの竹簡や木簡です。

ちょっと見ると、見逃してしまいそうですが、そこが、この陰符のミソでして

実は、こちらの陰符には、文字でなく札の長さに意味があるのです。

その陰符に込められた意味の一例が以下になります。

 

1尺(当時22~23センチ)敵に大勝した

9寸 敵を撃破し、その将を捕虜にした

8寸 敵の都市を攻略した

7寸 敵を撃退し遠くに知らせる

6寸 軍隊が堅い防御に入っている事を警告する

5寸 食糧の補給と兵士の増強を希望する

4寸 戦闘に敗北し将を失った

3寸 戦況は不利で兵士を失った

 

陰符はあらかじめ、どのような材質の札を使うか、

長さをどうするか?そこを取りきめれば、

仮に敵に簡を押収されても、情報がバレないように出来ました。

しかし、陰符で伝えられるメッセ―ジは短いものであり、

さらに細かい内容を伝えるには、不向きであると言えます。




 

立て書きの木簡を横にして、3つに分離 陰書

 

そこで、ある程度、まとまった情報を遠く離れた味方に伝える為に編み出したのが

立て書きの札を横向きにして文字を書き、それを3つに分離した陰書でした。

 

陰書は、画像のように本来縦書きの漢文を札を横向きにして書きます。

こうしてから、木簡をバラバラにして3等分すれば、仮に敵の手に一部が渡っても、

何を書いてあるのか相手には分かりません。

この暗号作戦は、六韜(りくとう)の龍韜(りゅうとう)にもあるもので、

中国の戦国時代、つまり、キングダムの時代には、すでに存在していた暗号なのです。

 

三国志の戦場では、このように陰符や陰書が飛び交い、暗号を用いた

騙し合い、情報戦が展開していたのです。

関連情報 木簡には、どんな事が書いてあったの? ここをclick

今と変わらない?三国志の時代の勤務評価表を紹介

今回は、サラリーマンなら、誰でも一度は手にした事がある勤務評価について

当時の資料を元に解説してみます。

1800年前にも存在した勤務評価表には何が書かれていたのでしょうか?

 

 

【奇想天外な夢の共演が実現 はじめての架空戦記

 

曹操が編み出した暗号 羽檄

 

暗号繋がりでは、三国志の英雄、曹操(そうそう)も、独自の暗号を産みだしています。

こちらは、陰符に近いもので、板に鶏の羽根を差した羽檄(うげき)というものです。

羽檄の意味は、「大至急援軍を頼む」というものでしたが、歴史では、

曹操の羽檄が大成功を収めた記録があります。

 

西暦228年、国境の北に出征した魏の護烏丸校尉(ご・うがんこうい)

田予(でんよ)が馬邑城において、鮮卑(せんぴ)族の大軍に包囲された事がありました。

田予から救援を求める文書を受け取った雁門(がんもん)太守、牽昭(けんしょう)は

ただちに援軍を派遣しようとし、軍事行動を命令違反と制止する州を押し切り出陣。

途中、曹操が開発した羽檄を周辺の城に送り、同時に馬邑城にも送ります。

 

羽檄を見た馬邑城の田予と将兵は援軍が来ると安堵して士気が上がり

逆に鮮卑族は魏の援軍が来ると知って怯え、一部が脱走します。

これによって、牽昭の援軍は成功し、馬邑城は見事に解放されたのです。

 

 

三国志ライターkawausoの独り言

 

以上、陰符と陰書、それに曹操が編み出した羽檄について説明しました。

それにしても、時代が進んだとはいえ、現在の暗号も文言を数字に置き換えて

乱数化し、特定の暗号機に掛けないと相手が傍受しても分からなくしたり

パスワードを掛けてそれが解けないと内容が分からなかったりと

かなり高度になっていますが、基本的な部分は陰書とそれほどには

変化していないように感じますね。

 

※この記事は三国志軍事ガイド 著者 篠田耕一を参考に書いています。

 

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説

関連記事:【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 曹操軍 【図説】三国志の戦争の基礎になる「隊」について徹底解説
  2. 孔明 【三国志の誤植集】何平や喬国老や橋玄って誰?うっかりミスが大惨事…
  3. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  4. 魯粛、周瑜、袁術 マンガ『キングダム』に学ぶ、本心を隠し部下の本音を探れ
  5. 老荘思想(ろうそうしそう) 【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた
  6. 【キングダムで話題】戦国七雄の神武将7人を紹介
  7. 袁術 エリート袁術が逃げ込んだド田舎の揚州に住む異民族とはどんな民族だ…
  8. 羊コ 羊祜 魏と晋 三国時代から西晋時代を駆け抜けた羊祜の魅力とは

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 甘寧と凌統
  2. 占いをする卑弥呼(鬼道)
  3. 黄巾賊を退治する曹操
  4. 怒る曹操
  5. 関興と張苞
  6. 大声を出す張飛
  7. 魏 星座大好きな幼少期の管輅
  8. 船酔いする曹操
  9. 織田信長
  10. 剣を持ち戦う李牧

おすすめ記事

  1. 春秋と史記に隠された意味がダヴィンチコードレベル 孔子と儒教
  2. 老黄忠に迫る!黄忠が夏侯淵を討ち取ったのは本当に法正のおかげ? 法正に敗れる夏侯淵
  3. 54話:劉備、再び曹操に敗れる 劉備軍 曹操軍
  4. 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた
  5. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布 裏切った呂布
  6. 西夏初代皇帝・李元昊はどんな最期を迎えたの?死亡した理由や墓を紹介 李元昊

三國志雑学

  1. 曹操と夏侯惇
  2. 法正
  3. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  4. 曹丕と曹操


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 楊貴妃
  2. 軍師孔明
  3. 連幹の計 呂布 貂蝉
  4. 李儒
  5. 于禁、曹操、青州兵
  6. 赤穂浪士の吉良邸討ち入り
  7. 関羽の一騎当千

おすすめ記事

【意外】古代中国では犬や山猫が鼠を捕っていた? 井伊直弼の墓がある豪徳寺は猫萌えのお寺だった? 茶を飲む張角(太平道) 三国志の時代のお茶は、全然人気が無かったってホント? 龐統 龐統(ほうとう)ってどんな人?孔明とは頭脳以外全て正反対 高順 はじめての三国志 月刊はじめての三国志2019年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 真田丸 武田信玄 織田信長と武田信玄が戦争になったのは徳川家康のせいだった! 敗北する桓騎 【キングダム】桓騎の死に方を史実を元に3つネタバレ予想 嬴政(始皇帝) 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵馬俑の謎

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP