藤崎竜ファン感涙 封神演義がアニメ化!アニメキャスト声優や見どころ


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

ジャンプの黄金期と言えば、ドラゴンボール、

幽遊白書など数多くの名作がジャンプ誌上に登場しておりました。

そんなジャンプの黄金期に登場した名作がなんとアニメ化。

そのアニメは古代中国の殷周革命期を描いた封神演義(ほうしんえんぎ)です。

今回初めての三国志ではこの覇穹・封神演義がどのようなアニメに仕上がるのか、

大胆に予想してみたいと思います。

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:封神演義(ほうしんえんぎ)って何?殷末の武将たちの戦いをもとに書かれた小説


そもそも封神演義(ほうしんえんぎ)とは

 

覇穹・封神演義のみどころ予想をする前にどのようなストーリーなのか。

封神演義を知らない人達の為にまずはストーリーをざっくりとご紹介しましょう。

封神演義の舞台となる時代は古代中国史の殷の紂王(ちゅうおう)の時代です。

紂王は優れた王として君臨するはずでしたが、

絶世の美女・妲己(だっき)を側室にします。

妲己は紂王の側室となると紂王に仙人の術を使って操り、

贅沢三昧な暮らしを送り続け、民衆は重い税金に苦しむことになります。

天界に住む仙人達は妲己から人間界を救うため、妲己を封印するべく

封神計画を発動する事に。

そして封神計画の要として選ばれたのは、

封神演義の主人公・太公望(たいこうぼう)です。

太公望は人間界をめちゃくちゃにした仙人・妲己を封印するべく、

人間界に降り立つことになります。

超ザックリと封神演義のストーリーを少しご紹介しました。

ここから覇穹・封神演義の見どころを大胆に予想していきたいと思います。


覇穹・封神演義の見どころ予想その1:個性的なキャラクター

 

覇穹・封神演義のみどころ予想その1は、

個性的なキャラクター達がアニメではどのように描かれているのかです。

封神演義の主人公・太公望はマンガでは脱力系キャラクターとして描かれながら、

頭の良さは仙人界きっての秀才。

そして決めるときはビシッと決めるカッコイイキャラクターでした。

果たしてアニメの太公望は脱力系キャラでありながら、

マンガのようにビシッと決めるシーンをカッコよく描かれているのか。

またマンガ・封神演義と言えば女性キャラが魅力的に描かれていました。

紂王を操る妲己はジャンプで連載している時、

妖艶な雰囲気を醸し出していながら魅力的なキャラクターでした。

覇穹・封神演義では妲己の妖艶な雰囲気を醸し出しながら、

彼女の魅力を最大限に引き出すことができるのか。

ここも見どころの一つに数えることが出来るでしょう。

 

三国志の武将に特化したデータベース「はじめての三国志メモリーズ」を開始しました

 


覇穹・封神演義の見どころ予想その2:スピード感や激しい戦闘シーン

 

マンガ・封神演義はスピード感ある戦闘シーンやド迫力で激しい戦闘が、

何度も繰り広げられています。

レンは連載当時に封神演義を見ていたのですが、ド迫力な戦闘シーンを見た時、

鳥肌がザワっと出たのを覚えております。

果たして覇穹・封神演義はこの戦闘シーンが迫力満点に再現され、

視聴者を大いに楽しませることができるのか。

この点も注目するべきところでしょう。


  

 

覇穹・封神演義の見どころ予想その3・キャラクターの声優陣

 

レンはマンガからアニメ化した際、一つ重要な部分があると考えています。

それはアニメのキャラクターに命を入れる声優さん達です。

視聴者達はストーリーや戦闘シーン、キャラクターデザインが良くても、

キャラクターの声優がダメだと一気に視聴率が離れていく可能性があります。

そのため非常に声優さん達の布陣は大切なことだと考えます。

覇穹・封神演義の公式サイトでは既に主要キャラクター達の声優さん達が、

紹介されております。

ここでは主要キャラクターの声優さん達を少しだけご紹介しましょう。

太公望・小野賢章

妲己・日笠陽子

申公豹・鳥海浩輔

など多くの有名声優陣が活用されております。

キャラクターの声優陣だけは決定されているので予想とはちょっと違いますが、

気になる方はぜひ公式サイトをチェック!!

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

覇穹・封神演義。

史実とは全然違う物語展開となりますが、

意外と殷周王朝の革命期を知る事ができます。

また黒田レンの予想は果たして当たっているのか。

気になる方はぜひ覇穹・封神演義を見てみるっス!!(四不象さん風に言ってみました・・・・)

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛

関連記事:びっくりするような遅咲き!天下の賢者 太公望

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 


 

関連記事

  1. 姜維
  2. 豊臣秀吉 戦国時代
  3. 孫武(ゆるキャラ)
  4. 王平は四龍将
  5. 劉禅を説得する張嶷

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志倶楽部

“濡須口の戦い

“赤壁の戦い

“公孫瓚

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP