三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?

この記事の所要時間: 335





 

司馬懿(しばい)曹芳(そうほう)の時代にクーデターを起こして、

魏の皇帝を超える権力を手に入れることに成功します。

司馬懿が起こしたクーデターを高平陵の変(こうへいりょうのへん)や正始の変等と呼ばれることになります。

司馬懿が起こしたクーデターは曹爽(そうそう)との対立によって、

起きたとの見方もできますが、実は名士vs反名士勢力の戦いだったのを

知っていますか??

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?

関連記事:曹爽討伐に成功後の司馬懿の対応が神ってる

 




 

曹魏政権の名士代表となった司馬懿

 

司馬懿は曹操の時代に登用され、その後順調に出世していきます。

曹叡(そうえい)の時代になると司馬懿は、

蜀の諸葛亮(しょかつりょう)の攻撃を防ぐ為、

大軍を指揮するための権力をもらいます。

司馬懿は大軍を指揮して孔明の攻撃を凌ぎ着ることに成功。

その後司馬懿は、曹魏に反抗的な態度を取っていた、

遼東(りょうとう)の公孫淵(こうそんえん)討伐に向かいます。

司馬懿は見事に公孫淵の討伐に成功し、

魏において名将としての地位を確立。

司馬懿は軍事における成功を収めながら、不遇を囲っていた名士達を登用し、

自らが名士の代表となるべく着々と曹魏内で勢力を拡大。

曹魏政権内の名士達は司馬懿を名士の代表として頼り、

名士達が司馬懿の元に集まり勢力が形成されていくことになります。




 

君主権力を脅かす可能性を危惧した曹爽

 

曹爽曹叡が亡くなった時、司馬懿と一緒に幼帝・曹芳(そうほう)を支えるように

命令を受けます。

曹爽は司馬懿が名士勢力の代表として君臨し、

君主権力を脅かす勢力を形成している事に危機感を抱きます。

曹爽は司馬懿の元に集まった名士勢力の拡大を防ぐため、

「周易(しゅうえき)、荘子(そうし)、老子(ろうし)」を尊重する

諸葛誕(しょかつたん)何晏(かあん)達を側近として登用し、

名士勢力に対抗する勢力を作り出していきます。

また曹爽は曹魏政権内で皇族の中で最高位の権力を持っていたことから、

他の皇族達や曹魏政権内の貴族と呼ばれる夏侯氏なども力を貸したと思われます。

こうして曹爽の元には多くの力が結集することになり、

名士勢力に対抗していくことになります。

 

竹林の七賢の存在意義!それは反・司馬懿(しばい)の政治結社だ!

北伐の真実に迫る

 

司馬懿を名誉職に就ける

 

曹爽はこうして名士勢力に対抗する勢力を形成した後、

司馬懿から権力を剥奪するため皇帝の守り役で名誉職となっている太傅(たいふ)の位を与えます。

司馬懿は曹爽から与えられたこの名誉職を拒否することなく受け取ります。

こうして曹爽は司馬懿を政権から退けることに成功。

だが司馬懿は政権内の権力を剥奪されますが、

軍事指揮権を放棄せず、今まで通り大軍を指揮する力を持っていました。

曹爽は皇帝の親衛隊・禁軍の指揮権を一族に与え、

司馬懿の軍事指揮権に対抗。

こうして名士代表・司馬懿と反名士勢力代表・曹爽との対立は深まっていきます。

 

「高平陵の変」勃発

 

司馬懿は曹魏の政権内から引退することを決断。

しかし司馬懿は曹爽一派を追放して自らの政権を確立するため、

曹爽の隙をじっと伺っていました。

曹爽は司馬懿が老いて耄碌しているとの報告を受けると、

司馬懿の元に探りをいれて本当に耄碌しているかを確認させます。

この確認の結果、司馬懿が老いて状況判断できない状態であることが判明。

曹爽は司馬懿がまともな判断ができないことを確認すると、

皇帝や側近を連れて曹叡のお墓参りに向かいます。

 

司馬懿は曹爽が側近らを連れて、

曹叡のお墓参りに向かったことを知るとすぐに皇后と会見し、

曹爽の職権全てを解任するように要請。

皇后は司馬懿の要請を受けると曹爽の職権をすべて剥奪する許可を出します。

司馬懿は曹爽の職権が解任されると洛陽(らくよう)の城門を全て閉じ、

軍を動かして曹爽達が帰ってくる道に駐屯させます。

こうして万全の状態を作り出した司馬懿は曹爽達へ

「罪を咎めないから、降伏してきなさい」と投降を誘います。

曹爽は司馬懿の誘い乗って投降。

司馬懿は曹爽達が投降してくると前言を撤回して、

曹爽や兄弟、側近達をすべて殺害。

こうして司馬懿は反名士勢力の代表・曹爽一派を消し去って、

自らの権力を確立することに成功するのでした。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

司馬懿と曹爽の争いの見方を変えれば、

名士勢力と曹魏政権内の貴族達との戦いと言えるのでないでしょうか。

そして史実通り司馬懿率いる名士勢力が皇族・貴族勢力に勝利した事で、

曹魏政権は崩壊したといっても過言ではないでしょう。

逆に名士勢力が破れ貴族勢力が勝利していればどうなっていたのでしょうか。

貴族勢力が勝利していた場合、曹魏政権が存続することになりますが、

三国時代を統一することはできなかったのではないのでしょうか。

このようにレンは予想しますが、皆様はどのように予想しますか。

参考文献 SB新書 三国志その後の真実など

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃!高平陵の変の黒幕は司馬師だった!

関連記事:「高平陵の乱」を蜀の丞相の費禕はどう評価したの?蜀から見る魏のクーデター

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操の誕生日に孫権から贈られてきたとっても嬉しくない贈り物って何…
  2. 西施(せいし)とはどんな人?中国四大美女の一人であり復讐の道具と…
  3. 三国志の時代に傘ってあったの?始皇帝や光武帝、呂蒙も使っていた傘…
  4. 『三国志』には色々な武器が出てくるけど、やっぱり鉄でできてたの?…
  5. 馬超と許褚の一騎打ち|関中を巡る戦い
  6. 裏切りイメージが悪影響か?魏延の墓は破壊されてしまった?
  7. 趙雲と姜維の一騎打ち!姜維の武勇は本当に凄かったの?
  8. 三国志の二次小説が江戸時代に書かれていた

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?
  2. もし荊州を趙雲に任せたらどうなったの?【ろひもと理穂if考察】
  3. 36話:6人の英傑を裏切り最後を迎えた呂布
  4. 【血統を知ろう】劉備は前漢の初代皇帝・劉邦の末裔なの?
  5. 【呉を作った男達】いぶし銀の輝きを放つ呉の英雄を紹介!
  6. 【まさかアッチ?】美女を退けた関羽の劉備愛が凄い

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

107話:関羽の死|桃園三兄弟の悲しい別れ 孫資(そんし)と劉放(りゅうほう)の綱渡り!曹叡の側近達による命懸けの戦い 祝融と孟獲三国志最強仲良し夫婦の面白エピソードとは 曹叡が孔明をDISる文章を発見!孔明はマゾでドけちだ! 劉備と孫権 残念ながら本当です!三国志赤壁の手柄は99%呉のモノ 魯粛の子孫は父と同じように優秀な人なの?? 始皇帝の法治国家を助けた韓非と李斯って何でいがみ合ったの? 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?

おすすめ記事

  1. もう誰も信じられない?実は袁術と絶交していなかった孫策! 孫策、陸遜、顧邵、他
  2. 【三顧の礼】諸葛亮の嫁の父・黄承彦の詩にドラゴンが出てカッコいい!
  3. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽
  4. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  5. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十四話「徳政令の行方」の見どころ紹介
  6. 郭図(かくと)とはどんな人?出ると負け軍師・袁家滅亡の戦犯
  7. 西郷どんキャスト表「島津斉彬」「坂本龍馬」の配役は誰?
  8. 読者の声(2018年10月28日〜11月5日)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP