架空戦記
帝政ローマ

はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?

この記事の所要時間: 34




曹叡

 

魏は曹操(そうそう)曹丕(そうひ)曹叡(そうえい)と三代続いて名君が誕生し、

魏の国家は大いに栄えていく事になります。

しかし曹叡が早くに亡くなってしまった事が原因で、

魏の三代目皇帝は幼い曹芳(そうほう)が継ぐことになります。

魏は三代目皇帝・四代目皇帝である曹髦へと続いていく事になるのですが、

魏の国は衰亡の一途をたどっていく事になります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら




曹叡の跡を継いだ幼い皇帝

曹芳

 

曹叡は若くして亡くなってしまった為に、魏の三代目皇帝は幼い皇帝である曹芳が

就任する事になります。

曹叡は皇帝が幼すぎる事を危惧して、魏の重臣となっていた司馬懿(しばい)

魏の大将軍であった曹真の長男である曹爽(そうそう)に幼い皇帝を補佐するように

命令を下した後、亡くなってしまいます。

こうして魏の新しい皇帝に曹芳が就任し、

司馬懿と曹爽の二人が協力して支えていく事になっていきます。




司馬懿と曹爽の仲が悪くなる

司馬懿と公孫淵

 

曹芳が皇帝に就任した直後は二人の重臣が力を合わせていった事もあり、

魏の国の内政は円滑に回っていく事になります。

しかしだんだんと司馬懿と曹爽は内政や外征に対しての意見の食い違いが、

発生するようになり二人の仲が悪くなっていきます。

そして司馬懿は高齢と言う事もあり、政権から身を引く事になります。

こうして司馬懿が居なくなったことが原因で、

魏の政権は曹爽が皇帝を補佐して運営していく事になります。

 

 

司馬懿のクーデター…そして曹氏一門が没落

司馬懿

 

曹爽はこうして魏の実権を握ると、魏の政権を我が物顔で運営。

しかし幼い皇帝である曹芳に危害を加えるような事を一切しなかった為、

彼は曹爽のやり方に口を出しませんでした。

こうした政治を行っていた曹爽は、

皇帝である曹芳と共に首都である洛陽城を出て郊外にいく事になります。

曹爽や曹芳が洛陽城からいなくなると、司馬懿が兵を率いて城門を閉じ、

曹爽や曹芳が洛陽城へ帰ってきても入城を許すことをしませんでした。

その後曹爽が司馬懿に降伏した事で、皇帝曹芳も洛陽に帰る事ができましたが、

曹爽は司馬懿に殺されてしまい、彼の家族や子供なども共犯者として見られてしまい

殺害されてしまいます。

この結果曹氏一門の勢力が一気に弱まっていき、

司馬家の勢力が強まっていく事になります。

 

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は軍師?それとも将軍?司馬懿は武将として出世したの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿は簒奪をいつから狙っていたの?

 

司馬家の専横を憎んだ家臣達が司馬氏打倒を企むが…

司馬懿

 

司馬家は曹氏一族の勢力を魏の政権から一掃する事に成功した事で、

魏における司馬家の勢力は巨大化し、

魏の政権は司馬家によって運営されている状態になります。

この状況を憂いた魏の李豊(りほう)らは司馬家を打倒する事で、

魏の政権から司馬家を追い出そうと画策します。

しかしこの計画は司馬家に知られてしまい、計画は失敗に終わってしまいます。

この計画を立案した者達は全員捕らえられ、処罰されてしまいます。

 

関連記事:司馬懿討伐をもくろんだ王陵の反乱はなぜ失敗に終わったの?

関連記事:【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?

 

司馬家を打倒の計画が失敗に終わった事で…

司馬懿

 

司馬家打倒の計画は事前に司馬懿の跡を継いだ司馬師(しばし)にバレてしまい、

計画に参加した人々は処罰されてしまいます。

この時、司馬師は皇帝が酒に溺れて、女にしか興味を持たず、

政治に関与しない事から現皇帝を廃して、新たな皇帝を擁立しようと考えます。

司馬師は明帝・曹叡の奥さんである郭皇后に相談しに行きます。

 

司馬師

 

郭皇后は残念な顔をしますが、司馬師の望み通りにするようにと指示を出します。

次に司馬師は次の皇帝は誰にするべきか郭皇后に相談します。

すると郭皇后は「高貴郷公(こうききょうこう)である曹髦(そうぼう)

皇帝にするのがいいと思いますわ。」とアドバイスします。

司馬師は分別のある曹彪(そうひょう)を皇帝にしたいと郭皇后に提案しますが、

郭皇后が猛反対した事が原因で、曹髦が新しい皇帝に就任が決定します。

 

関連記事:眼球が飛び出て死亡!強烈すぎる司馬師(しばし)のエピソード【はじさん臨終図巻】

関連記事:【孔明死後の三国志に詳しくなろう】司馬師打倒の兵をあげた毌丘倹の反乱はなぜ失敗したの?

曹芳が皇帝の位を降ろされる

 

こうして司馬師と郭皇后の密談によって曹芳は皇帝の位を降ろされる事になります。

曹芳は皇帝の位に執着することなく、司馬師のいう通りに皇帝の位から去っていきます。

そして曹芳の入れ替わりに新たな皇帝として曹髦がやってきます。

 

三国志ライター黒田廉の独り言

黒田廉

 

三代目皇帝である曹芳をご紹介しました。

彼は何も実績を残すことなく皇帝の位から落とされる事になります。

しかし彼が皇帝の位にいた頃に曹爽が司馬懿に殺害されたことで、

魏の政権は曹氏一門の勢力が一気に弱まってしまいます。

そして曹氏一門が没落した事で、魏の政権内で力をつけた司馬一族が魏の政権を

握っていく事になります。

三代目皇帝から魏の滅亡は加速していく事になります。

「今回の三国志のお話はこれでおしまいにゃ。

次回もまたはじめての三国志でお会いしましょう。

それじゃまたにゃ~」

 

関連記事:なんと○○を食べていた!三国志の驚異の食生活

関連記事:三国志時代に降伏や降参するときはどうやってサインを出していたの?

 

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわ…
  2. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  3. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?…
  4. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  5. 徳川家康は孫権を参考にしていた?二人の共通する人材起用のポイント…
  6. 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どち…
  7. 常に二番手で戦ってきた李典のタッグ武将歴
  8. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 蒙武(もうぶ)ってどんな人?親友、昌平君との戦いは回避不能!
  2. ちょっと悲しい桃園三兄弟(劉備・関羽・張飛)の最期
  3. 公孫淵(こうそんえん)とはどんな人?遼東の王として君臨するも自らの力を知らずに過信した男【遼東三代記】
  4. 孔明や安倍晋三も真似た『国家百年の計』って一体誰の言葉?現在でも使える春秋戦国時代の名言
  5. 項羽(こうう)ってどんな人?史上最強の孤独な戦術家 Part.2
  6. 元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王 ギョッ!これも薬?華佗も利用した、ちょいグロな漢方薬の話 蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる! 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝 何で曹操は漢中で劉備に負けたの? あの張飛がデレデレ?張飛が愛した愛馬 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念

おすすめ記事

  1. 曹丕(そうひ)ってどんな人?魏書には正当性を表す記述ばかり!?
  2. 曹植(そうしょく)ってどんな人?正史から彼の一生を見直してみる?
  3. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  4. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  5. 【戦神】昭襄王の兄は無類の筋肉マニア?筋肉へのこだわりがハンパじゃない始皇帝の曽祖父・武王
  6. 劉曄(りゅうよう)の進言に従っていれば魏の曹丕が天下統一をしていた?
  7. 官渡の戦いを終戦に導いた許攸(きょゆう)は偉大なの!?
  8. 魏の三代目皇帝・曹芳(そうほう)就任により魏は滅びの道を歩んだ?

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
特別企画


袁術祭り

異民族
諸子百家
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP