キングダム
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

はじめての変

【老荘思想の創設者】老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

老荘思想(ろうそうしそう)




老荘思想(ろうそうしそう)

 

諸子百家(しょしひゃっか)の中でも、その独自の哲学的思想で知られる道家(どうか)

道家の思想はいつ、誰によって創始されたものなのでしょうか?

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった?

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

謎に満ちた道家の創始者 老子(ろうし)ってどんな人?

老子(ろうし)道家

 

道家の源流を誰に求めるかは諸説ありますが、一般的には老子(ろうし)という人物が創始者であるとされています。

 

老子は道家(老荘思想)と同じく『道』という概念を中心とした宗教=道教の始祖であるともされています。

老子の出自や履歴については不明な点が多く、現代でもその正体ははっきりとしていません。

 

 

現代でも分からない老子だが様々な説を紹介

 

老子という名前も『偉大な人物』という意味の尊称であるとされており、本名も定かではありません。

一個人ではなく、複数の人物であったとも言われます。

 

老子が生きた時代も諸説あります。

神話時代の人物であったとする説から、孔子の師であったという伝承があることから、

孔子と同時代の人物とする説もあります。

 

司馬遷の『史記』は老子に関する記述が登場する最も古い文献とされていますが、司馬遷は老子の来歴について3つの説を上げています。

つまり司馬遷の時代には、すでに謎の人物となっていたと考えられます。

 

民間に伝承されている老子の出生の話に、彼が母親の左脇の下から生まれたというものがあります。

脇の下から生まれたという話は釈迦の逸話とよく似ています。

 

このことから、老子の道教と仏教の関連性を唱える学者もいます。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

老子が説いた理想の政治とは?

 

老子が書いたとされる『老子道徳経(単に老子とも)』の根幹思想は“無為自然”です。

これは“人間はあるがままに生活するべきだ”という意味で、国家というものもまた、人間が無用なことを知ることもなく、

ただあるがままに生きられることを理想とすべきとしています。

 

人民が政治などというものを意識しないことこそが究極の国家の有り様であり、

他の諸子百家の説くような礼儀や道徳、慈悲や忠誠心といったものは本来無用であるとしたのです。

 

当然、このような考え方は富国強兵のための思想を説いた他の諸子百家とは相容れず、

戦乱の時代であった当時の社会的には、現実逃避的な思索と考えられていました。

 

しかし、時代を経て老子は道教の創始者であり神であると考えられるようになりました。

三国時代に盛んであった五斗米道においては、老子は神格の中でも最も上位に位置する『三清』のひとつと見なされていました。

 

 

荘子(そうし) 蝶になった夢を見た男

 

荘子は本名を荘周といい、戦国時代の中期から後期に生きたとされる、道教の始祖の一人ともされる人物です。

 

老子同様、司馬遷の『史記』にその名を見出すことができますが、詳細なことは書かれておらず、

現代でも荘子が架空の人物であったとする説が存在します。

 

老荘思想はもともと諸子百家の思想の中ではあまり政治向きのものではありませんが、

それでも老子は理想の国家のあり方を説くなど、まだしも政治よりの思想と言えます。

 

しかし、荘子は“無為自然”の考え方を推し進め、人為的な営みを徹底して忌み嫌いました。

荘子によって老荘思想=道家の思想はより浮世離れした哲学的思索へと進んでいったと言えるでしょう。

 

荘子は価値観や物事を測る尺度というものがいかに相対的であるかを説きました。

荘子の思想が顕著にあらわれているとされる有名な説話があります。

それが『胡蝶の夢』です。

 

荘子はある時、自分が蝶になってひらひらと飛び回る夢を見ました。

目覚めた荘子はこう考えます。

 

『はたして、私は蝶になった夢を見たのだろうか?

もしかすると、今の私は蝶が人間になった夢を見ているだけなのかもしれない』

 

荘子は現実というものを人間の思考が生み出す『見せかけ』のものに過ぎないとして、

それらに固執しない自由な境地で生きることを説いたのです。

 

 

現代でも再評価されている老荘思想

 

老荘思想は浮世離れしており、現実逃避的な側面を持つことから『敗者の思想』と呼ばれることもあります。

 

しかし、現代においてその思想は再評価されつつあります

高度情報化の結果、否応なく価値の相対化を体験せざるをえない我々現代人にとって、

老荘思想は極めて説得力を持って響いてくるのです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:中国文化の黎明!漢王朝が誇る文化を一挙ご紹介

関連記事:そんな髪型絶対嫌!漢民族に全力で拒否された辮髪とは?

 

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

石川克世

石川克世

投稿者の記事一覧

三国志にハマったのは、高校時代に吉川英治の小説を読んだことがきっかけでした。最初のうちは蜀(特に関羽雲長)のファンでしたが、次第に曹操孟徳に入れ込むように。三国志ばかりではなく、春秋戦国時代に興味を持って海音寺潮五郎の小説『孫子』を読んだり、
兵法書(『孫子』や『六韜』)や諸子百家(老荘の思想)などにも無節操に手を出しました。

好きな歴史人物:

曹操孟徳
織田信長

何か一言:

温故知新。
過去を知ることは、個人や国家の別なく、
現在を知り、そして未来を知ることであると思います。

関連記事

  1. 【諸葛恪の栄光と破滅】最初の成功が人生を狂わせた呉の最高指導者
  2. 司馬昭と司馬師 三国志に登場する兄弟最強は誰だ!?三国志最強兄弟賞(SSK)
  3. 曹丕を生む卞夫人と曹操 三国志の将軍たちは家族サービスできていたの?三国時代の軍生活
  4. 知ってた?三国志由来のことばBest5
  5. 関羽、劉備、張飛の桃園三兄弟 劉備と豊臣秀吉はどっちがスゴイの?英雄の比較
  6. 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】
  7. 読書する劉備 【痛恨の極み】吉川英治さん、どうしてあの三国志の迷シーンを復活さ…
  8. 【経営者・人事必見!】諸葛亮孔明から学ぶ7つの人材登用ポイント!…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛
  2. 郭嘉スマホケース
  3. 袁術と郭嘉
  4. 2つの持論を展開する費禕
  5. 文臣の最高官位に登る鍾繇(しょうよう)
  6. 于禁を虐める曹丕
  7. 明智光秀 麒麟がくる
  8. 曹操と鶏肋

おすすめ記事

  1. 井伊直弼が暗殺されたのは何故?暗殺へのステップを解説
  2. 諸葛孔明は北伐時に兵士達にとある約束をしたけど、どんな約束をしたの? 三国志の計略と孔明
  3. 三国志の時代の灯りは取扱い注意なワイルドな松明だった! 晋の陳寿
  4. キングダム597話最新ネタバレ「武運を」レビュー キングダム53巻
  5. 「真田丸」の明智光秀と「麒麟がくる」の明智光秀の違いとは? 真田丸
  6. 三国時代には「撃壌」という遊びが流行していた!?

三國志雑学

  1. 生姜を買ってくる左慈と曹操
  2. 三国志大学で勉強する劉備
  3. 沙摩柯
  4. 華佗
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 郭嘉スマホケース
  2. 「ここにいるぞ!」と言いながら魏延を切る馬岱
  3. 曹操 詩

おすすめ記事

後漢の始祖・光武帝劉秀(りゅうしゅう)ってどんな人?苦難に耐えて皇帝になる Part.2 キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」 新選組の土方歳三 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた? 曹操と夏侯惇 曹操の分身!夏侯惇(かこうとん)の生涯 徳川慶喜(幕末) 徳川慶喜の墓はどこにあるの?谷中霊園の行き方とアクセス方法 曹魏の3代に仕えた桓範(かんはん) 桓範(かんはん)とはどんな人?同郷の後輩曹爽の危機を救う為、逆転の策を献じた謀臣 水野勝成 水野勝成の墓はどこにある?福山市の賢忠寺へのアクセス方法 【朝まで三国志2017】告知参加メンバーが判明したよ

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP