キングダム




はじめての三国志

menu

はじめての変

老荘思想の創設者|老子と荘子の二人を分かりやすく解説してみた

この記事の所要時間: 353
photo credit: Sunrise via photopin (license)

photo credit: Sunrise via photopin (license)

 

諸子百家(しょしひゃっか)の中でも、その独自の哲学的思想で知られる道家

道家の思想はいつ、誰によって創始されたものなのでしょうか?

 

 

 

謎に満ちた道家の創始者 老子(ろうし)ってどんな人?

photo credit: Bamboo trees via photopin (license)

photo credit: Bamboo trees via photopin (license)

 

道家の源流を誰に求めるかは諸説ありますが、一般的には老子(ろうし)という人物が創始者であるとされています。

 

老子は道家(老荘思想)と同じく『道』という概念を中心とした宗教=道教の始祖であるともされています。

老子の出自や履歴については不明な点が多く、現代でもその正体ははっきりとしていません。

 

関連記事:儒教(儒家)ってどんな思想?|知るともっとキングダムも理解できる?

関連記事:王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実

 

現代でも分からない老子だが様々な説を紹介

photo credit: ~(_|_)~ via photopin (license)

photo credit: ~(_|_)~ via photopin (license)

 

老子という名前も『偉大な人物』という意味の尊称であるとされており、本名も定かではありません。

一個人ではなく、複数の人物であったとも言われます。

 

老子が生きた時代も諸説あります。

神話時代の人物であったとする説から、孔子の師であったという伝承があることから、

孔子と同時代の人物とする説もあります。

 

司馬遷の『史記』は老子に関する記述が登場する最も古い文献とされていますが、司馬遷は老子の来歴について3つの説を上げています。

つまり司馬遷の時代には、すでに謎の人物となっていたと考えられます。

 

民間に伝承されている老子の出生の話に、彼が母親の左脇の下から生まれたというものがあります。

脇の下から生まれたという話は釈迦の逸話とよく似ています。

 

このことから、老子の道教と仏教の関連性を唱える学者もいます。

 

関連記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

関連記事:老荘思想(道家)ってどんな思想?|ありのままに?

 

老子が説いた理想の政治とは?

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

photo credit: Waldgeister via photopin (license)

 

老子が書いたとされる『老子道徳経(単に老子とも)』の根幹思想は“無為自然”です。

これは“人間はあるがままに生活するべきだ”という意味で、国家というものもまた、人間が無用なことを知ることもなく、

ただあるがままに生きられることを理想とすべきとしています。

 

人民が政治などというものを意識しないことこそが究極の国家の有り様であり、

他の諸子百家の説くような礼儀や道徳、慈悲や忠誠心といったものは本来無用であるとしたのです。

 

当然、このような考え方は富国強兵のための思想を説いた他の諸子百家とは相容れず、

戦乱の時代であった当時の社会的には、現実逃避的な思索と考えられていました。

 

しかし、時代を経て老子は道教の創始者であり神であると考えられるようになりました。

三国時代に盛んであった五斗米道においては、老子は神格の中でも最も上位に位置する『三清』のひとつと見なされていました。

 

関連記事:もうひとつの宗教団体「五斗米道」

関連記事:曹操、張魯を降すべく漢中に進軍する

 

荘子(そうし) 蝶になった夢を見た男

 

荘子は本名を荘周といい、戦国時代の中期から後期に生きたとされる、道教の始祖の一人ともされる人物です。

 

老子同様、司馬遷の『史記』にその名を見出すことができますが、詳細なことは書かれておらず、

現代でも荘子が架空の人物であったとする説が存在します。

 

老荘思想はもともと諸子百家の思想の中ではあまり政治向きのものではありませんが、

それでも老子は理想の国家のあり方を説くなど、まだしも政治よりの思想と言えます。

 

しかし、荘子は“無為自然”の考え方を推し進め、人為的な営みを徹底して忌み嫌いました。

荘子によって老荘思想=道家の思想はより浮世離れした哲学的思索へと進んでいったと言えるでしょう。

 

荘子は価値観や物事を測る尺度というものがいかに相対的であるかを説きました。

荘子の思想が顕著にあらわれているとされる有名な説話があります。

それが『胡蝶の夢』です。

 

荘子はある時、自分が蝶になってひらひらと飛び回る夢を見ました。

目覚めた荘子はこう考えます。

 

『はたして、私は蝶になった夢を見たのだろうか?

もしかすると、今の私は蝶が人間になった夢を見ているだけなのかもしれない』

 

荘子は現実というものを人間の思考が生み出す『見せかけ』のものに過ぎないとして、

それらに固執しない自由な境地で生きることを説いたのです。

 

 

現代でも再評価されている老荘思想

photo credit: bellagio via photopin (license)

photo credit: bellagio via photopin (license)

 

老荘思想は浮世離れしており、現実逃避的な側面を持つことから『敗者の思想』と呼ばれることもあります。

 

しかし、現代においてその思想は再評価されつつあります

高度情報化の結果、否応なく価値の相対化を体験せざるをえない我々現代人にとって、

老荘思想は極めて説得力を持って響いてくるのです。

 

 

—あなたの知的好奇心を刺激する諸子百家—

諸子百家 バナー

 

 

 

こちらの記事もよく読まれています

森 卵 s

 

よく読まれてる記事:諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?|知るともっと三国志が理解できる?

 

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

photo credit: Sea of Tulips via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:キングダムの時代に開花した法家の思想

 

photo credit: Ukok via photopin (license)

photo credit: Ukok via photopin (license)

 

よく読まれてる記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

この記事を書いた人:石川克世

石川克世 三国志

自己紹介:

小太郎さん(スキッパーキ オス 2歳)の下僕。

主食はスコッチウイスキーとコーヒーとセブンイレブンの野菜スティック。

朝風呂が生きがいの小原庄助的ダメ人間。ヲヤジ。

関連記事

  1. 三国志演義の翻訳本比較してみた!どれを読めばいいの?
  2. 権力に執着した曹操が魏王になるまでに荀彧と荀攸との間に亀裂が生じ…
  3. 陸遜の生い立ちはどんな感じ?知られざる陸遜の前半生に迫る
  4. 【鬼は溺死!】容赦ない三国志の節分臘日(ろうじつ)
  5. 孫権は何であれほど合肥城を狙い続けたの?理由をわかりやすく解説(…
  6. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  7. 【孟徳新書】曹操の兵法書は敵の手に渡らなかったの?
  8. 三国志の時代には戦象がいた!象さんパオーンと大活躍

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 曹操の詠った漢詩を分析してみよう。いつのことかわかるかな?
  2. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?
  3. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  4. 【賢母の知恵編】私あまり顔には自信がないけれど鍾会には負けませんわ
  5. 三国志時代も男同士はチューしてたの?当時の恋愛事情を紹介
  6. 大久保利通の名言・格言の意味、座右の銘を紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【こんなに共通点】戦国一の智謀の持ち主・真田昌幸と魏の謀臣・司馬懿 【戦国四君にまつわる逸話】趙の貴公子・平原君って人を見る目がなかった? 【病は気から?】姜維が諸葛亮に延命祈祷を勧めた理由 【5分で分かる】意外と知らない孫呉滅亡のきっかけ これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊のデコボコアタック! 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 【シミルボン】かつて三国志は今とは似てもにつかない荒唐無稽な話だった 周處(しゅうしょ)とはどんな人?必ず負けると分かっていながらも、戦い抜いた闘将【晋の将軍列伝】

おすすめ記事

  1. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その2
  2. 【キングダム】呂不韋の一字千金とはどんな名言なの?
  3. 荀粲(じゅんさん)とはどんな人?秀才ぞろいの荀彧の七男で、一人の女性を全身全霊で愛した愛妻家
  4. 世説新語(せせつしんご)ってなに?初心者にこそ読んでほしい小説集
  5. 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版
  6. 関羽と張遼の「交流」をピックアップ!三国志演義のサイドストーリーに迫る!後篇
  7. 大学者鄭玄の下女達の会話は高学歴だった
  8. 【あの人の子孫は今】趙雲の子孫っているの?趙氏(ちょうし)について

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP