はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?

孫呉(孫権黄蓋陸孫周瑜周泰) 




 

 

曹操(そうそう)は親衛隊に自らの身辺を守らせており、

典韋(てんい)許褚(きょちょ)が親衛隊の隊長として務めていました。

劉備も流浪時代は関羽(かんう)張飛(ちょうひ)劉備の周りをがっちりと

ガードしておりました。

孫権にも鉄壁の守りと勇猛果敢で強いガードマンがいました。

今回は孫権を守った鉄壁で強いガードマン周泰(しゅうたい)

ピックアップしてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

 




 

孫策と一緒に異民族討伐へ出かける孫権

 

孫策(そんさく)は揚州(ようしゅう)で勢力を拡大していた劉繇(りゅうよう)を滅亡させ、

王朗(おうろう)らを追放することに成功。

こうして孫策は揚州最大の勢力として君臨することになります。

揚州に割拠する異民族達は孫策の勢力に従わず、

反乱を繰り返し起こすのでした。

孫策は異民族を服従させるため弟・孫権や数名の武将を連れて、

異民族討伐へ向かいます。

孫策は弟を異民族が駐屯地から近い城にとどまらせて、

自ら異民族討伐へと向かうのでした。

 




 

孫権に危機が訪れる

 

孫権は城を守るため防御工事を施すように兵士達へ命令を下します。

しかし兵士達は異民族が城に攻めてくるわけがないとタカをくくって、

サボっていました。

すると異民族の軍勢は孫家の兵士達の目論見を破って、

城へ攻撃を仕掛けてきます。

孫家の兵士達は異民族からの攻撃を受けて大混乱に陥ってしまいます。

孫権は自ら剣をふるって異民族の兵士からの攻撃を受けていましたが、

ついに囲まれてしまうのでした。

そんな孫権の元に一人が孫権を囲んでいる敵を打ち破ってやってきます。

この人こそ孫権のガードマンとして活躍する・周泰です。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

孫権のガードマン周泰

 

周泰(しゅうたい)は孫権と一緒に城を守り、

異民族の攻撃を受けると敵兵をバタバタと倒しながら、

孫権を探していました。

そして周泰の目に孫権が囲まれている姿が映り、

孫権を助けるため異民族の兵士へ一人で突撃して、

孫権を救出するのでした。

孫権は周泰のおかげで助かり、

周泰と一緒に兵士を混乱から救い、軍勢を立て直した後、

異民族の軍勢を追い返すことに成功するのでした。

周泰は一人で敵兵を倒して孫権を守り通し、

彼のその武勇と鉄壁の守りは孫呉の中でも上位ランクの強さだと思われます。

 

戦場で受けた傷だらけの体を宴会で自慢

 

 

孫権は周泰を濡須(じゅす)の砦を守らせる為、

軍事指揮権を与え濡須を守らせることにします。

周泰は孫権から軍事指揮権をもらうと武将達にあれこれ指示を出します。

だが周泰から指示を受けた武将達は、

周泰の指示を聞かないで無視して勝手な行動ばかり起こしていました。

孫権は濡須の武将達が周泰の命令を聞かないで、

勝手に行動を起こしていることを知り自ら濡須に行き、

武将達を集めて宴会を開催。

孫権は周泰の上着を脱がせて武将達へ

「みんな見てくれ。

周泰の腕の傷や背中の傷は全て私や兄を守るために受けた傷で、

周泰がどれほど勇猛果敢に敵と戦ってきたのかがわかるだろう。

周泰は孫呉のためにも一生懸命戦ってくれるからこそ、軍事指揮権を与えたんだ」と語りかけます。

そして孫権は周泰に自らの被り物などを与え、

周泰を見送るのでした。

周泰は孫権に激励された後、武将達を命令に従わせることに成功し、

しっかりと濡須を守ることに成功したのでした。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

周泰は他にも赤壁の戦いにも参加し、

赤壁戦の後に起きた荊州(けいしゅう)の江陵(こうりょう)城の戦いでも、

しっかりと実績を残しています。

このように周泰は孫権を守るガードマンとして活躍したわけではなく、

武将としても非常に優秀だったことが分かるのではないのでしょうか。

もしかしたら曹操のガードマン典韋許褚

に匹敵する強さと守りの硬さを持っていたのではないのでしょうか。

 

参考文献:ちくま学芸文庫 正史三国志呉書 小南一郎訳

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男

関連記事:【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹叡 魏の2代目皇帝・曹叡(そうえい)はいったいどんな仕事をしていたの…
  2. 【赤壁の戦い】なぜ曹操は天下分け目の大戦に負けたの?
  3. 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人?
  4. 曹沖が亡くなり悲しむ曹操 周不疑(しゅうふぎ)ってどんな人?曹沖と並び立つ天才少年の悲劇
  5. 曹操軍の参謀、荀彧(じゅんいく)ってどんな人?官渡の戦いでの大勝…
  6. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  7. 兵戸制 曹操「なんでも上手に使えばいい!屯田制と兵戸制じゃ!」
  8. 張コウ 張郃 晋にも五虎将軍が存在した?魏の五将軍に匹敵する晋の名将を紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 玉磁と孫堅
  2. 魏の夏侯淵
  3. 長坂の戦い 張飛
  4. 曹操に降伏する教祖・張魯

おすすめ記事

  1. 中国古典によく出てくる「鼎」って何?
  2. ニッチローも真っ青!三国志の英傑はモノマネ大好きだった!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース25記事【6/12〜6/18】
  4. 秦が天下統一できたのは斉が他国へ何にもしなかったのが要因か!?
  5. 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?
  6. 孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛 孔融

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 合肥の戦いの地図

おすすめ記事

井伊直弼の安政の大獄はいつから始まった?時系列で解説 橋本左内の壮絶な人生を年表で解説! 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの? 呉蜀赤壁の戦い 陸遜が赤壁の戦いに参加したらどうなっていた?【if三国志】 これは酷い!韓信、あっさりと親友鐘離昧を売る。韓信の性格に難あり親友はブチ切れ なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理 趙雲が人気の理由 趙雲ってどんな人?投票ランキング1位の理由 徳川家を守った篤姫 篤姫の江戸城無血開城における役割とは?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP