よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?




 

 

曹操(そうそう)は親衛隊に自らの身辺を守らせており、

典韋(てんい)許褚(きょちょ)が親衛隊の隊長として務めていました。

劉備も流浪時代は関羽(かんう)張飛(ちょうひ)劉備の周りをがっちりと

ガードしておりました。

孫権にも鉄壁の守りと勇猛果敢で強いガードマンがいました。

今回は孫権を守った鉄壁で強いガードマン周泰(しゅうたい)

ピックアップしてみたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:陸遜の死因は何だったの?孫権のパワハラに耐えきれなかった呉の丞相

関連記事:孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る!

 




 

孫策と一緒に異民族討伐へ出かける孫権

 

孫策(そんさく)は揚州(ようしゅう)で勢力を拡大していた劉繇(りゅうよう)を滅亡させ、

王朗(おうろう)らを追放することに成功。

こうして孫策は揚州最大の勢力として君臨することになります。

揚州に割拠する異民族達は孫策の勢力に従わず、

反乱を繰り返し起こすのでした。

孫策は異民族を服従させるため弟・孫権や数名の武将を連れて、

異民族討伐へ向かいます。

孫策は弟を異民族が駐屯地から近い城にとどまらせて、

自ら異民族討伐へと向かうのでした。

 




 

孫権に危機が訪れる

 

孫権は城を守るため防御工事を施すように兵士達へ命令を下します。

しかし兵士達は異民族が城に攻めてくるわけがないとタカをくくって、

サボっていました。

すると異民族の軍勢は孫家の兵士達の目論見を破って、

城へ攻撃を仕掛けてきます。

孫家の兵士達は異民族からの攻撃を受けて大混乱に陥ってしまいます。

孫権は自ら剣をふるって異民族の兵士からの攻撃を受けていましたが、

ついに囲まれてしまうのでした。

そんな孫権の元に一人が孫権を囲んでいる敵を打ち破ってやってきます。

この人こそ孫権のガードマンとして活躍する・周泰です。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

孫権のガードマン周泰

 

周泰(しゅうたい)は孫権と一緒に城を守り、

異民族の攻撃を受けると敵兵をバタバタと倒しながら、

孫権を探していました。

そして周泰の目に孫権が囲まれている姿が映り、

孫権を助けるため異民族の兵士へ一人で突撃して、

孫権を救出するのでした。

孫権は周泰のおかげで助かり、

周泰と一緒に兵士を混乱から救い、軍勢を立て直した後、

異民族の軍勢を追い返すことに成功するのでした。

周泰は一人で敵兵を倒して孫権を守り通し、

彼のその武勇と鉄壁の守りは孫呉の中でも上位ランクの強さだと思われます。

 

戦場で受けた傷だらけの体を宴会で自慢

 

 

孫権は周泰を濡須(じゅす)の砦を守らせる為、

軍事指揮権を与え濡須を守らせることにします。

周泰は孫権から軍事指揮権をもらうと武将達にあれこれ指示を出します。

だが周泰から指示を受けた武将達は、

周泰の指示を聞かないで無視して勝手な行動ばかり起こしていました。

孫権は濡須の武将達が周泰の命令を聞かないで、

勝手に行動を起こしていることを知り自ら濡須に行き、

武将達を集めて宴会を開催。

孫権は周泰の上着を脱がせて武将達へ

「みんな見てくれ。

周泰の腕の傷や背中の傷は全て私や兄を守るために受けた傷で、

周泰がどれほど勇猛果敢に敵と戦ってきたのかがわかるだろう。

周泰は孫呉のためにも一生懸命戦ってくれるからこそ、軍事指揮権を与えたんだ」と語りかけます。

そして孫権は周泰に自らの被り物などを与え、

周泰を見送るのでした。

周泰は孫権に激励された後、武将達を命令に従わせることに成功し、

しっかりと濡須を守ることに成功したのでした。

 

 

三国志ライター黒田レンの独り言

 

周泰は他にも赤壁の戦いにも参加し、

赤壁戦の後に起きた荊州(けいしゅう)の江陵(こうりょう)城の戦いでも、

しっかりと実績を残しています。

このように周泰は孫権を守るガードマンとして活躍したわけではなく、

武将としても非常に優秀だったことが分かるのではないのでしょうか。

もしかしたら曹操のガードマン典韋許褚

に匹敵する強さと守りの硬さを持っていたのではないのでしょうか。

 

参考文献:ちくま学芸文庫 正史三国志呉書 小南一郎訳

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周泰(しゅうたい)ってどんな人?孫権に重んじられた、全身傷だらけの男

関連記事:【朝まで三国志 2017】周瑜、郭嘉、荀彧も参戦のお知らせ

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

 




 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 表向き武力を用いない王朝交代劇「禅譲」、曹操と荀彧の思惑は?
  2. 中国四大美女のひとり貂蝉
  3. 黄皓(こうこう)は本当に悪い宦官だったの?実はあのキャラのモデル…
  4. 【春秋戦国時代】秦が15年で滅んだ6つの理由を分かりやすく解説!…
  5. 【ドラゴンブレイド番外】古代ローマ版曹操?カエサルの生涯が凄すぎ…
  6. 最強中二病!袁術はどうして皇帝になろうとしたの?
  7. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎ…
  8. 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

  1. キングダムの昌平君(しょうへいくん)は、なぜ秦を裏切るの?実在した男の数奇な運命
  2. 蜀はなぜ北伐に乗り出したの?その目的は?
  3. キングダム ネタバレ 535話「蒙恬総大将特例で将軍へ昇格」
  4. 曹操は女の敵なのかどうかを検証する・その4
  5. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  6. 趙、韓、魏を産んだ超大国、晋(しん)とはどんな国?キングダム戦国七雄を徹底紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

どうして張飛は士大夫に卑屈なの? 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及ぼした戦国四君【成人編】 【食客には無駄な人材はいない!!】孟嘗君の脱出劇が名言として登場 はじめての三国志 【はじめての三国志編集部】今年もおつかれさまでした。 黄月英(こうげつえい)はどんな人?実は名前さえ分からない謎の女性 【囚われた二人の友情】匈奴に囚われた李陵と蘇武の熱き友情 中国ドラマ『三国志 ~趙雲伝~』DVD版の吹替キャストは、「置鮎龍太郎、喜多村英梨、鳥海浩輔」など豪華声優陣が共演 「小松なくして維新なし」小松帯刀の役割に迫る

おすすめ記事

  1. キングダム 522話 ネタバレ予想:まさか!紀彗軍が全滅の危機!
  2. 【告知】読者参加型企画!三国志の時代にタイムスリップしたらやりたい事
  3. 【新機種】iPhoneX/ Xperia XZ1/ XZ1 Compact対応スマホケース発売開始です!
  4. 三国夢幻演義 龍の少年 第1話「命の山」見逃し配信開始!
  5. 関羽、曹操に取りあいをされた人妻 杜夫人
  6. 勝海舟はホラ吹き?そのホラは実際にどうなったのか?
  7. 于吉(うきつ)とはどんな人?最古のメンタリスト UkiTsu!小覇王・孫策の生命を奪った仙人
  8. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第15部 年を取った司馬懿

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP